シンプリー ピアノ。 Simply Piano(シンプリーピアノ)でピアノ練習はじめました!(1か月経過)

初心者におすすめ【ピアノ練習アプリ】Simply Piano(シンプリーピアノ)

シンプリー ピアノ

ピアノが自宅に無い場合は、タッチピアノ機能を使って、iPadやタブレットをキーボード代わりに練習することも可能です。 アプリは無料期間が設けられてますが、全ての機能を使えるようにするにはお金が必要です。 今までピアノには全く興味が無かった息子ですが、このシンプリーピアノにハマりだし、『素人が独学でどれぐらい弾けるようになるか?』自らの身をもって実験して楽しんでいます。 新型コロナウイルスのせいで学校に通えず、子供たちがずっと家にいて、息抜きも出来なくて私も子供達もお互いにストレスが溜まっていました。 ピアノという共通の趣味を作ることによって、楽しみが一つ増える上に、教養も身に付くので一石二鳥だなと思いました。 私はヤマハ、娘はオンピーノ、息子はシンプリーピアノというように、同じ趣味でも習い方がそれぞれ違うという、ちょっと変な感じですが、それはそれで面白いと感じています。 シンプリーピアノを始めてから7日目 シンプリーピアノを始めてから1週間が経ちました。 毎日の日課としてピアノの練習をしています。 やれと言われてやるのではなく、自分から進んで練習しているのはそれなりに気に入っている証拠だと思います。 演奏動画 息子がシンプリーピアノで演奏している動画を撮影しました。 短いですが、一応両手で弾けています。

次の

ピアノ初心者の小学生が『シンプリーピアノ』で上達するのか?実験してみた

シンプリー ピアノ

こんにちは、たくわんです。 ピアノ始めたい!ピアノが弾けるようになりたい! けど 習うの面倒くさいし、できれば「 あまりお金をかけたくないな~」 「やりたい気持ちはあるけど、なかなか踏み出せない。 」 という経験はないでしょうか? この記事は 自宅にいながらピアノが学べるアプリを紹介しています。 ピアノ経験がない人からすると「始めたいって気持ちはあるけど、そもそもどんな練習をすればいいの?」 と考えてしまいます。 私もその1人でした。 でもどうしても弾きたいから色々と調べ、たどり着いたのがピアノが学べるアプリです。 実際に使ってみた感想は、 初心者に分りやすい シンプルな説明と 初歩的な音楽知識(音譜、コードなど)を説明してくれるので、続けていけそうだな~と感じました。 まだ使い始めて数日ですが、 感想と どんな感じの練習をするのか?を 初心者目線にたち書いていきます。 動画もとってますのでこちらもご参考下さい! スポンサーリンク simply piano(シンプリーピアノ)はどんなアプリなのか? 独学でピアノが学べる内容を簡単に紹介 本物のピアノやキーボードを使って楽しく学べるピアノ学習アプリです。 Simply Pianoは初心者からプロまで、ピアノを速く楽しくマスターできるアプリです。 -楽譜の読み方から両手を使った弾き方まで、ピアノの基礎をステップバイスステップで練習 -すべての年齢に対応、ピアノを始める予備知識は不要です メジャー、 マイナー、 ジャズコードの正しい押さえ方であったり、 右手左手で弾くドレミファソラシドの音符位置を把握できたり、 ちょっとした型みたいなフレーズが弾けるようになります。 こちらでは動画で解説しています。 本物のピアノまたは電子ピアノを使用する• MIDIキーボードを使用する• iPhoneなどのデバイスを使う もちろん電子ピアノをすでにお持ちの方は必要ありませんが、 ピアノをまだ持ってない人におすすめなのは、2のMIDIキーボードです! なぜかというと、電子ピアノみたいに金額が高くないし、 USBを使用するため音の認識が安定するからです。 iPhoneとMIDIキーボードを接続しています 私はiPhone、iPadなどで試したことはありませんが、 MIDIキーボードを使うと 練習しやすいのは確かです。 言ってしまえば小型のピアノ(MIDIキーボード)なので、 ピアノを練習したい人は 慣れるという意味でも鍵盤を使用することをおすすめします。 イマジン、シャンデリア、オール・オブ・ミー、カウンティング、スターズ、J. Sバッハなど。 なので洋楽好きの人はおすすめです。 それ以降は 1年継続で7,900円、 半年で5,900円、 3ヶ月で3,900円となっています。 感想 :simply pianoはピアノ初めてという人でも分りやすいアプリです 動画を見ていただければどんな感じかよく分りますが、始めはド、レ、ミと一音一音 どこの指を使ってどの位置で弾くのか。 ということが丁寧に解説されているので、Simply Pianoは ピアノ初心者の方に向いているなあと感じました。 他にも 内容が進むにつれて徐々に難しくなる一方で、いきなり難易度をあげておいていかれる。 ということはありませんでした。 なので初心者目線で作られていて、続けれそうなアプリだなあと思いました。 シンプルで分りやすい説明と 初心者にあったペースで練習できるので、これからピアノの練習を始めたいという人におすすめです。 といっても細かいところは伝わらないと思うので、写真も加えて説明します。 こちらは実際の練習画面です。 右側のように練習する際 ヒントがもらえます。 他にも ・Gコードをそのままひとつ右に移動したらAmになる ・左手で GとAmを弾くときは、親指で弾きましょう という 文字で示したワンポイントアドバイスがあります。 これは まさに先生から直接もらうアドバイスのようだなと感じました。 アドバイス(ヒント)をもらうことで ポイントを意識して弾くようになります。 動画や口頭での説明はありますが、文字で表示されることによって視覚に訴えかけられるので、結果上達のスピードが早くなるなあと思いました。 色んなスタイル(弾き方)が学べたり、正しい コードの押さえ方、 左手の役割などが知れます。 まだ悩んでいるという方、ピアノやりたいかたはSimply Pianoを始めてみてはいかがでしょうか? 始めは無料でできます。 が本格的にピアノを学びたい方は有料版でやりましょう! 月々に直すと 658円なので、昼ご飯を一回我慢すればピアノが学べると思ったらとてもいい学習ができるのではないでしょうか? 私も現在年間の料金を払って、絶賛ピアノ練習中です!! では最後に練習に必要な機材を紹介して終わります。 まだもってない方はこちらからダウンロードしてみましょう!! simply piano(シンプリーピアノ)始めたい方へ用意した方がいいもの 上記にも書きましたが、必要な物はこちらです。 iPhone• この3点があればピアノ練習が始められます。 *有料版で 本格的に始めたいなら フルサイズのピアノ(88鍵)をおすすめします!MIDIキーボードに関して私は49鍵のものを使っていますが課題曲の「エリーゼのために」は49鍵では弾くことができません。 それでは楽しいピアノ練習の時間をお過ごし下さい!.

次の

simply piano(シンプリーピアノ)はピアノ初心者でも独学で学べる(アプリ)

シンプリー ピアノ

Contents• ピアノ独学アプリSimply Piano シンプリーピアノ は、iPadなどのタブレットやスマートフォンなどの端末を使って、ピアノ初心者でも独学でピアノをマスター出来るという画期的なアプリです。 ピアノ教室に通いたいけど時間がない!子供が小さくて教室には通えない!という方に大変おすすめです。 技術面だけではなく、指使いや音楽理論なども、動画やアニメーションを使って分かりやすく説明してくれます。 ピアノを触ったことない超初心者の方から中級者クラスまで、基礎から段階的にピアノを学ぶことが出来ます。 iOSアプリは日本語にも対応しておりますので、タブレットやスマートホンにアプリをダウンロードすれば、お年寄りや小さい子供でも、楽しんでピアノの習得が出来ます。 アンドロイド用のGooglePlayアプリは日本語対応してません 最初は片手でドを引くところから始まるのですごく簡単!耳にしたことがある曲の伴奏で練習したりもするからとても楽しいですよ! アプリの金額について ダウンロードは無料ですが機能が限定されています。 すべての機能を試したい場合、機能制限をアンロックする必要があり、その為にはトライアルの申込みをしなければいけません。 トライアル期間は一週間あり、その期間は無料ですべての機能を試すことが出来ます。 ただしトライアル期間を過ぎてもなお使用する場合は、そのまま課金という流れになりますので、お金を使いたくない人は トライアル期間が終了する前に、解約手続きすることを忘れないように注意しましょう。 シンプリーピアノApp Store金額 フルアクセス3ヶ月 3,900円 フルアクセス1年 7,900円 家族プラン3ヶ月 5,800円 家族プラン1年 11,800円 家族プランにすると、1つのアカウントで 最大5個のファイルを利用できるようになります。 家族みんなでピアノの練習が出来るうえに、一人ひとりの上達に合わせたレッスンが可能となります。 電子ピアノのボリュームをある程度大きくしなければ、iPadのマイクが正確に音を拾わないので、ピアノの音が大きすぎて近所迷惑にならないかなぁ、と心配になるのです。 何か方法は無いかと考えてみました。 iPadと電子ピアノをMIDIケーブルで繋いでヘッドホンを使う 騒音問題は、MIDIまたはUSB端子付きの電子ピアノの場合、すぐに悩みを解消できます。 MIDIケーブルLightning to USB 2. 0タイプBで、iPadと電子ピアノを接続する、たったこれだけ。 そうするとヘッドホンをしたままでもiPad側に直接音の信号を伝えることが出来るので、電子ピアノの音が外にはもれません。 購入したケーブルはこちらです。 このケーブルを、自宅の電子ピアノKAWAI カワイ CA78のMIDIのUSB端子に差し込み、iPadにつなぐと、簡単にMIDI接続が出来ました。 とても簡単ですね。 これだけでピアノの音を認識する精度は格段に上がります。 でも、このままではピアノの音が外に出たままなので、ヘッドホンを電子ピアノに差し込みましょう。 当然ですが電子ピアノの音はヘッドホンから聞こえるようになり、騒音がかなり軽減されます。 がしかし、iPadから流れる音楽はヘッドホンから聞こえません。 iPadから出る伴奏の音もヘッドホンから聞こえるようにしないと意味がありません。 KAWAI カワイ CA78にはBluetooth機能が付いているので試しにiPadとBluetoothで繋げてみました。 その上で、アプリのほうの設定も行いました。 アプリの設定から、『MIDIボリューム制御を有効に』のつまみを左側に下げます。 これでMIDIケーブルとBluetooth接続の両方で、電子ピアノの音も、タブレットから流れるアプリの伴奏音も、同じヘッドホンから同時に聞こえるようになりました。 これで騒音を気にせずに、心行くまでSimply Piano シンプリーピアノ でピアノの練習が楽しめる!と、喜んだのもつかの間、若干音の認識がずれてしまう・・・・何故でしょう?音は静かにはなったでしょうが、なんだかとてもやりづらくなってしまいました。 結局のところBluetooth接続はせず、MIDIケーブル接続だけにして練習する方がよさそうです。 とりあえずヘッドホンを使えばピアノの音は外にもれません。 iPadの音が外に聞こえてしまいますが、それは今のところは諦めるしかありません。 何か他に方法が分かり次第、また追記したいと思います。 以上、独学ピアノ練習アプリSimply Piano シンプリーピアノ の紹介と、電子ピアノとタブレット端末をMIDIケーブルで接続し、1つのヘッドホンでタブレットと電子ピアノの音を聞きながらSimply Piano シンプリーピアノ でレッスンする方法でした。

次の