ハイ スピード コーポレーション。 ハイスピードコーポレーション株式会社(愛媛県)

ハイスピードコーポレーション株式会社(愛媛県)

ハイ スピード コーポレーション

会社のコト 家を建てる前の地盤調査や地盤改良を行っている。 砕石パイルを使った地盤強化であるハイスピード工法は環境に優しく、地震・液状化に強い。 砕石を使用した地盤補強工法のシェアは全国ナンバー1を誇る。 全国170社と代理店契約を結び、全国各地の地盤を強くしている。 事業開始から、施工棟数は年々増加。 また、東日本大震災以降、地盤への関心は高まっており、今後の成長が期待される企業である。 仕事のコト 大学教授の紹介で入社した小串さん。 入社の決め手は、若い会社に伸びしろを感じ、共に成長したいと思ったからとのこと。 現在は技術開発部で新しい機械の開発を行っている。 技術を売っているからこそプレッシャーも大きいが、期待される分頑張りたいと意気込んでいた。 学生から社会人になって一番苦労したことは言葉遣いで、特に敬語に苦労したそうだ。 取材中、先輩社員との掛け合いも多く、アットホームな雰囲気が伝わってきた。

次の

【アットホーム】鎌田駅 1分 6DK[6970017952]松山市の中古一戸建て(提供元:ハイスピードコーポレーション(株))|一軒家・家の購入

ハイ スピード コーポレーション

地盤調査、地盤補強工事、土木一般工事などを行っているハイスピードコーポレーション株式会社の製品カタログです。 】 HySPEED工法とは、既存の地盤改良工法のようにあらかじめ決まった杭を使ったり、地盤を補強しない工事と異なり、 砕石パイルをその地盤にあうように確実な施工で1本づつ造り上げ、砕石パイルと砕石パイル周辺の地盤の支持力を複合させて、 地盤の支持力を高める地盤改良工法です。 新技術のピストンバルブ 先端ドリル部分 で施工材 砕石 を突き固めます。 ピストンバルブのハンマー転圧機能により、従来の施工時間を大幅に削減。 砕石パイル施工後は基礎工事へと、すぐに取り掛かれます。 HySPEED工法とは、既存の地盤改良工法のようにあらかじめ決まった杭を使ったり、地盤を補強しない工事と異なり、 砕石パイルをその地盤にあうように確実な施工で1本づつ造り上げ、砕石パイルと砕石パイル周辺の地盤の支持力を複合させて、 地盤の支持力を高める地盤改良工法です。 新技術のピストンバルブ 先端ドリル部分 で施工材 砕石 を突き固めます。 ピストンバルブのハンマー転圧機能により、従来の施工時間を大幅に削減。 砕石パイル施工後は基礎工事へと、すぐに取り掛かれます。 () 東日本大震災では津波の被害がクローズアップされていますが、首都圏に おいて大きな被害をもたらしたのは「液状化」です。 沿岸の埋め立て地だけでなく内陸部でも数多く発生し、住宅地に被害を 及ぼした液状化現象。 そんな怖い液状化を当社の『地盤改良』により、 未然に防ぐことができます。 『地盤改良』とは建物などを地盤上に構築するにあたり、地盤沈下・ 不同沈下の影響が及びにくくするため、地盤に人工的な改良を加え安定性を 保つために行なう工事のことです。 基礎地盤の改良工法には、砕石パイル工法・表層改良工法・柱状改良工法・ 鋼管杭工法などがありますが、当社では天然砕石のみを材料に使用した 環境に良い工法である天然砕石パイル工法の「HySPEED工法」を お勧めしています。 () 液状化対策型砕石パイルを想定した液状化実験をご紹介します。 家の直下とその周りに砕石を敷きつめることで、過剰間隙水圧の消散効果が 飛躍的にあがり、液状化による地盤の変化がダイレクトに伝わらず、 不同沈下の影響が小さくてすみます。 砕石はその隙間に水が通りやすいため、地震の揺れにより上昇した 水圧 水 は砕石パイルを通じて外部に排出。 液状化の影響を抑制します。 () 「液状化保証付地盤保証」は、液状化判定を行い、判断結果から必要により 適切な地盤対策工事を提案するとともに、地震に起因する地盤の 液状化により不同沈下した建物の損害を保証するものです。 液状化の恐れのある住宅地盤に対して『ハイスピード工法S-type』を 施工することにより、ハウスワランティの「液状化保証付地盤保証」を 付けることが可能です。

次の

会社紹介

ハイ スピード コーポレーション

会社のコト 家を建てる前の地盤調査や地盤改良を行っている。 砕石パイルを使った地盤強化であるハイスピード工法は環境に優しく、地震・液状化に強い。 砕石を使用した地盤補強工法のシェアは全国ナンバー1を誇る。 全国170社と代理店契約を結び、全国各地の地盤を強くしている。 事業開始から、施工棟数は年々増加。 また、東日本大震災以降、地盤への関心は高まっており、今後の成長が期待される企業である。 仕事のコト 大学教授の紹介で入社した小串さん。 入社の決め手は、若い会社に伸びしろを感じ、共に成長したいと思ったからとのこと。 現在は技術開発部で新しい機械の開発を行っている。 技術を売っているからこそプレッシャーも大きいが、期待される分頑張りたいと意気込んでいた。 学生から社会人になって一番苦労したことは言葉遣いで、特に敬語に苦労したそうだ。 取材中、先輩社員との掛け合いも多く、アットホームな雰囲気が伝わってきた。

次の