いさ ぎ 魚。 道玄坂 漁

イサザ

いさ ぎ 魚

体長は2~35メートルで、シロナガスクジラは体重150トンに及び、地球史上最大の重量をもつ動物。 4メートル 以下の小形種はイルカというが、その区別は明確でない。 海洋に広く分布し、淡水にすむ種も少数ある。 前肢はひれ状、後肢は退化し、尾部は発達して先端は水平な尾びれ状となる。 体毛はなく、皮下に厚い脂肪層が発達して体温を保つ。 肺で呼吸する。 俗に「潮吹き」と呼ばれるのは鼻孔から吐き出された温かい呼気。 一産一子で、子は水中で母乳を飲んで育つ。 歯をもつ歯クジラ亜目と、歯が退化して代わりに鯨鬚 くじらひげをもつヒゲクジラ亜目に大別される。 前者にはマッコウクジラ科・イッカク科・マイルカ科など、後者にはセミクジラ科・コククジラ科・ナガスクジラ科などがある。 かつては冬、日本近海にも現れた。 肉は食用にするほか全身無駄なく利用できる。 乱獲により激減した種もある。 いさな。 [季] 冬。 小型の種類をイルカというが明確な区別はない。 体長約六~三〇メートルで現存動物中、最大の種を含む。 形は魚形で遊泳に適し、前肢はひれ状、後肢は退化、尾は尾びれ状。 魚と異なり尾びれは水平に広がる。 皮膚には毛もうろこもなく、皮膚下に厚い脂肪層が発達し体温を保つ働きをする。 胎生で一産一子。 魚やオキアミなどを食べる。 歯があるハクジラ類と、歯がなく代わりにくじらひげのあるヒゲクジラ類とに分けられ、前者にはマッコウクジラ、ツチクジラなど、後者には最大種のシロナガスクジラ、セミクジラ、イワシクジラなどがある。 水面に浮き上がって呼吸するさい鼻孔から呼気と共に海水を吹き上げるので、俗にクジラが潮を吹くといわれる。 肉は食用にし、脂肪から油をとり、くじらひげや歯は工芸品に用いられていた。 南北両極の海洋に多く、日本近海にも分布。 乱獲のため、とくに大型の種は生息数が激減した。 いさな。 《季・冬》.

次の

丹後の春を告げる魚・イサザ

いさ ぎ 魚

特徴 [ ] 成魚は全長45cmに達する。 体型はやや前後に細長い紡錘形で側扁する。 体表は細かいが密集し、ザラザラしている。 成魚の体色はオリーブがかった褐色だが、幼魚は体側の上半分に黄色の縦縞が3本ある。 成長するにつれこの縦縞は薄れるが、成魚でも春夏には縦縞が出現する。 以南の日本沿岸、、、に分布する。 沿岸は分布しないとされるが 、やにも生息するとした文献もある。 が多い岩礁域に生息し、をつくる。 昼は水深50mほどまでの深みに潜むが、夜になると海面近くまで泳ぎ出す。 食性は肉食性で、小魚・・等の小動物を捕食する。 産卵期はで、直径0. 8-0. 9mmほどの分離浮性卵を産卵する。 1匹のメスの産卵数は体の大きさにもよるが、全長30cmで128万粒ほどとみられる。 卵は海中を漂いながら1日ほどで孵化し、稚魚はを捕食しながら成長する。 稚魚は海岸の浅い所で群れを作って生活するが、成長するにつれ深みに移る。 オスは生後2年で成熟し、4年目には全て成熟する。 名称 [ ] 標準和名「イサキ」は磯に棲むことに因んだ「磯魚」(イソキ)、または幼魚の縞に因んだ「班魚」(イサキ)に由来すると云われ、これに「伊佐木」「伊佐幾」という漢字が当てられている。 もう一つの漢字「鶏魚」は背鰭の棘条がの鶏冠に似るためという説があり、これは英名"Chicken grunt"も同じである。 他に日本での地方名として、オクセイゴ(東北地方)、イサギ(東京)、クロブタ(神奈川)、コシタメ(静岡)、エサキ(北陸-山陰)、ウズムシ(近畿)、カジヤコロシ(和歌山県南紀)、イセギ(高知)、イッサキ()、ハンサコ(大分-宮崎)、ハタザコ、ショフ、ジンキ(宮崎)、ソフ(鹿児島県内之浦)、クチグロマツ(奄美大島)などがある。 南紀での呼称「カジヤゴロシ」(鍛冶屋殺し)は、イサキの骨が非常に硬く、骨が喉に刺さって死んだ鍛冶屋がいたことからその名が付いたと云われる。 九州での呼称「イッサキ」は「一先」という字を当てられることが多い。 幼魚は黄色の縦縞模様がの子に似ていることから、各地でウリボウ、ウリンボウ、イノコなどと呼ばれる。 大分では幼魚をウドゴと呼ぶ。 人との関わり [ ] や、などで漁獲される。 は初夏で、この頃のイサキを麦わらイサキ、梅雨イサキとも呼ぶ。 なお「麦わらタイ」は同時期のを指すが、イサキとは逆に不味い。 身は白身で、マダイよりは柔らかくて脂肪が多い。 ・・・などいろいろな料理で食べられる。 水揚げしたイサキは目が濁りやすいので、目の濁り具合は鮮度の判断基準にならない。 近年技術の研究がなされ、市場にも養殖ものが流通している。 食中毒 [ ] 中国から輸入した中間種苗を国内で養殖した・イサキから幼虫の寄生が高頻度に認められたとの報告があり、厚生労働省では中国産に由来する養殖魚に注意を呼びかけている。 類似種 [ ] (縞伊佐木) は以南のでよく見られる。 体に縦縞模様があり、名前にも「イサキ」とあるが、イサキ科ではなく で、イサキとはまた別物の魚である。 参考文献 [ ].

次の

イサザ|北陸の魚介

いさ ぎ 魚

丹後の春を告げる魚・イサザ 春が旬のお奨め品 (丹後の春を告げる魚「イサザ」) 丹後では早春に体長5cm程の「イサザ」と呼ばれ る魚が各河川を産卵のために遡上します。 小さな川では主に「やな漁」という漁法で獲られ、殆どが生きたまま出荷され、早春の味として食卓を飾ります。 イサザは図鑑などで調べると「シロウオ」と記され、実際にイサザとされるのは琵琶湖などでよく獲れる、別種で同じハゼ科のもう少し大型の魚を指します。 また、よく似た魚にシラウオがあり、こちらはアユやシシャモの仲間で、 イサザ(シロウオ) シラウオ ハゼ科の仲間であるシロウオ(イサザ)とは全く異なる魚です。 どちらも半透明で似ていますが、シロウオの方はややアメ色をしています。 体型はシロウオは頭から胴が同じ太さですが、シラウオは頭が小さく胴が次第に太くなります。 イサザは沿岸の浅い海域に生息し、プランクトンなどを捕食しながら生きていますが、早春に産卵のために川を溯上します。 産卵後メスは死にますが、オスは孵化するまでの約2週間何も食べずに卵を守り、そして一生を終えます。 孵化した幼魚は川の流れに乗って海へ下り、海で育ち翌年には親となって早春に溯上をするというサイクルを繰り返します。 味わう イサザは生きたまま酢醤油などで食べる「踊り食い」が有名です。 川辺でとれとれの「イサザ」を踊り食いしたり、唐揚げや卵とじなどで春を味わうイベントも行われます。 獲れたイサザは殆どが都市圏の高級料理屋に行きますが、地元の魚屋でもまれに見かける事がありますので、見かけたら是非手に入れたいものです。 獲る イサザは大きな川から小さな川まで殆どの川に溯上します。 小さな川では写真のように、川全体にイサザでは上がれない程度の段差を作り漁をします。 こうした漁法を「やな漁」といいます。 溯上のために川に上がってきたイサザは先へ進めず、横へ々と進むうちに川の両端に仕掛けられたザルに入るようになっています。 この漁法は誰でも出来るわけではなく、漁業権を持った者がその川の権利を買って行うことが出来ます。 やな漁が出来ない程の大きな川では、テント状の網で通りかかったイサザをすくい上げる伝統的な「四つ手網漁」や「袋網漁」で獲られます。

次の