厚 揚げ キャベツ。 キャベツと厚揚げの炒め物(味噌炒め)のレシピ:白ごはん.com

キャベツ 厚 揚げ レシピ

厚 揚げ キャベツ

油が熱くなってきたら厚揚げと唐辛子を加えます。 火加減は中火のまま、時おりフライパンを振りながら2分ほど炒めます。 キャベツをこの後にじっくり炒めたいので、一度お皿に取り出しておきます。 フライパンにサラダ油小さじ2を足し入れ、弱めの中火にかけてキャベツを入れます。 ここから 5~6分ほど時間をかけてじっくりキャベツに火を通します。 炒める途中に葉の部分に焼き色がついて火が通ってくるものがあるので、それらを箸でお皿に取り出しながら炒めます。 計5~6分炒める後半のほうには、厚みのある太い茎に近い部分が多く残ります(この部分を中途半端に炒めて仕上げると美味しくないので注意が必要です!) 太い茎の部分にもじっくり火を通し、そこも甘くて美味しい!というくらいの炒め加減を目指します。 茎に火が通ればすべてを戻し入れます。 合わせておいた味噌だれを入れ、全体を混ぜ合わせます。 1分くらいあおるように炒め合わせれば完成です(味噌を控えめに入れた場合などは味見をして塩で味調整を!)•

次の

揚げ物にキャベツの千切りが添えられている理由は?

厚 揚げ キャベツ

油が熱くなってきたら厚揚げと唐辛子を加えます。 火加減は中火のまま、時おりフライパンを振りながら2分ほど炒めます。 キャベツをこの後にじっくり炒めたいので、一度お皿に取り出しておきます。 フライパンにサラダ油小さじ2を足し入れ、弱めの中火にかけてキャベツを入れます。 ここから 5~6分ほど時間をかけてじっくりキャベツに火を通します。 炒める途中に葉の部分に焼き色がついて火が通ってくるものがあるので、それらを箸でお皿に取り出しながら炒めます。 計5~6分炒める後半のほうには、厚みのある太い茎に近い部分が多く残ります(この部分を中途半端に炒めて仕上げると美味しくないので注意が必要です!) 太い茎の部分にもじっくり火を通し、そこも甘くて美味しい!というくらいの炒め加減を目指します。 茎に火が通ればすべてを戻し入れます。 合わせておいた味噌だれを入れ、全体を混ぜ合わせます。 1分くらいあおるように炒め合わせれば完成です(味噌を控えめに入れた場合などは味見をして塩で味調整を!)•

次の

キャベツと厚揚げの炒め物(味噌炒め)のレシピ:白ごはん.com

厚 揚げ キャベツ

揚げ物にキャベツの千切りが添えられている理由は? 定食屋さんやレストランで、とんかつやカキフライ、から揚げなどの揚げ物を注文すると、メインの揚げ物の横には必ずといって良いくらいキャベツの千切りが添えられていますよね。 お店のみならず、ご家庭で揚げ物を作った時にも、キャベツの千切りを用意するという方も多いのではないでしょうか。 揚げ物とキャベツの千切りの組み合わせってもう当たり前のようになっていますが、何故キャベツの千切りなのでしょうか? 色合いを考えたら他のお野菜でも良いはずですよね? 実は揚げ物にキャベツの千切りが添えられているのには、ちゃんと理由があるのです。 キャベツに含まれる成分に秘密が! キャベツには多くの栄養成分が含まれていますが、その中でも他のお野菜にはあまり含まれていない珍しい栄養成分が含まれています。 キャベジンとも呼ばれている訳は、ビタミンUがキャベツの汁から発見された成分であることから。 ビタミンU(キャベジン)には、タンパク質の生成を活発にする働き、細胞分裂を促進する働き、そして傷ついた組織を修復する働きがあると言われ、こうしたビタミンU(キャベジン)の働きは、胃の粘膜を修復・保護してくれ、消化を助けてくれる効果があるのです。 揚げ物は油を多く含んでいるので、どうしても胃に負担がかかりやすいですよね。 でも胃の粘膜を保護し、消化を助ける働きをしてくれるキャベツを一緒に食べることによって、胃への負担を軽くすることができるのです。 揚げ物とキャベツの組み合わせは理想的な食べ方 ビタミンU(キャベジン)は水溶性で熱に弱いという特徴があるので、キャベツの働きを最大限に活かしたかったら、なるべく熱を通さずに生で食べると良いようです。 その点を考えても生で食べられるキャベツの千切りを揚げ物に添えるというのは、ちゃんと理にかなっているんですね。 揚げ物にキャベツの千切りの組み合わせというのは、まさに理想的な食べ方なのです。 何となくですが、これからはキャベツの千切りもメインの揚げ物と一緒にしっかり食べていきたいですね。

次の