シリコン洗車 ガラスコーティング。 車のコーティングを検討している方へ!メリットとデメリットをプロに聞きました。

シリコン洗車といえば信越シリコーン『KF−96−50cs』のやり方!ズボラな人にオススメ

シリコン洗車 ガラスコーティング

倉田社長:「"洗車"とは車を綺麗に維持するための一番重要な作業です。 また、ワックス掛けやコーティングを行う上でも欠かせない下準備ですね。 そして皆さん気になるのが"ワックス"と"コーティング"の違いかと思います。 ワックスの主な成分は蝋と溶剤ですから、高級なワックスは確かにツヤは素晴らしいと思います。 一方で油分なので埃が付着しやすい、また汚れを含んだ油分が雨などで流れ落ちるので、耐久性も期待できませんし、ケアも手間も掛かります。 コーティングはシリコンなどの高分子化合物を塗ってボディを保護する"ポリマーコーティング"とガラス皮膜を形成する"ガラスコーティング"があります。 耐久性については、ポリマーコーティングであれば半年から1年ほど、ガラスコーティングは3年から5年ほど効果が持続します。 」 倉田社長: 「コーティングの効果は美しいツヤなど美観維持だけではありません。 コーティング施工車であっても、雨が乾けばコーティング面に水垢もつきますし、ホコリだって残ります。 しかし、通常は簡単なシャンプー洗車や水洗いでこうした汚れを落とすことができます。 どうしても洗車で取れない場合はプロに相談するのが良いと思います。 また、硬度の高いガラスコートであれば、細かな傷が付きにくいという特徴もあります。 愛車を大事にしたいという方にはオススメかと思います。 」 コーティングのデメリット 愛車、そして塗装面を保護するコーティングですが、なかなか一歩を踏み出せないという方もいることでしょう。 そして、誰もが気になるデメリットについて伺ってみました。

次の

ガラスコーティング車の洗車方法は?長持ちするメンテナンスの秘訣

シリコン洗車 ガラスコーティング

倉田社長:「"洗車"とは車を綺麗に維持するための一番重要な作業です。 また、ワックス掛けやコーティングを行う上でも欠かせない下準備ですね。 そして皆さん気になるのが"ワックス"と"コーティング"の違いかと思います。 ワックスの主な成分は蝋と溶剤ですから、高級なワックスは確かにツヤは素晴らしいと思います。 一方で油分なので埃が付着しやすい、また汚れを含んだ油分が雨などで流れ落ちるので、耐久性も期待できませんし、ケアも手間も掛かります。 コーティングはシリコンなどの高分子化合物を塗ってボディを保護する"ポリマーコーティング"とガラス皮膜を形成する"ガラスコーティング"があります。 耐久性については、ポリマーコーティングであれば半年から1年ほど、ガラスコーティングは3年から5年ほど効果が持続します。 」 倉田社長: 「コーティングの効果は美しいツヤなど美観維持だけではありません。 コーティング施工車であっても、雨が乾けばコーティング面に水垢もつきますし、ホコリだって残ります。 しかし、通常は簡単なシャンプー洗車や水洗いでこうした汚れを落とすことができます。 どうしても洗車で取れない場合はプロに相談するのが良いと思います。 また、硬度の高いガラスコートであれば、細かな傷が付きにくいという特徴もあります。 愛車を大事にしたいという方にはオススメかと思います。 」 コーティングのデメリット 愛車、そして塗装面を保護するコーティングですが、なかなか一歩を踏み出せないという方もいることでしょう。 そして、誰もが気になるデメリットについて伺ってみました。

次の

【ガラスコーティング】は高い?必要なし?デメリットから考える

シリコン洗車 ガラスコーティング

シリコンコーティングを車に施すメリットとは? 更新日:2020. 05 いつもキレイに輝いている自分の愛車を見ていると、嬉しくなりますよね。 しかし、メンテナンスや手入れをしなければ、愛車は色褪せていきます。 車のボディの輝きを維持するためには「」がおすすめですが、DIYで行う方法のひとつに市販のシリコンスプレーを使った「シリコンコーティング」が存在します。 市販のシリコンスプレーは1本数百円と非常に安く、プロショップでのコーティングよりもお得で、手軽にシリコンコーティングができると評判のようです。 今回は、そんなシリコンコーティングを施すメリットや注意点を調べました。 シリコンコーティングとは? 車を運転していれば、私たちの目には見えないようなホコリ、砂、鉄などによって小さな傷がボディについてしまいます。 雨の中走って、水滴をそのままにしておけば汚れもつきやすいです。 そんな傷や汚れからボディを守るために、市販のコーティング剤を使ったり、専門店に依頼したりして行うのが「」です。 専用の溶剤をボディに塗布すると、化学結合によって塗装の上に薄い被膜ができあがります。 この被膜のおかげで、何もしていない状態よりも車に傷がつきにくい、汚れが落ちやすい、塗装が色褪せしにくい、ツヤを長期間維持できる、といったメリットが得られるのです。 今回紹介するシリコンコーティングというのは、専門店に依頼せずに、自分で市販の「シリコンスプレー」をボディに塗布してコーティングする方法です。 シリコンコーティングの効果は? 市販のシリコンスプレーにはさまざまな種類がありますが、主に防水・撥水・潤滑効果があります。 シリコンスプレーをボディに吹き付けてシリコンの被膜を作ると、高い撥水効果を実感できるはずです。 市販のコーティング剤や専門店でをしたときと同じように、雨にぬれてもボディに無数の水玉が転がります。 また、シリコンコーティングの大きな特徴が、ボディのツヤがぐっと高まる点です。 コーティングの厚さにもよりますが、「ギラギラ」という表現が似合うほどのツヤが出ることもあるのです。 ただし、一般的なカーコーティングのようにボディを保護する効果はあまり期待しないほうが良いでしょう。 シリコンスプレーのメリット シリコンスプレーによるのメリットとしては、次の2つがあげられます。 ・安い費用でボディのツヤ出しと撥水効果を得られる 市販のシリコンスプレーは1本300円ほどで売られており、これだけの費用で驚くほどのツヤと撥水効果を得られます。 シリコンコーティングの効果に満足できるなら、非常にコスパが良いと感じるはずです。 ・施工が簡単 シリコンコーティングは手間がかかりますが、作業自体は単純です(手順は後述します)。 市販のコーティング剤の中には、ある程度の技術が必要なものもありますが、シリコンコーティングなら少しコツを覚えれば誰でも簡単にできます。 「難しいことはできないけど、車をツヤツヤにしたいなぁ…」と考える人にとっては魅力的な施工かもしれません。 車をシリコンスプレーでコーティングする手順 気になるシリコンコーティングの手順は以下のとおりです。 使用するシリコンスプレーは、必ず「無溶剤」のものを使います。 1.洗車 普段どおり洗車を行います。 市販のコーティング剤を使うなら、洗車後にボディの水を拭き取るケースが多いですが、シリコンスプレーを使うときはボディに水が残っているままで問題ありません。 2.シリコンスプレーを吹きかけ、塗り広げる ボディにシリコンスプレーを吹きかけ、ウエスやクロスで水とシリコンを馴染ませるように全体に塗り広げていきます。 作業はたったのこれだけで、後はひたすらムラを無くすように全体を磨き上げるだけです。 シリコンスプレーは自己責任! シリコンコーティングは安い費用でボディのツヤ出しと撥水効果を得られますが、本格的なコーティング剤と比べると効果は劣るかもしれません。 また、どうしてもムラが出てしまうなど、あなた好みのツヤにならない可能性もあります。 シリコンスプレーによるシリコンコーティングは、自己責任で行いましょう。 専門店のでは、自分で行うよりもずっとキレイなコーティングが可能です。 なぜなら、専門店ではコーティングの前に入念にボディの下地処理を行うからです。 費用も高額にはなりますが、費用に見合ったツヤ、撥水効果、塗装の保護といった効果を得られます。 まとめ ネットを中心にシリコンスプレーによるコーティングの情報が広まり、今では車好きなら当然の知識になりつつあるかもしれません。 シリコンスプレーは安く購入できますし、施工に難しい技術も必要ないので、誰でも気軽に挑戦できます。 しかし、あくまでシリコンコーティングはツヤ出しと撥水効果を得るものであり、専門店の、には劣ってしまいます。 しっかりとホコリや汚れ、傷から愛車を守りたいのであれば、専門店でのコーティングを試してみてはいかがでしょうか?•

次の