肝臓 病気 女性。 性差が大きい病気はなに?:加齢

それ「肝機能低下」の症状かも!肝臓と疲れのつながりについて

肝臓 病気 女性

, Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の

腹がふくれる|家庭の医学|時事メディカル

肝臓 病気 女性

食事の食べすぎにより脂肪肝などが引き起こされます。 中には肝硬変まで進行してしまう脂肪肝もありますよ。 それぞれの臓器ごとによく見られる病気を簡単に解説します。 A型肝炎は、ウイルスを含む食物を食べたり、飲んだりすることによってかかります。 汚染された生水や貝などが原因になります。 B型肝炎やC型肝炎はそれらを含む体液や血液が体内に入ることにより起こります。 輸血のほか、肝炎にかかっている人と性交することでも感染します。 B型、C型ともに肝炎の炎症状態が継続すれば、徐々に病気が進行して肝硬変へと移行することになります。 B型肝炎、C型肝炎ウイルスによる慢性肝炎では細胞分裂を繰り返すことにより肝がんの危険性が高まります。 劇症肝炎となるのは急性肝炎の中で1%程度です。 肝硬変では、肝臓の細胞が破壊され、肝臓は正常の機能を営むことが出来なくなります。 日本ではB型肝炎、C型肝炎が肝硬変全体の80%を占め、アルコールによるものが10%ほどです。 肝細胞癌はその原因の大部分(90%近く)が、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスによるものです。 また、肝細胞癌の約90%が肝硬変を合併しています。 近年わが国では食生活の欧米化、さらには過栄養により、脂肪肝の頻度が増加しています。 肥満があって、大酒家に多く認められます。 自覚症状はあまりありません。 ただ、個人差や性差も大きく、特に女性では少ない飲酒量、短い期間で発症しやすい病気です。 禁酒が守ることが出来ないと、肝硬変に移行する危険性があります。 女性に多く、緩やかに発育しますが、通常、無症状で自然に出血することはまれです。 通常は、年に1回の定期的なフォローアップのみで良く、治療を必要とすることは多くありません。 中年以降、年齢とともに胆石保有率は上昇し、70歳を超えると約20%になります。 女性に多い病気ですが、日本ではそれほど性差は大きくなく、女性の胆石症は男性の約1. 2~1. 3倍です。 胆石発作はみぞおちからやや右側の肋骨の下あたりに強い痛みが周期的に繰り返すもので、熱が上がったり黄疸が出たりもします。 胆石発作は過食、過労などが誘因となります。 胆石などで胆汁の流れるどこかに閉塞、通過障害が起きたときに、細菌の感染が加わると、発症します。 寒気、震えを伴う発熱、みぞおちのやや右側の腹痛、黄疸が三大症状です。 しかし、似た症状を起こす病気は他にもあり、急性胃腸炎や、消化性潰瘍などでも同様の症状が起こることがあります。 成人の5~10%が胆のうポリープを持っており、40歳~50歳代に出来やすく、男女差はありません。 胆のうポリープそのもので症状が出ることは少なく、主に健康診断の腹部超音波検査で見つかることが多い病気です。 ただ、早期には症状が乏しいため、胆石を持っている人は定期的に検査が望ましいといえます。 これが様々な原因で活性化されると、すい臓の組織を自己消化してしまいます(体の組織はたんぱく質で出来ている)。 この状態が急激に起こるのが急性膵炎です。 アルコール摂取や胆石症が膵炎発症の成因として頻度が高く、症状としては、急激にみぞおちから背中にかけて痛みが走り、吐き気や嘔吐、発熱が見られることもあります。 この痛みは脂肪分の多い食事やアルコールを摂取すると悪化することがあり、前かがみにうずくまると、痛みが和らぐという特徴もあります。 半数以上はアルコールとの関連性が指摘されています。 数年以上にわたり、過度の飲酒歴がある男性で、繰り返し繰り返し、急性すい炎でみられるようなみぞおちから背中にかけての痛みを起こしている人が、典型的なイメージです。 消化吸収不良からくる白い脂肪便なども見られることがあります。 消化吸収により、体重減少が起こります。 すい臓で作られるインスリンの分泌も不十分になり糖尿病となることもあります。 やや男性に多く発生しますが、その原因は分かっていません。 初期の症状としては「なんとなく胃の具合が悪い」などといった特に特徴のないお腹の症状が比較的多く見られます。 はっきりとした自覚症状としては腹痛と黄疸があります。 それ以外では腰痛、背中の痛み、体重減少、食欲不振などもみられます。 ただ症状に典型的なものはなく、早期に診断できる決め手がないため、早期発見がとても難しい癌といえます。

次の

本当はコワイ脂肪肝

肝臓 病気 女性

監修:杉野 公則 先生 すぎの・きみのり 伊藤病院(東京都・渋谷区)副院長。 1983年、横浜市立大学医学部卒。 1983~85年、同大学臨床研修。 1985年、横浜市立大学第1外科入局。 1989年より伊藤病院に勤務。 1998年、伊藤病院外科部長。 2003年より現職。 治療の方針を患者さんとともに考えていき、必要性が明確に説明できない検査や治療は行わないことをモットーとしている。 そもそも甲状腺とはどんな臓器なのか、ここが障害されるとどのような症状が現れるのか、早期発見の仕方や専門医の見つけ方などを専門の先生に伺います。 まるで蝶が羽を広げたような形をしており、気管を抱き込むようにはりついています。 大きさは親指を2本並べたくらい、重さは18グラム前後、厚さは薄いところでは数ミリです。 また甲状腺ホルモンは、たんぱく質や脂質、炭水化物、ビタミンなどの栄養素からエネルギーを生み出し、体の中でうまく利用されるようコントロールする役割も担っています。 そして子どもの場合は、成長・発育になくてはならないホルモンです。 甲状腺は、必要に応じてホルモンを分泌したり、使われないホルモンを貯蔵したりという機能も備えています。 体に取り込まれたヨウ素は甲状腺に集まる 甲状腺ホルモンは、ヨウ素(ヨード)を材料に作られます。 身近なものでは、昆布などの海藻類や昆布茶、ヨードを使ったうがい薬などに含まれています。 体内に入ったヨウ素は甲状腺に集まる性質があります。 海洋国の日本では、普段からヨウ素を含んだ海藻類などをよく食べているので、ヨウ素が不足している人は少ないとされています。 甲状腺の病気って、女性に多いって聞くけど… 国内にはおよそ500万人の患者が。 女性は毎年、人口の0. 3%が発症 国内ではおよそ500万人がなんらかの甲状腺疾患にかかっているとされています。 これは糖尿病の患者数とほぼ同じです。 米国甲状腺財団の調査によると、甲状腺機能亢進症は、女性が人口の0. 3%、男性は0. 03%が毎年発症しているとしています。 この割合を日本に当てはめると、女性では19万人、男性では2万人が毎年新たに甲状腺疾患を発症していることになります。 どうして女性に多いかはわかっていないが、自己免疫疾患は女性に多い 甲状腺の病気のなかには自己免疫疾患とされるものもあります。 膠原病の特集でもご紹介したとおり、自己免疫疾患は圧倒的に女性に多く、その発症には女性ホルモンや遺伝子などが関係しているのではといわれていますが、現在もその理由はわかっていません。 どんなきっかけで発症することが多いの? 家族に甲状腺疾患の人がいると発症することが多い どういうきっかけで発症することが多いかは、はっきりとはわかっていません。 しかし女系のつながり、たとえば母—娘のように遺伝することが多いのでは?と考えられています。 しかし、橋本病などは症状が現れないことが多く、病気をもっていたとしても知らないまま過ごす方が大勢います。 そのため、遺伝率などはわかっていません。 甲状腺の病気って、どんなタイプのものがあるの? 「機能の異常」「炎症」「腫瘍」の3種類に分けられる 甲状腺の病気には3つの種類があります。 1 甲状腺の機能異常をきたすもの 甲状腺の機能が亢進する(高ぶる)場合と、低下する場合があります。 甲状腺機能が亢進する代表的な病気が「バセドウ病」で、日本人の場合、亢進症の9割以上をバセドウ病が占めます。 通常、どちらの疾患もびまん性甲状腺腫 甲状腺が全体に腫れる を伴うことが多いです。 2 甲状腺に炎症がおこるもの 亜急性甲状腺炎、急性化膿性甲状腺炎などの疾患がこのタイプの疾患です。 前2者は甲状腺に一致した部位に疼痛や発熱など炎症所見を伴いますが、橋本病では痛み、発熱などは伴わないことがほとんどです。 3 甲状腺に結節、腫瘍ができるもの 甲状腺に結節や腫瘍ができるものには良性と悪性の2種類がありますが、大部分の甲状腺腫瘍は良性のもので「結節性甲状腺腫」といいます。 万が一、悪性腫瘍(がん)の場合でも、他部位のがんに比べて比較的なおりやすいといわれます。 バセドウ病と橋本病について、もう少し教えて! 甲状腺機能亢進症の中でもっとも多いのが「 バセドウ病」。 比較的若い年代で発症する 血液の中にある甲状腺ホルモンが過剰になり、代謝が異常に高まるのがバセドウ病です。 亢進症の9割がこの疾患です。

次の