兵庫 県警 の 女性 巡査 長。 倉持ちか画像流出!拳銃忘れ風俗嬢が特定!女性巡査可愛い!勤務先も

倉持ちか画像流出!拳銃忘れ風俗嬢が特定!女性巡査可愛い!勤務先も

兵庫 県警 の 女性 巡査 長

兵庫県警のHPより 兵庫県警尼崎東署の男女2人の警察官が昨年12月から今年2月にかけて、夜間勤務中に 交番で性行為をしていたとして、処分された。 2人は30代の妻子ある男性巡査部長と20代の独身の女性巡査で、夜間勤務中、交番の休憩室で複数回にわたって性行為をしたという。 昨年7月にも、高知県警で20代の女性巡査が3人の既婚の男性巡査長と「トリプル不倫」していたことが発覚し、4人とも不倫を理由に処分を受けている。 警察は何よりも規範を重んじる組織のように見えるが、このような社会規範に反する逸脱行為が後を絶たないのは一体なぜなのか。 私は若い頃、警察病院に勤務していたことがあり、うつや不眠症の警察官を何人も診察した経験から申し上げると、これは主に次の2つの理由による。 1)日頃の抑圧の反動 2)取り締まる側の特権意識 まず、「いつも正しくふるまわなければならない」「常にきちんとしていなければならない」という抑圧が強すぎて、その反動が出るのだと考えられる。 しかも、警察は体育会系の組織であり、上には逆らえないので、理不尽な指示にも黙って従わなければならず、自分の主張も希望も抑圧するしかない。 ところが、抑圧するばかりだと、精神のバランスがとれなくなる。 抑圧されたものが症状となって出てくることもある。 だから、病気になりたくなければ、パワハラや乱痴気騒ぎなどで発散するしかない。 場合によっては、今回のような逸脱行為で発散しようとする。 同様のことは、他の職業でも起こりうる。 とくに「先生」と呼ばれる職種で多い。 聖職とみなされてきた医師や教師が社会規範に反する行為を起こして問題になることがあるのも、やはり日頃の抑圧の反動だろう。 警察官の場合、それだけでない。 2)取り締まる側の特権意識も強いように見受けられる。 警察病院にいた頃、ある内科医が、深夜に患者の容体が急変して呼び出され、猛スピードで車を運転して病院に駆けつけていた途中でスピード違反の取り締まりに引っかかった。 そして、青切符が切られ、反則金を支払わなければならなくなった。 すると、どこで聞きつけたのか、警察病院の課長の1人が「取り消しにできますよ」と耳元でささやいた。 その課長は警察OBで、警察にいた頃は交通違反の取り締まりをしていたらしい。 だから、情報の入手も、違反の取り消しも簡単にできたのだろうが、内科医は弱みを握られるのが嫌で、断ったという。 警察病院の医師のスピード違反を取り消しにできるくらいだから、警察官のちょっとした違反など簡単にもみ消せるのではないかと背筋が寒くなった。

次の

兵庫県警不倫警官の名前や顔画像特定?交番で性行為を同僚に自慢し発覚か

兵庫 県警 の 女性 巡査 長

警察はどこも犯罪者集団ですが、その中でも特に酷いのが兵庫県警・大阪府警・神奈川県警のビッグ3です。 不祥事のニュースでも常に登場する兵庫県警ですが、今度は勤務中に道場の横の小部屋で性行為に及んでいたそうです。 勤務中に職場でセックスしてても守られるなんて、坊主と警官は3日やったらやめられませんね。 産経WESTの記事 (魚拓) 2017. 22 16:49 勤務時間中に仕事を抜け出して職場で性行為をしたとして、兵庫県警は22日、兵庫署地域2課長だった男性警部(39)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分、部下で同課員だった女性巡査(30)を本部長訓戒の処分とした。 2人とも「悩みを相談しあっているうちに好意を持つようになり、気持ちが盛り上がってしまった」などと説明しているという。 県警監察官室によると、警部は妻子がおり、巡査は独身。 処分理由は5~7月に不健全な交際をしたほか、勤務時間中の7月8日午前5時ごろから約30分間、署内の道場に隣接する個室で性行為をし、職務を怠ったとしている。 同署では当時、課員や当直勤務員らが勤務していたが、だれも2人が仕事を抜け出したことに気づかなかった。 その間に110番など緊急通報はなく、業務に支障は出なかったという。 倉野喜朗監察官室長は「警察官として言語道断の行為で誠に遺憾。 さらに指導、教養の徹底に努める」としている。 キャリアがノンキャリと情事 事件自体が下らなくて、これが血税を食んでいる公務員の話でなければ本当にどうでもいいのですが、男性の方が「39歳で警部」という事は、こいつはキャリア組です。 39歳で警部まで進んでいるという事は明らかにキャリア組ですし、逆に言えばキャリア組としては出世は遅い方です。 出世争いに敗れたキャリア組の出来損ないが、仕事がつまらないので女のケツを追い掛け回し、どうせ仕事もないので勤務中にまでセックスをしていた。 これはそういう事件です。 記事にもありますが、 同署では当時、課員や当直勤務員らが勤務していたが、だれも2人が仕事を抜け出したことに気づかなかった。 その間に110番など緊急通報はなく、業務に支障は出なかったという。 警察や消防といった仕事は、事件や事故がなければ多少は暇な待機時間があってしかるべきですが、消防署員はそういう時でも筋トレ・ランニング・出動訓練などを繰り返していて、いざという時には命を懸けて救出作業に当たりますから、まさに公務員の鏡みたいな奴らです。 それに対して警察は、事件が無ければ特にやることもないため、交通課の職員は反則金徴収のノルマ達成の為に街に繰り出して出来るだけ事故とは無関係の違反に絞って取締りをし、地域課の職員は未だに手書き主体というアナログな書類作成が終わったら、道場の横の小部屋で不倫セックスをしていても同僚にもバレないというような暮らしをしています。 何しろ、警察署という建物は、8000万円以上の現金が不思議に消えても誰が犯人かわからず、どうみても怪しい容疑者がいてもそれが署長クラスなら取調べすらしないような超低セキュリティな場所なのですから。

次の

神戸新聞NEXT|「2人が不倫している」勤務中、交番で性行為 妻子ある巡査部長と独身の部下

兵庫 県警 の 女性 巡査 長

警察はどこも犯罪者集団ですが、その中でも特に酷いのが兵庫県警・大阪府警・神奈川県警のビッグ3です。 不祥事のニュースでも常に登場する兵庫県警ですが、今度は勤務中に道場の横の小部屋で性行為に及んでいたそうです。 勤務中に職場でセックスしてても守られるなんて、坊主と警官は3日やったらやめられませんね。 産経WESTの記事 (魚拓) 2017. 22 16:49 勤務時間中に仕事を抜け出して職場で性行為をしたとして、兵庫県警は22日、兵庫署地域2課長だった男性警部(39)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分、部下で同課員だった女性巡査(30)を本部長訓戒の処分とした。 2人とも「悩みを相談しあっているうちに好意を持つようになり、気持ちが盛り上がってしまった」などと説明しているという。 県警監察官室によると、警部は妻子がおり、巡査は独身。 処分理由は5~7月に不健全な交際をしたほか、勤務時間中の7月8日午前5時ごろから約30分間、署内の道場に隣接する個室で性行為をし、職務を怠ったとしている。 同署では当時、課員や当直勤務員らが勤務していたが、だれも2人が仕事を抜け出したことに気づかなかった。 その間に110番など緊急通報はなく、業務に支障は出なかったという。 倉野喜朗監察官室長は「警察官として言語道断の行為で誠に遺憾。 さらに指導、教養の徹底に努める」としている。 キャリアがノンキャリと情事 事件自体が下らなくて、これが血税を食んでいる公務員の話でなければ本当にどうでもいいのですが、男性の方が「39歳で警部」という事は、こいつはキャリア組です。 39歳で警部まで進んでいるという事は明らかにキャリア組ですし、逆に言えばキャリア組としては出世は遅い方です。 出世争いに敗れたキャリア組の出来損ないが、仕事がつまらないので女のケツを追い掛け回し、どうせ仕事もないので勤務中にまでセックスをしていた。 これはそういう事件です。 記事にもありますが、 同署では当時、課員や当直勤務員らが勤務していたが、だれも2人が仕事を抜け出したことに気づかなかった。 その間に110番など緊急通報はなく、業務に支障は出なかったという。 警察や消防といった仕事は、事件や事故がなければ多少は暇な待機時間があってしかるべきですが、消防署員はそういう時でも筋トレ・ランニング・出動訓練などを繰り返していて、いざという時には命を懸けて救出作業に当たりますから、まさに公務員の鏡みたいな奴らです。 それに対して警察は、事件が無ければ特にやることもないため、交通課の職員は反則金徴収のノルマ達成の為に街に繰り出して出来るだけ事故とは無関係の違反に絞って取締りをし、地域課の職員は未だに手書き主体というアナログな書類作成が終わったら、道場の横の小部屋で不倫セックスをしていても同僚にもバレないというような暮らしをしています。 何しろ、警察署という建物は、8000万円以上の現金が不思議に消えても誰が犯人かわからず、どうみても怪しい容疑者がいてもそれが署長クラスなら取調べすらしないような超低セキュリティな場所なのですから。

次の