近鉄 ひ の とり グッズ。 近鉄 ひのとり 運転記念グッズ 販売受付(2020年6月1日~)

近鉄「ひのとり」運行開始記念乗車券など通信販売

近鉄 ひ の とり グッズ

近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。 2 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。 A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。 セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。 「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可] の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。 [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。 2 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。 2 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。

次の

【発売延期】近鉄 新型名阪特急「ひのとり」運行開始記念 ひのとり記念グッズ、乗車券、入場券セットを発売|最新鉄道情報|鉄道ホビダス

近鉄 ひ の とり グッズ

2020年6月1日午前10時から新型名阪特急「ひのとり」のグッズが発売となります。 グッズのほかに記念入場券、近鉄名古屋~大阪難波間の記念入場券も発売となりますので合わせてチェックしたいところですね。 従来の販売方法とは異なり、当面の間は全て通信販売となります。 また、メールについては先着順から注文を受け付けるとのことで、近鉄側から返信が来るまでは物が来るか分からないということになります。 また、一度に注文できる個数は4つまで。 それ以上の場合は再度別メールで送信する必要があります。 「ひのとりグッズ」は支払い方法は銀行振り込みのみ 送料などがかかるので注意 今回発売される「ひのとりグッズ」ですが、支払い方法についてクレジットカードなどは一切使えず、コンビニ払いにも対応はしていません。 代金の支払い方法としては、近鉄の口座に振り込む形のみとなります。 注文を受けてから1週間以内の支払いが必要です。 また手数料としては別途振込手数料は自己負担となるほか、注文4つにつき送料が660円必要となり、これも負担することになりますので、注意が必要です。 今後感染状況次第で駅窓口や鉄道イベントでの発売もされると発表もありますので、比較的すぐには売り切れないと思うものに関しては後でもいいかもしれません。 もちろん、絶対欲しいというものは注文した方がいいと思います。 記念入場券・記念乗車券については券番については指定ができません。 また、国内のみの発送となります。 (北海道・離島は除くなどの記載はありませんでした) 購入手順が少し複雑ですが、その点は注意して注文もしましょう。

次の

近鉄「ひのとり」運行開始記念乗車券など通信販売

近鉄 ひ の とり グッズ

近畿日本鉄道(近鉄)では、2020年3月6日 金 に主要駅で予定していた新型名阪特急「ひのとり」運行開始記念乗車券等の発売開始を、当面の間延期していましたが、この度通信販売によるグッズ発売を開始することを発表しました。 概要は以下の通りです。 メールの記載内容は上記発表資料を参照。 ・受付日: 2020年6月1日 月 10時からメール受付開始 ・注意事項、他: 一度の申込みで注文できるのは、1商品につき4個(4セット)まで。 商品代金の他、送料一律600円(税込)が必要。 申し込みメール到着順に対応するため、商品が完売となった場合には購入できない旨注意。 「記念乗車券」「記念入場券セット」の発売は、この通信販売のみ。 以上、上記発表資料()より引用) 詳細は、上記Webサイトをご覧下さい。 近鉄の新型名阪特急「ひのとり」のグッズは、当初3月7日 土 ・8日 日 に先行販売、その後3月14日 土 に発売される予定でありました。 しかし、新型コロナウイルス感染症の影響から、先行販売会は中止、また販売開始日が繰り上がることが計画されましたが、この発売自体も延期となっていました。 参考: 久々の新型名阪特急である「ひのとり」の人気は高く、グッズの発売も多くのファンが集まることは容易に推測されるため、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点からの発売延期は仕方がありませんでした。 一方で、運行開始記念グッズの発売については、やはり多くの要望があったようで、今回近鉄では、「メール先着順」によるグッズ発売を実施することとしました。 「メール先着順」というのは、一見古典的な方法のように思えますが、通信販売サイト経由で発売すると、アクセスが殺到してサイトにたどり着くことができなかった、ということを避けることができる点では、悪くない方法だな、と感心した次第です。 メールによる確認の後、入金を確認してグッズの発送、という流れのため、時間がかかってしまうのは仕方がないのですが、上述の理由のとおり、時間通りにメールを送れば購入ができる、という点では公平なやり方なのかな、と感じた次第です。 15、大和八木駅にて撮影) 先の記事でもご紹介したように、個人的には「記念入場券セット」と「ネックストラップ」に興味があるので、ちょっとこの通信販売にチャレンジしてみようかな、と思った次第であります。 無事購入できれば、当ブログでご紹介したいと思います。

次の