地 縛 少年 花子 くん キスシーン。 双子の狂依存 【地縛少年花子くん】

地縛少年花子くんの13巻の発売日はいつ?表紙や特典にあらすじや感想!七不思議の6番の正体は?(ネタバレ注意)

地 縛 少年 花子 くん キスシーン

Sponsored Link 【地縛少年花子くん】花子くんはどんな男の子? (C)あいだいろ まずは、花子くんがどんな男の子なのかということを簡単にご紹介していきます。 花子くんは、寧々が通う学園の七不思議の七番目である 「トイレの花子さん」。 「源先輩と両想いになりたい」と願ったヤシロに呼び出され、彼女と出会います。 学ランを着た幼い少年で、当初はニコニコと笑顔を浮かべて優しくヤシロに接します。 ……が、寧々が怪異が関わると一転。 (C)あいだいろ ドSな表情でヤシロと縁を結び、 彼女を「労働力」としてこき使う契約を迫るのでした。 縁を結んでからはヤシロのことをからかったり、七不思議の依代を破壊するために無茶をさせたりと、彼女をイジメ倒します。 ……が、 なんだかんだヤシロが怪異に襲われるたびに駆けつけてくれるイケメンです。 (C)あいだいろ 本来、人間が怪異と交わることはない。 (C)あいだいろ 恋愛関係については、後述していきます。 学園の七不思議のリーダーである花子くんは、学園にいる怪異たちを、正しくヒトと共存させようとしています。 そのために、依代に触れられるヤシロと契約し、学園に流れる歪んだ噂を正していきます。 何故そんなことをしているのか?それは、 生前犯した罪が関係しているようで……。 次に、花子くんの正体や過去についてご紹介します。 ここからちょっと本格的なネタバレが入ってきます。 先に原作で確認しときたいよ、っていう方はで無料で読めるので,まずでこちらからどうぞ。 Sponsored Link 【地縛少年花子くん】花子くんの過去・正体に弟のつかさとの関係や死因は? (C)あいだいろ 花子くんは生前に人を殺した悪霊 の3話にて、花子くんはかつて封印された、凶悪な悪霊であることが明らかになります。 信じようとしないヤシロでしたが……花子くん本人が、それを認めた。 (C)あいだいろ 人を殺してしまった花子くんに、カミサマは言った。 「この役目を全うできれば、花子くんの罪は消える」と。 だから、彼は学園の怪異たちを人と共存できるように尽くしていたのです。 花子くんの過去、そしてその正体とは……? 一体花子くんは誰を殺したのか?……そして、その正体は? 彼の本当の名前は、 柚木 普(ゆぎ あまね)。 (C)あいだいろ いつも生傷が絶えない学生でした。 誰に傷つけられたのかは、絶対に言わない。 でも、それ以外は宇宙のことが好きで、朗らかな笑顔を見せる少年だった。 (C)あいだいろ 理由はわからない。 原作は現在まで出ていますが、まだ死んだ理由ははっきりと描写されていません。 原典となるトイレの花子さんの死因は「自殺」「交通事故」「殺害された」など諸説あるので、元ネタからの特定も不可能。 それについてもご紹介しますね。 (C)あいだいろ あまねに殺された弟、つかさもまた、怪異となっていた。 彼は光のトモダチとなった「三葉」をいともたやすく殺した。 (C)あいだいろ つかさは、ガマンするのを辞めた人の顔が好きだという。 ……かつて、あまねがつかさを殺したときの顔も、良かったと。 花子くんはつかさを見た時、 普段は見せないような怯え方や、泣き顔を見せた。 (C)あいだいろ つかさはあまねにとって、花子くんにとって大きすぎる恐怖なのです。 ……だから。 それは、つかさにとっては望んでいたことだったけれど、 あまねは耐えきれない罪悪感を抱え続けていたのではないか、と考えています。 ……と、そんな悲しい過去を持つ花子くんを救い出してくれたのがヤシロでした。 いつしか二人は惹かれ合っていくので、 花子くんとヤシロの恋愛や、それにまつわる花子くんのかっこいいシーンやかわいいシーンについてまとめていきます。 Sponsored Link 【地縛少年花子くん】花子くん(あまね)のかっこいいシーンやかわいいシーン!ヤシロ(寧々)との恋愛は? それでは、 花子くんとヤシロの恋愛関係についてご紹介していきます。 花子くんがかっこいいシーンや、逆にヤシロにだけ見せてくれるかわいいところなどをそれぞれまとめていきます。 花子くんのかっこいいシーン:お代はカラダで払ってもらうよ (C)あいだいろ より。 人魚の鱗を飲んで、魚になってしまったヤシロ。 ここから、ヤシロが花子くんにこき使われるようになっていく……。 キスシーンからの告白!! (C)あいだいろ より。 七不思議の一つ、「ミサキ階段」の暴走を止めたヤシロ。 彼女が依代を解放したからこそ、今回の騒動を止めることができた。 ……だから、花子くんは彼女の頬に唇を落とすのでした。 ときめくヤシロに、追い打ちの告白! (C)あいだいろ しかしそれは、告白にまつわる怪異を騙すための芝居。 本当のことを知ったヤシロは、もてあそばれたことに涙を流します。 そんな彼女に、 (C)あいだいろ 「ごめん。 泣かせるつもりじゃなかったんだ」 帽子を取り、本当に申し訳無さそうに言う花子くんに、初めて 普通の男の子の雰囲気を感じるヤシロ。 彼女もここで、花子くんに歩み寄ることを決めたのです。 「泣き止むまで、ここにいなよ」 そう言う花子くんに、ヤシロは抱き寄せられるのでした。 ハグシーンはマジでドキドキするのでぜひ原作を。 ヤシロに過去を知られ、ぎくしゃくしていた二人。 その間にヤシロを連れ去ろうとした人魚たちを、 花子くんが撃退します。 ヒーロー的なかっこよさがありつつ、所有権を主張するかわいさも。 ……そして、ヤシロが自分のために作ってくれたドーナツを駄目にしてしまったことを花子くんはおずおずと謝ります。 (C)あいだいろ そのあと、ヤシロの頭をなでて素直に心の内を明かします。 「あと、ありがと。 俺女の子に好きって言われたの初めて。 桜に呼び出され、境界に閉じ込められたヤシロ。 そんな彼女を救ったのはやっぱり花子くんでした。 「困った助手だね」とちょっと笑っていますが、ヤシロにちょっと微笑ましささえ覚えている表情がかわいいし、距離が縮まってて嬉しい。 あまねのかわいいシーン:誰……? (C)あいだいろ より。 境界の扉を巡っていると、過去のあまねに出会うヤシロ。 傷だらけで涙を流していましたが、それを指摘すると急いで涙を拭いて逃げ出していきます。 素直に泣いていることが恥ずかしかったのか、それとも心身ともに傷ついていたことを誰にも気付かれたくなかったのか……。 どちらにせよ、顔をぐしぐしして飛び出すところがめちゃかわいいです。 Sponsored Link 花子くんのかわいいシーン:ヤシロからのキスに…… (C)あいだいろ より。 ヤシロの寿命が、残り一年。 それを知った光は、何が何でも彼女を救うと宣言した。 花子くんはそれを最初から知っていた。 知った上で、どうしようもないことだと諦めていたのだ。 光の選択を見て、 諦めてしまっていた自分の醜さを思い知る。 花子くんは彼女と顔を合わせられなくなってしまう。 でも、ヤシロはくっついてくる。 (C)あいだいろ 不意打ちに、初めて見せる真っ赤な顔。 二人とも、目を合わせられなくなってしまう。 「……ダメだよ。 光が落ち込んでいることを心配するヤシロ。 励ましてあげたい、と花子くんに相談します。 しかし、花子くんはヤシロに抱きついてかまってほしそうにするばかり。 マッジでかわいいです。 絶対見るべき。 彼女が出会ったのは、 小学生の柚木普でした。 最初は気付きませんでしたが、言動や雰囲気から彼だと感じ取り、名前を聞いて確信します。 幼い彼はわんぱくで、お世話してあげると赤面する初な少年。 生きて、一緒に暮らしていける。 つかさも生きていて、彼が罪を背負うことのない、平和な世界。 (C)あいだいろ あまねからデートに誘われたり、一緒に遊んだり……。 生きている花子くんとのやりとりは、ヤシロにとっては理想の生活でした。 普通の学園生活を送る二人が尊いので、ぜひ以降を読んでみてください。 ……もちろん、そのまま平和な世界が続くわけではありません。 でも、 花子くんがヤシロを想ってとった行動と、それに対するヤシロの反応が泣けるので絶対見て欲しい。 地縛少年花子くんを楽しむなら ちなみに、地縛少年花子くんをお得に楽しむ方法がいくつかあるのでご紹介します。 【公式】無料アプリ、マンガUPで原作が配信中! まず地縛少年花子くんの原作はで配信されています。 無料で配布されるポイントでかなり読み進めていけるので、 とりあえずダウンロードがおすすめです。 しかも、今なら一冊半額クーポンが貰えるので、好きな巻を50%オフで読むことが出来ます。 買えば買うほどポイントが付くので、単行本を全巻揃えるならここが安く済むのでぜひどうぞ。 今なら2週間無料で試すことができるので、お金をかけずに地縛少年花子くんのアニメが見直せます。 Sponsored Link まとめ 地縛少年花子くんの花子くんのかっこいいところや、かわいいところについてでした。 生前は、弟のつかさを殺してしまった少年・ 柚木普。 その罪を償うために、七不思議として活動しています。 ずっと一人ぼっちでしたが、トモダチになってくれたヤシロに惹かれていきます。 普段は下僕のようにヤシロを扱いますが、 ピンチに陥りがちな彼女を助けてくれるヒーロー。 ……そして、彼女にだけ弱いところや嫉妬心を見せる可愛いところもあります。 最高です。 ぜひアニメで緒方さんが演じるところを早く見たい。 原作はマンガUPで配信中!無料で読めるので、とりあえずおすすめ。 花子くんのかわいさを堪能するならぜひ。

次の

【地縛少年花子くん】花子くん(あまね)がかっこいい・かわいい!ヤシロとの恋愛・キスシーンやつかさとの関係は?

地 縛 少年 花子 くん キスシーン

Sponsored Link 【地縛少年花子くん】花子くんはどんな男の子? (C)あいだいろ まずは、花子くんがどんな男の子なのかということを簡単にご紹介していきます。 花子くんは、寧々が通う学園の七不思議の七番目である 「トイレの花子さん」。 「源先輩と両想いになりたい」と願ったヤシロに呼び出され、彼女と出会います。 学ランを着た幼い少年で、当初はニコニコと笑顔を浮かべて優しくヤシロに接します。 ……が、寧々が怪異が関わると一転。 (C)あいだいろ ドSな表情でヤシロと縁を結び、 彼女を「労働力」としてこき使う契約を迫るのでした。 縁を結んでからはヤシロのことをからかったり、七不思議の依代を破壊するために無茶をさせたりと、彼女をイジメ倒します。 ……が、 なんだかんだヤシロが怪異に襲われるたびに駆けつけてくれるイケメンです。 (C)あいだいろ 本来、人間が怪異と交わることはない。 (C)あいだいろ 恋愛関係については、後述していきます。 学園の七不思議のリーダーである花子くんは、学園にいる怪異たちを、正しくヒトと共存させようとしています。 そのために、依代に触れられるヤシロと契約し、学園に流れる歪んだ噂を正していきます。 何故そんなことをしているのか?それは、 生前犯した罪が関係しているようで……。 次に、花子くんの正体や過去についてご紹介します。 ここからちょっと本格的なネタバレが入ってきます。 先に原作で確認しときたいよ、っていう方はで無料で読めるので,まずでこちらからどうぞ。 Sponsored Link 【地縛少年花子くん】花子くんの過去・正体に弟のつかさとの関係や死因は? (C)あいだいろ 花子くんは生前に人を殺した悪霊 の3話にて、花子くんはかつて封印された、凶悪な悪霊であることが明らかになります。 信じようとしないヤシロでしたが……花子くん本人が、それを認めた。 (C)あいだいろ 人を殺してしまった花子くんに、カミサマは言った。 「この役目を全うできれば、花子くんの罪は消える」と。 だから、彼は学園の怪異たちを人と共存できるように尽くしていたのです。 花子くんの過去、そしてその正体とは……? 一体花子くんは誰を殺したのか?……そして、その正体は? 彼の本当の名前は、 柚木 普(ゆぎ あまね)。 (C)あいだいろ いつも生傷が絶えない学生でした。 誰に傷つけられたのかは、絶対に言わない。 でも、それ以外は宇宙のことが好きで、朗らかな笑顔を見せる少年だった。 (C)あいだいろ 理由はわからない。 原作は現在まで出ていますが、まだ死んだ理由ははっきりと描写されていません。 原典となるトイレの花子さんの死因は「自殺」「交通事故」「殺害された」など諸説あるので、元ネタからの特定も不可能。 それについてもご紹介しますね。 (C)あいだいろ あまねに殺された弟、つかさもまた、怪異となっていた。 彼は光のトモダチとなった「三葉」をいともたやすく殺した。 (C)あいだいろ つかさは、ガマンするのを辞めた人の顔が好きだという。 ……かつて、あまねがつかさを殺したときの顔も、良かったと。 花子くんはつかさを見た時、 普段は見せないような怯え方や、泣き顔を見せた。 (C)あいだいろ つかさはあまねにとって、花子くんにとって大きすぎる恐怖なのです。 ……だから。 それは、つかさにとっては望んでいたことだったけれど、 あまねは耐えきれない罪悪感を抱え続けていたのではないか、と考えています。 ……と、そんな悲しい過去を持つ花子くんを救い出してくれたのがヤシロでした。 いつしか二人は惹かれ合っていくので、 花子くんとヤシロの恋愛や、それにまつわる花子くんのかっこいいシーンやかわいいシーンについてまとめていきます。 Sponsored Link 【地縛少年花子くん】花子くん(あまね)のかっこいいシーンやかわいいシーン!ヤシロ(寧々)との恋愛は? それでは、 花子くんとヤシロの恋愛関係についてご紹介していきます。 花子くんがかっこいいシーンや、逆にヤシロにだけ見せてくれるかわいいところなどをそれぞれまとめていきます。 花子くんのかっこいいシーン:お代はカラダで払ってもらうよ (C)あいだいろ より。 人魚の鱗を飲んで、魚になってしまったヤシロ。 ここから、ヤシロが花子くんにこき使われるようになっていく……。 キスシーンからの告白!! (C)あいだいろ より。 七不思議の一つ、「ミサキ階段」の暴走を止めたヤシロ。 彼女が依代を解放したからこそ、今回の騒動を止めることができた。 ……だから、花子くんは彼女の頬に唇を落とすのでした。 ときめくヤシロに、追い打ちの告白! (C)あいだいろ しかしそれは、告白にまつわる怪異を騙すための芝居。 本当のことを知ったヤシロは、もてあそばれたことに涙を流します。 そんな彼女に、 (C)あいだいろ 「ごめん。 泣かせるつもりじゃなかったんだ」 帽子を取り、本当に申し訳無さそうに言う花子くんに、初めて 普通の男の子の雰囲気を感じるヤシロ。 彼女もここで、花子くんに歩み寄ることを決めたのです。 「泣き止むまで、ここにいなよ」 そう言う花子くんに、ヤシロは抱き寄せられるのでした。 ハグシーンはマジでドキドキするのでぜひ原作を。 ヤシロに過去を知られ、ぎくしゃくしていた二人。 その間にヤシロを連れ去ろうとした人魚たちを、 花子くんが撃退します。 ヒーロー的なかっこよさがありつつ、所有権を主張するかわいさも。 ……そして、ヤシロが自分のために作ってくれたドーナツを駄目にしてしまったことを花子くんはおずおずと謝ります。 (C)あいだいろ そのあと、ヤシロの頭をなでて素直に心の内を明かします。 「あと、ありがと。 俺女の子に好きって言われたの初めて。 桜に呼び出され、境界に閉じ込められたヤシロ。 そんな彼女を救ったのはやっぱり花子くんでした。 「困った助手だね」とちょっと笑っていますが、ヤシロにちょっと微笑ましささえ覚えている表情がかわいいし、距離が縮まってて嬉しい。 あまねのかわいいシーン:誰……? (C)あいだいろ より。 境界の扉を巡っていると、過去のあまねに出会うヤシロ。 傷だらけで涙を流していましたが、それを指摘すると急いで涙を拭いて逃げ出していきます。 素直に泣いていることが恥ずかしかったのか、それとも心身ともに傷ついていたことを誰にも気付かれたくなかったのか……。 どちらにせよ、顔をぐしぐしして飛び出すところがめちゃかわいいです。 Sponsored Link 花子くんのかわいいシーン:ヤシロからのキスに…… (C)あいだいろ より。 ヤシロの寿命が、残り一年。 それを知った光は、何が何でも彼女を救うと宣言した。 花子くんはそれを最初から知っていた。 知った上で、どうしようもないことだと諦めていたのだ。 光の選択を見て、 諦めてしまっていた自分の醜さを思い知る。 花子くんは彼女と顔を合わせられなくなってしまう。 でも、ヤシロはくっついてくる。 (C)あいだいろ 不意打ちに、初めて見せる真っ赤な顔。 二人とも、目を合わせられなくなってしまう。 「……ダメだよ。 光が落ち込んでいることを心配するヤシロ。 励ましてあげたい、と花子くんに相談します。 しかし、花子くんはヤシロに抱きついてかまってほしそうにするばかり。 マッジでかわいいです。 絶対見るべき。 彼女が出会ったのは、 小学生の柚木普でした。 最初は気付きませんでしたが、言動や雰囲気から彼だと感じ取り、名前を聞いて確信します。 幼い彼はわんぱくで、お世話してあげると赤面する初な少年。 生きて、一緒に暮らしていける。 つかさも生きていて、彼が罪を背負うことのない、平和な世界。 (C)あいだいろ あまねからデートに誘われたり、一緒に遊んだり……。 生きている花子くんとのやりとりは、ヤシロにとっては理想の生活でした。 普通の学園生活を送る二人が尊いので、ぜひ以降を読んでみてください。 ……もちろん、そのまま平和な世界が続くわけではありません。 でも、 花子くんがヤシロを想ってとった行動と、それに対するヤシロの反応が泣けるので絶対見て欲しい。 地縛少年花子くんを楽しむなら ちなみに、地縛少年花子くんをお得に楽しむ方法がいくつかあるのでご紹介します。 【公式】無料アプリ、マンガUPで原作が配信中! まず地縛少年花子くんの原作はで配信されています。 無料で配布されるポイントでかなり読み進めていけるので、 とりあえずダウンロードがおすすめです。 しかも、今なら一冊半額クーポンが貰えるので、好きな巻を50%オフで読むことが出来ます。 買えば買うほどポイントが付くので、単行本を全巻揃えるならここが安く済むのでぜひどうぞ。 今なら2週間無料で試すことができるので、お金をかけずに地縛少年花子くんのアニメが見直せます。 Sponsored Link まとめ 地縛少年花子くんの花子くんのかっこいいところや、かわいいところについてでした。 生前は、弟のつかさを殺してしまった少年・ 柚木普。 その罪を償うために、七不思議として活動しています。 ずっと一人ぼっちでしたが、トモダチになってくれたヤシロに惹かれていきます。 普段は下僕のようにヤシロを扱いますが、 ピンチに陥りがちな彼女を助けてくれるヒーロー。 ……そして、彼女にだけ弱いところや嫉妬心を見せる可愛いところもあります。 最高です。 ぜひアニメで緒方さんが演じるところを早く見たい。 原作はマンガUPで配信中!無料で読めるので、とりあえずおすすめ。 花子くんのかわいさを堪能するならぜひ。

次の

地縛少年花子くん

地 縛 少年 花子 くん キスシーン

重い重い体。 意識はあるのに体が起きることを拒むように瞳さえ開くことができない。 今までこんなに起きるの辛かったっけ・・?そのゆういつの疑問に動かされるようにまぶたを ゆっくりあげると 「っ、あれ?」 視野いっぱいに入ったのは久しぶりにみる光に溢れる天上だった。 その眩しさに思わずまた目を閉じそうになる。 「ここ・・見覚えある。 」 精一杯の力で体を起こせば目の前には見慣れた、でもすごく久しぶりに感じる学校の保健室が広がっていた。 ちょっと香る消毒液の匂いさえ懐かしさを思わせる。 此岸の光景のなかに自分がいるってことは・・ 「私帰ってきたのかな?」 「そうだよ」 安心する 心地よい声に反応すれば入口にいつの間にか花子くんがたっていた。 「ようやくお目覚めだねヤシロ。 体は大丈夫そう?」 「うん。 でもこれって無事に戻れてるのかな?」 自分の手のひらを見つめながら また透けてしまう瞬間がありそうで少し怖かった。 確認するように手を握ったり 開いたりしているとその手は花子くんに連れ去られ静かに彼の頬におかれた。 「花子くん!?」 「ヤシロ、俺の体温わかる?」 体温って 幽霊の彼に温かさがあるわけもなく、今日もいつもと変わらない冷たさが伝わるだけで・・。 あっ! 「私花子くんの体温がわかる。 」 私も生身の体じゃなかったら花子くんの体温が冷たいなんて分からないはず。 でも今私は はっきりと花子くんの体温の冷たさを感じられた。 「うん、ちゃんと体に戻れたみたいだね」 よかった。 そう呟く花子くんに胸が熱くなってきて滝のように涙が溢れてきてしまう。 「花子くん、助けてくれてありがとう。 ほっ本当に不安で、でもまた美味しいお茶ごちそうして貰って、そこは学習しなくてごめんなさい!あとあと…」 「ヤシロ、ちょっと泣きすぎだよ。 あとまた食べ物につられたの?」 しょーがないなぁ。 ため息混じりに苦笑い、でもすぐ手で私の頬をつたる涙をぬぐってくれた。 その手が冷たいはずなのにこんなにも熱く感じるのは私がおかしくなったからなのかな? 「でも花子くんが来てくれるって信じてたからつかさくんとの賭けにも勝てたよ。 」 あぁ、やっぱり花子くんは安心できる。 つかさくんでは感じられなかった優しい空間が花子くんでは 「ヤシロそのことなんだけど、つかさが何か貰ったって言ってたけど なーにあげたの?」 あるん・・あれ?さっきまでホワホワしていた平和な空気から一変、なんだか緊迫した空気に姿を変えていた。 花子くんはニッコリと笑ってるけど、笑ってるけどなんか怒ってる! オーラに押されてか体は少しずつベットの端に移動し逃げられる位置を確保する。 「いや、それはあげたくてあげたわけじゃないって。 それに完全に不可抗力というか…」 どんどん声のボリュームが下がり最後のほうは聞き取れるか微妙なくらいまで小さくなる。 こんなの完全に後ろめたい内容だと わざわざ言っているようなものだ。 花子くんもそれと同じ考えをしたのか距離をとりつつある私の腕を掴むと私の体の後ろで腕を拘束した。 「もう一度聞くよ。 何をあげたの?」 もう笑顔はない。 今まで見たことないすごい真剣な表情だ。 腕は花子くんの片方の手だけでの拘束なのに ふりほどけない。 これはもう答える他ない・・のかな。 「その、つかさくんにキス…されました」 少女漫画とか読んでる時なら「キスとかいいなぁー」なんて たくさん言ってたのに今出したキスの二文字は声が震えて上手く言えなかった。 きっとそれは花子くんの前だから… 「・・・」 ・・あれ?白状したのに何故か花子くんからは何の反応も帰ってこない。 ビックリされるなり、あきれられると思っていたが。 「あの花こく…「そっか、そっかキスされたんだ。 それで?ヤシロは嬉しかった?」 どうなの?そう笑顔の瞳で訴えられるが花子くんのオーラからは確実に怒りしか見えない。 むしろさっきより機嫌悪くなってるようなぁ。 あまりの迫力に思わず彼を見上げるだけになってしまう。 そもそも花子くんは何で怒って・・・ 「何あまね嫉妬ー?」 頭の中までも空気を読まないのかこの状況でつかさくんの発言が頭をよぎってしまった。 まさか本当に嫉妬?でもそれなら花子くんは私のことを・・。 いやいや、変に期待して相手が自分を好きなのだと勘違いしてしまうのは自分の悪い癖だ。 もう充分わかってる。 分かってるはずなのに鼓動はうるさいくらい早くなり、頬というか体全体が熱くなっていく。 完全に思考の海にハマってしまった私は花子くんの問に答えるタイミングを失い二人の間に沈黙が広がる。 でもその沈黙をやぶったのは 「・・やっぱり嬉しかったんだね」 先程とは打って変わった花子くんの切なそうな声だった。 その怒りと悲しみが混ざった表情に即座に否定をしようとしたが、一足遅く 明るく振る舞いだした彼の声に発言のチャンスはかき消されてしまった。 「そうだよね。 つかさちょっぴり怖いけど強いし。 でもヤシロが子供っぽいほうが好みだったのは知らなかったなぁー。 先輩好きだったし年上なのかと。 」 「あの、花子くん」 「あっそれならヤシロ、つかさと両想いじゃない?あのつかさが毎日通うなんて珍しいし絶対脈あると思うよ」 「ねぇ、花子くん!」 「ならこんなことしちゃダメだね」 ごめん。 そう小さく私に告げると彼は私を拘束していた手をあっさりと外した。 「じゃあ俺戻るね。 また掃除の時はよろしく。 それじゃ「待って!!」 ベットから離れてしまうギリギリの所で彼の制服の裾を掴む。 これを離したら誤解が解けない気がして無意識に掴む力が強くなっていく。 「ねえ花子くん。 私まだ嬉しいとも何とも言ってないよ?」 「だってヤシロ顔赤くなってたよ。 それは何よりの証拠じゃない?」 思っていたよりも冷たい返しに暖かかった心は冷め、違う何かがこみ上げてくる。 確かに赤くなった。 でもそれは! 「うわぁ!」 制服の裾だけ掴んでいた手は今度は確実に花子くんの腕を掴み思いっきりベットのほうに倒す。 花子くんも想定外のことだったのか座る感じではなく体完全がベットの上に倒れた。 「いったぁー。 何?どうしたのさ」 「確かに赤くなったよ。 でもそれは私の悪い癖で期待しちゃってたからなの!花子くんが怒ってるのは嫉妬してるから?とか、もしそうならつかさくんに嫉妬してるのって私を好きだから?とか…。 本当はキスなんて嬉しくもなんともなかった。 私は花子くんじゃなきゃ…「ヤシロ、ストップ」 意味ない。 という大事なワード寸前で花子くんの手が私の口をふさぎ言葉を止めてしまった。 何するのさ、とでも言ってやろうと下げていた目線をあげれば 「花子くん顔真っ赤だよ?」 今まで彼の表情レパートリーでは存在しなかった赤面が私の目を前にあったのだ。 「うるさい。 ヤシロが急に可愛いこと言い出すから。 何俺じゃなきゃって、止めてなかったら危なかった」 「・・じゃあやっぱり花子くんにはこんなの迷惑ってこと?」 「そうとはいってない。 ヤシロとりあえず」 今自分がいる位置確認しようか。 急に真面目な表情になった花子くんの視線につられ、え?とあらためて自分の座ってる場所を確認すればそこは保健室のベット上。 「ベットの上だけど、それが?」 「・・・あのねヤシロ。 男がベットの上で、しかも相手に可愛いことされたら」 その瞬間 一瞬で視界はまた保健室の天上に変わり 「こういうこと、我慢するの大変なの」 その視界の中には意地悪に笑う花子くんの姿がうつった。 これって、もしかしなくても。 3秒の遅れの後 私はようやくこの状況を理解し一瞬で体の熱が戻った。 「はっはは花子くん。 何して」 「まぁまぁ、俺は無防備なヤシロのために男は狼ってことを教えてあげてるだけだよー。 ヤシロみたいな女の子なんて簡単に」 押し倒すことできるんだからね?耳元でささやかれた声はいつも聞いてる花子くんの声とは違いすごく甘くゾクッとした感覚が体をながれた。 それにベットの上で私の手を抑える彼の手が少し動くだけで変なドキドキが体をかけめぐって心臓がずっとなり続ける。 このままじゃ恥ずかしくてどうかなっちゃうよ。 さっきまで見れた花子くんの顔も羞恥心からか思いっきり目をそらしてしまう。 「ヤシロ前見て」 「無理」 「はぁ、しょうがないなぁ」 ため息混じり出されたその言葉とともに顔は無理矢理正面に戻され私の上にいる花子くんと視線が完全に絡まってしまった。 「ヤシロ…」 じっとしてて。 まるで魔法の言葉のようにその発言だけで体は固まって動かくなる。 視界の上にいる花子くんとの距離がだんだん近づき、そして柔らかくてちょっぴりヒンヤリしたキスが落とされた。 思わず体が小さくビクッと震えたが彼は方向を変えながら優しくキスを落とし続ける。 しばらくして名残惜しそうに花子くんの唇は静かにはなれていった。 だけど離れてすぐ花子くんはフッと笑顔をこぼし 「顔真っ赤だよ?」 「しょうがないじゃん。 はずかしんだもん…」 「ヤシロ…」 「・・なに?」 「好きだよ」 いきなりの事に思わず「え?」と疑問形を返しそうなるが、その表情はいつものからかいの雰囲気は全くなく本当に心から言ってるのがすぐにわかった。 「私も!」 花子くんが好き。 気がついた時には彼の首に抱きつき二人してベットに転がっていた。 花子くんは倒された驚きなのか目を丸くして私を見つめていた。 「本当に?ヤシロも俺を好きなの」 「もちろん!」 そう答えれば彼は幸せに満ち溢れた笑顔で笑いながら「そっか」と小さく呟いた。 「ありがとうヤシロ。 じゃあさ」 もっともっとキスしていい? ん? 「はっ花子くん?」 「ヤシロが嫌がると思って抑えてたけど本当はつかさとキスしたのめちゃくちゃムカついてたんだよね。 」 そういう花子くんのバックは確かに怒りと不のオーラが倍増していた! でも私は花子くんとキスしたり、両想いになったりでもう心に余裕が残ってない!! 「花子くん、とりあえず今日はもうこのへんに…」 「だーめ」 抵抗虚しく口は再び花子くんによってふさがれてしまい、先ほどと同じように静かにキスは落とされたが ん、さっきよりも長い 確実にさっきよりもキスする時間が延長されており私はすぐに酸素不足におちりはじめる。 空気を求めるように口を少し開ければ空気の変わりに彼の舌が侵入してきた。 ニュルっとした感覚に体は思った以上に反応してしまう。 「んっあ…」 自分じゃ知らない声がもれて恥ずかしさがいっきに頂点に到達した。 最後の抵抗に花子くんを離そうと押すがビクともしない。 思考はどんどん痺れ使い物にならなくなり、体はまるでお風呂に入ってるかのように熱くなっていく。 まずい…ぼやけて ギリギリ意識が薄れる手前花子くんはスッと離れていった。 「すっごい美味しいね、ヤシロのキス」 悪戯の笑みとともに向けられたその言葉に私の頭と心は今度こそ限界をこえた! 「もう無理!これ以上は恥ずかしくて死んじゃう」 逃げるようにベットから起き上がり逃げようとするが素早く花子くんに腕を握られ完全に逃げ出せない。 「ヤシロ帰っちゃうのー?もうちょっとゆっくりしよ?」 「帰る!」 「えーどーしても?」 「どーしても帰りたいの!」 その後ベットの上で言い争っている男女を怪異教師の土籠が発見し無事に少女は家に帰れたそうだ。 [newpage] 「はぁー、いーとこだったのに邪魔されちゃったなぁ」 「俺がこなかったら あいつがやばかっただろ。 まったく、自分の立場がわかった上でやってるのか?」 「わかってるよ。 それを考えてもヤシロが好きなんだ」 「そうか…」 「てことで土籠。 …束縛もほどほどにな」 互いの気持ちが通じ合い両想いになったことで新たな事件が起きたのはまた別のお話。

次の