日本 対 アイルランド ラグビー。 ラグビーWC2019日本勝利!に海外の反応は?世界に歓喜と驚き!|TOKYO SCOPE

アイルランド ラグビーW杯初優勝ねらう :日本経済新聞

日本 対 アイルランド ラグビー

【東京・10月18日】19日に行われる準々決勝の第2試合(19時15分キックオフ)は、ラグビーワールドカップ(W杯)史上初の3連覇を目指すニュージーランドに、9大会連続出場ながら8強止まりのアイルランドが挑む。 両者はここ4試合で2勝2敗と互角の勝負をしており、1次リーグでは日本に敗れて2位通過ながら、3年前、ニュージーランドを111年ぶりに破ったアイルランドの勢いがW杯の場で続くかどうか注目される。 ニュージーランドとアイルランドがW杯で対決するのは24年ぶり。 ニュージーランドのスティーブ・ハンセン監督とアイルランドのジョー・シュミット監督はともにニュージーランド出身。 シュミット監督が2013年に就任以来、両者はそれぞれの世界トップクラスのチームを率いて切磋琢磨してきた。 「オールブラックス」の愛称で知られるニュージーランドは1次リーグB組でもそのパワーを全開。 初戦では強豪南アフリカを23-13で下し、カナダ(63-0)とナミビア(71-9)で挙げた得点は1次リーグ1位と2位の記録。 それでも台風で1次リーグ最終戦のイタリア戦が中止となり、十分な実戦態勢が取れるのかという疑問は残る。 ナミビア戦では主力組を休ませており、南アとの激闘から1カ月を経た今、体に緩みはないのか、それとも休養十分なのか We put our tracer on two key clips for We can't wait for this one. Find out where to watch from 19:15hrs JPN Local on Saturday: — Rugby World Cup rugbyworldcup この疑問に対し、ハンセン監督は「答えは後者だ」という。 それでも、ロックのキーマン、ブロディー・レタリックは12週間で30分間しかプレーしておらず、イタリア戦で実戦感覚を磨かせたかったというのが本音だろう。 半面「オールブラックス」の最大の兵器ながら脚に問題を抱えるFBボーデン・バレット(トップの写真、2016年のアイルランド戦)にとっては格好の休養になったはずだ。 一方、アイルランドは1週間前のサモア戦で退場処分となった主力のCBTバンディー・アキを欠いている。 47-5で勝ったこの試合は、スコットランドを破りながら、日本に敗れた波乱の1次リーグ最終戦を14人で戦い抜き、自信を深める結果となった面もある。 問題は、独創的で理にかなった攻撃をするニュージーランドに、アイルランドのディフェンス陣が対応できるかどうかだ。 最近の両者の戦いぶりからすれば、アイルランドは対応策を見いだしたように思われる。 しかし、南アフリカ戦でニュージーランドの今大会初トライを決めたジョージ・ブリッジの素晴らしいカウンター攻撃や、TJ・ペレナラのナミビア戦での空中を飛ぶような自在なプレー(下の動画)は、まさしく「オールブラックス」の華麗なパワーを象徴しており、難しい相手だ。 ただ「オールブラックス」が対戦するアイルランドも、難敵の一つであることは間違いない。 アイルランドは自分たちの力を信じて戦うしかないということになるだろう。 これまでW杯の「準々決勝の壁」を突破したことのないアイルランドが、ニュージーランドの3連覇を阻止できるのか。 「アイルランドという強敵に、容易に勝てるというような幻想は持っていない」と語るのはオフロードバスの名手として知られるニュージーランドのソニービル・ウイリアムズ。 「メンタルの準備をちゃんとして適切な態勢を取れば、我々を止めるのは難しいはずだ」.

次の

【試合速報】ラグビーW杯「日本対アイルランド」16時15分キックオフ

日本 対 アイルランド ラグビー

日本は前回2015年大会の南アフリカ戦に続く、2大会連続の金星。 2連勝の日本は勝ち点を9に伸ばしてA組首位に立ち、初の決勝トーナメント進出へ大きく前進した。 前半13分と20分にトライを奪われた日本はSO田村(キヤノン)が3PGを決めて9-12で後半に突入。 後半18分、WTB福岡(パナソニック)のトライで逆転に成功した。 1次リーグは残り2試合で、日本は10月5日にサモア、13日にスコットランドと対戦する。 A組で2位以内に入れば8チームによる決勝トーナメントに進む。 相手が疲弊しているとみて、もくろみ通りの連続攻撃。 フッカー堀江が得意のゴロキックをタッチライン際に転がし、WTBレメキを走らせたが、惜しくもラインを割って前半が終わった。 アイルランドの前半の2トライは、SOカーティからの精緻なキックから生まれたもの。 強豪国のスキルを見せつけたが、前半での一気の逆転を狙ったように、序盤の勢いは明らかに日本にあった。 前半の立ち上がり、右肩のけがから復帰したナンバー8のマフィが密集でボールを奪い返し、相手防御を打ち破った。 マフィは前半30分すぎにケガでピッチを去ったが、交代で入ったリーチが新たなガソリンを注入する。 相手の強力FWに対し、スクラムでも健闘。 最初の相手ボールスクラムでは反則をとられたが、前半34分すぎ、自陣内での相手スクラムでは反則をとってやりかえした。 右プロップの具は思わずガッツポーズ。 これで得たラインアウトからの攻撃で反則を得て、SO田村が3本目のPGを決め、3点差に追い上げて前半を終えた。 相手をじりじりと追い詰めて迎えた後半18分だった。 相手ゴール前、FWの頑張りでつないだ球を、CTBラファエレがクイックパス、ボールを受けたWTB福岡が左隅に飛び込み、この日のチーム初トライ。 ついに逆転に成功した。 試合直前のメンバー変更でベンチ入りしていた殊勲の福岡は「このために苦しい準備をしてきた」と喜んだ。 逆転されると、アイルランドは足が止まり始めた。 2人がかりのタックルでも、日本選手の勢いを止められない。 後半31分には密集での反則から得たPGを田村が決めて、19-12と突き放した。 さらに福岡がパスカットから独走してゴール前まで迫る。 ここで得たスクラムからも攻め続け、アイルランドの選手があきらめたようにタッチに蹴り出し、試合終了。 ジャパンの選手たちは跳び上がって喜んだ。 田村は「アイルランドに勝つと信じて準備してきた。 準々決勝も準決勝も決勝も目指している。 国民の皆さんも僕たちはできると信じて待っていてください」と力強く語った。 前回大会で南アフリカを破った時は「奇跡」と称賛された。 だが、今回は周到な準備とハードワークが勝因だ。 「選手を誇りに思う。 長い期間をかけてこの試合について考えてきた。 選手が力をつけ、ゲームプランを遂行することができた」と日本のジョセフ・ヘッドコーチ。 決して「奇跡」なんかではない。 (摂待卓).

次の

ラグビー日本代表アイルランド戦勝利への海外の反応まとめ

日本 対 アイルランド ラグビー

優勝候補に挙げられていたアイルランドにとっては、格下の日本を相手にまさかの敗戦となった。 特に後半は日本の出足に防戦一方となり、無得点に終わった。 それでも、試合後は花道を作って、グラウンドを出る日本の選手たちを拍手で送り出し、ラグビーのノーサイド精神を体現していた。 アイルランドの主将、ロリー・ベストは「非常に厳しいゲームになると思っていた。 ただ、少し、日本が優秀だったことが分かった。 日本は本当に良くプレーした。 日本が非常に強く当たってきた」と日本をたたえた。 そのうえで「我々もやれることはやった」と完敗を認めていた。 日本はアイルランドと通算10回目の対戦で初勝利。 ラグビーは番狂わせが起きにくいが、日本は前回大会で南アフリカを破ったのに続き、再び優勝候補を相手に金星を挙げた。

次の