ファイヤースティック アプリ 動かない。 Fire TV Stickのリモコンが動かなくなる症状、これで直りました

Fire TV Stick買った!/ほしい! けどTVにHDMI端子がない!【あきらめないで~】

ファイヤースティック アプリ 動かない

Fire TV Stickを使っていると、リモコンが効かないことがたまにあります。 電池切れなのか、それともリモコン自体がおかしくなってしまっているのか原因がよく分かりません。 しかし、Fire TV Stickのリモコンを簡単に復旧する方法があります。 リモコンの使う頻度にもよるので、電池がどれほど持つか分かりませんが、長期間電池を交換したことがなく、よく使う場合には電池切れの可能性があります。 Fire TV Stickのリモコンが効かない・おかしいと思ったら、まず電池交換をしてみましょう。 Fire TV Stick専用リモコンの電池は単4電池が2本必要です。 参考: Fire TV Stick専用リモコンの電池交換の方法 リモコン裏面のマークが付いている部分を少し押しながら、下へスライドさせます。 コツは左手でマークの部分を強く押し、右手で裏蓋をスライドさせると、簡単に取り外しができます。 右手だけで押しながらスライドさせようとすると余分な力が入って、うまくスライドしません。 電池の向きを間違わないように交換します。 ふたを閉める時は、裏蓋をリモコンへかぶせて、パチンと閉まる位置まで上にスライドさせます。 このように電池交換してみてから、再度Fire TV Stickを操作します。 問題なく操作できれば電池切れが原因です。 これでは動かなければ、次の方法を試してみてください。 Fire TV Stickの電源入れ直し 電化製品やパソコンなど、原因不明の状態になると、よく行うのが電源の入れ直しです。 原因自体よく分からないし、調べるのに手間をかける必要もなければ、電源の入れ直しが一番有効な方法だと思います。 Fire TV Stickも電源コンセントやUSBから電源を供給しています。 一度電源のコンセント(またはUSB)の抜き差しを行ってみてください。 自分の場合は、Fire TV Stick専用リモコンが効かないだけじゃなく、テレビの入力切替してもテレビ画面にAmazon Fire TVのホーム画面が表示されないこともありました。 この場合には、テレビの電源とFire TV Stickの電源の両方を抜き差ししたことで、テレビ画面にAmazon Fire TVのホーム画面がきちんと表示されるようになりました。 Fire TV Stickの電源の入れ直しをしてみて、画面にAmazon Fire TVのホーム画面が表示された時点でFire TV Stick専用リモコンを操作してみてください。 これでリモコンの操作できなければ、次の方法を試してみてください。 Amazon Fire TVリモコンアプリで操作 Fire TV Stickは、Fire TV Stick専用リモコンがなくても、スマートフォンやタブレットに「Amazon Fire TVリモコンアプリ」を入れることで、操作ができます。 Fire TV Stick専用リモコンの故障や紛失、手元にない場合、スマートフォンからAmazon Fire TVの操作が行えます。 たまテキスト入力や、音声検索ができるので入れておくと便利なアプリです。 Amazon Fire TVリモコンアプリは、Amazonのビデオ、アプリ、ゲームカタログ全てを対象に検索ができます。 但し、HuluやNetflixなどの各アプリケーションの中のコンテンツについては使用できません。 Amazon Fire TVリモコンアプリは、Androidの場合、Google Playストアから、iPhoneの場合、App Storeから入手してください。 Fire TV Stick専用リモコンの再設定 Fire TV Stickの電源入れ直しを行っても、リモコン操作ができない場合、Amazon Fire TVのホーム画面から、Fire TV Stick専用リモコンの再設定ができます。 この再設定はAmazon Fire TVリモコンアプリを使って行いますので、上記の「Amazon Fire TVリモコンアプリ」をインストールしてからになります。 以下は、SONYブラビア(KDL-42W802A)の例です。 Amazon Fire TVのホーム画面の左メニューの「設定」を選択します。 「 「コントローラーとBluetooth端末」を選択します。 「Amazon Fire TVリモコン」を選択します。 「新しいリモコンを追加」を選択します。 「リモコンを検出中」と表示されるので、Fire TV Stick専用リモコンのホームボタン(家のマーク)を10秒ほど長押しします。 「Amazon Fire TVリモコン」と「Amazon Fire TVリモコンアプリ」が検出されるので、「Amazon Fire TVリモコン」を選択します。 Fire TV StickとFire TV Stick専用リモコンのペアリングが完了すると写真のように、Fire TV Stick専用リモコンの情報が表示されます。 これでリモコンの操作できるはずです。 第一世代のFire TV Stickは、どうもクロームキャストと比べると安定性が少し悪いように感じます。 しかしここで紹介した方法で簡単に直りますので、Fire TV Stickのリモコンが効かない・おかしい場合は、ぜひ試してみてください。 NewモデルのFire TV Stickのリモコンは、まったく問題ありませんので、第一世代のFire TV Stickを持っている人はNewモデルへの買い替えを検討してはどうでしょうか。 参考:.

次の

Fire TV Stickのリモコン故障?動かないときはアプリ版のリモコンが便利

ファイヤースティック アプリ 動かない

先日、テレビでYouTubeを見るためにFire TV Stickを購入しました。 Fire TV Stickを購入した理由は「 」をご覧下さい。 で、念願のFire TV Stickを購入までは良かったのですが、 Fire TV Stickの初期設定に思いの外、手こずりました。 「テレビに接続してもFire TV Stickが認識しない」、「Fire TV Stickを認識しても画面に何も映らない」、「画面に映ったと思ったら動きが遅い」等々、色んな事象が発生しました。 結局のところ1時間半ほど格闘して、 無事につながりました。 というわけで、今回は「Fire TV Stickがうまく接続できない・認識できない」時の対処方法についてまとめました。 私の場合は、1時間半も格闘したのでうまく接続した時はとても嬉しかったです!私と同じくうまく繋がらないと悩んでいる方の参考になれば幸いです。 とは、テレビやディスプレイなどのHDMIが使用できる機器に差し込んで、YouTubeやAbemaTVなどの動画配信サービスを見るデバイスのことです。 ストリーミングデバイスと呼ばれています。 Fire TV Stickの内容物 内容物は全部で5つです。 リモコン(一番左)• Fire TV Stcik本体(左から2番目)• 延長ケーブル(中央上)• 単四電池(中央)• 電源と接続ケーブル(中央下と右) 内容物に単四電池が付いているのは助かりますね。 テレビに接続する前に部品が足りているか、チェックしてください。 Fire TV Stickの設定手順 引用 Fire TV Stickの設定手順は以下の通りです。 Fire TV StickをテレビのHDMI端子に接続する• Fire TV Stickを電源と繋げる• インターネットに接続する と、こんな簡単に繋がれば良かったのですが。 笑 以降、Fire TV Stickを設定する時に起きた不具合と対処方法についてご紹介します。 Fire TV Stick設定時の不具合と対処方法 不具合1:HDMIが認識しない 最初の不具合は「HDMIが認識しない」でした。 テレビにFire TV Stickを差し込んでもHDMIとして認識されず、テレビが何も反応しませんでした。 対処1:Fire TV Stickの抜き差しを繰り返す Fire TV Stickが 正しく差さっていない可能性があります。 認識されるまで、抜き差しを繰り返してみてください。 私は正しく認識するまで10回ぐらいは抜き差しを繰り返しました。 対処2:HDMI差し込み口を掃除する 普段、テレビのHDMIを使用していない場合、 HDMI差し込み口にホコリが溜まっている場合があります。 ティッシュで拭き取ったり、フーフーと息を吹きかけたりして、掃除してください。 私は機械に対して「フーフー」したのはファミコン以来でした。 笑 対処3:Fire TV Stick以外のHDMI機器を接続する テレビのHDMIが壊れていないかを確認するために、 Fire TV Stick以外のHDMI機器がテレビに映るかを確認してください。 また、テレビのHDMIは複数ある場合が多いため、複数のHDMIで確認してください。 どれか一つでも映れば、一安心です。 対処4:電源が供給されているか確認する コンセントが壊れていないかを確認するために、Fire TV Stickを差しているコンセントに別の機器を差して、電源が供給されているかを確認してください。 スマホの充電器などを差して、スマホが充電できるかを確認するのが一番手軽だと思います。 電源が正しく供給されていないとFire TV Stickは動きませんのでご注意ください。 また、 電源はコンセントから供給しないと、電力が足りずうまく動作しないことがあります。 (パソコンのUSBポートから電源を得るなどはやめましょう) 対処5:テレビの設定変更がいるかを確認する HDMI表示のために、テレビの設定変更が必要かについてテレビの取り扱い説明書等を確認してください。 Panasonic(パナソニック)のVIERA(ビエラ)の場合は、 テレビの設定メニューから「HDMIスキップ」をオフにする必要があります。 詳細は以下のサイトがわかりやすいです。 参考 東芝のREGZA(レグザ)の場合は、 設定変更は特に必要ありません。 以下、レグザのHDMI再検出の手順です。 参考 不具合2:HDMIを認識してもテレビの動作が遅い 私の場合、HDMIが認識したのにテレビの動作が遅いことがありました。 Fire TV Stickの画面に切り替えようとしても動作が極端に遅かったです。 (ボタンを押下してから画面が変わるまで3〜4秒ほどかかる) 対処1:延長ケーブルをやめて直差しにする 動作が遅いことに対しては 延長ケーブルをやめて、Fire TV Stickの直差しに変更しました。 直差しに変更して、再度立ち上げると、通常の動作速度になりました。 ただ、後から延長ケーブルに戻してみると、動作速度も問題なく、動くようになりました。 詳しくは後述しますが、 延長ケーブルを使っていた分だけ電源供給が遅くなったのが原因なのかもしれません。 不具合3:HDMIを認識してもFire TV Stickの画面が立ち上がらない 私の場合はFire TV Stickを認識し、認識速度があがっても、テレビでFire TV Stickの設定画面が立ちあがりませんでした。 対処1:Fire TV Stickとテレビの電源オンオフ繰り返し 何度も何度もFire TV Stickとテレビの電源オンオフを繰り返しました。 その結果、「ピローン」というFire TV Stickが立ち上がったような音だけ鳴るようになりました。 しかし、それでも画面には何も映らないという状態は続きました。 対処2:差し込んだまま放置 「もう無理!!Fire TV Stickは諦める!!」と思って、 Fire TV Stikcを差し込んだまま放置しました。 そして、20〜30分ほど経過したタイミングで「無理だろうな」と思いながら、テレビの電源を入れてみました。 すると、 「ピローン」という音の後、Fire TV Stickの画面が立ち上がりました。 この時はめちゃくちゃ嬉しかったです。 正直、はっきりとした原因は分かりませんが、おそらく、 電源を繋いで放置したことでFire TV Stickに電源が供給されたのかなと思っています。 少し調べると、Amazonのホームページに「 電力が足りないと正しく動作しない」というキーワードもありました。 以下は「USBポートではなく、電源アダプタから電源供給するように」という話ですが、電力が足りないと正しく動作しないと掲載されています。 セットアップ中は、同梱の電源アダプターをコンセントに差し込んで使用することをおすすめします。 一部のテレビにはPowered USBポートがありますが、電力が足りずFire TV Stickが正しく動作しない可能性があります。 Fire TV Stickを、電源につながれていないHDMI ハブや切替機に接続してお使いの場合、Fire TV Stick への電源供給で問題が発生する可能性があります。 引用 何をやっても認識しない、接続できない場合 これまでご紹介した対処を実施してもダメな場合は、に連絡してみてください。 Amazonカスタマーサービスへの連絡方法 から、カスタマーサービスに連絡をクリックします。 すると、以下の画面が表示されるため「AmazonデバイスとKindle無料アプリ」を選択します。 すると、Fire TV Stickが自動選択されることを確認して下さい。 次に、問い合わせ内容として、「Fire TV Stick」を選択して下さい。 その下は「Fire TV Stickに関するよくある質問」で良いと思います。 最後に、問い合わせ方法を選択してください。 平均待ち時間が1分未満など、短くなっていれば、電話が便利です。 まとめ Fire TV Stickの初期設定で不具合が起きた時の対処方法についてまとめました。

次の

Amazon Fire TVの使い方【できること / できないこと】

ファイヤースティック アプリ 動かない

現在Amazonで販売されているFire TV Stickとは 仕様が異なります。 特にリモコンはこの記事で使っているタイプは、 ベーシックエディションだそうで、 一番古いもの。 その後、 第1世代、第2世代へと進化。 現状のリモコン(第2世代)では、 テレビの電源オン・オフおよび 音量ボタンも装備され、 ボリュームの調整操作もできる ということです。 なお、この記事では個人的な内容なども 書いておりますので、不要な方は 読み飛ばしてください。 リモコン不具合の方は、 「」 をお読みください。 アプリの件は、 「」 からお読みいただけます。 それ以外は、以下の目次からジャンプできます。 【目次】 【動画】「U-NEXTをFire TV Stickアプリ版リモコンで使ってみた(文字入力・音声検索)」 Fire TV Stick とは 軽くおさらいしますと、 Fire TV StickとはテレビなどディスプレイにHDMI接続して 映画・ドラマ・アニメなど動画を観る装置・機器。 アプリでゲーム、音楽を聴いたり、他機能も多数ある。 小さいスティック型がFire TV Stickで、 ボックス型にAmazon Fire TVという機器がありましたが、 このFire TVはその後ぶら下げるタイプに小型化し、そして 2018年秋のFire TV Stick 4K発表とともに 販売終了となっています。 Fire TV Stick 本体にボタンやスイッチの類は無く、 付属のリモコンで操作するようになっています。 このリモコンについて書いたのが今回の記事。 Fire TV Stick 使用履歴 管理人が Fire TV Stickを買ったのは、 2015年秋の発売前予約注文、初代モデルだったようです。 途中、使用開始から4、5か月頃に故障して、 Amazonカスタマーサポートへ問い合わせ、 結果としてリファービッシュ品への交換。 もう既に3年も使っているようで、 購入時期など記憶が定かではありません。 ブログの過去記事で辿りました。 調子が悪くなって交換したことは、 何となく覚えています。 その後は問題なく使えており、 Amazonプライムビデオだけでなく、 Fire TV専用アプリでU-NEXTをインストールして 視聴したりもしていました。 ユーネクスト31日間無料トライアルはこちら。 Fire TV Stick 電源の問題 そして昨今ではFire TV Stickを あまり使わなくなっていました。 パソコンはヘビーユーザーなので、 Amazonプライムビデオは、 そのままブラウザで見たほうが便利なのですよね。 どうせ同じディスプレイで見ることになるのですし。 ただ、今年に入って新しいディスプレイも購入しまして、 HDMIポートが2口装備されていますので、 1つにパソコン、もう一方にFire TV Stickを常時接続 することで、使いやすくはなりました。 但し、Fire TV Stickは電源を供給しなくてはなりません。 普段USBマイクロBは接続せず、使う時だけ接続していますので、 まだ不便と言えば不便。 電源スイッチや電源ボタンがあればよいのですが、 この小さなボディでは難しいのかもしれません。 そもそもサイズの問題ではなくて、 ボックス型だったAmazon Fire TVのほうにも 電源ボタンは無かったようですね・・。 Amazonとしては電源をつなげたまま使用することを 前提としているようで、自動的にスリープモードに なるのはそのためだとか。 しかしFire TV Stick本体が熱を持つし、 1日1~2時間前後の視聴のためにつなぎっぱなしは どうにも納得できない。 Fire TV Stickのリモコンが動かない?故障? そして久々にFire TV Stickの電源を入れ使ってみたところ、 使う頻度が少し増え、週1~2回使う感じに。 リモコンの電池が間もなく切れるので乾電池を交換してください、 といったようなメッセージが画面に何度か出ていました。 リモコンが効かなくなる覚悟はしていましたが、 実際に動かなくなったので電池交換。 しかしリモコンが動かない。 新しい電池に変えた直後なのに、です。 また故障したかな?と不安がよぎりました。 画面は映っていますので、 Fire TV Stick本体は正常なのだろうと判断。 ならばリモコンが故障したと考えるしかない。 Fire TV Stickが動かないのではなく、 リモコンが動かない、効かないということ。 リモコン動かないときの再ペアリング方法 Fire TV Stickやリモコンの調子が悪いときは、 再度ペアリングを試したほうがよいとのこと。 もちろんその前に新しい乾電池に取り換えたほうがよい とは思いますが、電池切れに思い当たらなければ ペアリングからやってみてもよいですね。 リモコンまたはコントローラーをペアリングする方法: 1. リモコンのホームボタンを長押しして10秒間長押しします。 1分以内にリモコンが端末とペアリングされます。 問題が解決しない場合は、Fire TVを電源アダプターまたはコンセントから抜きます。 Fire TVがオフになっている間にFire TVリモコンのメニューボタン、戻るボタン、ナビゲーションリングの左を同時に長押しします。 すべてのボタンを押したまま10秒間長押しします。 注: リモコンをリセットしてもFire TV端末を工場出荷時の設定にリセットされるわけではありません。 Fire TVリモコンからFire TVの設定が解除されます。 Fire TVリモコンの電池を取り外し、Fire TV端末に接続します。 ホーム画面に表示されるまで待ちます。 電池をFire TVリモコンに入れ戻して1分待ちます。 注: 電池が正しく挿入されていることを確認してください。 詳しくは、リモコンの基本情報をご覧ください。 上記を試してもリモコンがペアリングされない場合は、リモコンのホームボタンを10秒間長押しします。 要約しますと、 リモコンのホームボタン(中央の家のマークのボタン)を 10秒長押し。 1分待つ。 (以上でペアリング操作は終了。 ) 追記)あるいはこちらでお試しください。 ヘルプAmazon公式から(2020年5月) ・リモコンの電池を交換します。 ・リモコンをFire TV端末から3m以内の距離に近づけて使用します。 ・Fire TV端末を電源コードまたはアダプターから抜き、再び差し込みます。 ・Fire TVアプリを使用してリモコンをペアリングします。 ・コントローラーが7つペアリングされている場合は、そのうちの1つを解除してから別のコントローラーをペアリングしてください。 追記ここまで) 面倒臭いですね。 (^^;) 仮に直ったとして、 調子が悪くなる度にこれをやるのでしょうか・・。 Fire TV Stick本体の再起動はUSBケーブルをはずして 画面が消えますし、電源を入れなおせば、セットアップ し直していることが明らかに視覚的にわかります。 しかしリモコンのほうは、反応や変化がわからない から困りもの。 電源ボタンやスイッチが無い、 ディスプレイが無い、ランプも無い、 バイブレーションもしないわけですから、 ただただ黒いだけのこの物体からは 反応の有無さえ判断のしようがありません。 管理人は、まず乾電池を取り換えて、 それからペアリング操作をやってみたのですが、 改善なし。 やり方が悪かったのかもしれませんが、 いずれにしてもリモコンが動かないということは、 Fire TV Stickの操作はお手上げ状態で使えません。 そのとき、リモコンアプリがあることを思い出しました。 Fire TV 用のリモコンアプリとは? Fire TV 用のリモコンアプリというのは、 Amazonがリリースしている公式アプリですので、 安心してお使いいただけます。 もちろん無料アプリ。 Android版とiOS版、 そしてFire OS版 (Amazon Androidアプリ・Fireタブレット用) が用意されている。 Fire TVリモコンアプリは、以下の端末でご利用いただけます。 第4世代以降のFireタブレット Android端末(4. 3以降) iOS端末(iOS 7. 0以降) Androidスマホだけでなく、 iPhoneやiPad、iPod touchでも使えますね。 管理人はGoogle Playからスマホにインストールしました。 Amazon Fire TVリモコンアプリの使い方 Amazon Fire TVリモコンアプリ、 もしくは、 Amazon Fire TV、 Amazon Fire TV Remote、 Amazon Fire TV Remote App、 といった名称になっています。 Fireタブレット用のAmazon Androidアプリ版 Amazonが作った公式アプリですから、 安心してスマホなどにインストールしてください。 ペアリング方法は極めて簡単で、 リモコンアプリが自動的に近くのFire TVを検出しますので、 リモコン(スマホ画面)で選択して、 これから視聴するディスプレイに表示された四桁の数字を リモコン(アプリ画面)で入力すれば接続完了。 アプリ版のリモコンが特に便利なのは、 映画のタイトルなど検索するときの文字入力。 ソフトキーボードから文字入力できますから、 付属の物理リモコンで上下左右ポチポチ押して 1文字ずつ選択していく文字入力方式をやらなくて済む。 よって、楽に早く文字入力できるようになる。 そして上位版の物理リモコンでしかできなかった 音声検索もできる。 文字入力すらいらなくなる。 これはよい。 物理リモコンが故障していない人も、むしろ アプリ版のリモコンを使ったほうがよいと言える。 夜中に乾電池が無くて困った人もいるでしょう。 スマホやタブレット端末なら電池切れの心配もなくなります。 あるいは物理リモコンを部屋のどこかに 失くしてしまう人がいるかもしれません。 スマホやタブレットならそれも滅多に無いでしょう。 アプリ版リモコンのメリット• 文字入力(キーボード)• 音声検索• スマホの電力で動く(乾電池不要)• 紛失しにくい 難点があるとすれば、 反応がよすぎて、物理リモコンの感覚で タップや長押しをすると、 パーーーっと、ものすごいスピードで 高速移動してしまうことくらいでしょうか。 というよりAmazonもそのつもりで、 付属の物理リモコンは開発する気があまりないのかな? という気さえします。 使ったことがないという人は、 ぜひインストールしてみてください。 管理人もリモコンアプリの存在は知ってはいたのですが、 もっと早く使えばよかったと思いました。 もう付属の物理リモコンは不要です。 Fire TV リモコンアプリを使ってみたレビュー Fire TV 用のリモコンアプリを使ってみたことで、 わかったこと、操作方法をまとめ。 以前に比較してアプリが改良されて操作性がよくなったのか、 操作に慣れたのかわかりませんが、 スワイプからの動きなどが適度に落ち着き、 使いやすくなった気がします。 ただ、初めて使う方にとっては、 操作が難しく感じるかもしれません。 特にスクエアでの上下左右、指の動かし具合。 そして音声検索。 それでも便利なのは間違いありませんので、 付属リモコンに比べて使いにくいと感じたとしても、 少し慣れるまで、しばらくは使ってみることをおすすめします。 基本構成は付属のリモコンとほぼ同じですので 把握しやすく、わかりやすいですが、 具体的な詳しい操作方法は下記に解説いたします。 操作の仕方がわかりにくければ、 動画も撮影しましたので、 参考としてご覧ください。 Android版(スマホ)リモコンアプリ GooglePlayでアプリをダウンロードし、 スマホ ZenFone 3 Max ZC553KL 、 Android 7. 1にインストールしました。 問題なくリモコンとして機能しています。 iOS 10. iOS端末(iOS 7. 0以降)で使えるとなっており、 かなり古い機種まで対応していると言える。 iPhone 4 以降、iPad 2以降、 iPad mini、iPod touch(第5世代) ということになりますので、 Appleのモバイル製品を持っている方なら ほとんどの方がリモコンとして使えるでしょう。 ちなみにほぼ全ての端末で縦画面でしか 使えませんでしたが、なぜか iPadだけは横画面でも使えたことを加えておきます。 あとは音声検索について、マイクへのアクセスについて 許可を求められますが、これは許可するしかないでしょう。 Fire OS版(Fireタブレット)リモコンアプリ 最新のFire HD 8(2018)で問題なく使えました。 同じAmazonの端末ですから当然でしょう。 上位機のFire HD 10(2017)も使えることを確認。 但し Fire7(2017)はインストールにも やや時間がかかり、アプリを起動しようとすると 落ちて使えませんでした。 低性能ゆえスペック不足だと考えられます。 Fire7で使おうと思っている方はご注意ください。 第4世代以降のFireタブレットで使えることに なっていますから、 2014年モデル以降、すなわち、 Fire HD 6 タブレット(2014) Fire HD 7 タブレット(2014) Fire HDX 8. 9 タブレット(2014) Fire タブレット(2015) Fire HD 8 タブレット(2015) Fire HD 10 タブレット(2015) Fire HD 8 タブレット(2016) Fire 7 タブレット(2017) Fire HD 8 タブレット(2017) Fire HD 10 タブレット(2017) Fire HD 8(2018) で、リモコンアプリが使えるはずですが、 Fire7(2017)で使えませんでしたので、 Fire(2015)も無理かな?という気がします。 後は、音声検索すると、 Fire TVに保存してよいかどうかを問われ、 拒否すると音声検索ができません。 仕方ないので許可して使っていますが、 やや気になるところ。 これがでるのはFireタブレットだけ、不思議。 それとも他OSでは既に許可になっているのでしょうか。 Fire TV リモコンアプリ、ボタン操作 Fire TV リモコンアプリでのボタン操作、 ナビゲーション部分の操作方法については 以下の通り。 中央のスクエア部分:(黒・ナビゲーション) 付属の物理リモコンのナビゲーションリングと同じ役割。 タップすると決定。 上下左右に進める。 (ホーム画面などでメニュー操作) 進みたい方向へスワイプ。 文字入力(キーボードを使ったタイトル検索) アプリのリモコンなら文字キーボードが使えますので、 通常の文字入力で検索ができます。 フリック入力、予測変換も機能しました。 とても便利。 呼び出しに少しコツがいりますので、 映画やドラマの探し方、使い方を解説いたします。 ホーム画面 左方向へスワイプ(リモコン) (FireTVの検索画面になる) 下方向へスワイプ(リモコン) (アプリにキーボードが出現) 文字入力する(スマホのキーボード) Fire TVの文字列の左下に変換候補として、 映画の作品名が表示されるので、 そこから上下移動で選択する タップ(決定) ポイントとしましては、 Fire TVの検索画面になったら、 その後で一度、下方向へスワイプしてください。 これでスマホ側にキーボードが出現します。 後は普通のスマホ操作で文字を打てばよいだけ。 Fire TVの検索画面に文字が反映されていきます。 音声検索(音声入力でのタイトル検索) アプリのリモコンなら音声検索が使えますので、 話すだけの音声入力で検索ができます。 音声入力の操作方法、少しコツがいりますので、 使い方を解説いたします。 アプリ版リモコン マイクのマーク(上部中央)を タップしながら下方向へスワイプ (押したまま) 映画の作品名を話す(音声入力) 指を画面から離す 操作のコツとしては、 指で押さえた間だけ音声を聞き取るようですので、 スワイプした指を固定した状態で声を出す、 話したら指をアプリ画面から離す、 とすれば的確に音声検索できます。 動画でも旧型で操作しています。 現在Amazonで販売されているFire TV Stickとは 仕様が異なります、ご了承ください。 2020年5月現在販売中のFire TVシリーズは以下の端末になります。 31日間無料トライアルはこちら。

次の