失礼いたしました 失礼しました。 「失礼いたしました」の意味と使い方・敬語・メールでの伝え方

失礼(しつれい)の意味

失礼いたしました 失礼しました

メールであれば、用件が10行を超える場合長文メールと言っていいでしょう。 10行以上になってしまった場合は「長文失礼しました」と最後に付け加えましょう。 相手への挨拶やお礼の文面と一緒に書くようにすると、相手にすんなりと受け取られやすいです。 短文のメールに「長文失礼しました」とつけることは避けましょう。 場合によっては相手に「短いメールを読むのにも時間がかかると思われているのか」と認識されかねません。 とはいえ短文のメールを何通も送るのも失礼にあたるため、用件は簡潔に10行ほどのメールに収めるようにしましょう。 長文のメールや手紙は読むのに時間がかかりますし、情報量が多くなりがちです。 最近はメールをパソコンではなくスマホで確認する人も多いため、スクロールをする必要がある長文メールは避けるに越したことはありません。 まず大前提として長文メールは相手にとってあまり好まれません。 長文をスクロールするのは手間ですし、何が言いたいかわからない文面だとさらにストレスを感じてしまいます。 まずはわかりやすい文面を作ることを心がけましょう。 わかりにくいメールの最後に「長文失礼しました」とつけられていても、不快に感じる人も少なくないでしょう。 長文メールはどういった経緯で送られたメールであるかがわかりにくくなりがちです。 ただ読んで確認すればいいメールなのか、なにか返答をしなければならないメールなのかをしっかりとわかるようにしましょう。 「長文失礼しました」の後に「返信不要です」などと書いておけば、確認するだけでいいメールであることがすぐにわかります。

次の

失礼いたしますの使い方・例文は?メールにて/取り急ぎ/文頭/お礼

失礼いたしました 失礼しました

メールであれば、用件が10行を超える場合長文メールと言っていいでしょう。 10行以上になってしまった場合は「長文失礼しました」と最後に付け加えましょう。 相手への挨拶やお礼の文面と一緒に書くようにすると、相手にすんなりと受け取られやすいです。 短文のメールに「長文失礼しました」とつけることは避けましょう。 場合によっては相手に「短いメールを読むのにも時間がかかると思われているのか」と認識されかねません。 とはいえ短文のメールを何通も送るのも失礼にあたるため、用件は簡潔に10行ほどのメールに収めるようにしましょう。 長文のメールや手紙は読むのに時間がかかりますし、情報量が多くなりがちです。 最近はメールをパソコンではなくスマホで確認する人も多いため、スクロールをする必要がある長文メールは避けるに越したことはありません。 まず大前提として長文メールは相手にとってあまり好まれません。 長文をスクロールするのは手間ですし、何が言いたいかわからない文面だとさらにストレスを感じてしまいます。 まずはわかりやすい文面を作ることを心がけましょう。 わかりにくいメールの最後に「長文失礼しました」とつけられていても、不快に感じる人も少なくないでしょう。 長文メールはどういった経緯で送られたメールであるかがわかりにくくなりがちです。 ただ読んで確認すればいいメールなのか、なにか返答をしなければならないメールなのかをしっかりとわかるようにしましょう。 「長文失礼しました」の後に「返信不要です」などと書いておけば、確認するだけでいいメールであることがすぐにわかります。

次の

「長文失礼しました」の正しい使い方・敬語表現|メール/手紙

失礼いたしました 失礼しました

スポンサーリンク 「失礼しました」の意味は? まず最初に 「失礼しました」の意味を見ていきましょう。 「失礼しました」という語句は、「失礼」という名詞の後に、尊敬の助動詞「す」の連用形に尊敬の補助動詞「おはします」の付いた「せおはします」が音変化をした、尊敬の意味を示す「します」を付与した形になっています。 また文末は、動作・作用が過去に行われたり、完了したことを表す助動詞「た」で終わっています。 「失礼しました」の「失」という漢字は指事文字です。 「手」と「乙」という字から成り立っています。 人の「手」の形と、「手からそれた物」を示す「乙」が合わさったことで、「手から物がそれる」ことを示しました。 ここから「うしなう」という意味になったようです。 また「失礼」の「礼」という字は会意文字、及び形声文字です。 「ネ(示)」と「乚(豊)」という字から構成されています。 「示」は「神にいにしえを捧げる台」の形であるとされ、神事にかかわる字を表します。 「豊」は「甘酒を盛る為の高坏」の形を示すとされ、ここから「礼」は「甘酒を神に捧げて幸福を祈る」という意味合いとなり、転じて「儀式・礼儀」を意味するようになったとされます。 このことから 「失礼」とは 「礼儀に欠ける」、「礼節をなくした」といった意味になります。 そして「失礼しました」は、自分の行動に失礼があったことを丁寧におわびする表現だといえます。 すなわち 「あなた様に接する際の心得をわきまえていませんでした」という意思を、敬って表明する言い方です。 ちなみに「失礼」は、現代中国語でも日本語の用法とまったく同じように使われているようです。 なお「失礼します」という語句は、丁寧なあいさつの定型的フレーズとしても用いられます。 軽く謝るときや、人に何かたずねたり頼んだりするとき、また人と別れるときなどに、しばしば使われる表現です。 他人の行動の中に割り込んだり、自分の行動を優先するようなことに関して、「礼儀に欠ける」ことをわびる、という元来の趣旨ですが、実際には日常的な軽いあいさつとして定着している用法です。 スポンサーリンク 「失礼しました」の使い方は? 次に 「失礼しました」の正しい使い方について見ていきましょう。 前述したように、「失礼」は元来は「相手に対する礼節に欠ける」という意味であり、「失礼しました」もそれを丁重におわびする言い方です。 ただし現代社会の日常的なやり取りでは、「失礼しました」、「失礼します」は定型的なあいさつの一文になっているともいえます。 特に 「失礼しました」は、主には 「何かについて軽くお詫びする時」に使われることが多いようです。 たとえば、顧客へお茶を出し忘れてしまった際や、説明を言い間違えたり、言葉につかえたような場合に「失礼しました」と謝罪するといったケースです。 「失礼しました」の類似表現には「これは失敬しました」や「ご無礼しました」といったものもありますが、最も一般的なのはやはり「失礼しました」でしょう。 これは男女、年齢の別なく、相手が目上、同輩、目下でも共通して用いることができます。 一方「失敬」や「無礼」はやや古めかしい言い方の上、主には男性や高齢の人が使うイメージがあります。 「失礼しました」を敬語や謝罪言葉として使う場合の注意点! 最後に 「失礼しました」を敬語や謝罪言葉として使う場合の注意点をご紹介します。 「失礼しました」はそれ自体が敬語表現にはなっていますが、現代では日常のあいさつ用語としての使われ方が多く、実際に、ある程度深刻なミスなどを謝罪する場合には、使用には注意する必要もあるでしょう。 「失礼」はあくまで「礼儀やマナーに欠けた」ということであり、「失礼しました」は基本的には、「軽い手違い」や「気配りの足りなさ」といったことについて謝罪する表現だといえます。 このため、相手に対してかなりの迷惑や損害を与えたり、失望や怒りを招くといった重い問題に関しては、「失礼しました」では謝罪の程度が軽すぎ、相手に対して不快感を与える場合があるといえます。 「~しました」の謙譲表現である「~いたしました」に言い換えて、「失礼いたしました」とすれば、自分がへりくだる形となり、より丁寧さの度合いは高まります。 しかし、この場合もやはり、謝罪の具体的内容に応じて使い分ける必要があることには、変わりありません。 自分側のミスなどについて、深刻にかしこまって謝罪する場合は「申し訳ございません」や「心よりお詫び申し上げます」などが適切な敬語表現だといえるでしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 「失礼しました」の 意味と使い方、そして敬語や謝罪言葉として使う場合の注意点をご紹介しました。 恐らくビジネスの場などでみなさん、よく使っている言葉だと思いますし、中には口癖になっている人もたくさんいます。 「失礼しました」や「失礼します」は気軽に使える便利な表現方法ではありますが、あまり多用しないように注意したいですね。

次の