かっ さ 使い方 顔。 100均ダイソーのかっさプレート!使い方や効果も紹介!

かっさの使い方をマスター!むくみ知らずの小顔&ボディに♡

かっ さ 使い方 顔

「かっさ」ってどんなもの? ほうれい線対策にはマッサージが重要です。 かっさを使うと、普通にマッサージするよりも美容効果が期待できます。 かっさとは かっさとは、約2500年前から中国で行われてきた民間療法です。 漢字では「刮痧」と書き、「刮(かつ)」は削る、「痧(さ)」は滞っている血液という意味です。 専用のプレートを使って顔や体をさすって刺激することで、 毛細血管に圧を加えて滞っている血液を押し流します。 かっさは東洋医学によるデトックスのようなもので、不調のある部分には赤い斑点のようなものが現れます。 <参考サイト>: かっさマッサージで期待できる美容効果は? かっさマッサージによって肌の老廃物の滞りがなくなると、目元・口元のシワやたるみ、くすみなどが改善していきます。 また顔の表情筋のコリをほぐすことで、 ほうれい線の解消や小顔効果も期待できます。 さらに、かっさプレートは人の手が届かない筋肉層までアプローチできるため、代謝がアップして肌が明るくなる効果もあるのです。 どれを使う?かっさプレートの種類と特徴 かっさプレートには、さまざまな種類があります。 形や素材によって美容効果が変わるわけではありませんが、使いやすさや肌触りが異なります。 実際に手に取って自分にフィットするかっさプレートを選びましょう。 ・水牛角、牛角 やわらかく温もりを感じる素材で、かっさプレートの素材としては一般的です。 軽くて使いやすい反面、肌にフィットしづらいと感じることもあります。 ・天然石 水晶やローズクオーツでできたかっさは、見た目が美しく色の種類も豊富です。 衝撃に弱くて割れやすいという弱点がありますが、ひんやりとした感触で肌なじみも良いため人気です。 ・陶磁器 なめらかな感触でほどよい厚みがあり、使いやすさと肌なじみが抜群です。 天然石と同様割れやすいので、使う場所には注意が必要です。 ・ステンレス 水に強い素材なので、お風呂でも使えて便利です。 錆に強く気軽に洗えるので、衛生的な面でも人気です。 かっさプレートを選ぶ際は、 適度な厚みと重みがあるものを選ぶと効果的です。 100円ショップなどでプラスチックのかっさが売っていますが、厚みも重さも物足りないため、お試し程度と考えましょう。 また、かっさにはさまざまな形状があります。 初心者の方には羽型や魚型が使いやすくおすすめです。 また、顔のマッサージには眉型、頭には櫛形、背中や足など全身に広く使うなら長方形や円錐型が便利です。 マッサージしたい場所や用途に合わせた形状を選びましょう。 ほうれい線を消す!かっさの正しい使い方は? ほうれい線を効果的に解消するためには、かっさを正しく使うことが大切です。 かっさマッサージの基本のやり方を、3つのステップに分けて見ていきましょう。 STEP1:マッサージ前の準備 マッサージ前にはメイクを落として、しっかり保湿しておきます。 さらに、 顔にマッサージクリームを塗って、かっさの滑りをよくします。 皮膚が乾燥した状態でかっさを使うとかえって肌を痛めてしまうので、クリームやオイルなどの潤滑剤は必須です。 潤滑剤は肌の滑りを良くするためだけのものなので、普段使っているクリームなどで構いません。 STEP2:ほうれい線まわりのマッサージ ほうれい線を撃退するには、 上唇拳筋(じょうしんきょきん)の上のマッサージが効果的です。 上唇拳筋は左右の小鼻の横から目頭を繋いだラインのところにある筋肉です。 まず、左右の小鼻の横から目頭に向かって小さならせんを描くようにかっさを引き上げ、これを左右3回行います。 次に、顔の中心から外側にも、小さならせんを描くようにかっさを動かします。 動かす方向は常に一定にし、1カ所につき3回から5回程度を目安にこすります。 マッサージは必ず左右同じ回数行うのが基本です。 リンパの流れが滞っている部分は流れにくいため、つい力を入れてしまいがちですが、強い刺激を与えないように優しいマッサージを心掛けて下さい。 <関連記事>: STEP3:鎖骨に老廃物を流す ほうれい線まわりを含め、顔全体のマッサージが終わったら、かっさのカーブの部分を使って耳の方に老廃物を集めます。 耳から首筋、鎖骨へと老廃物を流していきますが、この時も左右均等になるように注意します。 顔だけでなく首筋から鎖骨にもクリームなどをたっぷり塗って、 力を入れ過ぎないように優しくこすりましょう。 かっさマッサージの注意点は? かっさプレートは正しく行わないと、かえって肌に強い刺激を与えてしまいます。 かっさマッサージの効果を引き出すために、注意したいポイントをまとめました。 マッサージは力加減に注意 かっさマッサージをするときは、力加減に注意しましょう。 滞った老廃物を押し流すために、痛みを感じるほどの力をかけるのは逆効果です。 特に顔は皮膚が薄いため、 ほうれい線やたるみ、しわが悪化する原因になります。 また、乾燥した肌でかっさマッサージをすると肌に刺激を与えます。 かっさの滑りをよくするためにも、必ずマッサージオイルやクリームを使いましょう。 かっさは体の中の毒素を浮かび上がらせるため、数日間はマッサージをした部分が痛くなったり赤くなったりします。 あまり力を入れていないのに赤い斑点が出てくることもありますが、これも正常な反応なので、心配しなくても大丈夫です。 マッサージの後は身体を冷やさない かっさマッサージは、老廃物を流すことでデトックスを促します。 デトックス効果を最大限に発揮するために、マッサージのあとはアフターケアが大切です。 身体を冷やさないようにして、10分から20分程度の休憩をとって体をゆったり休ませましょう。 また、かっさマッサージの後は代謝が上がった状態です。 水分補給と老廃物の排出促進のために、たっぷり水分を取りましょう。 300~500㏄程度の水やぬるま湯に少し塩を加えたものを飲むと、よりデトックス効果が高まります。 マッサージ後はあっさりした食事を心がけ、辛いものや脂っこいものは避けましょう。 <関連記事>: かっさの使い過ぎは厳禁 肌への負担もあるため、かっさの使い過ぎは厳禁です。 週2~3回、顔全体を1回10分程度マッサージするだけでも十分に効果を発揮します。 かっさは マッサージをする時間帯によって、効果が変わります。 朝のかっさは血行を促進して、メイクのりを良くする効果があります。 夜のかっさは肌が柔らかくなるので、その後のスキンケアが角質の奥まで浸透しやすくなります。 肌の調子に合わせて、朝と夜のかっさを使い分けましょう。

次の

「かっさ」でほうれい線を撃退!マッサージの正しい方法は?

かっ さ 使い方 顔

むくみの解消に効果的なかっさ!ひとつは持っておきたいところ。 今回は、おすすめのかっさアイテムから、フェースラインをすっきりさせるかっさの使い方や顔のむくみ・頭皮ほぐしマッサージ法やアユーラのかっさシリーズをご紹介。 ・むくみ、くすみ、たるみケアにも。 ¥23,800 コスメデコルテ|かっさプレート 【このアイテムのおすすめポイント】 ・さまざまな凹凸にフィットするデザイン。 ・筋肉のこりをほぐしたり、血行を促すことで美肌をサポート。 ¥3,000 ハホニコ|ハホニコプロ トルマリンローラー かっさ 【このアイテムのおすすめポイント】 ・360度スムースに回転するステンレスボールで心地よく頭皮をケア。 ¥2,300 H&M小田切ヒロさんおすすめのかっさ2選 A.じんわり温まって心地よく、振動してほぐす電動カッサ。 パナソニック ドレナージュ美顔器 温感かっさ オープン価格 B.ローズクウォーツで作られたカッサは肌当たりがなめらかで、ひんやり心地いいのが特徴。 コジット abundy me ローズクォーツカッサ ¥2,400 小田切ヒロさん直伝!デコルテ・耳・頭皮の3STEPで小顔に 小田切ヒロ流! 小顔マッサージ 教えてくれたのは・・・ヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロさん スキンケアから始まる丁寧だけど簡単で、フェイクじゃない小顔を目指せるテクニックが話題。 女優やアーティストからの信頼も厚い。 【STEP 1】デコルテ わきの下の大きなリンパ節につながる経絡がデコルテにはあり、ここからほぐすことで老廃物がスムースに流れやすくなります。 「大きな血管が流れる首もお忘れなく」(小田切さん) 【1】鎖骨の上下を同時に中心から外側へ流す カッサのくぼみで鎖骨を挟み、中心から肩先まで力を入れずに滑らせる。 これを10回程繰り返したら、反対側の鎖骨も同様に行う。 カッサがない人は、人さし指と中指で挟んで。 【2】鎖骨の上のくぼみをプッシュしていく カッサの角を使い、鎖骨の上のくぼみを内から外へ押していく。 内側はなるべく深く強めに押して。 カッサがない人は2本指を使って押す。 3回程繰り返したら反対側も同様に。 【3】コリがほぐれるまで首筋を流す 耳の裏側から肩先へ、カッサを使ってなでるように流す。 手で行う場合は、首筋を親指と人さし指でつまんで離す動作を肩先まで繰り返して。 きちんとほぐせば、首が細長く! 【STEP 2】耳 デコルテの次は、耳へ。 耳には全身へつながるツボが密集していて、美と健康に効果的。 軽くもむだけでも顔色が良くなったり、頭がスッキリしたり…etc. いいことたくさん! 【1】耳の手前を上下にさすってスタンバイ 耳の手前にカッサを当て、細かく上下にさする。 これを片耳ずつ約20秒間行って。 手で行っても問題ナシ。 これだけでも、顔がじんわり温かくなるのを実感するはず。 【2】耳の外側を上から下へ押してほぐしていく カッサの角を使い、耳の外側を上から下へ押していく。 1か所当たり2〜3秒ずつやや強めに押すのがポイント。 これを3回程繰り返す。 カッサがないときは、親指で押せばOK。 【STEP 3】頭皮 最後は頭皮。 頭皮にコリや老廃物がたまると、顔のむくみやくすみに悩まされやすくなります。 「マッサージによって頭皮が再び引き締まれば、リフトアップは簡単!」(小田切さん) 左右へ小刻みに動かしすみずみまでほぐす カッサの角を頭皮に当て、生え際から頭頂部に向かってジグザグに動かしてほぐしていく。 側頭部もお忘れなく。 頭全体が軽くなるまで繰り返して。 手で行う場合は3本指を使って。 ローラーで眉間や眉骨をほぐせるし、カッサで引き上げたり流したりが簡単に行えます」(弓気田さん) ローラーで眉骨をほぐしてから… カッサで下から上に引き上げ! 頭皮かっさでリフトアップのやり方 顔のたるみに効く頭皮マッサージ 教えてくれたのは…『ミッシーボーテ』主宰・エステティシャン 高橋ミカさん 「トリートメントを髪に浸透させている時間に、カッサなどで頭皮をほぐしてみて。 美容成分もより一層、髪に入りますよ」(高橋さん) アユーラのかっさシリーズ ビカッサプレート プレミアム 【このアイテムのおすすめポイント】 ・顔のコリをほぐす立体的な形の陶磁器製プレート。 ¥2,800 【口コミ】 「陶磁器の重みも質感も好き」(公務員・30歳) 「これで顔をマッサージするだけで、むくみが取れてスッキリ」(アルバイト・33歳) ボディープレート 【このアイテムのおすすめポイント】 ・効果的にめぐりを高める「美活沙ボディーマッサージ」に最適なアユーラオリジナル陶磁器プレート。 ・ひざ下の造形を考慮し、マッサージに最適な曲線をひとつのプレートに凝縮。 ・焼き物で知られる石川の窯で丁寧に作られた陶磁器製。 ・なじませると温まっていく温感ジェルが血行を促進。 ・バランスの整ったなめらかボディに。 ・腹部の巡りを高めるラバープレートも大活躍! ¥2,000 ビカッサヘッドプレート(b) 【このアイテムのおすすめポイント】 ・頭のツボを簡単に押せる、頭部の造形を考慮した形。 ・柔軟な頭皮に導く。 ¥2,500 *価格はすべて税抜きです。

次の

かっさの効果が万能すぎ!小顔!エイジングケア!毛穴にも!専門家に聞く

かっ さ 使い方 顔

かっさって何? かっさの事を詳しく知っていますか? かっさは2500年以上前から中国を中心として行われてきた民間療法で、その時はもちろん今現在の様な可愛らしいデザインではなく、石や木材を使い刺激を与えていたと言われています。 かっさをお肌の上で滑らす事により、肌表面に多く存在する毛細血管に刺激を与えて血行を良くし、血液の毒素をお肌の表面に押し出していくものです。 かっさと呼ぶ理由は、 「刮(かつ)」=「削る」、 「痧(さ)」=「滞って動かなくなった血液」を意味示しています。 簡単に言えば、お肌を擦る事で血液の流れを促進させデットックスしていくという事です。 かっさは奥が深く調べれば調べるど興味深い美容法です。 今回は、その「かっさ」で顔痩せする使い方などをまとめましたので、参考にしてみてください。 かっさを使う事で顔がどうなる? いきなりですが、かっさを使ったらどうなるのか気になりますよね? 仕組みや使い方は勿論の事、使ってみたらどのような効果が期待できるのかまとめると、、。 かっさの効果とは? 毛穴が引き締まってくる たるみ改善 小顔効果 肌が柔らかくなっていき 目がハッキリしてくる 肌のハリが出てくる むくみがとれる リフトアップ ほうれい線が薄くなる しわが薄くなる 顔のお肌が明るくなる デトックス リラックス よく眠れる 疲労改善・・等々。 と、顔の部分だけでもこれだけの効果が期待できるなんて、かっさをやらない理由がどこにもありませんね。 かっさの効果的な使い方 顔痩せや美容にかっさを使うのなら更に効果的な使い方をまとめました。 かっさを使うタイミング お肌をいたわるのなら入浴中か入浴後の体が温まっている時がオススメです。 かっさの効果は毛細血管を刺激して血液の流れを良くしていく事が基本です。 体が温まっている時は、血行が良くなっている状態なのと、更に良くしやすい状態でもあります。 オイルやクリームを使う かっさは基本的にお肌の上を擦る様にして使います。 ただここで勘違いしてほしくないのは、毛細血管を刺激する事が目的であって、お肌を削る事ではありません。 肌との摩擦を少なくするために、オイルやクリームを使いましょう。 先ほどお話しした、入浴中でのマッサージならボディーソープを体に付けた上からかっさでマッサージ、入浴後ならお肌の乾燥が進んでいくのでオイルやクリームをつけて、乾燥の予防も考えながら使っていきましょう。 強い刺激を与えないようにする かっさの効果を期待するあまりに強く擦りつけてはいけません。 かっさのマッサージの基本 この後部分ごとの詳しい説明をしていきますが、その前に基本を覚えておいてくださいね。 血液の流れの仕組みを利用 血液の流れは心臓を中心として体の全身に流れているので、心臓がある左側から右に向かってマッサージをしていく事が基本となってきます。 また顔の場合はお鼻を中心と考え外側に向かって行います。 マッサージを行う時は片方だけというのではなく、左右対称に行います。 これは片方だけにやると当たり前ですが片方にしか効果が期待できないのと、身体の状態は日々変化していますよね、同じ状態で左右対称に行う事で左右バランス良くケアしていけます。 今回は顔という事で、滑らす回数も同じところを最高でも5回以内にし、必要以上に刺激を与えないようにします。 これが、かっさでの顔のケアの基本となります。 かっさ5分で顔痩せの使い方 1.リンパを流れやすくする。 かっさを効果的にしていくには、まず最初にリンパの流れを良くすることが大切になってきます。 耳の前の部分から鎖骨に向けて、マッサージを左右5回づつ上から下に向かって行います。 何故、 鎖骨かと言いますと、鎖骨にはリンパの流れの入り口であり出口でもあるんですね。 いくらかっさを出口のない方向に滑らせても流れませんよね、出口のある鎖骨に流す事でリンパの流れを良くしていきます。 2.顔の中心から外側に向かってほぐしていきます お鼻を中心に上下に流し、次に左右外側に向かってゆっくり優しく滑らせて流します。。 おでこはTゾーンから上に向かって、目の上の部分は眉頭からこめかみにそして耳の前に、顎や鼻から頬を通って耳の前に流していきます。 毛細血管を同時に刺激していく事で、働きを活性化させお肌に必要な栄養を届けやすくしていきます。 3.老廃物を流していきます。 最後に耳の前に向かってきた老廃物を流す事を意識していきます。 耳の前の部分から鎖骨に向かってゆっくり5回程流していきます。 かっさの口コミ集めてみました リラコル代官山店byクイックコルギさん relakoludaikanyama がシェアした投稿 - 2017 1月 31 2:50午前 PST かっさの後のケア かっさでマッサージした後は代謝が上がっているので、きちんと水分補給をします。 リンパや血行を良くするには水分が重要になってきますので、かっさの後もそうですが、日ごろから水分をきちんと取る様にしましょう。 また折角血行を良くした状態になっているので、体を冷やさないようにすることも大切なので、水分を取るのなら冷たい物よりは温かい物か常温の物がオススメです。 かっさの後は気持ちが良くなっている状態なので、そのまま20分ほど休憩してリラックスさせていきましょう。 かっさを控えた方がよいと言われている状態 妊娠中は使用しない 多くの情報では、妊娠中は避けた方が良いと言われています。 とはいえむくみ解消などでかっさを使用しているのであれば、女性にとって止める事はしたくないですよね。 医学的にはダメとは言われていないようですが、胎児になにかあっては大変なので、専門医に相談してみましょう。 内臓疾患がある かっさは血行促進、そしてリンパの流れを良くしていきます。 流れを良くしていく事は、逆に内臓に負担をかけてしまう可能性もあるので、かっさを使うのなら事前に専門医に相談しましょう。 糖尿病 今回は顔のかっさの使い方についてまとめていますが、糖尿病の方は特に足のかっさは避けた方が良いと言われています。 理由は糖尿病の方は、高血糖の影響もあって毛細血管が詰まりやすかったり、血流障害のため大変もろくなっている場合があるからです。 ニキビや肌荒れ 個人差もありますが、かっさの刺激が理由でニキビが出来てしまう女性は少なくありません。 また刺激だけでなく、摩擦を減らすためのオイルが肌に合わなかったり、かっさマッサージの後のオイルをきちんと流していないのが原因の場合もあります。 食後30分はかっさの使用を避ける かっさをする事で胃液の分泌が悪くなる場合もありますので、食後30分以上あけてから、かっさマッサージをしましょう。 何度もかっさをしてはいけない お顔の皮膚はデリケートに出来ています。 効果を期待するあまりに沢山やりたくなってしまいますが、そこは我慢をして1日に1回程度にしておきましょう。 やり過ぎると、お肌に必要以上に刺激を与えてしまい「シミ」や「シワ」の原因を作ってしまいます。 また長時間の使用も同じように注意していきましょう。 かっさは顔だけではなく全身にも使えますので、またの機会に他の部位での使い方を説明していきたいと考えています。

次の