かね すえ わらび 餅。 「かねすえ」のわらび餅

のど越しのいいシンプルで素朴な「松風庵かねすえ」の王道わらび餅

かね すえ わらび 餅

スポンサード リンク 石野真子さんおすすめのわらび餅 松風庵かねすえの「さぬきわらび餅」は、旅サラダで石野真子さんのおすすめのお取り寄せとしても紹介されたことのある和菓子。 松風庵かねすえ「さぬきわらび餅」|旅サラダ|おめざファンお取り寄せブログ 「いくらでも食べれちゃうんですけど。 ツルッツルで」と石野真子さんは言っていましたが、本当にいくらでも食べられるのか大検証! 和三盆糖と希少糖を使っているのです 包装紙に目立つように書かれている「和三盆」と「希少糖(レアシュガー)」。 甘いモノとはいえ、身体にやさしそうですよね。 さぬきわらび餅の原材料は、砂糖、澱粉、わらび粉、米飴、和三盆糖、きな粉…など。 開けてみるとこんな感じ。 パックにたっぷりギュウギュウに詰まっています。 あ、コレ、百貨店催事で購入したものです。 お取り寄せ商品は、もっとお上品に区分けされて入っています。 お皿に出してみますね。 カメラが写り込んでいます… さぬきわらび餅は、やさしくしっかりとした味わい さぬきわらび餅は、やさしい甘さながらもしっかりとした味わい。 わらび餅って、それ自体は味がないというか、きなこと黒蜜の味で食べてるものも少なくないように思うのですが、松風庵かねすえのさぬきわらび餅は、わらび餅自体にしっかいと味がついていてすごく美味しいのです! それに香ばしいきな粉とコクのある黒蜜がからみ合って、もう最高です。 黒みつ(和三盆糖蜜)は別売りのものなのですが、くどさが全くありません。 こんなにドロっと粘りのある黒蜜も珍しいと感じましたが、意外にもあっさりとした甘さなのです。 この黒蜜、商品名は「和三宝糖蜜」。 わらび餅だけでなく、アイスクリームやヨーグルトにかけて食べても美味しいので、ぜひ一緒に試してもらいたい! 特筆すべきは、わらび餅のキメの細かさ! プルンプルンのもっちもち、ぷにゅん、ツルン…。 どう表現するのが一番ふさわしいのか迷ってしまうほどの食感。 と言ってもナンノコッチャわかんないですよね。 語彙が少なくて申し訳ないっ! 旅サラダのスタジオでは、 向井亜紀さん「わらびもち、何十年って食べてきましたけど、これ初めて!このキメの細かさというか」 三船美佳さん「食べてて気持ちが良い食感。 一度食べたら忘れられないですね」 とのコメントが。 さぬきわらび餅は、まさに「気持ちの良い食感」なのですよ。 私もいろんなわらび餅を食べてきましたが、この食感と味は初めてでした。 スポンサード リンク お取り寄せでぷるんぷるんを味わって かねすえのわらび餅は、コシのある食感ながらもプルン、ツルンとした喉越し。 讃岐といえば讃岐うどんですが、讃岐のコシは讃岐うどんだけじゃあない!と言わんばかりの食感なのです。 そしてそして…いくつでも口に運びたくなる美味しさなので要注意! 要冷蔵ですが、冷蔵庫に入れても固くならないので、ずっとプルンプルン&ぷにゅぷにゅの食感が楽しめます。 パックタイプの賞味期限は常温で出荷日から7日。 カットタイプの消費期限は冷蔵で出荷日から4日。 話題の希少糖を使った上品な甘みのわらび餅。 松風庵かねすのさぬきわらび餅は、松風庵かねすえ 扇町店(本店)のほか、かねすえ丸亀町壱番街店(香川県高松市丸亀町1-1-1F)、かねすえJR高松駅店(JR高松駅構内)、かねすえJR池袋駅店(JR池袋駅南改札内コンコース)、かねすえ羽田空港店(羽田空港第2旅客ターミナル2F出発ロビー)などに店舗があります。 また、全国百貨店などで催事販売もしています。 実は私もお取り寄せではなく、最初はこの物産催事でさぬきわらび餅に出会ってハマっちゃたのです。 催事出店情報はお店のHPでご確認くださいね。 変更になっている場合もありますので、お店に行かれたりお取り寄せをされたりする際は最新情報を事前にご確認ください。 また、商品に関するお問い合わせはお店にお願いいたします。 NAVERまとめへの転載も禁止です。 当サイトのオリジナル画像と文章に関する二次使用は有償です。 無断使用は発見次第、発信者情報開示請求(書き込み者の特定)及び損害賠償請求を行います。

次の

もちもち食感!かねすえのさぬきわらび餅を食べてみて

かね すえ わらび 餅

四国の老舗和菓子屋さんだけど池袋駅で買える 「さぬき菓匠 松風庵 かねすえ」は昭和40年創業の老舗和菓子屋さん。 本店は香川県の高松ですが、首都圏にも今回行った池袋駅を始め羽田空港や町田などに店舗があります。 あとデパートの催事なんかでも結構出店してますねー。 池袋駅、前は改札内だけだったんですけど、外でも買えるようになって非常に便利になりました。 いつ行ってもちょっとした行列ができてる人気店です。 こんな感じで目の前でわらび餅を詰めてくれます。 これがあるから待つんだけど、手際が良いのでついつい見入ってしまう…。 ちなみにさぬきわらび餅の他には、苺がまるごとはみ出てる「いちご大福」(340円(税込))なんかがあります。 どれも美味しそう。 シンプルな正統派の美味しさ 「さぬきわらび餅」、ずっしりとした存在感の2人前450gです。 1,100円(税込)。 1人前を頼めば550円で買えるような気がしますが、まだ試したことはありません…。 この前買った中目黒にあると違って、こちらはしっかりとパックされているので、きな粉が飛び散るということはありません。 包装も、その場で詰めているのにしっかりとした包装。 程よい弾力のわらび餅です。 一つ一つがちょうどいい大きさにまとめられています。 お店に行くとその場でこねてまるめて、という調理工程が見られます。 詰めるのもその場で詰めているので 生まれたてのわらび餅! 賞味期限過ぎても弾力は変わりません(冷蔵庫に入れると死ぬ)。 程よい甘さですが、結構喉に残る感じ。 お茶必須です。 でも、いくらでも食べられるテイストです。 2人前ですがペロッといけますね。 さぬきわらび餅の「さぬき」の部分はよくわかりませんが、香川大学で発見された 「希少糖」を使っているのだとか。 ちなみに購入の際にオプションで黒蜜も付けてもらえます。 個人的には黒蜜無しでも十分な甘さですね。

次の

「かねすえ」のわらび餅

かね すえ わらび 餅

一畑百貨店の6階に、 ズームイン!サタデー 「全国うまいもの博」が来ていたので、寄ってみました。 入り口のところに、私の大好きな 「かねすえ」の わらび餅が行列しているではありませんか。 早速行列に加わって並びました(並んでも食べたい絶品の美味しさなんです)。 「松風庵かねすえ」は、1965年(昭和40年)創業の、香川県高松市扇町に本店を構える和洋菓子屋さんです。 地元香川の素材にこだわったお菓子を販売しています。 程よい甘さときなこの香ばしさが絶妙なハーモニーを奏でる「さぬきわらび餅」は、香川の代名詞とも言える「さぬきうどん」に負けないくらいのコシと粘りがあり、お餅のような食感とのどごしが楽しめる美味しいわらび餅です。 こちらがそのわらび餅。 とにかくやわらかさがすごくて、いままで食べたことがないくらいです。 こんなにたくさん入ってます(1100円)。 冷蔵庫で4日持つので一人暮らしの方でも安心です。 写真じゃあ、ぷるぷる感が伝わらないですかね。 このままずっと持ってると落ちてちぎれるくらいやわらかいんです。 別売りの黒蜜をかけていただきます。 「わらび餅」は、見た目こそ華やかさはありませんが、これほど嫌いな人が少ないお菓子も珍しいです。 お店によっては、個性的な違いが少しずつあったりもします。 高松と聞くと、有名な「讃岐うどん」のイメージが強いのですが、四国東部で伝統的な製法で作られる高級砂糖「和三盆」も名物です。 ほんのり控えめな甘さは、讃岐特産の「和三盆」と希少糖が入ったシロップを使用しています。 まろやかで口溶けの良い本場の「和三盆」が、「わらび餅」を上品に引き立ててくれます。 口に入れると、喉元までスルッと入ってきます。 この食感が、なんともたまりませんね。 少し黒蜜をかけると、しっとり感が増してさらに美味しくなります。 大きさも、ひと口サイズで小さいので、「パク、スルッ、パク、スルッ」と次から次へとテンポ良く口に入っていきます。 お茶をすすりながら、「わらび餅」を食べると、みんなが笑顔になります。 家族の団らん時に、「和三盆」がたっぷり入った「さぬきわらび餅」をぜひ召し上がってみてはいかがでしょうか?さぬき和三盆糖のやさしい甘さと何とも言えないもっちり&つるんとした喉越し。 これはクセになること間違いなし!! テレビ番組で、かねすえの「さぬきわらび餅」を食べた芸能人の感想です。 あっという間になくなったので、私は明日も買いに行こうと思っています。 涼しくなりますね。 ツルッツルで」 帰ろうと降りてみると、一畑百貨店の階下には、 ズーミンと チャーミンが遊んでいました。 八幡成人(やわたしげと) 1955年島根県安来市生まれ。 英語教師として島根県公立高等学校に38年間にわたり勤務。 2015年3月、島根県立松江北高等学校に10年間勤務したのを最後に退職。 在任中は、朝は6時半に登校し、図書館で生徒と一緒に勉強に励む。 『ライトハウス英和辞典』『ルミナス英和辞典』(研究社)の編集委員を務める。 参考書、問題集など著書・論文多数。 趣味はカードマジック・クロースアップマジック。 自宅の「蔵」には世界中から収集したマジック・グッズ(特にカード)が多数眠っている。 小田和正、さだまさし、一青窈、岡村孝子、辛島美登里、西村由紀江、柴田淳、リチャード・クレーダーマンをこよなく愛する。 「好きなことをやり、メシが食えて、人から感謝される」(竹内 均氏)職業として教師を選び、「英語は絶対に裏切らない!」を掲げ、英語・読書の面白さを生徒たちに毎日熱く語った。 文房具マニア、プロレスファンでもある。 2015年6月松江北高に常勤講師として現場復帰。 2017年6月より松江北高非常勤講師。 2019年4月より米子「勝田ヶ丘志学館」講師。

次の