東北 新幹線 グラン クラス 料金。 【グランクラスに乗りたい!】東京~盛岡のやまびこならコスパも最高!

新幹線グランクラス・グリーン車を安く使う方法 普通車より安くできるが注意点も

東北 新幹線 グラン クラス 料金

東北新幹線は、北海道新幹線も含めると営業キロは862. 5km。 東北新幹線の時刻表によると、「はやぶさ」「はやて」は、大宮-仙台間は1時間超のノンストップ区間です。 時刻表はいろいろな検索で見ることができますが、「えきから時刻表」というサイトだと、それぞれの出発駅からの時刻表が簡単に閲覧できて便利です。 htm JR東日本の公式サイトにも時刻表はありますが東北新幹線の時刻表はちょっと検索が面倒かも知れません。 こちらです= 東北新幹線グランクラスの料金や予約 新幹線史上で最高クラスですが、東北新幹線グランクラスの料金や予約方法も、わかりやすい体系になっています。 切符購入には、みどりの窓口、券売機、インターネットの「」の方法があります。 空席や予約は「利用日時」と「利用区間」の指定をして「空席を調べる」と進め、タブを切り替えれば「運賃」がいくらかも簡単にしらべられます。 jp 東北新幹線グランクラスの料金や予約方法は、知れば知るほど興味深いものです。 たとえば東京-仙台間は、グランクラスは自由席の約2倍で、グリーン料金と同様、こども料金の設定はありません。 また、これらを組み合わせた時の料金の計算はちょっとややこしく、旅行業務取扱管理者対策講座でもそのための講義がおこなわれるほどです。 軽食やドリンク付き、毛布やスリッパの用意され、飛行機のファーストクラス並みの心地よさがキモです。 シートがレカロ製というところは車マニアにもたまらないことでしょう。 北海道・東北新幹線 JR北海道・東北新幹線は、東京から北海道を鉄道で直行できる超特急です。 大宮から始まりついには北海道へつき抜け、営業キロはじつに862. 5kmに達しています。 北海道・東北新幹線で、東京-新函館北斗の所要時間は、最速の「はやぶさ」利用でも4時間余りかかります。 しかも新函館北斗-函館間の営業キロは17. 9kmなので、航空機利用と比較しても、アクセスにはいささか難があるのが現状です。 北海道・東北新幹線にも、グリーン車・グランクラスがありますが、北海道と東北新幹線で、独立の料金体系になっています。 両者をまたがって乗車する場合、また別の料金表が適用されるので、『時刻表』の見方には少々注意が必要です。 東京-盛岡間は結構長距離なので、座っていけることが一番のポイントになります。 東北新幹線やまびこの自由席や空席状況で、まず自由席については10両編成の場合、東京方の1〜6号車が多く該当します。 16〜17両編成の場合、12〜17号車も自由席になることが多いと覚えておくとお得です。 東北新幹線やまびこの自由席や空席情報では、自由席の号車は事前にわかりますが、そこの空席情報は指定席と違い、事前に知りえない情報です。 確実に座るには結局、早く行って並ぶ、GWや年末年始の大混雑時は避けるなどが、シンプルな鉄則にあげられます。 なお、指定席の空席状況は、「えきねっと」の「空席案内・予約」のタブで簡単に調べることができます。

次の

グランクラスは不快にしかならないです

東北 新幹線 グラン クラス 料金

グリーン料金・グランクラス料金は実際にご乗車になる区間の営業キロによって計算します。 グリーン料金は、新幹線・特急・急行と快速・普通でねだんが異なります。 普通・快速列車のグリーン料金はこちらをご覧ください。 金額はご乗車になる距離ごとに決められていますので、下表をご覧ください。 特急・急行のグリーン車・グランクラスは原則として指定席で、自由席のねだん設定はありません。 グリーン券・グランクラス券は、「おとな」と「こども」が同じ料金です。 東海道・山陽新幹線/JR北海道・東海・西日本・四国の特急・急行グリーン料金 JR北海道・東海・西日本(北陸新幹線を除く)・四国内とJR会社間のグリーン料金です。 東海道・山陽新幹線もこの料金表です。 JR各社間をまたがるときにも適用されます。 JR東日本とJR九州内のみご利用の特急・急行のグリーン料金は別表です。 JR特急・急行グリーン料金表 営業キロ グリーン料金 100キロまで 1,280円 200キロまで 2,750円 400キロまで 4,110円 600キロまで 5,300円 800キロまで 6,480円 801キロ以上 7,650円 広告 JR東日本の新幹線・特急グリーン料金・グランクラス料金 JR東日本管内の相互発着の新幹線・特急のグリーン料金・グランクラス料金です。 東北・上越・北陸・山形・秋田新幹線が対象になります。 北陸新幹線では、JR西日本区間(上越妙高~金沢間)でもこの料金表が適用されます。 グランクラス A を適用する列車 東京~仙台間、東京~盛岡間、東京~新青森間、東京~新函館北斗間で運行される「はやぶさ」「はやて」、東京~盛岡間を運行される「やまびこ」、東京~金沢間で運行される「かがやき」「はくたか」 グランクラス B を適用する列車 上記以外の列車• 「成田エクスプレス」のグリーン料金は、営業キロ200キロまで2,060円です。 「スーパービュー踊り子」の4人用グリーン個室料金(1室)は、6,170円です。 「スペーシアきぬがわ」の4人用グリーン個室料金(1室)は、3,090円です。 東武線内にまたがってご利用の場合の料金は、6,180円(1室)です。 北陸新幹線で上越妙高をまたぐ区間のグリーン料金・グランクラス料金 北陸新幹線で北陸新幹線で東京~飯山間の各駅と糸魚川~金沢間の各駅との間をご利用になる場合のグリーン料金・グランクラス料金は下記の通りです。 北陸新幹線のグリーン料金・グランクラス料金 駅名 東京 ~ 熊谷 本庄 早稲田 ~ 佐久平 上田 ~ 飯山 富山~金沢 5,150円 4,120円 3,090円 13,370円 12,340円 11,310円 9,270円 8,240円 7,210円 糸魚川~ 黒部 宇奈月 温泉 4,120円 3,090円 2,060円 12,340円 11,310円 10,280円 8,240円 7,210円 6,180円 上段 : グリーン料金 中段 : グランクラス(A)の料金 下段 : グランクラス(B)の料金上段 : グリーン料金 東北・北海道新幹線で新青森をまたぐ区間のグリーン料金・グランクラス料金 東北・北海道新幹線で東京~七戸十和田間の各駅と奥津軽いまべつ~新函館北斗間の各駅との間をご利用になる場合のグリーン料金・グランクラス料金は、以下の通りです。 東北・北海道新幹線のグリーン料金・グランクラス料金 駅名 新函館北斗 ~木古内 奥津軽 いまべつ 東京 上野 7,890円 6,420円 16,110円 14,640円 12,010円 10,540円 大宮~ 古川 6,860円 5,390円 15,080円 13,610円 10,980円 9,510円 くりこま高原~ 新花巻 5,840円 4,370円 14,060円 12,590円 9,960円 8,490円 盛岡~ 二戸 4,810円 3,340円 13,030円 11,560円 8,930円 7,460円 八戸~ 七戸十和田 3,780円 2,310円 12,000円 10,530円 7,900円 6,430円 上段 : グリーン料金 中段 : グランクラス(A)の料金 下段 : グランクラス(B)の料金上段 : グリーン料金 JR北海道のグランクラス料金 JR北海道エリア内だけをご利用になる際のグランクラス料金です。 JR北海道内のグランクラス料金 営業キロ 100キロまで 200キロまで グランクラス A 6,420円 7,890円 グランクラス B 4,370円 5,840円 グランクラス A を適用する列車 東京~新函館北斗間で運行される「はやぶさ」 グランクラス B を適用する列車 上記以外の列車 広告 九州新幹線のグリーン料金 JR九州のうち、九州新幹線のグリーン料金表です。 山陽新幹線と直通利用する場合は、九州新幹線区間と山陽新幹線区間の料金を合算します。 九州新幹線のグリーン料金表 営業キロ グリーン料金 100キロまで 1,030円 200キロまで 2,060円 201キロ以上 3,090円 JR九州の在来線特急グリーン料金 JR九州の在来線特急のグリーン料金表です。 JR九州在来線特急のグリーン料金表 営業キロ グリーン料金 DXグリーン料金 グリーン個室料金 100キロまで 1,030円 1,650円 2,060円 200キロまで 1,570円 2,670円 3,140円 201キロ以上 2,520円 3,700円 5,040円• グリーン料金は、佐賀~長崎間は1,030円、別府~宮崎間は1,570円(100キロまでは1,030円)、博多~直方間は310円です。 DXグリーン料金は、佐賀~長崎間は1,650円、別府~宮崎間は2,670円(100キロまでは1,650円)です。 JR九州内のグリーン個室(定員4人)をご利用の場合は、ご利用の人員にかかわらず、グリーン料金2人分と実際にご利用になる人数分の運賃及び特急料金が必要です。 新幹線・特急のグリーン料金・グランクラス料金の注意点 グリーン車、グランクラスを利用するのに必要なきっぷ 特急列車のグリーン車・グランクラスをご利用の場合、「乗車券+特急料金+グリーン料金(またはグランクラス料金)」が必要です。 特急料金は、通常期の指定席特急料金から520円引きです。 ただし、東海道新幹線と九州新幹線を連続してご利用になる場合は1,040円引き、東北・山形新幹線と東北・秋田新幹線の一部区間は890円引き、JR九州内の在来線は510円引きです。 途中から普通列車になる場合の扱い 特急・急行列車が途中から普通列車になる場合は、特急・急行列車として運転される区間のグリーン券で普通列車の区間についてもそのままグリーン車をご利用になれます。 山形・秋田新幹線の扱い JR東日本では、グリーン料金の金額は、新幹線も在来線も同じです。 山形新幹線(福島~新庄)と秋田新幹線(盛岡~秋田)と、東北新幹線を直通して乗車する場合のグリーン料金は、東北新幹線の営業キロと在来線(奥羽本線または田沢湖線)の営業キロを通算して算出します。 新幹線のグリーン料金を通算できる場合とできない場合 新幹線の改札口を出なければ、2つ以上の新幹線の列車を途中で乗り継いだ場合、グリーン料金は原則として通算します。 ただし、北陸新幹線と東北・北海道新幹線をまたがって利用する場合を除きます。 また、東海道新幹線と東北・上越・北陸新幹線は、料金を通算できません。 東海道・山陽新幹線と九州新幹線を、新幹線の改札口を出ることなく乗り継いで乗車する場合のグリーン料金は打ち切り計算です。 東海道・山陽新幹線のグリーン料金と、九州新幹線のグリーン料金を合計した額です。 グリーン個室の扱い 「スーパービュー踊り子」、「スペーシアきぬがわ」のグリーン個室は、個室単位で発売します。 実際にご利用になる人数分の運賃・特急料金と個室1室分の4人用グリーン個室料金が必要です。 急行の自由席グリーン券の有効期間 急行の自由席グリーン券は有効期間開始日のみ有効です。

次の

北海道・東北新幹線「はやぶさ」のグランクラスを徹底解説!座席やサービス、料金について。

東北 新幹線 グラン クラス 料金

気になる料金は、東京〜金沢間では片道27,480円。 普通車指定席14,380円より13,100円高く、の料金19,100円より8,380円高いです。 では、この北陸新幹線のグランクラスの料金は安くなるのか? 「モバイルSuica特急券」「えきねっと」「e5489」「新幹線宿泊パック」を調べてみましたのでご紹介します。 モバイルSuica特急券 JR東日本のチケットレス座席予約サービス「」。 モバイルSuica特急券の「モバトク」で購入すると、片道料金は27,250円と230円安くなります。 指定席には「モバトク」より安い「スーパーモバトク」の設定がありますが、グリーン車とグランクラスに設定はなく、モバイルSuica特急券でグランクラスの料金が安くなるのは230円のみです。 なお、モバイルSuicaを新たに利用するには、年会費1,050円が必要です(ビューカード除く)。 えきねっと 割引切符予約サービス「」には、通常きっぷより安い「トクだ値」「お先にトクだ値」というチケットがあります。 この内、北陸新幹線で利用できるのは「トクだ値」ですが、グリーン車・グランクラスには設定はありませんので、「えきねっと」経由では東京〜金沢のグランクラスに安く乗ることはできません。 e5489 金沢発〜東京行きで利用できる、JR西日本のサービス「」。 北陸新幹線で使えるのは「eきっぷ」「WEB早時1」「e早特1」で、その内グランクラスの料金設定があるのは「eきっぷ」のみです。 この「eきっぷ」では、グランクラスの特急券が20,000円から19,880円と120円安くなります。 なお、「eきっぷ」はJ-WESTカード会員限定のきっぷです。 新幹線宿泊パック では、普通車指定席・グリーン車の設定はありますが、グランクラスについては設定がなく、どの旅行会社経由でも予約することができません。 北陸新幹線で(指定席)が安くなるのは、基本的にはこの4パターンですが、この内 グランクラスの料金が安くなるのはモバイルSuica特急券とe5489のみでした。 現在のところ、グランクラスの料金はこれ以外では安くなりません。

次の