強くなりたい。 精神的に強くなりたいときに必要な3つの考え方

WoTで強くなりたい人のブログ

強くなりたい

ここ7年間は研究費を捻出しているものの原価改善で吸収していた しかし、この4年間で販売台数をリーマン・ショック前のレベルまで挽回。 同時に研究開発し、設備投資費を低減して固定費を圧縮し、2013年3月期は為替が1ドル83円の超円高にもかかわらず1兆3208億円の営業利益を確保。 しかし、出血を止めるだけでは本当の意味での体質強化にはなっていなかった。 体重を落としただけで、必要な筋肉まで落としてしまった時期だった。 そこでこの7年間は「もっといいクルマ作り」を加速させるための投資や、CASE対応により固定費が増加したが、原価改善などで吸収しながら体質強化を行なってきた。 しかし最初の3年間は、意志ある踊り場として真の競争力強化を目指したが、思うような成果を得られなかったと吐露。 この時、最大の課題は長い年月で社員に根付いてしまった「トヨタは大丈夫」という意識と、その意識からくる仕事への取り組みだと気づいたが、平時の改革の難しさにもぶつかったという。 そのトヨタらしさを取り戻すためには、副社長廃止をはじめとした役員組織体制の抜本的な見直し、労使・従業員との本気・本音でコミュニケーションを取るなど、これまでの常識を壊すところから始められた。 もちろんこの変革に対して社内外から「そこまでしなくても」という声もあったが、理想の形で次世代にタスキを渡したいという思いでやり続けた。 次の世代からは未来に時間を使ってほしい。 過去を振り返るのは自分で最後にしたい、というのが豊田社長の理念だという。 特に未来への種まきには思い入れがあり、アライアンスによる仲間づくりを積極的に推進。 資本関係で傘下に収めるのではなく「志を同じくする仲間」をリスペクトしながら、仕事を通じて連携する。 トヨタグループとしても「ホーム&アウェイ」戦略と考えを改め、ともに強くなる方法に切り替え、モビリティカンパニーへの変革に向けて、古いセオリーから脱却し、新時代の新しいトヨタのセオリーを構築していくことを目指すとしている。 その結果として、コロナ危機との闘いである2021年3月期の見通しは、販売台数195万台と20%減にはなるものの、営業利益は5000億円の黒字を確保できると算出。 「この数字を達成できれば、これまでの企業体質を強化してきたことがうまくいった結果だと言えると思う」と明かした。 トヨタがずっとこだわり続けていること 続いて豊田社長はトヨタが長年ずっとこだわっている「国内生産300万台体制の死守」について言及した。 どんなに経営環境が厳しくなっても、日本にはモノ作りが必要であり、競争力を磨く現場が必要であるという信念で、石にかじりついて守り続けてきたという。 もちろんこれはトヨタだけを守るのでなく、関わりのあるサプライチェーンの雇用と日本の自動車産業の技術者も守ることにつながると考えているという。 今回の新型コロナウイルスの感染拡大において、世界中で必要なものが必要な時に手に入らないという事態に陥ったが、豊田社長は知人からそれを「マスク現象」と聞いたという。 「よりよいモノをより安く作る」ことはモノ作りの基本だが、安さだけを追求することの危うさを危惧。 モノ作りの本質は人作りであり、人はコストではなく改善の源で、それがモノ作りを成長・発展させる原動力であるとした。 自動車業界だけで日本の就労人口の約1割を占めている。 また人工呼吸器のような自分たちで作れないようなものは、TPSを活用して生産性向上を支援した。 こういった動きをすぐに取れるのは、モノ作りにこだわってきたからで、それは毎年300万台を作ることではなく、世の中が困ったときに必要なものを作れる、そんな技術と技能を習得した人財を守ってきたのだと豊田社長は言う。 もちろん、それを守り続けること、やり続けることは決して簡単な話ではないとして「今の世の中、『V字回復』ということがもてはやされる傾向があるような気がしております。 雇用を犠牲にして、国内でのモノづくりを犠牲にして、いろいろなことを『やめること』によって、個社の業績を回復させる。 それが批判されるのではなく、むしろ評価されることが往々にしてあるような気がしてなりません。 『それは違う』と私は思います。 企業規模の大小に関係なく、どんなに苦しい時でも、いや、苦しい時こそ、歯を食いしばって、技術と技能を有した人財を守り抜いてきた企業が日本にはたくさんあります。 そういう企業を応援できる社会が、今こそ、必要だと思います。 ぜひ、モノづくりで、日本を、日本経済を支えてきた企業を応援していただきますようお願い申し上げます」と結んだ。 最後にもっとも大切だと考えていること ここまでトヨタが強くなってきた話をしてきた豊田社長だが、実は強い企業にしたいと思ったことは1度もなく「世の中に人々から頼りにされ、必要とされる企業になりたい」と考えて舵を取ってきたという。 大切なのは、何のために強くなるのか? どのようにして強くなるのか? で、世の中の役に立つため、世界中の仲間と、ともに強くなりたいと考えてきたのだという。 「池のまわりを散歩していると、鳥や亀や魚が忙しそうに動き回っている。 人間以外の生き物はこれまで通りに暮らしている。 人間だけが右往左往している。 人間が主人公だと思っている地球という劇場の見方を変えるいい機会かもしれません」という手紙を豊田社長はゴールデンウイーク中にもらったとのことで、同感したという。 そしてこれからは、地球や社会やステークホルダーと共に生きていく。 ホームプラネットの精神で企業活動をしていくこと。 今まで当たり前だと思っていたことが、当たり前ではなくなった今、当たり前のものなど何1つなく、どこかで誰かが頑張ってくれているおかげなんだと気づかされたという。 人類はお互いに「ありがとう」と言い合える環境を作り、企業も人間もどう生きるかを真剣に考え、行動を変えていく大きなラストチャンスを与えられているのかもしれないと語った。 そのために役に立てることは何でもするつもりだと、固い決意で締めくくった。

次の

強くなりたい

強くなりたい

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」に主演している望海風斗(撮影・加藤哉) 雪組トップ望海風斗(のぞみ・ふうと)は元日に、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」の兵庫・宝塚大劇場公演で、新年20年の幕を開けた。 今年の抱負は、漢字一文字で「強」。 あこがれの傑作ギャング映画をもとにしたミュージカルに臨んでいる。 宝塚で2月3日まで上演中。 東京宝塚劇場は2月21日~3月22日。 ギャング映画を男役としての参考にしてきた望海にとって、悲願でもあった。 「いや~っ! すごくうれしかった。 小池先生もこの映画が大好きだ、と。 いつかやるんじゃないかとは思っていたので、自分もその一員として出演したいなって…。 でも、まさかヌードルス(主演)をさせていただけるなんてっ!」 演出の小池修一郎氏が舞台化を温めつつ、作風に影響を受けた作品だった。 「ギャング…そうならざるを得なかった人たちの背景。 底からてっぺんを目指す。 でも、うまくいかない。 少年から長い期間を描き、自分の人生も振り返ることができるんじゃないか」 20世紀の米社会が舞台。 移民少年たちが成り上がろうとする様を描く。 「(少年期も)自分たちでできるので、膨らませやすいですね」。 かつて「アル・カポネ」を演じ、設定になじみもある。 孤独、忍耐強さも持つ主人公だ。 「人間的には共感できる部分も。 ただ、私は(忍耐力は)全然ないです(笑い)。 自分の感情なら、どうしても感情がこみ上げてしまうので、ある意味、発散できない役。 怒りも」 演じていて、03年の入団から重なる部分も多い。 「今となっては、すべてが『あってよかった』と思う。 出会う人、作品に導いてもらった。 当時は苦しく必死でしたが、だからこその今。 すべて必要だった」 次席入団し、劇団最古の花組に配属。 新人公演、バウ主演を経験しつつも、個性に悩んでいた。 13年、蘭寿とむ主演の「オーシャンズ11」でベネディクト役を得た。 転機のひとつだ。 「あれがなければ、こんなに舞台で感情をストレートに表現することは、できなかったんじゃないかなと思う。 蘭寿さんは黙々と役作りをされ、背中を見せるトップさんだった。 私も、できないなんて絶対言っちゃいけないと思えた」 稽古を終えるたび、チームで反省会。 自信をふくらませた。 その後、同期の明日海りおが月組から花組へ。 後に自身は雪組へ移りトップに就いた。 昨年、明日海の本拠地退団時には花束を渡し「生まれ変わってもまた一緒に」とかわした。 「(前星組トップ)紅(ゆずる)さん、明日海が退団したといえ、自分はあまり変わらず。 これから(宝塚を)支えていかなきゃいけない若手が、どう経験を積めばいいのか。 今、私たちができることを考えるのも責任だと感じています」 花組、星組に新トップが誕生。 5組最上級生トップになったが、望海の心は不惑。 昨年は「振れ幅の大きな役をいただき、上にも下にも伸び、柔軟性がついた1年」と振り返り、今年は「新しさと宝塚の伝統も両立していきたい」と話す。 2020年、新年の漢字を聞けば「強」と答えた。 「強くなりたい。 トップ3年目。 1年目は周りが見えず皆に支えてもらい、2年目が過ぎ、今年はトップとして強く立って、皆に自由にしてもらいたい」 充実の幕開けだ。 20世紀の米社会を背景に、ニューヨークの貧民街で暮らす移民少年が、ギャングとして成りあがる過程と友情、絆、恋を中心に描く。 望海風斗演じる主人公らは少年期、青年期、初老期と3世代を演じる。 03年入団。 花組配属。 09年「太王四神記」で新人初主演。 14年「エリザベート」でルキーニ。 同11月に雪組へ。 15年「アル・カポネ」で東上初主演。 17年7月に雪組トップ。 前々作「ファントム」は、相手娘役真彩希帆とともに、圧巻の歌唱力で好評を得た。 身長169センチ。 愛称「だいもん」「ふうと」「のぞ」。

次の

精神的に強くなりたい!仕事も恋愛も精神を強くする3つのコツ

強くなりたい

久しぶりにブログを書いてみることにしました0101です。 今回は久しぶりにレートのランキングに顔を出せたのでその記念にレートを始めて1年半1500以下だった僕がそれなりに勝てるようになるまでの成長日記でも書こうかなと思います。 TLに流れてくる万年5割だったぼくがレート杯に出るまで~みたいなブログを見るたびに 「五割あるだけで普通に強いよあなた、、」 と思っていていつか自分がレート杯に出ることがあれば1300でも努力で勝てるようになった!!みたいなのを書きたいと考えていたのですがなかなかそんな機会にも恵まれなかったので泣く泣くランクインで妥協しました。 では本編をどうぞ ぼくがレート始めたのはSFL期の途中です。 元々レートと言うものがなにかいまいちわかっていなく「のBO3募集を省くためのアプリか~」くらいにしか考えておらず、モンストのマルチ板のようなものだと思っていました。 そのためSFL期に選んだデッキはなんと ネフティス 冥府ドラゴン 今になって思えばトスしてるようなもので運営からペナルティ喰らってもおかしくなかった。 後半戦からはそれなりのガチデッキを握り始めたものもまったく勝てずレートの価値を理解してなかったためしばらくちょっとやって辞めるの繰り返しを毎回していた。 そんな自分に転機が訪れたのはの時のとあるツイート 内容としては 「アーサーキープするのはわかるけど2パスをするリスクを追ってゼンマリするのは違うと思う」 というツイートで、見てめちゃくちゃ驚きました。 「え?アーサーってキープすんの?てか2コストのカード返すってどういうこと?意味わかんないけど、しかもそれがみんな当たり前の認識だったの?」 全然勝てなくてリプレイを見返してもプレミがまったく見つからず一時は本気で課金した人間が優遇されてると思った僕にとってこのツイートはあまりにも衝撃でした。 そこでレートで勝った人たちが集まるレート杯を見てみることに。 そこには自分の常識を覆す事がたくさんありました。 「槍使いキープしてなんでマーズ返すの?マーズ最強じゃん? ガヴェインアーサーセットキープとかマナパスするでしょ?本気? なんで2PP余ってるのにランサー出さないの?マナは使いきるなんてビギナーでもやってるよ?」 など自分が考えたこともないプレイングの数々でその時こうおもいました。 「このゲームを舐めすぎてた、、、強い人はマジで違う」 そこから一念発起毎回レート百試合を目標に頑張ることに。 しかしながらやはり勝てないレート杯やランクインはおろか1500すらなかなか乗らない。 そこで弱いなりにありとあらゆる工夫をした。 恥ずかしながら本当に無知だったのではネタ配信者しか居ないと思っていたし、プンレクの存在を知らなかった。 結果一年で勝利数は800しか増えなかった。 ちなみに今でもそうしてる そんなこんなで無い知恵絞ってありとあらゆる手段を使い数をずっとこなし続けてやっと138勝138敗で1520フィニッシュをやり遂げた。 マジでめちゃくちゃ嬉しかった を見てるとレート杯出ないと意味ないとか1700の俺は雑魚だみたいなツイートが沢山見られたがそれでも僕は嬉しかったし胸を張って誇れる実績だと思った。 その時の気持ちは今でも忘れてなく1500という数字には価値があると思っている。 だって相手強すぎるんだもん。 一般プレイヤーなら負けて当たり前だし勝てると思ってる方が慢心し過ぎ。 ガチでシャドウバース勝ってやろうという人たちの中で中間の位置よりも上に居るのは本当に凄い。 の意識高い強いプレイヤーが中級者を困らせてると思った。 そして次の環境のSTRでも一生懸命数をこなし前半戦1500程度で終わりRAGEに望んだ なんとそのRAGEではという望外の結果を得ることができだと信じて疑わなかったカードゲームで初めて努力は結果に繋がると言うことを実感できてシャドウバースが一層好きになった。 さらに迎えた後半戦ではある時を境に択がめちゃくちゃ見えるようになり「いわゆるゾーン?」沢山勝つことができ、なんと1700台まで来ることができた。 嬉しいという気持ちよりも果たして自分なんかが勝ってしまって良いのか?本当に自分なんかが憧れのプレイヤー達に近づいて良いのか?という気持ちでいっぱいだった。 でも実力はやった分はついて来ていたようで次の環境 ROG でもランクインとはいかなくとも1820で156位フィニッシュ、そのつぎでも1800程度の位置までレートを持ってくることができ嬉しかった。 もしこの記事見ている強い人、LIBの皆さん意識低くくて申し訳ないです、、、 途中虹6にはまり勝てない時期もあったものの1500は安定して越えることができ今に至る。 今季も自然ドラのプレイはしつこく質問させて貰ったし、彼無くしてはランクイン出来なかった。 本当に感謝 他にはでの交流も行うように意識し色んな人と交流をした。 特にぱしゅらSさんは本人は勿論他の強いプレイヤーも紹介してくださり、ドロシーウトさんやシンリクさんさんらとの交流を持たしてくれた。 めったにプレイングを聞くことは無いがその事がきっかけで「こんな無名でも強い人と交流を持てるんだ!!」という風に考えが変わった。 これ 目先の結果に囚われず色んなデッキを試し色んなプレイや大局感を持って試合に臨むとその環境だけでなく次の環境にも経験値を持ち越せる。 レート杯やランクインしてるから試合数を極力減らすなどは別として基本的に数はやるべきだと思う。 早くプレイしようが試合において何も得することは無いので考え得。 最後に 果たしてここまでしてレート値という数字を上げる価値は本当にあるのか?これに関してはなんとも言えない、レートをあげても得することはまずないし完全に自己満足だし、その情熱を他に注げば色んな事ができる。 ちなみに僕は後悔してない レートの価値それを決めるのはあなただ hati94041.

次の