石井 ゆかり 今日。 【無料占い】2020年はどうなる?石井ゆかりが12星座別に解説

【無料占い】2020年はどうなる?石井ゆかりが12星座別に解説

石井 ゆかり 今日

「庭造りの名人」も、 一朝一夕に美しい庭を造ることは なかなか、難しいものだろうと思います。 勿論、一時的に美しい見ためを演出する、 ということなら可能かもしれませんが、 大地に根を張る立派な樹木や、 生き生きした草花を伸び伸びと咲かせるには、 植物が根付き、育つ時間が どうしても必要です。 2020年は乙女座の人々にとって、 「花園ができあがっていく年」 と言えます。 これまでじっくり育ててきたものが、 一気に花をつけ始める時間となるだろうと思うのです。 「何も育ててきたおぼえはない」 という人も、 あなたが日々選んできたこと、 考えてきたこと、 日常的に何気なく取り入れてきたこと、 なによりあなたの「審美眼」にかなって、 あなたの生活に入り込んできたことが、 すべて、 今のあなたの世界の土壌を豊かにしているはずなのです。 豊かな土壌に種を蒔けば、 すぐに芽が出て、花が咲きます。 痩せた土地をここまでゆたかにするために、 2017年の終わり頃から、 あるいは2008年頃から、 あなたはずっと、 意識的にか、または無意識に たゆみない作業を続けてきているはずなのです。 「いつか読もう」と思って積み重ねてきた本の山や、 「いつか作品にしよう」と集めた材料、 「そのうち創ってみよう」とメモしてきたレシピなど、 「いつか・そのうち」のために用意してきたものがあれば、 2020年はそれらを実行に移せる時期です。 「いつかやろう」が「いまだ!」になるのです。 「いつか画家になりたい」ではなく、 今、描き始めるのです。 「いつか、なる」のではなく 「いま、やる」のです。 そういう機が熟すのが、 この2020年なのだろうと思います。 乙女座の2020年は とても創造的な年です、と あちこちで書いてきました。 この「創造的」の意味は、 具体的には、上記のようなことです。 すでに創造的な活動を続けてきている人は、 その花園の花が一斉に開花するでしょう。 まだ何もしていないという人も、 2020年は、なにかに着手できます。 これは、趣味のようなことだけではありません。 仕事でも、勉強でも、 その他あらゆることに関して、 「やりたいな」と思っていたことを 「もうやってしまう」ことができるのです。 やらない理由を全て排除して、 「やる」方向に自分を持っていけます。 すると、あなたが生みだしたものが、 この時期は確実に、 誰かの心にヒットします。 あなたの創ったものを見て 「それ、ほしいです!」 と言う人が現れます。 2020年、「誰か」の欲が、 あなたの創造性をじっと見つめているのです。 あなたの内側から溢れてきた「アクション」が、 誰かの望みにドカンと響くのです。 2020年のあなたの愛と情熱は、 誰かの愛と情熱に共鳴します。 一人で黙々と取り組んでいたのに 周囲にいつのまにか、 たくさんの人が集まってきます。 これは、突然こうなったのではなく、 あなたが長い時間をかけて、 静かに準備してきたことが花開いた結果です。 2019年の中で計画してきたことを、 一気に実行に移す! ということになるのかもしれません。 あるいは、2019年の中で創ってきた「居場所」に、 みんなで集まってパーティーを開く! というようなことなのかもしれません。 いずれにせよ、 ここまでに創ってきた「場」の強度を、 ここで実感できるだろうと思います。 さらに1月半ばから2月頭は、 「人」に恵まれる時期でもあります。 公私共に素敵な出会いがあるでしょう。 また、2月は「再会」の気配も濃厚です。 2月半ばから3月は 2020年のテーマである 「愛と情熱の季節」が 早くもピークに達します。 好きなこと、やりたいこと、 愛と情熱の赴く方向にガンガン進んで、 素晴らしい達成感を味わえるでしょう。 特に、温めていたアイデアがある人、 「自分にはこういう才能がある」 という密かな確信がある人は、 大胆に、勇敢に行動できる時期となっています。 3月末から6月は、 どちらかと言えば 「やりたいこと」よりも 「やるべきこと」へと 意識が向かうかもしれません。 任務遂行への乙女座の人の意志は非常に固く、 一時的に「やりたいこと」が 棚上げになってしまう気配もあります。 ただ、ここでも、 楽しむ気持ちや、 自分自身のこだわり、審美眼、 「今はこれがいいはずだ!」 というセンスなどは、 忘れずに持っていたいところです。 というのも、 4月から8月頭には、 素敵なチャンスが巡ってきやすいからです。 この「チャンス」は、 どちらかと言えば華やかで、 楽しい雰囲気に包まれています。 一般に「チャンス」には、 ずしっと重いようなものとか、 リスクが伴うようなもの、 スリリングなものもあるわけですが、 この時期のチャンスはそうではなく、 気軽に掴める、軽やかな感触があります。 でも、それを掴んでみると、 意外に大きな話へと発展していく気配もあるのです。 遊びゴコロやセンスなどは、 その「キラキラしたチャンス」に不可欠です。 5月半ばから6月は、 人と少し「対決」することになるかもしれません。 刺激的な出会いがあったり、 タフな交渉事に臨んだりする場面もあるでしょう。 人と真剣勝負して得るものが多い時期です。 ただ、ここでの「戦利品」は、 少し時間をおいてからもたらされる気配もあります。 6月末から年明けにかけて、 経済関係が大きく動く時期となっています。 パートナーの経済活動に変化が起こったり、 あなた自身の経済的役割が変わったりするかもしれません。 中には 「資金を借り入れて起業する」 「ローンを組んで新しいことを始める」 「投資を始める」 「人のお金を管理する」 というふうに、 経済活動を拡張する人もいそうです。 8月から9月頭は、 友だちと過ごす時間が楽しく感じられるでしょう。 仲間ともスムーズにコミュニケーションできますし、 人脈が広がる時期です。 10月はとても楽しい時期ですが、 仕事ややるべきことがなかなか、 片付かないかもしれません。 任務が「さくさく進む」事を求めすぎず、 この時期は優先順位をランダムにしておくと、 より物事を深く楽しめそうです。 10月末から11月にかけて、 もたつく感じから解放され、 さわやかな流れを感じられそうです。 経済面でも嬉しいことが多いでしょう。 11月半ばから12月頭は、 外出の機会が多くなります。 面白い対話が出来そうです。 12月は、身近な人や家族との時間が とてもゆたかなものとなるでしょう。 さらに、12月後半、 あなたの新しい「任務」に出会えそうです。 これまで好きでやってきたことが、 いつの間にか自分の役割として 皆から求められるようになる、 といった展開も考えられます。 新しい意欲が胸に満ちてくる、 素敵な年末となるはずです。 乙女座の人の多くが、 大恋愛に飛び込んで行くことになるのではないかと思います。 ただ、乙女座の人々は、 誰よりもロマンティックな妄想族でありながら、 何故かものすごく愛情表現に関して不器用、 という、 不思議な性質を抱えています。 その点、 2020年は愛情表現の機会が盛りだくさんなので、 「なんだかやりにくい」 という感じも、 もしかしたらちょっと、 出てきてしまうのかもしれません。 ですが、不器用でも何でも、 愛情表現は素晴らしい体験です。 また、愛の世界では、 ヘンに器用だと、 気持ちがちゃんと伝わらない、 ということもあります。 あなたの愛情表現に関する不器用さ、 緊張感や照れてしまう感じなども、 2020年はあなたの魅力として輝きます。 「ありのままを受け入れてほしい」 というのは、多くの人の願いですが、 「ありのままを受け入れてもらう」 ために、 少しのムリが必要となる場合もあります。 これは矛盾しているようですが、 「少しムリをする」とき、 破綻する部分が見えて初めて、 「ああ、この人のありのままは、こうなんだ」 と解ってくるものなのだろうと思うのです。 ありのままがありのまますぎると、 「それは、変更可能なのでは?」 という疑いが拭えないのです。 2020年、 あなたの「愛に関する不器用さ」は、 そういうわけで、 ちっとも弱点になりません。 思い切って、いつもはしないような愛情表現を、 どんどん繰り出していくとき、 愛の世界が大きく広がっていくでしょう。 愛に特に強い追い風が吹くのは、 1年全体を通してなのですが、 その中でも1月半ばから3月、 7月、10月、そして年末に、 ひときわ大きな動きが起こりそうです。 そう考える人も、たくさんいます。 でも、実際には、 なにか活動を続けていった先に、 何者かとしての自分がたちあらわれる ことのほうが、 多いのではないかと思います。 2020年のあなたの「活動」「取り組み」は、 2021年以降のあなたの「役割」につながります。 ヒーローになったから戦うのではなく、 戦っていたらヒーローと呼ばれた、 というような展開が、 今年から来年の流れだろうと思います。 多くの人が 「選ばれし者」 になることを夢想します。 でも「選ばれ」なくとも、 できることは手元に、 けっこうたくさんあります。 「できること」を積み重ねて行った先で、 不意に「選ばれる」ことのほうが、 現実的な夢の叶えかたなのだろうと思います。 もちろん、 「やりたいことなど何もない」 「クリエイティブと言われても、 何をすればいいかわからない」 という人もいるはずです。 そういう人にも、 2020年の3月くらいまでの中で 「何か」が見つかる可能性が高いと思います。 そして、その「何か」のほうに飛び込んで行った先で、 2021年から数年の中、 「何者か」になっている、 という流れができているだろうと思います。 この「何者か」とは、 世の中で何か名声を得る と言うようなことももちろん、含まれます。 ですがその他にも、 自分で納得できる生き方をする、とか 愛し愛される存在になる、とか そういったことも含まれます。 今のあなたが、 何らかの存在に「なりたい」と思っているなら、 そこに向かって行くための具体的なアクションが、 ちゃんと目の前に見えてくるのが、 2020年という時間帯なのだと思うのです。 この「具体的なアクション」に、 「客観的正解」は、ありません。 「クリエイティブ」というのは、 そういう意味なのです。

次の

i無料占い 石井ゆかり・星読み|占い 相性 無料

石井 ゆかり 今日

あなたの描くドラマティックな展開は、骨太で、輝いていて、あくまでも情熱的なのです。 恋愛ではちょっとクールに振る舞ってしまったり、場合によっては男っぽい態度をとることもあるかもしれませんが、心の中では燃えるような恋をしたいと願っています。 そして、一度「この人なら」と思える相手に出会えば、一気に燃え上がる恋が出来る人です。 自分の望むところがハッキリしているため、容易に恋に落ちないのもこの星座の特徴です。 楽しむことが好きで、持てることを楽しむかもしれませんが、情に流されてずるずる付き合う、ということはありません。 あくまで、自分が女王様として「よし!」と認められる王様でなければ、相手にしたくないのです。 このようなあなたの女性としての強さは、時に、相手に「攻め込む隙を与えない」格好になる場合があります。 そんなとき、「なかなか恋に結びつかない」という悩みを抱えてしまうことにもなります。 強い女性がふと見せる弱気な姿は、男性をぐっと惹きつけます。 あなたがちょっとだけ隙を見せるとき、恋が始まる可能性が高いと思います。 簡単に説明すると金星星座が獅子座の貴方はこんな感じです。当てはまっていましたか?人生に必要なのは、本当は占いじゃない。 を伝えていきたいと思います。

次の

みずがめ座

石井 ゆかり 今日

こんにちは、石井ゆかりです。 2020年という年について、すでにたくさんの方々の記事やコメントが、各所で紹介されています。 そうした記事を読んだ方が、「2020年が怖くて仕方がない」とご感想を書かれているのを、某所で目にしました。 2020年は山羊座・牡羊座というパワフルな星座に星が集い、年末にグレート・コンジャンクション(木星と土星の大会合)を迎える年でもあります。 「星占い」は科学ではない以上、読み手によって様々な解釈があり、どれが正解でどれが間違いということもないのですが、2020年に関してはニュアンスの差こそあれ、「ハデな、大きな動きのある年である」という読み方は、共通しているのではないかと思います。 「大きな動きがある」と聞いて、ワクワクする人もいれば、「何か恐ろしい変化が起こるのではないか」「今の平穏や安定した生活が失われるのではないか」と考える人もいます。 日頃不安を感じやすい人や、不安定な状況で生活している人、感受性の鋭い、敏感な心の持ち主の人々は、どちらかといえば後者に傾きがちかもしれません。 何か大変なことに巻き込まれたらどうしよう、という恐怖で足がすくんでしまう人も、少なくないはずです。 ですが2020年の「動き」は、もしかすると、それほど「怖がる」必要はないのかもしれません。 なぜなら、2020年にスポットライトが当たっているのは、主に「活動宮」と呼ばれる星座だからです。 「活動宮(カーディナル・サイン)」は、自ら何かを始めようとする世界です。 能動の世界、主体性の世界、自意識の世界、リーダーシップの世界なのです。 ゆえに2020年は「自分から何かを始めたい」と思っている人には、ごく動きやすい年となるでしょう。 一方「自分から何かを変えるのはいやだな」「現状維持に徹したい」という人は、「現状維持に徹するぞ!」という主体的な意志を持ち、そのために動いていけば、その目標を自分の手で達成できる年、という解釈もできると思うのです。 問題なのは「だれかになんとかしてほしい」「自分では何もしなくても、うまくいくといいな」という姿勢かもしれません。 もとい、それでも「だれか」をうまく選んでついていくことができれば、もしかすると、「なんとか」なるかもしれません(!)。 年末の「グレート・コンジャンクション」は約20年おきに起こる現象で、前回は2000年、牡牛座での会合となりました。 ですから、まずは単純に、1999年から2000年に皆さんに起こったことを思い返してみると、2020年の流れとリンクする部分もあるかもしれません。 もちろん、「全く同じことが起こる」わけではありませんが、流れの中にある仕組みや起こる出来事の強度みたいなものが、どこか似ているのではないかと思うのです。 ある星の形を「怖い」と感じる人は少なくありません。 そういう方には、ぜひ、日記をつけていただきたいと思っています。 この「日記」は、毎日のことを細ごま書くのではなく、目立った出来事やイベントがあったら、それをメモしておく、という程度の方が、星を読むには役に立ちます。 占いの記事に「来週こんな星の配置があります」と書かれていたら、同じような配置の日を、過去に遡って探し、日記を読んでみます。 そうすれば、過去に起こった「事例」を参考にして、「その時期起こりそうなこと」をちょっとは、想像できるのです。 私たちはどんなに大変なことでも、人生の中でなんとか対処しています。 ですから「自分は、そのことに対処できるだろうな」という心の準備も、多少は整うのです。 私自身は、「日記」というほど立派なものではなく、ごく簡単な「年表」を作っています。 引っ越しや本のリリース、病気、歯の治療など、自分にとって「これはちょっと大きなイベントだったな」と思えることを、箇条書きにメモしてあるのです。 この「年表」をくってみますと、2000年は私にとって、何をかくそう星占いの活動をスタートさせた年でした。 まだインターネット黎明期、「筋トレ」というWebサイトを立ち上げて発信を始めたのが、ちょうど2000年の春分の日だったのです。 その時は完全に「趣味のサイト」で、まさか20年後にはその活動が仕事の中心になっているとは想像もしませんでした。 星占いで言う「コンジャンクション」とは、星と星が空で近づき、スピードの速い星が遅い星を追い越していく現象です(あくまで、地球からそう見える、ということです)。 私たちが最も頻繁に経験している「コンジャンクション」は、新月です。 太陽と月が地球から見て同じ方向に位置するタイミングを「新月」と呼びます。 星占いではこの新月のタイミングを物事の始まり、「スタート」のタイミングと考えます。 では、木星と土星の重なりはどう考えられるでしょうか。 これも実は、「物事の始まり」と解釈できるのです。 私の「筋トレ」のスタートはまさにそのとおりなのですが、この「スタート」の解釈の厄介なところは、「始まりの段階では、その先どんな展開になるか、わからない」という点です。 前述の通り私自身、20年前のグレート・コンジャンクションのタイミングでは、いずれアンアンのような有名な媒体に記事を書かせていただけるようになるとは、想像もしていなかったわけです。 頼りない話ですが、少なくともあの時の私は、「ここから自分の大きな仕事が始まるな」なんて、占えませんでした(!)。 もとい、2000年のグレート・コンジャンクションは牡牛座、2020年のそれは水瓶座で起こります。 この星座の違いにも、実は重要な意味があります。 この件は他の場所でも多くの方が書いていらっしゃるので、ここでは割愛します。 ただ、「始まり」のスケールとしては、前回よりも今回の方が「大きい」イメージです。 自分の人生において、何か大それたことを始められるようなタイミングなのです。 夢を描いて夢を追い始める人もいれば、ふとしたキッカケでいきなり、夢の中に飛び込んでしまう人もいるでしょう。 「人生何があるかわからない」の言葉通り、2020年は何か素敵なことが起こりそうな年だ、と思っていいと私は考えています。 ただ、私のWebサイト立ち上げのように、「その先に何が起こるか」は、スタートの段階では、全くわからないかもしれません。 そもそも、スタートというものは、そういうものなのではないでしょうか。 面白いのは「スタート」の先に展開してゆくことであって、「スタート」の瞬間自体には、大して面白いこともない、ということだって、珍しくないのです。 始まりは、「向こうからやってくる」場合もあれば、「こちらから仕掛けてゆく」場合もあります。 2020年全体を見渡すと、どちらかといえば「こちらから仕掛けてゆく」スタイルの方が、フィットする感じがあります。 これは、要求するのでもなく、ゴリオシするのでもなく、自分から道を選んで自分から歩き出す、というイメージの動きです。 2017年の終わり頃から造ってきた道に、ようやく足を踏み出せる、という感じもあります。 更に言えば、2020年の後半は、「戦いの時間」でもあります。 私は幼い頃は少女マンガを読んで育ったクチなのですが、最近なぜか、少年マンガや青年マンガを読むようになりました。 それらを読んでいてしみじみ驚くのが「戦闘シーン」の多さです。 とにかく、戦いの場面が長くて多いのです。 「ふふふ…そんなもので私に勝てると思うのか」「うおおおお!」どかーん! ばきーん! 「なにぃ!」「トドメだ!」みたいなものが延々と繰り返されていくのが、最初は退屈で読み飛ばしていたのですが、今ではだんだん慣れてきました(!)。 2020年の後半に強調されている「戦い」はもちろん、少年マンガの戦闘シーンのようなあからさまなものではないだろうと思うのですが、「あきらめないで、勝ち目のなさそうな強い相手に立ち向かっていく」ことには、何かしら意味があるのかもしれない、と考えている今日この頃です。 いしい・ゆかり ライター。 星占いの記事やエッセイを執筆。 近著に12星座別『星栞 2020年の星占い』(幻冬舎コミックス)ほか。

次の