英語 の 筆記 体。 ネイティブも使わない!筆記体を覚えるメリットとデメリット│アキラ’s English

英語の筆記体について。字体変更…

英語 の 筆記 体

この記事の目次• まずは実際の筆記体のサンプル画像を掲載しておきます。 標準的な筆記体の書き方です。 以下はデザインの背景などに使う素材なので意味のない単語の羅列ですが英語の筆記体で書かれています。 以下の筆記体はまだ判別しやすい感じでしょうか。 もっと崩されると英語かどうかも判定するのが怪しくなります。 以下の崩した筆記体は個々の字と書かれている単語を見る限りたぶん英語だと思います。 見出し部分などワンポイントで使われるデザインは高級感を出すためにチラシ、パンフレットなどで多く見られますが、上のように文章で書かれると非常につらいです…。 筆記体論争が再燃 2017年にアメリカのイリノイ州で義務教育における筆記体を支持する動きがありました。 しかし、同時に「必要ない」といった意見もあがっています。 要点としては筆記体を教えるぐらいならば現代社会で役に立つタイピングなどに時間を割いたらいいのでは? という意見と、記憶を助けたりなど教育的な必要性の板挟みです。 この対立は今に始まったことではなく「筆記体は必要なのか?」といった論争が常に付きまとう状況です。 The US state of Illinois recently upheld mandatory education of cursive handwriting in public schools, reigniting the controversy over the classical style. アメリカのイリノイ州が最近になって、公立学校の義務教育における筆記体を支持した。 この古典様式を巡る論争を再燃しながらだ。 Those in favor of cursive cite its speed in handwriting lecture notes which is proven to help retention and understanding of new information. これらの筆記体支持の人々は、手書きで授業のノートを取ることのスピードを引き合いにだしている。 (手書きノートは)新しい情報に対しての記憶と理解を助けることは証明されている。 On the other hand, many feel that typing is a more efficient way of recording information and lesson time could be better spent on more practical skills. その一方で、多くの人々はタイピングのほうがより効率的な情報の記録方法であり、また授業時間をより実際に役立つ技術に使うのがより良いのではと感じている。 アメリカの筆記体事情 ネットで調べてみた程度ですが、アメリカでいえば全土の標準的なカリキュラムには筆記体を指導することがすでに含まれていません。 各州によって状況は異なりますが、教えなくてもいいけれど、教えてもかまわないといった裁量が教師に与えられています。 確実に学校で筆記体を教えることが減少している代わりに、キーボードの打ち方、タイピングを必須カリキュラムに盛り込むケースが増えています。 しかし、少し古いですが2007年のアメリカの小学校の教師に行った調査によると、筆記体の必要性は多くの教師が感じているといった結果が出ていました。 今回のニュースのように「筆記体」については減少しているものの、常に反対意見、論争が絶えない分野だといえます。 日本の状況 日本では過去に学校で筆記体が必須項目として教えられていた時代があり、おそらく1970年代生まれぐらいまでの人は確実に学校で習ったことになります。 それ以降については何度か指導要領の改訂が行われ「文字指導に当たっては生徒の学習負担に配慮し筆記体を指導することもできる」となっています。 これも教える先生の裁量や、先生自身の英語経験に大きく影響される要素だといえます。 指導計画の作成と内容の取扱い (1) 指導計画の作成に当たっては,次の事項に配慮するものとする。 ア 各学校においては,生徒や地域の実態に応じて,学年ごとの目標を適切に定め,3学年間を通して英語の目標の実現を図るようにすること。 イ 2の(3)の言語材料については,学習段階に応じて平易なものから難しいものへと段階的に指導すること。 ウ 音声指導に当たっては,日本語との違いに留意しながら,発音練習などを通して2の(3)のアに示された言語材料を継続して指導すること。 また,音声指導の補助として,必要に応じて発音表記を用いて指導することもできること。 エ 文字指導に当たっては,生徒の学習負担に配慮し筆記体を指導することもできること。 オ 語,連語及び慣用表現については,運用度の高いものを用い,活用することを通して定着を図るようにすること。 カ 辞書の使い方に慣れ,活用できるようにすること。 キ 生徒の実態や教材の内容などに応じて,コンピュータや情報通信ネットワーク,教育機器などを有効活用したり,ネイティブ・スピーカーなどの協力を得たりなどすること。 また,ペアワーク,グループワークなどの学習形態を適宜工夫すること。 (文部科学省) ネイティブスピーカーでも読みにくい スティーブにも確認しましたが、カナダでも当時はちゃんと教えられたそうです。 今はどうなっているのかは不明ですが、アメリカと状況は変わらないと思います。 「読みにくくないの?」と質問してみたら、やっぱり「読みにくいよ」と言っていました。 ネイティブスピーカーであっても読みにくい字体だといえます。 現代で必要性があるとすればサイン、署名、手紙ぐらいだとの意見でした。 例えばお礼状などの場合にタイピングですると味気ないのは英語も日本語も同じで、そこは直筆の手書きのお礼状が喜ばれます。 そういったフォーマルな手紙にブロック体で「THANK YOU」と書いていると、小学生のありがとうカードみたいになるので、そこは筆記体が必要になるだろうと言っていました。 また日本の草書体などにもいえますが、昔の文献などが読めなくなるといった弊害も出てきます。 結論は出ませんが、自分の名前ぐらいは筆記体で書けるようになると便利です。 私はクレジットカードのサインをするときは(かっこつけて)筆記体で書いています。 セキュリティ的には海外で真似されにくい漢字がベターだといった意見もあります。 記事カテゴリー• 1,372• 131• 113•

次の

英語の「筆記体」の実際の使い所と練習方法

英語 の 筆記 体

ホワイトデーのメッセージを英語で書いてみませんか? ホワイトデーは日本特有のイベントですので、 直接の英語表現はなく和製英語になりますが、 メッセージとしてはアリです! 筆記体の見本も載せていますので、 メッセージカードにも簡単に書けますよ! スポンサーリンク 英語で届けるホワイトデーのメッセージ 【例文】 Happy White Day! 素敵なホワイトデーを! 上に書いた通り White Day という英語はないんですけど、 日本でカードに書く場合には問題ありませんよね。 【筆記体】 空白 せっかくのホワイトデーなので、 バレンタインのお返しメッセージを 一言付け足してみてはいかがでしょうか? 【例文】 This is in return for the present you gave me. プレゼントをくれたお返しです in return =「お返しとして」 直訳すると「これはあなたがくれたプレゼントのお返しです」となります。 【筆記体】 もっとシンプルに Present for you. あなたへのプレゼント でも良いと思います。 【筆記体】 空白 【例文】 Thank you for your present. プレゼントありがとう Thank you for ~ =「~をありがとう」です。 【筆記体】 空白 【例文】 Thank you for always being with me. いつも一緒にいてくれてありがとう 上の例文に動名詞 ~ing を使った文です。 Thank you for always ~ingで 「いつも~してくれてありがとう」となります。 【筆記体】 空白 【例文】 Have a happy White Day! 素敵なホワイトデーを過ごしてね! I wish you a happy White Day. あなたが素敵なホワイトデーを過ごせますように どちらもシンプルですがメッセージの伝わる短文です。 happy 以外に wonderful 素晴らしい や、 special 特別な なども使えます。 【筆記体】 空白 恋人同士で彼女に渡す場合などは With my love. 愛を込めて や、 From my heart. 心から といったシンプルなフレーズを一言足しても良さそうですね。 【筆記体】 いかがでしたでしょうか? 以上のように、シンプルな単語やフレーズでも、 素敵なホワイトデーのメッセージが作れます。 是非あなただけのメッセージカードを作って、 大切な人に気持ちを届けましょう! アルファベットの筆記体一覧 最後に アルファベットの筆記体を載せておきますので、 こちらも参考になさって下さい。 【大文字の筆記体】 【小文字の筆記体】.

次の

筆記体

英語 の 筆記 体

手書きしていますか? たまには文字のお話を。 手書き文書のやり取りが少なくなってきましたね。 たまにお店やどこかの窓口で申込書などに手書き記入することがありますが、自分の字がどんどん幼くなっているような気がします・・・。 英語圏で申し込み書などの書式を見ると、日本だったら見ない指示が表示されています。 どういう意味かわかりますか?これは「ブロック体で書いて下さい」という意味です。 ぜひ、覚えておいて下さいね。 とは言うものの、 今どきは「ブロック体って何?」と思う人もいるかも知れません。 ブロック体とは活字体ということです。 では、printがそうなら「筆記体」は英語で何というのでしょう。 cursive です。 scriptと言う場合もあります。 筆記体を習わない世代の方、興味があれば覚えてみるのもいいですね。 慣れるとブロック体(活字体)の倍の速さで書けます。 筆記体は必要か 筆記体は、欧米でも使われなくなっていると聞きます。 若い人の中には、筆記体を全く理解できない人が増えているようです。 日本人に草書体の読み書きができない人がいるのと同じなのでしょう。 ただ、教養として知っておくべきという考え方は当然あります。 筆記体はできるようにしておけと言う人は私の身近にもいます。 しかし、日本に住んでいて、筆記体が必要と思ったことがある人はどのくらいいるでしょうか。 おそらくクレジットカードのサインくらいにしか使い道を感じていないのではないかと。 欧米でも似たようなものかも知れません。 調べてみたところ、日本の義務教育では、 2000年から筆記体を教わらないようになったらしい。 英語が好きで、書体に興味のある人は自学自習して下さいねということです。 筆記体はインターネットの表示には使われませんし、そういう現実を考えれば必要ないとは言えますね。 ただ、博物館などで古い文書を見れば筆記体で書かれているものが多いですし、知っていれば教養があるとは思ってもらえますね。 あなたはどう思いますか? 今回は以上です。

次の