竹内 まりや 曲。 竹内まりやのおすすめ人気曲ランキング10選!アルバムや代表曲も紹介!

駅 (曲)

竹内 まりや 曲

「いのちの歌」や「静かな伝説 レジェンド 」、そして初期の名曲「Sweetest Music」なども含まれ、新たなベスト・アルバム、モア・ベストとも呼べる内容となっている。 すてきなヒットソング• 「Beginning」 78年 より• オン・ザ・ユニヴァーシティ・ストリート• 「University Street」 79年 より• 待っているわ• 「Love Songs」 80年 より• 二人のバカンス• 「Miss M」 80年 より• Sweetest Music• 「Miss M」 80年 より• Natalie• 「Portrait」 81年 より• アンフィシアターの夜• 「Variety」 84年 より• OH NO, OH YES! 「Request」 87年 より• 時空 とき の旅人• 「Request」 87年 より• 夢の続き• 「Request」 87年 より• After Years• 「Quiet Life」 92年 より• 明日の私• シングル 94年• 幸せの探し方• 「Quiet Life」 92年 より• ノスタルジア• 「Bon Appetit! 」 01年 より• シンクロニシティ 素敵な偶然• 「Denim」 07年 より• 静かな伝説 レジェンド• 「Trad」 14年 より• いのちの歌• 牧瀬里穂に提供し、アルバム『Denim』 2007年発売 の初回盤ボーナスディスクのみに収録されていた「ミラクル・ラブ」、岡田有希子に提供した「ファースト・デイト」「憧れ」「恋、はじめまして」など新たにレコーディングされた初出音源に加え、広末涼子に提供した「MajiでKoiする5秒前」なども収録。 竹内まりやのソングライターとしての魅力が満載のスペシャルな1枚となった。 戻っておいで・私の時間 (2011 Ver. 悲しきハート• 60年代ポップスの名曲(初CD化)• 悲しきあしおと (On The Street Ver. 山下達郎のドゥワップ・アレンジによる• 君のために• 加山雄三のシングル曲(初CD化)• Hey! Baby• 森下恵理への提供曲• 中森明菜への提供曲• ミラクル・ラブ• 牧瀬里穂への提供曲• 真冬のデイト• 森下恵理への提供曲• トライアングル• 薬師丸ひろ子への提供曲• ファースト・デイト• 岡田有希子への提供曲(初CD化)• 恋、はじめまして• 岡田有希子への提供曲(初CD化)• 岡田有希子への提供曲(初CD化)• 夏のイントロ• 福永恵規への提供曲(初CD化)• アップル・パップル・プリンセス 2008 Ver. NHK「みんなのうた '81年 」• MajiでKoiする5秒前• 広末涼子への提供曲• 声だけ聞かせて• 松田聖子への提供曲• シャンプー• 山下達郎によるアン・ルイスへの提供曲• Where The Boys Are 〜ボーイ・ハント English Ver. コニー・フランシスの大ヒット曲 Disc3 Premium Covers Disc3は『Premium Covers』と題し、山下達郎「サンデー・ソングブック」でお馴染みの「まりやの課外 クラブ 活動」を遂に初CD化。 映画『ダンボ』日本版エンドソング「Baby Mine」の英語バージョンに始まり、ビートルズのカバーやイーグルスのカバー、「Fly Me To The Moon」「Don't It Make My Brown Eyes Blue 〜瞳のささやき」「Che Vuole Questa Musica Stasera 〜ガラスの部屋」など、洋楽クラシックス、ジャズスタンダード、カンツォーネ、オールドポップス等の洋楽カヴァーを1枚にコンパイル。 山下達郎とのデュエットソング「For Your Love」も収録され、竹内まりやのルーツを窺い知れる興味深い内容となった。 Baby Mine English Ver. ディズニー映画「ダンボ」主題歌の英語バージョン(初CD化)• No Reply• ビートルズのカバー(初CD化)• Tell Me Why• ビートルズのカバー• Devil In Her Heart• ビートルズのカバー(初CD化)• If I Fell• ビートルズのカバー(初CD化)• I'm Happy Just To Dance With You• ビートルズのカバー(初CD化)• Drive My Car• ビートルズのカバー(初CD化)• Nowhere Man• ビートルズのカバー(初CD化)• The Night Before• ビートルズのカバー(初CD化)• You're Going To Lose That Girl• ビートルズのカバー(初CD化)• One After 909• ビートルズのカバー(初CD化)• Your Mother Should Know• ビートルズのカバー• This Boy• ビートルズのカバー• Fly Me To The Moon• アメリカン・スタンダードの代表曲(初CD化)• Scotch And Soda• 往年のポップス・スタンダード(初CD化)• Cry Me A River• ジュリー・ロンドンのヒット曲のカバー(初CD化)• I Love You For Sentimental Reasons• ジャズ〜ポップス・スタンダード・カバー(初CD化)• Out Of The Blue• ザ・バンドのカバー(初CD化)• Don't It Make My Brown Eyes Blue• クリスタル・ゲイルのヒット曲(初CD化)• Tequila Sunrise• イーグルスのカバー(初CD化)• Southbound Train• デヴィッド・クロスビー&グラハム・ナッシュのカバー(初CD化)• Musician It's Not An Easy Life• カントリー・ロックの名曲(初CD化)• Comment Te Dire Adieu 〜さよならを教えて• フランソワーズ・アルディのカバー(初CD化)• Che Vuole Questa Musica Stasera 〜ガラスの部屋• 同名映画主題歌のカンツォーネ(初CD化)• For Your Love• 山下達郎とのデュエット(初CD化).

次の

竹内まりや提供作品リスト

竹内 まりや 曲

1978年にデビューした、島根県出身のシンガーソングライターです。 「竹内まりあ」ではなく「竹内まりや」で、結構間違えてしまう人多いと思います・・。 デビュー以降数々のヒットソングを生み出していますね。 柔らかい歌声と温かいメロディーが親しみやすく、曲の世界観に入り込みやすい曲が多いのも魅力の一つです。 幅広い年代に人気の竹内まりやさん、ご存知の方も多いとは思いますが、旦那様は山下達郎さんです。 山下達郎さん作曲の曲を竹内まりやさんが歌ったり、また、1984年以降は竹内まりやさんのプロデュースは全て山下達郎さんがしています。 リリースされてきた楽曲の多くは、ドラマの主題歌になっていたり、CM曲に起用されていたりと、どこかでみなさんも耳にしたことがあることでしょう。 そして、2016年にはご夫婦合作で嵐に楽曲提供したのも話題になりました。 それでは竹内まりやのおすすめ曲を勝手にランキング形式でお届けしていきます! 竹内まりやのおすすめ曲10選! Sponsored Links No. 1 元気を出して 1988年11月リリース。 薬師丸ひろ子さんに提供した曲をセルフカバーしています。 ふられた経験がある女性はこの曲に励まされる人が多いのではないかと思います。 友達目線で書かれた歌詞は落ち込んだ気持ちに本当に沁みてきます・・! 竹内まりや J-Pop ¥250 No. 2 シングル・アゲイン 1989年9月リリース。 日本テレビ「火曜サスペンス」8代目主題歌。 とても切ないバラードです。 昔付き合っていた男性が他に好きな人を作って離れていき、その男性もまたその女性と別れたと聞いた複雑な女性の心境を描いています。 切なすぎます!!メロディーも哀愁があって歌詞の内容とピッタリすぎて泣けてしまいます。 ただ、この曲itunesで配信されていないんですよね。。 良曲なだけにそこが残念。 3 けんかをやめて 1982年9月リリース。 河合奈保子さんに提供した曲をセルフカバーしています。 タイプの違う二人の男性の間で揺れ動くちょっと小悪魔的な乙女心を歌った曲です。 これは竹内まりやさんご本人の発言ですが、この曲を河合奈保子さんが歌うとちょっとわがままな女の子だけど、自分が歌うとひどく傲慢な女性に聞こえるのはなぜ?と 笑 たしかに歌詞の内容から、歌い方や歌声でかなり感じが変わるかもしれませんね。 竹内まりや J-Pop ¥250 Sponsored Links No. 4 カムフラージュ 1998年11月リリース。 フジテレビ系ドラマ「眠れる森A Sleeping Forest」の主題歌。 イントロから山下達郎さんのコーラスがステキですね。 山下さんのコーラスと竹内まりやさんの温かい歌声がとても相性が良くて聴き惚れてしまいます。 歌詞の内容はとても切なく、お互いに相手がいるのに恋をしてしまうイケナイ恋を歌っていますが、優しく温かいメロディーと歌詞のギャップが余計切なくさせます。 竹内まりや J-Pop ¥250 No. 5 家に帰ろうマイ・スイート・ホーム 1992年11月リリース。 TBS系ドラマ「木曜日の食卓」主題歌。 大人のラブソングといった感じの曲です。 長年連れ添った夫婦やカップルにぴったりの温かい曲です。 「冷蔵庫の中で凍りかけた愛を温めなおしたいのに」という歌詞、またドキドキを取り戻したい女心がとっても良く表れている歌詞で、個人的にこの歌詞がとても好きです。 7 告白 1990年9月リリース。 日本テレビ「火曜サスペンス劇場」9代目の主題歌。 イントロから電話のベルで始まるのですが、それに続くAメロの歌詞が「Why? 寝つかれぬ夜 鳴り響く電話のベル」。 イントロから世界観にどっと引き込まれますよね。 大人の切ない恋愛を歌わせたら右に出るものナシなんじゃないかと思えるくらい歌声、表現、歌詞、メロディーどれも素晴らしく切ないです! 憂いのあるメロディーと少し低めの歌声が何とも言えない切なさを感じさせます。 itunesでの配信がないため、こちらもCDで購入する必要がありますね。。 8 駅 1987年11月リリース。 中森明菜さんへの提供曲をセルフカバーしている曲です。 中森明菜さんとはまた違った魅力のある歌い方になっているのもオススメのポイント。 低く優しく響く歌声でしっとりと歌い上げるこの曲はまたしても大人の切ない恋愛ソングです。 人が行きかう『駅』をキーワードにしているので、聴き手側も身近に感じやすい歌詞の内容なので、ついつい自分の過去の恋愛をあてはめて聴いてしまうのです。 そしてメロディーが本当に切ない!心に沁みます! 竹内まりや J-Pop ¥250 No. 9 純愛ラプソディ 1994年5月リリース。 日本テレビ系ドラマ「出逢った頃の君でいて」主題歌。 ポップで明るい曲調とは打って変わって歌詞の内容は不倫がテーマ。 そのギャップがたまりません! 音だけ聞くと不倫がテーマだなんて全く分からないくらい明るい曲なのです! また歌詞のセンスも抜群で、「片付いていく仲間たちにため息」これは共感できる女性も多いかもしれません!私はすごく共感できる歌詞でした 笑 その後に続く「どこまでも主役になれない私でもいいの」二番さん感がとても出ている歌詞がとても切ないですね。 Sponsored Links 竹内まりやのおすすめアルバムは? これまでに竹内まりやがリリースしてきたアルバムは以下のようになっています。 1978年11月25日 BEGINNING 1979年5月21日 UNIVERSITY STREET 1980年3月5日 LOVE SONG 1980年12月5日 Miss M 1981年10月21日 PORTRAIT 1982年6月5日 VIVA MARIYA!! 1984年4月25日 VARIETY 1987年8月12日 REQUEST 1992年10月22日 Quiet Life 1994年7月25日 Impressions 2001年8月22日 Bon Appetit! 2007年5月23日 Denim 2008年10月1日 Expressions 2014年9月10日 TRAD 2014年のアルバムリリースが最後になっていますね。 どのアルバムもとても素敵ですが、 個人的にオススメなのはベストアルバムの「Expressions」です。 今回紹介した曲はほとんどそのアルバムに収録されているので是非チェックしてみて下さい。 以上、竹内まりあのおすすめ曲を勝手にランキング形式でお届けしました!.

次の

download.pocketinformant.com: Turntable (通常版): 音楽

竹内 まりや 曲

概説 [ ] かつての恋人の姿を駅で偶然見かけた女性が、隣の車両に乗りながら降りる駅までの間そっと彼のことを見続ける切ない恋の情景をにのせた曲であり、多くの人々の支持を獲得し、竹内の代表曲のひとつとなった。 竹内は、自身のベスト・アルバム『』のライナーノーツで、「'86年に中森明菜さんのアルバム用の依頼が来た時、 テーブルに彼女の写真を並べて、情景イメージが出て来るまでずっと見つめていました。 せつない恋物語が似合う人だと結論を得た私が、めずらしくマイナーコードで一気に書き上げたこの曲を、のちに自分も歌い、今のようにスタンダードな存在になっていくと夢にも思いませんでした。 明菜ちゃんからの依頼がなければ書けなかった歌です」と、作詞・作曲の経緯を述べている。 中森版と竹内版を巡って [ ]• は中森のアルバム『CRIMSON』を聴き、中森の楽曲の解釈に対して強い憤りを覚え、それをきっかけに、山下が自身の手でアレンジしたいと思い「駅」のセルフカバーをしてみたらどうかと竹内に勧めた経緯があるという(このことは、竹内のベスト・アルバム『』の山下によるライナーノーツに記載されている。 当該部分では個人名は伏せられて有名アイドルと書かれているが、これが中森のことを指しているのは明白である)。 その後、山下はラジオで「あれはアーティストが悪いんじゃなくアレンジ等のスタッフに対する意見です」と語っている。 また、中森の『Akina Nakamori〜歌姫ダブル・ディケイド』での再録版(編曲:)については特に言及していない。 中森版の編曲を担当したは、元々山下・竹内夫妻とはアルバムやコンサートツアーのリズムセクションを長年務めるなど親交が深く、2017年11月21日放送の『』()でこの曲についてのインタビューに答えた際、山下・竹内夫妻と中森との「表現のツボの違い」を解説し、どちらが良いかで論争が起きたことに触れた上で「両方良いと思う」との見解を語った。 週間55位()• レコーディングの際、山下は竹内に「明るく聞こえる声質だからつまらないと思って歌ってくれ」と注文していた。 1991年に映画『』の主題歌に使用され、同年にはシングルの2度目の再発盤もリリースされた。 この映画の終盤には、竹内がすれ違う人として数秒出演している。 ベスト・アルバムへの収録 [ ]• 『』(1994年)• 『』(2008年) その他 [ ]• 2000年発売のライブ・アルバム『』にも、同年のライブ音源で収録されている。 その他のカバー [ ]• 1987年、「裝飾的眼淚」(歌詞,アルバム『似火探戈』)• 1988年、アニタ・ムイ「冬眠的愛情」(歌詞,アルバム『百變梅艷芳之烈焰紅唇』)• 1991年、(アルバム『GOLDEN PARADISE』)• 1998年、(アルバム『』)• 2005年、(アルバム『』)• 2007年、(アルバム『STANDARDS 2』)• 2008年、(アルバム『』)• 2008年、(アルバム『春夏秋冬』)• 2008年、(アルバム『エンカのチカラ 〜SONG IS LOVE 80's-90's〜』)• 2009年、(アルバム『TERRA2』)• 2009年、(アルバム『Ballade II』)• 2009年、(アルバム『TOKYO JUKEBOX』 )• 2014年、(アルバム『COVER 80's』収録)• 2016年、(アルバム『』) 脚注 [ ].

次の