せ フレ から 本命。 セフレと本命の違い《連絡編》

せフレから本命になる10の方法

せ フレ から 本命

まずは、男性がセフレと本命彼女に対して、どのように態度を分けているか連絡の仕方から判断していきます。 たった一本の電話やLINEからでも、女性に対する想いは見えてくるもの。 連絡が来るからちゃんと想われていると安心していてはいけません。 その内容や頻度など、明らかにセフレと本命彼女に対して次のような差が出てくるのが自然なのです。 セフレにはやりたい時だけ連絡 連絡が来たと思ったらホテルへの誘いばかり。 また、自分の都合のいい時だけ連絡してきて呼び出される。 そんな連絡の仕方は、本命彼女にはしません。 セフレは、やりたい時だけ連絡すればいい都合のいい相手なのです。 本命彼女のようにマメに連絡して繋ぎ止めようとしたり、思わず連絡したくてしつこくしてしまったりというようなことも、セフレに対してはありません。 セフレには連絡を手短に済ませる 電話やLINEの内容も、本命彼女に対しては他愛もない会話を楽しむものですし、愛の言葉を伝え合ったりするカップルも多いでしょう。 いっぽうセフレに対しては、業務連絡のように用件だけ伝えて終了というパターンが多いです。 ただやらせてくれればいいだけの相手ですから、気を遣う必要も長々とやり取りとしたいという気持ちもないのです。 次いつやれるか、それさえはっきりしていれば用はないというのが本音なのでしょう。 セフレには既読スルーも当たり前 さらに、自分が特に用のない時は基本的に放置です。 よほど手放したくないセフレでない限り、女なんていくらでもいるというのがセフレを作るような男性の考え方ですので、連絡しないと嫌われちゃうかな…なんて心配もしません。 ですから、LINEの既読スルーも当たり前。 自分に興味のない話題にわざわざ返信するのも面倒だし、やらせてくれるだけの女と無駄話する必要はないと思っています。 自分がやりたい時や都合のいい時だけ手短に済ませ、相手のことは考えないというのが、セフレに対する連絡の取り方なのです。

次の

「セフレを落とす」……本命になれる女性とセフレで終わる女性の違い [桜井結衣の恋愛コラム] All About

せ フレ から 本命

【おおしまりえの恋愛道場】vol. 34 「セフレから彼女になりたい女子」がまずやめたほうがいいコト 「彼にとって私はなに?」 好きだったのにひょんなことからカラダの関係を先に結んでしまい、ズルズルと苦しい関係を続けている人はいませんか。 「彼は私のこと、どう思ってるのかな」なんて考え、枕を濡らす女の子は多いもの。 でも待って! その関係、実は今からでも変えることができるんです! それにはまず、2人の仲がセフレという関係で硬直してしまう理由から知っていきましょう。 セフレから彼女になるのが難しい理由おさらい セフレから彼女になるのが難しい。 これは女性ならすでにご存知だと思います。 でも「なぜ難しいのか……」という部分については、知られている話に偏りがあります。 好きになられた側の理由:手に入った関係を深めるメリットがない 好きになられたほうは、基本的に今のセフレ関係で満足度が高い状態にあります。 見た目や性格が好みの範囲で、したいときにセックスできる。 同時に恋愛に付随する「メールを返す」とか「相手の要望を聞く」とか「一途に相手だけを愛する」といったことが必要ありません。 これをあえて自分から壊し、恋愛関係に落ち着くのは、デメリットが大きいといえます。 好きになった側の理由:積極的に決定権を持たない 実は好きになった側も、表面的には恋愛関係になりたいと思っていても、無意識では恋人になることを避ける行動を取っています。 その1つが、「対等な関係の放棄」です。 そもそも恋愛とは、男女が深く、そして対等な関係性を築いて初めて成立するものです。 「付き合いましょう」「よろしくお願いします」の確約も大事ですが、深さと対等さを成立させることで、お互い「この人なしじゃいられない」という関係になっていくこともあります(よく、気づいたら付き合っていたパターンは、この典型です)。 しかし、セフレという関係に一旦落ち着くと、好きになったほうは相手に嫌われるリスクを考え、あえて「深いことを突っ込まない」「自分の主張を下げる」といった、深さや対等さから逃げるような行動を取り始めます。 これでは相手に告白することはおろか、相手から「この人がいい」といった気持ちを引き出すことすら難しいものです。 こうした両者の判断が絡み合い、セフレから恋人への昇格は難しくなってしまうのです。 「セフレでもいいから関係を続けたい!」その心はどこからくるの? 女性の場合特に、好きになると相手との関係に罪悪感や虚しさを覚えていても、離れられず、都合のいい女を続けてしまうことがあると思います。 実はこの行動は、自己肯定感の低さがカギになっています。 人間というのは「妥協」すなわち「仕方ないと物事に折り合いをつけていくこと」で大人になっていきます。 しかしこの折り合いの中には、つけて良いモノとつけてはいけないモノがあります。 つまり本当にこだわりのないものです。 心の希望とは「今日は何を食べたい」「あれがやりたい」「こうされたくない」といった、言葉に上がってこないけど、感覚としておぼえる希望です。 自己肯定感が低い人は、気づいた時から自分を抑え、相手に合わせることでコミュニケーションを円滑にすることに慣れています。 そのため「セフレは嫌だ! 彼女になりたい!」という希望を持っていても「相手に合わせないと嫌われる」「相手の希望どおりに我慢するしかない」といった選択を取ってしまうのです。 妥協、折り合い、相手を優先する。 言い方はいろいろありますが、つまり心の声を採用するよりも、今以上に嫌われないために自分の臆病さを優先することが、セフレになった女性には癖づいているのです。 脱セフレの一歩目は、「ジブンの声」を聞き続ける練習を 「セフレから彼女になるには一回できた関係を解消しないといけない」 これはよく言われる恋愛ノウハウです。 確かにできた関係をガラリと変えるには、1回リセットするのは有効です。 しかし、彼のことが好きなら、相手との関係を今終わらせることって、すこぶる怖いし、難しいものですよね。 そこで今回は、彼との関係を解消せずにおこなえる、脱セフレ化の道をご紹介します。 と、ずいぶん引っ張りましたが、その方法はいたってシンプル。 先ほどご紹介した、自己肯定感につながっている「心の希望」を拾い上げ、その通りに行動する。 たったこれだけです。 たったこれだけですが、でもこれ、すごく難しいんです! そもそも相手中心で生きてきた人は、自分の心の希望が聞こえていません。 心の声かな〜と思っていたら、世間の常識が刷り込まれていただけだった……なんてこともしばしばです。 そのため、毎日毎時間毎分、「心は今何をしたがっているか」に意識を向けることを習慣化させてください。 「今日はパスタが食べたい」「疲れて休みたがっている」「LINEの返事がなくてイライラしている」「彼に雑に扱われて傷ついている」なんて声が聞こえてきたら、その行動を取ったり、気持ちを相手に共通してみたり、はたまたどうしてそう感じるのか、さらに深く気持ちを観察したりしてみましょう。 ジブンの心の希望と行動が一致していくと、セフレとの関係も不思議と相手に合わせて成立する関係から、対等な関係に変化していくでしょう。 そのなかで、あなたが彼との関係に耐えきれなくなって告白することもあるし、彼が変わった関係性に対して、ポジティブなアクションを起こすこともあります。 はたまた心が耐えきれなくなって「セフレならもうやめたい!」と、あなたが自然と卒業を決められることもあるでしょう。 少なくとも、今の苦しい関係とは違ったものに変化させることができます。 こういった心と行動を一致させていくと、実は人生の中には「折り合いをつけていいこと」は、かなり少ないことがわかってきます。 そもそもあなたが主役の人生です。 主役が折り合いを着ける意味なんて、ほとんどないんですよ。 「自分を大事に」なんて漠然とした言葉はちょっとわからなくても、自分の小さな希望を拾い上げて行動で叶えていくって考えたら、具体的でワクワクしませんか。 そういったワクワクで毎日を満たすことが、セフレから彼女になるといった、環境変化にもつながってくるのです。 おおしま りえ/恋愛ジャーナリスト 10代より水商売やプロ雀士などに身を投じ、のべ1万人の男性を接客。 本音を見抜く観察眼と、男女のコミュニケーション術を研究し、恋愛ジャーナリストとして活動を開始。 私生活では20代で結婚離婚を経験した後、現在「女性自身」「週刊SPA! 」など大手メディアを中心にコラムを執筆中。

次の

「セフレを落とす」……本命になれる女性とセフレで終わる女性の違い [桜井結衣の恋愛コラム] All About

せ フレ から 本命

男性に軽く扱われてしまう「セフレで終わるオンナ」の特徴とは? イベントが多い出会いの季節は、開放的な気分になりやすいものです。 そんな中、気になる人と近付けたら、普段はコンサバな女性であっても、つい男性と一夜を共にしてしまうかもしれません。 そこで問題なのが、「セフレで終わるか」「本命の彼女になれるか」です。 今回は、 「セフレで終わるオンナ」と「彼女になるオンナ」の違いをご説明いたします。 男性と一夜を共にした後、セフレで終わるオンナと彼女になるオンナの決定的な違いは、 「ベッド以外で会いたいかどうか」です。 どんなに外見が好みのタイプでも、中身がからっぽだったり、会話をしてもつまらなかったりしたら、彼女にしたいとは思わないでしょう。 ましてや、既にセックスをしてしまった後だとしたらどうでしょうか? 男性からしたら目的を達成したわけですから、あえてつまらないオンナ相手に面倒な手間をかけてデートに誘ったり、一生懸命に口説き落とす必要は感じられなくなってしまうでしょう。 セフレで終わるオンナには、 「中身のある会話ができない」「自分の考えがなく流されやすい」「その場のノリ重視で軽率に行動してしまう」「嫌われることを恐れたり、空気を読み過ぎてハッキリと主張できない」「一緒にいてもつまらない」といった特徴があります。 このような女性は、男性に 「このオンナは、強く迫れば押し倒せるだろう」と思わせてしまいがちです。 また、自分の考えがなかったり、実のある会話ができないことから、「この人をもっと知りたい」という人としての興味がわきにくいという特徴があります。 興味がわかなければ、残念ながら、欲望を処理する対象としてしか見られなくなってしまうでしょう。 男性だって、魅力あふれる尊敬できる女性をセフレにはしません。 厳しい言い方になってしまいますが、男性に軽く扱われるのは「尊い存在だと思われていない」ということなのです。 「セフレだけど落とす」そう思われて「彼女になるオンナ」の特徴 彼女になるオンナは、 ズバリ「ベッド以外でも会いたいオンナ」です。 会話をすれば楽しく盛り上がったり、しっかりと自分の考えをもっていたり、その女性から学ぶところや気付かされることがあったりして、男性に「彼女のことをもっと知りたい」と思わせる女性です。 そんな女性に対して、男性は 「色々な所に一緒に行きたい」「色々なことを一緒に楽しみたい」「色々な場面の彼女を見たい」「彼女がどんなときに何を思うのか知りたい」と興味津々になります。 そして、できる限り多くの時間も手間もかけて大切にしたいと思うものです。 当然ですが、男性だって、大切にしたい相手には優しく丁寧に接しますし、相手を喜ばせたいと思ったり、守りたいと思ったりします。 男性にそう思わせる女性は、その 男性にとって「唯一無二の価値がある尊い存在」だといえるでしょう。 セックスから始まる恋はあるのか!? 付き合う前にセックスをした場合、その後の展開は 結論から言うと、セックスから始まる恋もあります。 もちろん、最初にセックスをするとセフレになってしまう可能性は出てきます。 しかし、はじまりがどうであれ、魅力的な人なら真面目に付き合いたいと思うものです。 実際に、私の周りには、セックスから始まって真剣に交際をして結婚した人達もいます。 彼らは今も愛情いっぱいで、とても円満な夫婦です。 つまり、最初にセックスをすることが必ずしも本命候補から外れるとは限らないということです。 ただし、セックスをしただけでなく、セフレという関係が出来上がってしまってから彼女になるのは非常に難しいことだと思います。 なぜなら、「このオンナは彼女ではない。 セックスをするだけの関係だ」と相手が判断し認識しているからです。 人の認識を覆すのは、なかなか大変なことです。 一度、セフレカテゴリーに入れられてしまうと、そこから抜け出すのは至難の業でしょう。 抜け出すきっかけがあるとするならば、セフレだと思っていた女性に何か衝撃的ともいえるほどの魅力があると分かったり、男性の考え方や状況が変わったり、よっぽど情がうつったりしたときでしょうか。 個人的には、「この人とセックスできれば、彼女になれなくても後悔しない!」という覚悟がないなら、いきなりセックスから始めるのはオススメしません。 というのも、セックスは、コース料理でいうならメインディッシュのようなものだからです。 コース料理なのに初めにメインディッシュが出てきたら、その一皿で満足してしまい、他に興味がわかなくなってしまうかもしれません。 やはり、前菜やスープ(恋愛でいうところの「会話」や「プラトニックなデート」など)を味わって、メインディッシュに向け期待を高めていく方が相手のモチベーションも上がるでしょう。 初めにメインディッシュを食べさせることは、徐々に気持ちが高まっていく楽しみを奪うことにもなります。 また、心理学でも立証されていることですが、「人は簡単に手に入れたものより、労力をかけて手に入れたものを大切にする」という傾向があります。 一時の快楽に身を任せるのもいいですが、「相手にとってどんな存在になりたいのか」考えてみるのもいいかもしれません。 【関連記事】•

次の