お盆 天気 2019。 2019年「お盆の天気傾向」 日本気象協会発表(download.pocketinformant.com)

2019年「お盆の天気傾向」 日本気象協会発表

お盆 天気 2019

連続してお届けしているTABIZINEのお盆特集。 夏に観たくなる映画や読みたくなる小説は、青春を感じることができるものや、背筋が寒くなるようなホラーものなどがありますが、今回は「お盆」にまつわる映画や小説をご紹介します。 映画や小説を通じて、亡くなった方に思いを馳せてみては。 そして、ストーリーの中でどのようにお盆が描かれているかに注目してみるのも面白いですよ。 」で、2017年日本アカデミー賞最優秀脚本賞に選ばれた新海誠監督が制作した「天気の子」。 2019年に公開され、RADWIMPSによる主題歌「愛にできることはまだあるかい」とともに大ヒットしたこの映画ですが、実はストーリーの中でお盆にまつわるものが描かれています。 まだ観ていない方は、ぜひご覧になってみてくださいね。 家族に音楽を禁じられながらも、ミュージシャンを夢見るギターの天才少年ミゲルは、ある日、彼はガイコツたちが楽しく暮らす、カラフルで美しい死者の国に迷い込んでしまいます。 日の出までに帰らないと、ミゲルの体は消えて永遠に家族と別れることに・・・。 唯一の頼りは、陽気だけど孤独なガイコツのヘクター。 映画で描かれているメキシコなどのラテンアメリカ諸国の祝日「死者の日」は、日本のお盆と同じくご先祖を迎えてもてなす行事です。 10月31日~11月2日の3日間と日本と時期は異なりますが、その期間に故人の魂が戻ってくるとされており、故人やご先祖様を大切にするという思いは共通しています。 美しい「死者の国」を舞台に、人生や家族、ご先祖様を思い出す大切さをテーマにした映画です。 com 2018年に公開されたドキュメンタリー映画。 東日本大震災から4年後の2015年、福島県双葉町の人々は4年経ってもなお避難生活を強いられていて、先祖代々受け継がれてきた伝統の「盆唄」消滅の危機に直面していました。 そこで双葉の人々は盆唄を披露するため、ハワイのマウイ島へ向かい、自分たちの伝統を絶やすことなく、後世に伝えられるのではという新たな希望と共に奮闘します。 双葉町の豊かな伝統芸能とハワイの盆ダンスにまつわる唄や音楽、その背景が鮮やかに映し出され、観る者の心を躍らせる映画になっています。 「おわら風の盆」で踊る踊り手である八尾の和紙工房の一人娘・珠美は東京の写真学校生の裕太と恋に落ちますが、祐太は不慮の事故で帰らぬ人になってしまいます。 喪失感から抜け出すことのできない珠美が、ふとしたきっかけで曾祖母の悲恋とその後の人生を知り、前向きに歩み始めます。 過去と現在が交錯しつつ、八尾の伝統芸能などを織り混ぜながら物語が描かれます。 2020年9月には、珠美役を大野いと、裕太役を白石隼也が演じる映画が公開予定。 小説とあわせて映画も楽しんでみてはいかがでしょうか。 両親を亡くした孤独な少女が、盆灯籠が似合う夏の日にある青年と出会い、毎年盆にしか会えない彼との逢瀬が彼女の生きる糧となっていきます。 広島県では、盆灯籠をお墓に供える風習があるのだそうです。 お盆に、亡くなった人やご先祖様に思いを馳せながら、冷房の効いた部屋でゆっくり映画や小説の世界に浸ってみるのもいいかもしれません。

次の

2019年「お盆の天気傾向」 日本気象協会発表

お盆 天気 2019

一昨日の9日 金 頃と比べると、現在はやや勢力を落としていますが、この先は海水温の高い地域を通過することで再発達して、強い勢力で日本へ上陸するおそれがあります。 大雨や暴風、高波、高潮に警戒が必要です。 また台風10号の接近に伴い、交通機関に影響が出るおそれがあります。 お盆のUターンラッシュのタイミングと重なる可能性があるため、随時最新の情報を確認して予定をご調整ください。 週明けも猛暑 台風通過後も猛暑の可能性 週間天気予報・予想気温 厳しい暑さが続いていますが、この先も14日 水 頃までは猛暑が続きます。 お盆休みで外出される方の多い時期ですが、熱中症に警戒をしてください。 台風10号の接近時は強い日差しがない分だけ暑さが控えめとなりますが、台風の通過後は再び厳しい暑さとなる可能性があります。 また、昼間の暑さもさることながら、朝晩の気温もかなり高くなるので、夜間でも熱中症の危険があります。 水分・塩分補給のほか、冷房や扇風機などを使用して、部屋の中を適切な温度に保つように心がけてください。 海辺のレジャーや釣りは高波に要注意 台風9号や台風10号の影響で、沖縄や西日本・東日本の太平洋沿岸では、波の高い状態が続きます。 台風からの「うねり」が届き、海上で普段より波が高くなるだけでなく、数十分に一度程度の頻度で非常に大きな波が押し寄せて、砂浜や岩場などにいても波にさらわれるおそれがあります。 お盆で海に出かける方も多いかと思いますが、海水浴や釣りなど海のレジャーには十分注意が必要です。

次の

2019年「お盆の天気傾向」 日本気象協会発表

お盆 天気 2019

「三連休」初日の10日土曜日は、台風9号は大陸方面へ遠ざかりますが、沖縄では影響が残り、風が強く吹くでしょう。 うねりを伴った高波には、まだ警戒が必要です。 雨は9日金曜日ほど強くはありませんが、雨量が更に増える恐れがあります。 台風が遠ざかっても、土砂災害などに警戒を続けて下さい。 九州から東北南部は晴れて、猛烈な暑さが続くでしょう。 最高気温は35度前後まで上がり、熱中症対策が欠かせません。 そして、この暑さの影響で、午後は大気の状態が不安定になるでしょう。 山沿いを中心に、あちらこちらで雨雲やカミナリ雲が発達しそうです。 外のレジャーは、天気の急な変化に、お気を付け下さい。 一方、東北北部と北海道は、「元・台風8号」の影響で、昼頃まで雨の残る所があるでしょう。 午後は雨が止んできて、雨のあとは、一時的に少し涼しい空気が入りそうです。 小笠原諸島 土日は 台風10号が最も接近 台風10号は、9日金曜日午前9時現在、「大型」で「非常に強い」勢力を維持したまま、小笠原近海に、ほとんと停滞しています。 台風10号は10日土曜日から11日日曜日頃にかけて、小笠原諸島に最も接近する予想です。 ただ、台風10号は、小笠原付近では「動きが遅い」のが特徴です。 このため、小笠原諸島では、長い時間、影響を受ける恐れがあります。 さらに、小笠原付近では海水の温度が高いので、暖かい海に長く居座ることで、台風10号は発達のピークを迎えそうです。 10日土曜日から11日日曜日頃にかけては、小笠原諸島では、高波に厳重に警戒するとともに、暴風や大雨による土砂災害などにも警戒が必要です。 台風10号 お盆を直撃 三連休から影響も 台風10号は、小笠原に影響をおよぼしたあとも、ゆっくりと北上を続けるでしょう。 13日火曜日以降は、暴風域を伴ったまま、西日本や東日本の太平洋側に接近する恐れがあり、本州に近づく頃も、まだ「強い」勢力を維持する予想です。 台風が本州に近づく頃は予報円が大きく、まだ進路が定まりませんが、予報のもとになる資料を見比べると、台風が本州に近づくタイミングが遅くなる可能性もあります。 ただ、台風の影響は、この三連休から出始めるでしょう。 西日本や東日本の太平洋側では、台風10号からのうねりが入るため、三連休から波が高くなる恐れがあります。 海のレジャーは、計画の変更も視野に入れて、十分な注意が必要です。 また、台風の進路次第では、来週の予報が大きく変わり、大雨になったり、風が強まったりして、お盆休みの交通機関に影響がでる恐れがあります。 さらに台風が北上すると、気温の予想も変わる可能性があります。 お盆休みにお出かけの際は、天気予報や交通情報のチェックを忘れないで下さい。 なお、この情報は9日金曜日の資料をもとに作成しています。 最新の台風情報を確認して下さい。

次の