さくら の レンタル サーバー。 【初心者はどっち?】ロリポップとさくらレンタルサーバー徹底比較

さくらのレンタルサーバ~マネージドサーバ~専用サーバーでSSDプランも選べる

さくら の レンタル サーバー

2016年6月現在、当サイトでの さくらのレンタルサーバの評価は2. 0点(5. 0満点中)です。 5 で表しています。 ただし、これはあくまで Web初心者の方 を対象に「お勧めできるか?」という視点での評価です。 (実際に さくら は、Webのスキルが高い方々に愛され続けているレンタルサーバー) 当記事では、さくらのレンタルサーバを実際に使ってみた感想をお伝えしていきます。 また評判情報も合わせてご紹介します。 補足:レンタルサーバー選びの本当のポイントとは? 最初にレンタルサーバーの評価ポイントとして、5つ挙げています。 これらはサーバー選びでどれも外せない項目で、特に レンタルサーバーの性能と管理画面などの 使いやすさは重要です。 詳しくは「」をお読みください。 さくらの場合、WordPressの使用可能な一番安い「スタンダード」プランで月額429円。 その1つ上の「プレミアム」プランで月額1,286円です。 安い料金で人気の高いロリポップ!レンタルサーバーと料金を比べてみましょう。 月額料金が数百円〜1000円ほどのプランを対象にしました。 ただし、WordPressが使用できないため、除外しました この表から気づくことは、さくらの「スタンダード」プランの方が、ロリポップ!の偶然にも同じプラン名「スタンダード」より初期費用、月額費用ともに安いことです。 1年契約した場合、さくらの方が2000円程おトクになりますね。 ちなみにロリポップのライトプランは激安なのですが、WordPressが1つしか作れません。 これだとWordPressのテスト環境や試験的なブログなどが作れないため、あまりお勧めしていません。 比較対象が欲しかったのでロリポップを使いました。 方法はシンプルで、実際に各サーバー会社のプランを契約し、WordPressをインストールします。 そしてWordPressで構築したブログに、全く同じサンプル記事(画像を1枚だけ挿入)を各プランへ作成していきます。 このサンプル記事を対象に、テストツールを使って1人、2人、4人、8人と同時アクセス数を倍に増やします。 その結果が次の表です。 最大8人時の平均応答時間=コンピュータの処理にどれくらいの時間がかかったか?を示しています。 順位 共用サーバー プラン 同時アクセス数 リクエスト合計数 平均応答時間(ミリ秒) 1 ロリポップ スタンダード 8 800 309 2 ロリポップ ライト 8 800 701 3 さくらのレンタルサーバ プレミアム 8 800 1,237 4 さくらのレンタルサーバ スタンダード 8 800 1,588 各社、安いプランと少し高めのプランとで高性能なサーバーの提供を使い分けているのが明確ですね。 結果、 さくらのレンタルサーバがロリポップより遅いことが分かりました。 少しショックだったのは、さくらのレンタルサーバが提供するサーバーが全て圧倒的な差でロリポップサーバーに負けていることです。 このことから、さくらのレンタルサーバの「サーバーの性能」は優秀だと言い難いことが分かりました。 データベースとは、簡単に言うとブログの記事やコメントなどが格納されるシステムのことです。 エックスサーバーの場合、このデータベースの存在を忘れてしまうくらい、WordPressの導入がとても簡単でした。 これがWeb初心者に優しくない、と私が判断した点です。 ただ最近のボタンが大きく分かりやすい画面に慣れている人にとって、少し使いづらく感じるかもしれません。 管理画面やさくらのレンタルサーバの機能など確認したい方は、下記記事を参考にしてください。 それは2つの不具合を誘発する可能性があるからです。 com」というアドレスを持っているとします。 com」にしたい!という方にとって一手間が必要になります。 ただし、Web初心者の方がへたに作業すると、画面が真っ白になった!という不具合を起こしてしまうのです(今、私が勤める会社でもこの手の問い合わせは多い!!)。 ただし先に挙げたWordPressのインストール先を指定しなければならない、ということが要因でプラグインの不具合が発生する可能性があります。 これは特に初心者にとってかなり困ってしまいます。 可能であれば、このような不具合の解決に時間をかけるのではなく、記事作成に注力して欲しいのが私の願いです。 上記は他にエックスサーバーが提供する「wpXサーバー」でも似たような現象が確認されています。 メールのお問い合わせ対応は土日も可能とのこと。 受付時間:10:00~18:00 土日祝日も受付・対応 当社指定休日は休み また電話サポート対応は平日のみとなります。 受付時間: 09:45~18:00 (土日祝日、当社指定休日は休み) 年度末・初めの問い合わせ増加に伴い、窓口の受付時間を変更させていただきます。 私が「素晴らしいな」と感じたのが、「」というものを用意していることです。 どの日にオペレーターが十分に待機していることが一目瞭然ですね。 というわけで評価は「1」としました。 さくらインターネットの評判&口コミ 評判と言えば、私がとても参考にしているブログ記事があります。 さくらのレンタルサーバを使用して月間40万アクセスあるブログを運用しているけど、問題なく活用してるという内容です。 こちらは非常に参考になる情報なので是非、目を通してください。 まとめ 以上の結果から、さくらのレンタルサーバをWordPressでブログを始めたい初心者の方にはあまりお勧めできません。 また三十路男(みそじおとこ)さんの記事にもあるように、ある程度Webのスキルがある方には大丈夫かな、と感じています。 その他のレンタルサーバーの評価 当サイトで実際に使用してみて、検証テストを行った結果をまとめています。 詳しくは下記よりご覧ください。 またレンタルサーバー同士の比較結果については、こちらをお読みください。 様々な情報よりご検討いただき、あなたにとって最高のレンタルサーバー選びのサポートになれば幸いです。 okinawapunk アフィリエイト用個人向けレンタルサーバー比較ランキング ここでは初めてアフィリエイトを取り組む方(初心者向け)を対象に次の3つのポイントを基準に比較しました。 レンタルサーバーの処理速度が速い(Google対策)• 記事作成に専念できるサーバー(使いやすい)• データ転送量が十分である(つまり安心!) その結果を下記のランキング比較一覧表にまとめたのでご覧ください。 1 20. 5 36. 5 18. 2 10. 4 4. 8 6. 詳しくは「 」をご覧ください アフィリエイトで本気で稼ぎたい方は「 」を参考にしてください。 ここでのランキングがよりご理解いただけるかと思います。

次の

さくらインターネット メールフォーム 使い方

さくら の レンタル サーバー

さくらのサブドメイン一覧 A B C D E achoo. jp amaretto. jp bona. jp chew. jp crap. jp daynight. jp dojin. com deko8. jp eek. jp - F G H I J flop. jp from. tv fubuki. info grats. jp grrr. jp gokujou. biz halfmoon. jp ivory. jp jeez. jp jpn. org K L M N O kirara. st kokage. cc mail-box. jp matrix. jp mimoza. jp mints. jp mokuren. jp nazo. cc netgamers. jp noob. jp nyanta. jp opal. jp o0o0. jp - - P Q R S T rash. jp razor. jp rdy. jp rgr. jp rojo. jp rossa. cc rulez. jp rusk. to sakura. tv sakuratan. com sakuraweb. com silk. to skr. jp squares. net sumomo. jp saikyou. biz saloon. jp spawn. jp tank. jp thyme. jp topaz. jp - - - - U V W X Y Z uh-oh. jp undo. jp xii. jp x0. com x0. to websozai. jp whoa. jp - - - 数字 180r. com 2-d. jp - - -.

次の

【初心者はどっち?】ロリポップとさくらレンタルサーバー徹底比較

さくら の レンタル サーバー

さくらのレンタルサーバーは月額129円から使えるプランもあり格安レンタルサーバーとしての知名度が高いですが、 実はVPSだったり専用サーバーやクラウドサーバー、マネージドサーバーなど、 どちらかと言うとビジネス向けのプランに強みがあるレンタルサーバーでもあります。 ここでは1番人気の月500円スタンダードプランを中心にレビューしていきますが、 法人サイトなどの利用でレンタルサーバーを検討している人もさくらはおすすめです。 また、 かんたんにテスト環境が作れる「スナップショット」機能や、 ビジネス向けのグループウエア「TeamOn for SAKURA」など他社にないサービスが充実していて、 ここ数年、魅力を増しているレンタルサーバーとなっています。 さくらレンタルサーバーの特徴まとめ その1. プラン別の料金 ライト スタンダード ビジネス マネージド 初期費用 1,029円 1,029円 5,142円 48,600円 月額料金 129円 515円 2,571円 12960円 マルチドメイン 20個 100個 200個 自由設定 データーベース なし 20個 100個 自由設定 1番安いライトプランは年間一括払いのみとなり月額換算すると129円です。 初期費用は1029円かかります。 ただし、ライトプランの場合はデータベースが利用できませんのでワードプレスを作ることは出来ません。 月額500円のスタンダードプランが実質的に人気No1のプランとなっていて、 こちらはマルチドメイン100個、データベース20個、容量100GBということでワードプレスが20個まで作成できます。 1台まるごとレンタルできるマネージドサーバーなどになると月額1万円を超えてきますので料金的にはとても高いですが、 さくらのマネージドやVPSもそれなりに人気があって法人サイトでレンタルサーバーを検討している場合には検討対象の1社に入ってくると思います。 その2. サーバー性能の比較 性能 HDD&SSD スタンダードプランより順次SSD化 CPU Intel R Xeon R CPU E5-2650 v3 2. 30GHz(8コア) メモリ 48GB WEBサーバー Apache2. 4 さくらレンタルサーバーではサーバー性能をコントロールパネルで公開していますので、各自どのサーバーが振り分けられていいるか確認することが出来ます。 私の場合は月額500円のスタンダードプランでCPUが2. 30GHZ、メモリ48GBとなりました。 また、さくらレンタルサーバーでは現在、スタンダードプランを中心にストレージをHDDからSSDに移行しています。 その3. サービス一覧 月額129円のライトプランでは機能がそれなりに制限されていますが、 月額500円のスタンダードからはワードプレスかんたんインストール、データベース20個、共有SSLなど充実したサービスが利用できるようになります。 「スナップショット」と呼ばれる専用バックアップ機能が備わっていて、例えばワードプレスのバージョンアップ時などのためにテスト環境を作ることができます。 このサービスは低価格帯のレンタルサーバーでは「」ぐらいしか使うことができないので、非常に魅力的です。 サービス内容 マルチドメイン 100個(データベース20個) ワードプレス簡単インストール あり 電話サポート 全プラン対応 バックアップ バックアップ&ステージング WEBフォント モリサワフォント (1)マルチドメイン&データベース ワードプレスを作るためにはデータベースが必要になりますが、月額500円のスタンダードプランで20個まで利用できます。 「たくさんワードプレスを作成したい」という人のために、複数作成も可能になっています。 (2)かんたんインストール ワードプレスを設置するときに必要な手順もほぼ自動化され、 ボタン操作といくつかの項目の入力だけで簡単にワードプレスが作れるようになっています。 そのため10分もあればワードプレスの設置が可能となっています。 (3)全プランで電話コールセンター対応 月額129円のライトプランから電話対応のコールセンターを利用することができます。 (4)スナップショット機能でかんたんテスト環境 バックアップステージングと呼ばれる専用の機能が備わりました。 これによりテスト環境でのデータ更新が可能となり、 ワードプレスのバージョンアップ時など「データ変えても大丈夫だろうか?」といった時に データが飛んでしまうリスクを回避することが出来ます。 (5)モリサワWEBフォント エックスサーバーが始めたモリサワWEBフォントですが、 どんどん他のレンタルサーバーも導入しはじめています。 さくらレンタルサーバーも導入となりました。 総合的にみて、さくらレンタルサーバーのサーバースペックやサービス内容はそれなりに良いです。 2019年にかけて管理画面のバージョンアップなども行う予定になっているので、今後さらに期待したいところです。 4.さくらレンタルサーバーのメリットとデメリットのレビュー 【メリット】月額500円で充実サーバープラン 月額500円のスタンダードプランで格安レンタルサーバーとして利用した場合でも、 十分なサービスが備わっているというのが印象です。 すでにロリポップやスターサーバーを含めて500円でもかなりのサービスになっています。 また、バックアップステージング機能など本来、 WEB制作者が使うような機能が格安プランでも使えてしまうのは魅力です。 いまのところこのような機能がついているのはさくらレンタルサーバーとCPIぐらいではないでしょうか。 【デメリット】使いにくいコントロールパネル 個人的な感想ですが、コントロールパネル(ログインした管理画面)は旧式のもので使いやすいとは言い難いものになっています。 2019年に新しいコントロールパネルに移行するということになっていますので、それに期待しています。 さくらレンタルサーバーは、格安プランとビジネス向けプランが人気があるので、会社でレンタルサーバーを探している。 という場面でも おすすめできるレンタルサーバーになっています。 こんなレンタルサーバーもおすすめです。 それぞれ特徴が違うので、よく比較してみてください。 ビジネス向けサーバーで、より価格帯を落ち着かせたいのであれば月額3000台からのエックスサーバービジネスが魅力です。

次の