エアコン ガス チャージ 料金。 エアコンのR32ガス補充にかかる料金と方法

車のエアコンの修理はどこでする?オートバックスでの価格は?

エアコン ガス チャージ 料金

エアコンが冷風を出すには、「冷媒ガス」と呼ばれる特殊なガスが必要です。 冷媒ガスはエアコンの経年劣化やパイプの破損などによって漏れてしまうことがあり、ガスが抜けてしまうとエアコンは正常に動かなくなってしまうことがあります。 エアコンのガスが十分に充填されているかどうかは、自分でチェックすることが可能です。 エアコンの冷房を15分ほど運転させ、室内機の内部や室外機とつながるパイプに霜が付着している場合、ガスが漏れている可能性があります。 ガス漏れを起こしたエアコンが本来の冷房能力を取り戻すには、「ガス補充」をおこなう必要があります。 ガス補充を修理業者に依頼した場合、かかる費用の相場は1万5,000~2万円程度です。 ガス補充はDIYでおこなうことも可能ですが、パイプを一旦真空状態にするためにポンプや計測器が必要になるなど、高度な知識や技術、機材が必要になります。 DIYでガス補充すれば費用は安く抑えられるかもしれませんが、機材をそろえるためにかかる経費や失敗したときのリスクを考えると、プロに依頼するのが無難といえます。 また、ガス補充の際にはなぜエアコンからガスが漏れていたのかも確認しておきましょう。 ガス漏れの原因がわからない場合、エアコン自体を新しいものに買い替えるのが最も時間と費用を安く抑える方法になるかもしれません。 エアコンにガス補充が必要な症状 エアコンの調子が悪いけれど、ガス漏れが原因かどうかわからない…。 そんなかたもいるかもしれません。 そこで、ガス漏れが起きやすいエアコンの特徴についてご紹介していきます。 ご自宅のエアコンの状態と照らし合わせながら確認してみてください。 こういった場合は、故障している箇所を修復してからガス補充をおこなうことになります。 ちなみにエアコンの耐用年数は約10年といわれているため、使い始めて10年に近い、もしくはすでに10年が過ぎている場合は故障の可能性を考えてみてください。 このようなエアコンはどこかが故障しているわけではないので、いくらガス補充をしてもすぐに漏れ出てしまいます。 エアコンの取り付け工事自体をやり直す必要があるでしょう。 配管にカバーがない場合や長時間直射日光にさらされている場合は劣化が早く、損傷しやすいといえるでしょう。 また修理工事によって配管を新しいものに変えたときに、きちんと取り付けができていないパターンもあります。 簡単にガス漏れの有無を確認する方法 上記のような症状がみられた場合はガス漏れを疑いましょう。 そしてそんなときに試してみてほしい、エアコンのガス漏れを自分で確認する方法を以下でご紹介します。 エアコンを15分ほど冷房運転します。 室外機から外に出ている細い配管と太い配管のうち、細い方を確認します。 室外機のカバーを外さなければ見えないため、ドライバーなどで外すようにしてください。 また配管にもカバーがしてあるので、ずらして確認できるようにします。 細い配管に真っ白な霜が付いていないか確認します。 このとき、 真っ白ではなく透明の露が付いている場合は正常に動いている証拠です。 真っ白な霜が付くのは、ガスが少ないことにより熱交換器の蒸発作用に異常が生じ、接続部である細い配管のところで蒸発を起こすからです。 また、冷房運転中に室外機のパイプが冷たくならない場合もガス漏れの可能性があります。 DIYできるとは限らない!冷媒ガスの種類を知っておこう エアコンの冷媒ガスにはいくつかの種類があり、自分でガス補充できるものとそうでないものがあります。 自宅のエアコンのガスがどの種類に当てはまるのか、ここでしっかり確認していきましょう。 まずは自宅のガスの種類を確認しよう ガスの種類について説明する前に、自宅のエアコンのガスの種類を確認しましょう。 室外機の側面に貼ってあるシールに「冷媒 R410a」のようにガスの種類が記載されています。 冷媒ガスの種類について詳しく解説 〇R410a この冷媒は、次に紹介するR32とR125を混ぜ合わせてできた冷媒ガスのことを指します。 2000年~2011年くらいまでのあいだに生産されたエアコンには、このR410aの冷媒が使われている可能性が高いとされています。 この冷媒がガス漏れを起こした場合、これのもととなるR32とR125のバランスに支障が出てしまうため、ガス補充の際は残りのガスをすべて抜ききったあとで新しいR410aを補充することになります。 もしもこの2つのバランスが崩れた状態でガス補充をすると、エアコンが正常通り効かなくなる場合があります。 必要な器具などをそろえ、正しい方法をマスターすれば自分でガス補充することもできるでしょう。 具体的なガス補充の手順についてはつぎの章で解説します。 〇R32 この冷媒は最新のもので2012年ごろから現在までの主流となっています。 このあいだ生産されたエアコンには、このR32の冷媒が使われているでしょう。 含まれている成分はR32のみとなりますが、燃焼性(特定の条件下では燃える可能性)があるため自分でガス補充をおこなうのは控えましょう。 エアコンの修理業者に依頼すればガスを補充してもらうことができます。 R454C この冷媒は、2019年から各エアコンメーカーが採用を始めている新しいタイプのものです。 つぎに紹介するR22に代わる冷媒として開発されました。 R454Cのもつメリットは地球温暖化への影響が最小限におさえられている点です。 しかし微燃性があるため自分でガス補充をおこなう際は十分な注意が必要となります。 R22 この冷媒は2000年以前のエアコンで使われていた「代替フロン」と呼ばれる古い冷媒です。 このタイプにガス補充するのはたとえ業者でも困難であるため、エアコン自体を買い替えることになります。 ちなみに代替フロン(HCFC)は大気中に放たれるとオゾン層を破壊する危険な面をもっている「フロン(CFC)」の代わりに使用されてきました。 しかし代替フロンにもオゾン層を破壊する性質があることから、2020年には生産が終了される予定となっています。 DIYでエアコンのガス補充をする方法と注意点 つづいては、自分でエアコンのガス補充をする方法と注意点について詳しく解説していきます。 専用の器具などが必要となってくるため、そのあたりもチェックしながら読み進めてみてください。 DIYでガス補充する方法と手順 ガス補充は基本的には以下の方法でおこないます。 準備するもの 1. マニホールドを接続していきます。 エアコンの室外機と冷媒ガスボンベを、マニホールドという機器を使って接続します。 ガスボンベの種類ごとに接続できるマニホールドは異なるため、ガスの種類を確認したうえでマニホールドを使用しましょう。 冷媒量がどれくらいなのかを確認します。 補充するガスの量を計るために、チャージングスケールという冷媒充填用のはかりにガスボンベを乗せます。 ここで補充するガスの適正量を把握します。 真空引きをします。 エアコンに少しでもガスが残っているとその後の作業が難しくなるため、エアコン内の真空引きをおこないます。 マニホールドと室外機、そして真空ポンプをつないで空気を抜いていきます。 ガス補充をします。 エアコン内を真空状態にし、さらに補充するガスの量を特定できたら、つぎはいよいよガス補充に移ります。 エアコンのもつさまざまな機能をフルに発揮させるためには、このガス補充を正しくおこなう必要があります。 それだけに高い技術力が必要となるので、ここはプロに依頼することをおすすめします。 エアコンの動作確認をおこないます。 最後にエアコンが正常に作動するかどうかの確認をして終了となります。 DIYでガス補充するときの注意点 DIYでガスを補充するのは、それが専門知識をもたない素人である場合、リスクと隣り合わせであることを覚えておきましょう。 エアコンのガスは1万円ほどで購入できますが、扱い方を間違うと火災などの大きな事故につながるおそれもあります。 もしガス漏れ箇所がある場合は、ガス補充の前にガス漏れ箇所を修理しなければなりません。 なかにはどこからガス漏れしているのかわからない場合もあるでしょう。 そうした場合はガス漏れ箇所を特定するのに使う検知器が必要となってきます。 エアコンのガス補充は費用面や作業の手間を考えた場合、業者に頼んだ方が安くすむかもしれません。 またプロに依頼すれば事故やケガの心配もないため安心です。 エアコンのガス補充を業者に依頼したときの料金 もしエアコンのガス補充を業者に依頼した場合、どれくらいの料金がかかるのでしょうか。 だいたいの相場としては、約15,000円~25,000円となっています。 これは実際の作業費とは異なる出張費なども含まれた金額です。 エアコン冷媒ガス補充 項目 料金 真空引き 8,000円~ 冷媒ガス補充 12,000~25,000円 料金に差が出る要因としては、ガスの種類や補充するガスの量、依頼する業者などが挙げられます。 またガスの補充だけですめば問題ないですが、配管が損傷している場合などはさらに損傷箇所の修理費用などもかかってくるでしょう。 料金に不安がある場合は、事前に見積りをとって料金についての不明点をなくしておくようにしましょう。 まとめ エアコンのガス補充の方法を中心にガスの種類や注意点についてご紹介してきました。 こうした専門性の高い作業はさまざまな面で危険を伴うため、業者に依頼したほうがよいということがおわかりいただけたかと思います。 もしエアコンのガス補充を業者に依頼した場合、状況によっては料金が高額になることもあります。 またエアコンはガス漏れ以外にも不具合が生じる場合があります。 自分では原因を特定することすら難しいこともあるかもしれません。 そんなときは業者に相談することをおすすめします。 エアコンは猛暑や極寒の季節を乗り越えるために欠かせない電化製品のひとつです。 大切な生活の一部だからこそ、少しでもエアコンに不具合を感じているかたは業者依頼をよく検討してみてください。 (この記事は2019年9月20日に加筆・修正しています。

次の

車のエアコンガス チャージ・補充方法は?入れ方や料金を徹底解説

エアコン ガス チャージ 料金

車に乗っていればエアコンを使って 涼しんだり温かくして快適に ドライブをすることがあるでしょう。 しかしエ アコンも電気系統で動くため、 いつしか故障などが起こります。 そこで修理を出すと思いますが、 車のエアコンはどこで 修理できるものなのでしょうか。 オートバックスなどのカー用品店では エアコンの修理に対応していますが、 修理費用も気になります。 そもそもエアコンの効きが悪くなるのは 故障しているからなのかなど、 分からないことが多くて不安でしょう。 車のエアコンがどこで修理できるのか、 またどのような症状が故障なのか、 どこが悪いのかなども紹介します。 また 自分で修理もできるため、 その方法についても見てみて ぜひ実践してみてほしいと思います。 車のエアコンの修理っていくらかかるの?修理先ごとに目安をご紹介! 夏の暑い日や冬の寒い日に 車のエアコンが壊れていれば 運転に集中できないかもしれません。 夏は窓を開けることで 何とかその場を凌げるでしょうが、 冬は指がかじかんで ハンドルの扱いに支障が出ます。 エアコンの不具合に気づけば すぐに修理に出すべきと言えますが、 費用はいくらぐらいかかるのでしょうか。 各修理先ごとに目安の金額を紹介して、 皆さんの参考になればと思います。 オートバックス オートバックスではカーエアコンの 消臭除菌やフィルター交換については 価格が大きくかかりません。 エアコン消臭除菌=4,093円~• フィルター交換=1,080円~ また作業時間に関しても、 概ね 1時間以内には完了します。 しかし 効きが悪い場合は エアコンガスチャージもしくは クリーニングを依頼しなければなりません。 これらの 修理料金は 各店舗ごとで値段設定が異なり、 大きく見積もったとしても 5千円以内に収まるでしょう。 カーコンビニ 車のエアコンを カーコンビニで 修理を依頼した場合の費用は 以下の通りとなります。 エアコンガス補充=3,286円~• エアコンフィルター交換=1,619円~ エアコンガスの場合は 補充ガスの料金が別途発生します。 フィルター交換についても グローBOXやハーネス脱着が必要ならば 別途工賃が必要になります。 またこちらも 作業料金は目安となっており、 各店舗で工賃やパーツ料金が異なるため、 参考程度にとどめておいてください。 イエローハット イエローハットでの車のエアコンの 修理はどれくらいかかるのでしょうか。 こちらも各店舗毎で作業料金や パーツ料金が異なるため注意してください。 エアコンガス補充ボンベ=1,000円~• エアコンオイル=1,000円~• それぞれの工賃=1,500円~ 合計5,000円程度となっており、 フ ィルターのクリーニング程度であれば、 324円~の料金となっています。 また 会員に登録していれば、 フィルタークリーニングが無料になり、 さらにガス補充の作業についても 値引きされる可能性があります。 ガソリンスタンド ガソリンスタンドでも車のエアコンの 修理をお願いすることができます。 作業料金については以下の通りで、 ぜひ参考にしてみてください。 さらにダッシュボード奥に エアコン本体が配置されている場合は 取り出すための作業料金も 別途必要になることもあるでしょう。 ディーラー 新車でエアコンの効きが悪ければ、 ディーラーに持っていくことを 全力でおすすめします。 新車保証は登録時から3年間有効で、 過失がない限りはディーラー保証で 修理することが可能だからです。 ディーラー保証が終わってからでは、 エアコンの修理はどれくらいかかるのか。 これには 5千円~3万円という、 大きな開きがあるため一概には言えません。 依頼すればほぼ間違いなく直るため、 それなりの費用対効果があるといえるのが ディーラでの修理となっています。 その他の部品の修理費用についてはこちらにまとめています これって故障?症状別でご紹介! エアコンを普段から使用していれば、 何かしらの変化に気づくでしょう。 しかし 効き目が悪くなっているだけなのか、 壊れてしまっているのか判断が つきにくいことが多いのも確かです。 そこで考えられる エアコンの症状を紹介、 どのような修理が必要なのかも 合わせて見ていきましょう。 エアコンから風が出ない?! 車のエンジンをかけてエアコンのスイッチを ONにしてもエアコンから風が出ない場合は 「ブロアモーター」の故障が考えられます。 これは 風を送り出すための部品で、 動いていなければ当然風は出ません。 突然壊れるような代物でもなく、 前兆としてはエアコンをつけた際に 異音が発生するようです。 部品代相場は約2~3万円となっており、 工賃も業者によって数万円必要でしょう。 エアコンからの空気が臭い! エアコンからの風の臭いが 気になるようであれば、 フィルターを疑ってみましょう。 家庭で使用するエアコンと同じで、 車のエアコンフィルターにも 定期的なメンテナンスが必要です。 交換頻度は1年に1回と言われており、 こちらは自分の手で簡単に行えるため 下記の動画を参考にしてみてください。 手順を細かく、分かりやすく説明しており、 初めてでも簡単にできると思いますよ。 またフィルターの交換費用は 2,000円~5,000円程度となっており、 比較的安価に済ませることができます。 エアコンの風が冷えない! 夏場の冷房、冬場の暖房と、 エアコンがONになっていなければ 辛いドライブとなってしまいます。 これは エアコンガスが 不足している可能性があり、 補充することで解決するでしょう。 しかしガスは減るものではなく 配管内を循環するものですから、 どこからか漏れている可能性もあります。 その場合は大きな修理が必要で、 さらに費用は嵩みます。 エアコンから水漏れ! 車のエアコンをつけている時に 助手席の足元が水で濡れている場合、 エアコンの水漏れが考えられます。 ドレインホースという エアコンから排出される結露を エンジンルームへと排出する役目の ホースに問題があるのかもしれません。 水漏れが発生してしまう理由としては、• ホース内にゴミが詰まっている• 穴が開いてしまっている などが考えられます。 他にも ホースのねじれや 直径サイズが合っていないなどの 理由も挙げられますが、 早急に対応した方がいいでしょう。 これって修理?それとも買い替え?目安はどこで決めるべき? 部品交換が必要な故障だと、 工賃とは別に 部品代が発生し、 それぞれ 安くても数万円します。 滅多にありませんが、 全パーツ交換が必要だと 総額で20~30万円となることも・・・。 それだと中古車を買う方が安くなるため、 どの部位が悪く、パーツ交換が必要なのか 見積もり時に内容を詳しく聞きましょう。 エアコン系統のトラブルは少ないとはいえ、 本体内部で起こっている問題であるため、 修理費用はそれなりに掛かってしまいます。 エアコンの修理は保険が使える? 結論として、保険の適用は難しく、 使えないものと考えておきましょう。 もし仮に 事故によってエアコンが 壊れてしまったのであれば、 これは保険が適用できる 可能性が少し出てきます。 それでも 過度の期待は 禁物であることには変わりません。 しかし 新車購入時から3年以内なら ディーラー保険で対応できます。 ディーラーでの修理であれば、 ほぼ確実に直して戻ってくるため、 積極的に活用しましょう。 車のエアコンの修理!時間はどのぐらいかかる? エアコンフィルター交換やクリーニング、 ガス補充程度の作業ならば、 作業時間は1時間あれば十分です。 しかし車のエアコンで 機械系統のトラブルが発生した場合、 その修理には数日を要することもあります。 また 部品の在庫状況によっても、 所要日数が大きく変動するでしょう。 原因が分かれば修理の時間を 大方予想することができますが、 内部の故障であれば未知数であるため 修理先に確認するようにしてください。 修理は自分でできる?! 部品交換が必要な場合を除けば、 車のエアコンの修理は自分でできます。 一見難しそうなガス交換も 補充場所を押さえれば可能です。 詳しい手順については 動画を参考にしてみてください。 ボンネット開けて器具を設置し、 エンジンをかけた後の エアコン設定の方法についても 詳しく説明されています。 また ガス補充に関しては ガスボンベが必要となるため、 事前に必ず準備しておきましょう。 まとめ 車のエアコンの修理について どこで修理できるのか、 そもそも 故障しているのかなど、 様々な内容で見てきました。 エアコン周りの故障については 滅多に起こらないものではありますが、 放置しておけば様々な部品に 影響を与えるため注意しましょう。 ドライブ中に関しても、 夏は熱中症になる可能性があり、 冬はかじかんで運転がしづらくなります。 そのため、エアコンのトラブル対応して 存分に楽しめるようにしましょう。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・複数社に車を持って行って見積もりを 出してもらうのは面倒 ・相場がわからないからダマされた ・急な転勤で引越しに追われて時間がない ・買取の交渉をする自信がない ・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう などの悩みがあるからではないでしょうか? そんなあなたには 車のネット査定がオススメです。 ネットで申し込むだけで、 ・かんたん入力で愛車の査定額が スグにわかる。 ・複数社の見積もりを取る必要がないから、 手間がかからない ・信頼できる業者しかいないので、 安心して査定を任せれる ・査定をしたことがない 女性や年配の方にも親切 ・複数の業者間の見積りを『比較』 するから、高額買取が期待できる ・高く買い取ってもらうことで、 浮いたお金を次の車の購入資金に 回すことができる また下取り相場を知ることで、 見積もりで買い叩かれる心配がないですし、 価格交渉の引き合いに出す材料になります。 車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。 もし公開車両を自分で探すと、 ・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない ・自分で調べる手間が大幅にかかる ・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない など悩みが尽きません。 しかし、 「非公開車両」を扱う 「ズバット車販売」なら申し込むだけで、 ・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える ・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる ・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える など、メリットがたくさん。 自分で時間をかけて選んた後から、 故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒 ・知り合いにお願いされてそのまま加入した ・昔から使って変更の手続きが面倒だから などの理由からではないでしょうか? そんなあなたには 車保険の一括見積もりがオススメです。 ・複数社で比較するから一番安く選べる ・安くなった分はプランの充実にまわせる ・無料でたった3分で申し込みができる ・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる 比較することで、平均で25000円以上 中には 最大50000円お得になった という声もあります。

次の

エアコンガスの補充オートバックスの料金とイエローハットのエアコンガス全交換価格(真空引き)

エアコン ガス チャージ 料金

技術料• フロンガス代• 残ガスの回収費用一式• 出張費• 諸経費 これに、消費税をプラスした料金となります。 では、各料金の詳細を説明します。 技術料 ガス補充に掛かる技術料は大体、以下のような感じでしょう。 ルームエアコン 10,000円〜15,000円 一般的な業務用エアコン 15,000円〜25,000円 ビル用マルチ 20,000円〜50,000円 充填する量や、設置して有る場所によって差が出るでしょう。 フロンガス代 フロンガスは、 ガスの種類によって料金が違います。 一般的に、エアコンに使われている冷媒(フロンガス)は、【R22・R410A・R32】です。 R407Cというガスも短期間だけ使われていましたが、メインは上記3種が圧倒的です。 では、ガスの料金です。 種類 1kg単価 R22 3,000円 R410A 6,000円 R32 6,000円 上記の金額は大体のイメージ価格です。 業者によって多少違うのですが、おおよそ料金は上記の辺りでしょう。 お使いのエアコンによって必要なガス量が異なり、 ルームエアコンの場合は、600g〜2kg程。 一般的な業務用エアコンの場合は、1. 5kg〜5kg程。 ビル用マルチ等の大規模な業務用エアコンの場合は、7kg〜50kg程。 フロンガス充填量は、室外機に記載されてますので確認してみましょう。 ビル用マルチの場合、記載されている量より多く必要となりますが、説明は割愛。 ビル用マルチなんかは何十キロも入っているので、仮にR410Aが20kgならガス代だけで12万円も掛かります。 残ガスの回収一式 回収に関しての説明は、ちょっと難しい。 業者によりけり、ガス量によりけり。 ルームエアコンなら15,000円〜20,000円くらい。 一般的な業務用エアコンなら、20,000円〜40,000円くらい。 ビル用マルチなら30,000円〜ガス量による。 回収量によって、処分費等も変わってしまいます。 適当な参考くらいに思って下さい。 因みに、追加補充を望んでいるのに残ガス回収?が必要になるのは、フロンガスの種類によっては追加充填出来ないからです。 それと、追加充填に対しての考え方の違いも有ります。 ここら辺の話しは別記事で紹介しますね。 出張費 適当で申訳有りませんが・・・業者次第ですね。 諸経費 ・・・業者次第で。 ガス補充料金の合計 料金をまとめると、以下のような感じです。 ルームエアコン ガス量R410A 1kgイメージ 追加充填だけなら20,000円位で、回収も必要になると50,000円近くなる。 一般的な業務用エアコン ガス量R410A 4kgイメージ 充填だけなら50,000円位で、回収も必要になると80,000円近くなる。 ビル用マルチエアコン ガス量R410A 6kgイメージ 充填だけなら安くても70,000円位で、回収も必要になると安くても100,000円。 40kg位だったら、4〜50万コースに。 因みに、業務用エアコンは法律で追加充填が禁止されてます。 厳密に言うと、ガス漏れしている機械に追加充填する事が禁止されている。 ガス補充が必要になるという事は、基本的にガス漏れしているので修理してからでないと充填してはいけませんので、漏れ箇所の修理費が別途必要ですよ。 業務用に関しては、修理費の中で掛かるフロンガス部分での費用として参考にして下さい。 エアコンのガスに関する費用は、ガス量によって大幅に料金が変わるという事を覚えておきましょう。

次の