ケノン 口コミ カートリッジ。 ケノンカートリッジの違いとは?新型含む【全5種類】の値段や部位を比較!|ビアンカビューティー|30~40代の女性を楽しむ美容系レビューブログ

ケノン髭脱毛の効果 | ストロングカートリッジを1年半使った結果|HORONBLOG

ケノン 口コミ カートリッジ

パパ ケノンカートリッジの種類 ケノンには、ハンドピース(持ち手)の先端部分に装着するカートリッジが5種類あり、 脱毛用が4つ、 スキンケア(美顔)用が1つあります。 それぞれの用途に合わせて使うことができますが、カートリッジの特徴やオススメの照射部位について紹介します! プレミアムカートリッジ 本体に標準装備されているプレミアムカートリッジは、 照射レベル1で照射回数が驚きの100万回、照射レベルを上げていくと照射回数が少なくなるけど、 最大レベル10でも照射回数が 30万回 もあります。 全身脱毛に使っても数年以上使い続けることが可能ですし、他のカートリッジが無くても十分足ります。 照射 面積 2. パワーが強い分、 刺激や痛みを感じやすく、 赤みなどが発生する可能性もあります。 照射 面積 1. 元々毛があまり濃くない方の場合、プレミアムカートリッジだけで脱毛効果は十分だからストロングは無くても大丈夫という方もいます。 ただ、投稿レビュー後に無料で貰える特典なので、とりあえずタダなら貰っておこう・・と投稿する方が多いようです。 エクストララージカートリッジ カートリッジの中で一番、 照射面積が広く、広範囲の部位を脱毛するときに便利なカートリッジです。 太ももや腰、腕、背中など範囲が広い部位に使えば、 短時間でお手入れを終えることができ、実際に使用して感じるのですが、照射面積の大きさはとても重要です。 照射 面積 2. 25cm 2 照射 回数 レベル1:20万発 レベル10:1万発 照射 部位 太もも・腰・腕などの広い範囲 価格 本体と同時購入・・6,100円 単体での購入・・・9,800円 ラージカートリッジ プレミアムカートリッジが標準付属になる前の付属カートリッジで、照射面積はプレミアムと同じで、照射回数はプレミアムより少なく正直言ってあまり出番がありません。 プレミアムが単品購入できないため、 追加購入する際はラージカートリッジという選択になります。 照射 面積 2. 0cm 2 照射 回数 レベル1:20万発 レベル10:13,043発 照射 部位 全身 腕・脚・脇・顔・髭・Vライン等 価格 本体と同時購入・・4,300円 単体での購入・・・7,700円 スキンケア(美顔)カートリッジ エステサロンに勝るとも劣らない光美容機能があり、スキンケア(美顔)カートリッジに交換するだけで フォトフェイシャルが自宅でできます。 使い続けていくうちに、肌にハリがでてくる、化粧ノリが良くなる、ツヤがでてくる、毛穴が目立たなくなる・・という 美顔効果を実感しています。 顔だけでなく全身に使えるので、手足や背中・デコルテなど気になる部分にも是非使ってみて下さいね。 照射 面積 1. 5cm 2 照射 回数 レベル1:20万発 レベル10:42,857発 照射 部位 全身 腕・脚・脇・顔・髭・Vライン等 価格 本体と同時購入・・4,100円 単体での購入・・・6,800円 備考 ・10回の連続ショットになる ・1週間に1回使用が効果的 ケノンカートリッジの寿命 カートリッジ種類 照射回数 レベル1 照射回数 レベル10 プレミアムCT 100万発 30万発 エクストララージ 20万発 1万発 ラージ 20万発 13,043発 ストロング 85,714万発 1万発 スキンケア 20万発 42,857発 ケノンカートリッジの寿命(残りの照射回数)は、 カートリッジの種類や照射レベルによって違います。 残りの照射回数は、カートリッジを装着して電源を入れると、 本体のディスプレイに表示されるのでひと目で分かり、表示された照射回数が「0」になると使用できなくなるから 「あと何回照射できるか」をチェックしておくと買い替え時期が分かります。 ケノンカートリッジの交換時期の目安 下記の表は1回の脱毛で一部位に当てる照射回数をまとめています。 照射回数の目安は、身長156cm体重43kgです。 場所 脱毛部位 左右 照射回数 (目安) 脚 ケノンで全身脱毛をした場合に、脱毛完了まで何回ぐらい使えるのか調べてみました。 ケノンを使うと 4~5回目で毛の量が減り、生えるスピードが遅くなり、自己処理が不要になってきて、個人差はありますが、 12回~18回ぐらい使うと毛が生えてこなくなり、 脱毛完了になることが多いです。 実際に家族で試したところ、1,151回も必要だったので毛深い人、体の大きい人は全身脱毛1回分で1200発は照射が必要と考え、以下の条件でケノンを使うと仮定します。 プレミアムカートリッジに関していえば、「お一人様のご利用であれば、 カートリッジの買い足しの必要の無い方がほとんどです」とケノンの公式サイトに記載されています。 これまでの計算でも分かるように、一人でケノンを使用するのであれば、プレミアムだけで全身脱毛は500回も可能で、2週間に1回の照射間隔だと 20年間は使用することが可能だから、 髭もVIOもプレミアムカートリッジ1つで脱毛できますが、毛深いまたは剛毛な部位はストロングを使ったり、膝下・膝上・背中など広範囲を脱毛するときはエクストララージを使ったりと、使う部位や毛量でカートリッジを変えることで、より効果的にケノンを使うことができます。 さらに、照射回数が少ないカートリッジでも、他のカートリッジと併用することで、より長期間使用することができます。 脱毛用カートリッジは、 追加購入不要! 美顔用カートリッジは、スキンケアをする人は 追加購入が必要! ケノンカートリッジの取り外し方 step 1本体の電源スイッチを切る step 2カートリッジを外す step 3新しいカートリッジを差し込む カートリッジの取り替え方法の手順は、この3つです。 電源オフの状態であれば、2ステップで交換は終わります。 詳しい交換方法を確認できます! ケノンカートリッジの掃除のやり方 ケノンのカートリッジを使い続けていると、ムダ毛が焼けたススでガラス面が黒く汚れるため、定期的に掃除するのがいいです。 ガラス面に付いた黒い汚れは、ひどくなると脱毛効果に影響する場合があるので、脱毛した後は汚れがひどくならないうちに掃除しておくといいです。 1.ハンドピースからカートリッジを取り外す ケノンを購入して脱毛または美顔(スキンケア)を行えば、照射回数が減り、いずれはカートリッジを購入しないといけなくなるけど、ケノンはそこが優れています。 標準で付いてくるプレミアムカートリッジは最高出力のレベル10で照射回数が30万発もあり、全身脱毛しても10年から20年は使い続けられるため、 追加購入する必要がありませんので、 最新バージョンのケノンを購入するのがお買い得ですね。 美顔(スキンケア)をするのであれば、1年に1個は購入しないといけないけど、脱毛だけなら追加で掛かる費用がないのは嬉しいです。 スキンケアも継続してするのであれば、本体と同時購入で安く買えるし、単体での購入でも6,800円だから、 追加で購入しても美容効果を実感すれば高いものではないですよ。

次の

ケノンの口コミ・評判&1分でわかる口コミまとめ | みん評

ケノン 口コミ カートリッジ

3~5回照射すると毛の量が減り、新しく生える毛が細く、柔らかい毛に変わっていきます。 そして、照射レベル10はサロン並みのパワーがあるので、12回~18回で毛がほとんど無くなります。 2週間に1回ペースでおよそ6~9ヶ月ぐらいが目安です。 完全無毛のツルツルに近い状態を目指すなら、さらに半年~1年ぐらいは覚悟しておいた方が良さそうです。 家庭用脱毛器ケノンはネットで調べても数多くの方がVIO脱毛に成功している口コミが効果があることを証明しています。 ケノンはIOラインはできる?自己責任ならOK ケノンを販売するエムロックが認めているのは Vラインのみで、IOラインは自己責任です。 とはいえ、多くの男女が実際にケノンでVIO脱毛に成功しています。 公式サイトにも『メーカー推奨利用部位はVラインまでとなります。 IOラインについては自己責任となります』と書かれています。 Iラインは皮膚が薄く、かつ粘膜があり、Oラインは皮膚が薄いので注意が必要です。 また、生理中は生理日を避け、痔があれば治してからにしましょう。 ケノンVIO脱毛のムダ毛の事前処理の注意点 ケノンを使う前に、「1回全剃りする必要があるか?」といった疑問があるようです。 毛量には個人差がありますが、毛根が見えないほど毛がある場合は VIO全て事前処理すべきです。 毛を残したまま照射すると毛が燃えて、やけどの危険があったり、効果的に脱毛ができなくなるためです。 回数を重ねるごとに毛量が減り、生えるスピードも落ちるでお手入れの手間は減っていきますが、やけど防止のために毎回処理はしましょう。 最初はシェーバー、カミソリなどを使って無毛状態か1㎜以下に整えるのがベスト。 ケノン VIO 脱毛はストロングカートリッジが最適• 初回はレベル1照射から始める• 肛門、小陰唇への照射は避ける。 IラインはIバックショーツ等を利用する。 ほくろにはシールを貼って照射• Vラインはスタイルガードを利用する• ムダ毛処理は必須。 電動トリマーを利用する• 慣れればレベル10照射も可能だが無理をしない。 VIOは他の部位よりも照射に気を付けるポイントが複数あります。 特に避けるべき箇所が多いので、予備知識がない状態で始めると痛い目に合います。 Vラインのやり方 Vラインのムダ毛の剃り方 初回はムダ毛はまず親指と人差し指で毛をつかみ、ハサミを使って毛量を減らします。 ハサミで切れなくなったら、次にシェーバーで短くします。 (ワックス脱毛は毛根ごと毛が抜けるのでNG) ケノンのフラッシュ脱毛の光は、黒色に反応して脱毛を行うため、毛が柔らかい場合は1㎜程度残しましょう。 残しすぎると光が当たってムダ毛が加熱して危険です。 剛毛であれば1㎜ルールは特に気にする必要はありません。 何故かというと、Amazonのレディースシェーバーランキングでベストセラー1位の売れ筋商品だからです。 さらに、VIOだけでなく全身の事前処理に使えます。 カミソリは肌を傷つけるのでオススメしません。 Amazonが嫌な方は、ケノン本体購入時にも購入できるシェーバー類です。 ただし、Vライン、フェイスライン、Iラインで分かれていて、ムダにお金がかかるのであまりオススメしません。 Vラインは形を整えるのがコツ Vラインは好きな形(ハート型、四角型、卵型、逆三角形)に整えるなどオシャレにアレンジが出来ます。 必要な方は楽天市場やAmazonで「スタイルガイド」と検索すれば出てきます。 4種類で1000円前後が相場。 また、公式サイトのエムロックの場合は、ケノン購入時に480円(税込)でスタイルガードを購入することが出来ます。 ハート、ナチュラル、スクウェアの3種類。 1人3個までです。 ナチュラル• トライアングル(逆三角形)• ハイジニーナ(無毛)• オーバル(長丸)• スクエア• ハート 不動の人気を持つのがナチュラルです。 ナチュラルは元々生えている逆三角形を維持した状態で毛量や形を整える形状です。 次に人気なのがよりシャープな逆三角形を強調したしたトライアングルです。 そして、海外ハリウッド女優やなどが実践しているハイジニーナにする女性も増えています。 縦長の丸であるオーバルも人気。 スクエア、ハートは個性が強いので選ぶ人は少数派の様です。 将来ハイジニーナにするのであれば、ハート型を試してみるのも一つです。 いずれにしてもしっかり考えた上で選びましょう。 Vラインの照射方法 VラインはIOラインに比べて粘膜が無く、皮膚も比較的厚め。 そのため、初めて照射する際はレベル1から徐々に上げていき、慣れてくればレベル7~8、皮膚が強い方は10で照射しましょう。 無理に照射レベルを上げすぎないのが長続きするためのコツです。 やけど防止のために前後の肌の冷却は必須です。 Iラインのやり方 Iラインのムダ毛の剃り方 Iラインの毛量は個人差があります。 毛の質も剛毛、やわらかい毛ありますが、剃りにくい部位なので最初からシェーバーで剃って大丈夫です。 Iラインの事前処理は、体育座りで股の間をのぞき込む感じで行います。 壁にもたれかかりながらやると楽にできます。 しゃがんだ体制から手鏡を見ながら照射する方法もありますが、サングラス付け忘れると目に直接光が来るので要注意。 使うのは先ほどの「おすすめシェーバー」。 IラインはVラインとは違い形状は特に意識しなくても大丈夫。 ハイジニーナ脱毛(無毛)でも、毛量調整で脱毛する場合でも、一気に無毛にはならず徐々に毛量が減っていくのでお好きなタイミングで照射を止めれるのがケノンの良いところ。 Iラインは粘膜部への照射を注意 粘膜はどれだけ弱い光でも照射NGです。 最初に使い古しのショーツを履き、粘膜のある小陰唇だけを隠せるように幅を調整してから照射しましょう。 ショーツの色は黒ではなく、光を吸収しない白などの明るい色が良いです。 幅調整が難しい方は、「Iバックショーツ」などを利用すれば、幅寄せの手間が無くなるので便利です。 1着500円~と安いので、ケノンのIライン照射用として使っておくのも一つの方法です。 ただし、光が漏れる網状のものや、スケスケの材質の場合は光が漏れるので避けましょう。 Oラインのやり方 Oラインのムダ毛の剃り方 Oラインはムダ毛を剃りにくい部位の一つです。 股を開いてしゃがみ、下から手鏡を見ながら剃るのが一番やりやすいです。 Oライン脱毛は肛門への照射に注意 肛門は皮膚が弱く、かつ色素沈着してるので光を吸収しやすく肌トラブルの危険があるので避けましょう。 指で隠しながら照射したり、シール等で隠すのも一つの方法です。 Oラインへの照射方法 実は全身の中でも一番難易度が高いのがOラインです。 照射方法はしゃがんで下から照射するのがベスト。 痔の場合は痛みに耐えられないので、先に直しておきましょう。 Oラインの毛も剛毛である場合が多く、照射レベルは5~8ぐらいに留めておいた方が無難です。 初回は同様にレベル1から少しづつ様子を見ることをオススメします。 連射回数によっても違いますが、シングルショットでの比較としました。 ケノン自体は永久脱毛ができません。 しかし、実際には継続することでツルツル無毛の状態まで行けるようです。 気長に継続が成功への近道です。 当然ながら、照射レベルが低いほど脱毛の効果は低減します。 目安としてはレベル5以下で照射を続けている限りは永久脱毛に近い状態は無理と思って下さい。 個人差はありますが、少なくとも 照射レベル6~8、できれば9、10で照射するのがベスト。 かといって、痛みをガマンしながらするのも継続できないので注意。 脱毛周期はVIOも全身脱毛も毛周期はほぼ同じ1~2週間に1回。 そのため、脱毛完了までの期間は一回も休まず続けた場合で次のような感じになります。 急ぐ場合は医療脱毛を選びましょう。 照射期間と抜け方の変化 照射レベル8~10で照射を続けた場合、次のような変化が起こります。 ~4回(1ヶ月) 本数が減る、柔らかくなる• ~6回(1ヶ月半) 完全に生えない箇所も出てくる• ~12回(6ヶ月) 早い人はお手入れ不要なほどに• ~18回(9か月) 産毛は残る場合もあるがツルツルに まずは数ヶ月試してみると効果が表れます。 数週間であきらめるのは効果が出る一歩手前の可能性があるのでもったいないです。 また、照射レベルが低すぎるとこの通り進まず一向に毛が抜けない場合もあります。 無理しない範囲でなるべく高い照射レベル設定にしましょう。 ケノンのVIO脱毛期間を短縮する方法 ケノンは予約不要、自宅で好きな時にVIO脱毛ができます。 一方、脱毛サロンは毛周期がどうこうと理由をこじつけて、2ヶ月に1回通わせようとします。 毛周期はそんなに長くないというのを理解しておかないと、脱毛が終わるまで2年、3年かかります。 また、規定回数を過ぎても毛が残った場合は追加料金が必要ですが、ケノンはほぼ脱毛し放題です。 カートリッジが唯一の消耗品ですが、数千円で買えるので維持費は実質電気代だけです。 これなら、お金を気にせず思い切り脱毛出来ます。 肌に強い人は多少毛周期を無視して1週間に1回、 3日に1回で照射するのも一つの方法です。 ちなみに毎日VIO脱毛するのはオススメしません。 その理由は別記事にまとめていますので、参考にしてみて下さい。 確かに脱毛サロンではこんな贅沢かつ非効率な方法は使えません。 ケノンは照射寿命が圧倒的に伸び、1照射コストが0. 2円ぐらいなので多少贅沢づかいをしてもいいと思います。 追加でストロングカートリッジを買っておけば、万全な体制でVIO脱毛に臨めるはずです。 肌の冷却が不十分で痛かった• 焦っていきなりレベル10照射してやけどした• 最初はツルツルで満足していたが、5年後に問題発生• 1日起きに照射して照射部が敏感肌に• 毛を剃らずに照射して陰毛が燃えて皮膚を痛めた• 照射漏れがあり部位ごとに毛量のバラつきが出た• Vラインの形選びをミスし、ハイジニーナ脱毛する羽目に• サングラスの隙間から光が入り目を傷めた いずれも起こりうる失敗です。 以外に重要なのがVラインの形です。 まだ20代でハート形や可愛い形状にしたくなるのは分かります。 また、海外セレブの影響でVライン無毛のハイジニーナ脱毛をしたくなりますよね。 しかし、脱毛は一生もので、一度生え無くなった部位の毛は元には戻りません。 彼氏やパートナーと相談したり、無難な形状を選ぶことが秘訣です。 よく考えた上で決めたことなら大丈夫。 あとは焦らずじっくり腰を据えて取り組みましょう。 最初の数回ぐらいで効果が出なかったとしても、自分には向いていないと諦める必要はありません。 続けていればどんな人でも効果は徐々に表れます。 基本に忠実に、取扱説明書をしっかり読み、理想の状態に近づけるといいですね。 生理中の不快感が減った(蒸れ、痒み)• 自己処理によるカミソリ負け・黒ずみが改善• 海やプールに行く前の事前処理が楽に• 脱毛サロンで他人にデリケートゾーンを見られず済む• 産毛に至るまで徹底的に脱毛できる• 追加料金が発生しない• 脱毛サロンと違い、感染の心配が無い 脱毛サロンとの比較で一番に挙がるのは、追加料金が不要で産毛に至るまで脱毛できる点です。 また、自分専用で使えるので衛生面でもメリットがあります。 VIO脱毛のデメリット 逆にケノンを使うデメリットでよく挙げられる項目を挙げます。 自己処理がめんどくさい人には不向き• 医療脱毛に比べると時間がかかる VIO脱毛は体毛の中でも1,2を争うぐらいの剛毛が生えている部位です。 挫折している人を多く見かけます。 肌が弱い人、意志が弱い人、めんどくさがりの人にはケノンは向いていないかもしれません。 そうでない方は、まずはケノンについてチェックしてみて下さいね。

次の

ケノンカートリッジの違いとは?新型含む【全5種類】の値段や部位を比較!|ビアンカビューティー|30~40代の女性を楽しむ美容系レビューブログ

ケノン 口コミ カートリッジ

こんにちは!当ブログ管理人のかめ丸と申します。 期待に胸を膨らませ、とうとう 「光脱毛器ケノン」を買ってしまいました。 『ケノンは家庭用だから効果ない』という声も一部にはありますが 買って試せば、わかるはず!! と思い、購入した次第です。 すでにケノンを買ってから2~3年経ちました。 実際使ってみての感想です。 「剛毛に効果あるのか?」 「産毛に効果あるのか?」 「薄くできるのか?」 「効果あり」か「効果なし」か、それぞれ検証しました。 その他、 「カートリッジ」「使用感」「美顔器の効果」「失敗談」など、わかりやすくレビューしています。 「主な内容」 ・ケノンが家に届いた! ・使い方を丁寧に解説! ・効果あり?効果なし?経過画像でレビュー! 【剛毛に7か月試した画像】 【産毛に6か月試した画像】 【ムダ毛を薄くすることはできる?】 ・カートリッジの消費量や追加購入の必要性! ・使用感【レベル・所要時間・痛みとか・・】 ・音、におい、メガネの人はサングラスが・・! ・全身脱毛できる?脱毛可能な部位は? ・延長保証は入ったほうがいい? ・使用が禁止されている人、僕の失敗談! ・美顔器の効果【4か月試した】! ・なぜケノンを選んだのか? ・ケノン総合評価【2~3年使った感想】 ・購入を考えている方へ (現在のセット内容を確認!) 届いた直後の段ボールです。 重さは全部で2㎏くらいなので、 女性でも持てると思います。 クロネコヤマトの時間指定で届けてもらいました。 伝票に書いてある「商品名」についてですが・・ 「脱毛器の購入を家族に知られたくない!」という方のために 【生活雑貨】【PC周辺機器】【書籍】【キッチン用品】の中から選べるようになっていました。 家族にバレたくないのなら、 日時指定で自分が確実に受け取るか、もしくはクロネコヤマトの 営業所止めを利用する方法もあります。 (営業所止めの場合、代引き決済のみ対応だそうです) それでは開封していきたいと思います。 ただし、レビューを投稿するのが条件だったので後日レビューをしました。 僕がレビュー投稿したのは本体を注文してから2ヶ月後でしたが、問題なくカートリッジは届きました。 「いつまでに投稿しなければならない」といった期限はないようです。 本体を注文した時の注文確認メールのURLから簡単にレビューできました。 少々面倒くさいですが、ストロングカートリッジは「ロック解除」もしなければ使えません。 「ケノンユーザーサポートサイト」にアクセスして、ケノン注文時の「メールアドレス」と、本体裏に表記されている「シリアルナンバー」を入力すれば、メールが届きます。 そこに書いてある解除番号を本体に入力すれば解除できます。 なぜロック解除が必要なのかはわかりません。 面倒くさいといっても20~30分もあれば完了する作業なので、これで6000円もするストロングカートリッジが無料で使えると考えればやっておいて損はないと思います。 照射1~3日後 引っ張るとスルッと抜ける毛もある(ポップアップ現象というらしい) 照射4~5回(1~2か月) 毛の伸びるスピードが遅くなるのを感じる 照射6~10回(2~5か月) 毛が減ってくるのを感じる、細く柔らかくなるなど毛質にも変化が現れる 照射11回~(6か月~) ツルツルになる、ほとんど生えてこなくなる これまでの写真見ればわかるとおり、僕の毛は全体的に濃いめです。 一通りの脱毛が完了するまで、最低でも「照射10回以上・半年くらい」は必要でした。 脇毛などの剛毛は特に「回数・期間」が必要でした。 少ない回数では、あまり効果を実感できません。 ケノンでは目を保護するため、照射する際にサングラスをかけることが推奨されています。 ですが、メガネの人はサングラスをかけることができません! 実は、僕もかなり視力が悪く、普段メガネをかけています。 メガネなしでは日常生活を送ることができないくらいです。 メガネなしでの照射はもちろんむずかしいです。 なので、顔をそむけて目をつぶることで対処しましたが、そのやり方でも十分でした。 目に異常が出たこともありません。 他のケノンやっている人のブログなんかを見ても「サングラスをまともに使っている人はむしろ少ないんじゃないかな・・?」と感じます。 実際サングラスを使うより目つぶって、顔そむけるほうが早くてラクです。 もちろんI・Oは自己責任になります。 Iライン・Oラインを安全に脱毛したい人は、I・Oラインだけクリニックなどで脱毛するのが良いかもしれません。 ケノンで出来る部分はケノンで済ませたほうが安上がりです。 他の脱毛はクリニックで完了済みですが、VIOだけは恥ずかしいのでセルフで… 笑 自分でやるのは勇気がいりましたが、特に痛みもなく照射後2週間くらいで毛がポロポロ落ちてきました。 これを続けていけば夏にはムダ毛がなくなりそうで、期待しています。 引用元: とはいえ 「ヒゲ、顔(目のまわり以外)、もみあげ、腕、脇、手の甲、指、胸、乳首(乳輪)、腹、Vライン、太もも、すね、足の甲・・」全身ほとんどケノン1台で脱毛できます。 コスパは良いと思います。 ただし、背中は一人ではできません。 家庭用脱毛器の欠点ですが、誰かに手伝ってもらうか、エステ・クリニックへ行くしかありません。 「ケノンの使用が禁止されている人」「照射が禁止されている部位」についてです。 ケノンに限らず、光脱毛全般でも言えることだと思います。 説明書からの引用になります。 怪我や火傷などの肌トラブル、思わぬ事故の原因になります。 ・使用方法を熟知していない方 ・未成年及び高齢者の方 ・妊婦及び授乳中の方 ・ステロイド等の薬物を持続的に使用されている方 ・4週間以内に強い太陽光を受けられたり、日焼けをされた方 ・刺青及び永久化粧部位等をされている方 ・色素が濃く沈着された方及び部位 ・糖尿および他疾患による皮膚異常症患者の方 ・光過敏症等の光に関する疾患をお持ちの方 ・癇癪患者の方 ・心臓ペースメーカーなど体内埋め込み式医療電子機器、人工心肺など生命維持装置をご使用の方 ・皮膚がん病歴がある方や皮膚がん発病率が高い方 ・3ヶ月以内に放射線治療や化学療法を受けた経験のある方 ・他に光過敏症反応を起こす要素がある薬物やローション等を1か月以内に使用した方 ・体調不良、飲酒後、薬服用中、疲労が激しい方 ・アレルギー体質、皮膚病、アトピー、敏感肌、生理中、血液異常、紫斑になりやすい方 ・意思表示が出来ない方 ・知覚障害、高血圧、骨疾患の方 ・粘膜、かさぶた、傷、湿疹、あざ、いぼ、吹き出物、皮フがん、タムシ(白せん)、毛のう炎などの部位 ・シリコンが埋めてある部位、アキレス腱などの部位 ・麻痺している部位 ・帝王切開手術やその他手術を受けた部位 ・化粧品やオイルなど化粧品が残っている部位 ・金属やプラスチックなど 実は正しい使い方を守らずに、失敗した経験があります。 レベル10でも冷やしていませんでした。 たまに痛いときはありましたが思ってたより大丈夫だったので、油断していたのです・・。 ですが、ある日脱毛後に熱い風呂に入ったところ、 照射した部分が赤くなり、かゆくなっってしまいました。 かゆみで、夜なかなか寝付けなかったのを覚えています。 それからは反省して、説明書通り保冷材でちゃんと冷却するようにしたところ、 かゆみは全くでなくなりました。 他のブログでは「ケノンを使って、全く冷やさなくても大丈夫だった!」という口コミを見かけることもあります。 ですが、失敗した僕としては、 めんどくさくても「冷却すること」をおすすめします! 僕は実験的に顔の一部しかやっていません。 1回で6~8ショットくらい照射しました。 2~3分もあれば終わりました。 顔全体をやるにしても所要時間は5~10分あれば終わるでしょう。 頻度は脱毛は2週間に1回でしたが、 美顔は1週間に1回がメーカー推奨となっています。 美顔も脱毛と同じで冷却が必要です。 冷却をしないでレベル10で照射したこともありますが「熱っ!」と感じました。 熱かったので、ボタンを最後まで押し続けることもできませんでした。 (スキンケアカートリッジはボタンを押し続けて10連射くらいします。 1~2秒です。 ) レベルは8~10くらいがおすすめです。 冷やせば、熱くもないですし、痛くもないです。 顔をやる際は、サングラスをかけ、しっかり照射口を肌に密着させることが大切です。 間違っても目に向けて照射しないようにしましょう。 付属のサングラスでも、もちろんOKですが、さらに密着性が高い遮光ゴーグルを使うのもありです。 脱毛器はサロンと比べれば安いですが、それでも何万円もする買い物です。 「効果が高い」という条件だけは、絶対に外せませんでした。 安い脱毛器は、表面の毛を抜いたり焼いたりするだけで「減毛効果」はありません。 「安物買いの銭失い」だけはしたくなかったので、価格より効果重視で脱毛器を選びました。 その結果、一番効果が期待できそうなケノンにしました。 はじめは効果に疑心暗鬼でしたが、ブログや口コミをたくさん見て回り「ちゃんと効果があるな」と思い購入した次第です。 楽天の脱毛器ランキングでも7年間連続1位をとっているくらいなので、「少なくともハズレではないだろう・・」ってかんじです。

次の