別冊 オリンピア キュクロス。 『別冊オリンピア・キュクロス』第1話君はヘレネス見たよ〜!

別冊オリンピア・キュクロス:竹内まりや「大人の遊び心満載」と絶賛 養老孟司、中村勘九郎も

別冊 オリンピア キュクロス

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて延期されていた新作エピソードの放送が、6月22日に再開する。 これを記念し、シンガー・ソングライターの竹内まりやさん、解剖学者の養老孟司さん、歌舞伎役者の中村勘九郎さんといった各界の著名人が、絶賛のコメントを寄せた。 竹内さんは「ヤマザキマリさん原作、藤井亮監督によるこのクレーアニメは大人の遊び心満載だ。 古代ギリシャやオリンピックへの豆知識や文化比較を取り込みながら、荒唐無稽(むけい)なユーモアで脱力させてくれるたった5分の希少番組。 私のひそかな楽しみは、毎回変わる謎のエンディング・ソング(笑い)」と語っている。 養老さんは「笑って気楽に見ました。 私は年寄りですが、(劇中に登場する)村長みたいになりたくないですね。 人生は長いんです。 いろいろなことがあります。 自分が楽しんで生きるとはどういうことか、それをなんとなく学ぶことができますね。 このマンガ」とコメント。 勘九郎さんは「これは! ボクの大好きな奇想天外、まか不思議なヤン・シュバンクマイエルを思わせるようなアート作品であり、ヤマザキマリさんのぶっ飛んだ世界観を表現するには最高のアプローチ! 誰もがクスッと笑ってしまうような面白さと可愛さでいっぱいです! 日々の笑顔に、ぜひ!」とメッセージを寄せた。 アニメは、ヤマザキさんが2018年3月からマンガ誌「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の「オリンピア・キュクロス」が原作。 ある日、村の争いに巻き込まれ思い悩むうちに、1964年の五輪に沸く東京にタイムスリップしてしまう。 キャラクターをクレーアニメで表現する手法などを用いた5分アニメとして制作。 滋賀県の「石田三成CM」などで知られるクリエーターの藤井さんが監督を務め、電通が制作する。 小野大輔さんが主人公デメトリオスを演じるほか、俳優の片桐仁さん、佐藤貴史さんが声優として出演する。

次の

別冊オリンピアキュクロス(アニメ)声優キャストやあらすじ|放送日と主題歌予告映像も

別冊 オリンピア キュクロス

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて延期されていた新作エピソードの放送が、6月22日に再開する。 これを記念し、シンガー・ソングライターの竹内まりやさん、解剖学者の養老孟司さん、歌舞伎役者の中村勘九郎さんといった各界の著名人が、絶賛のコメントを寄せた。 竹内さんは「ヤマザキマリさん原作、藤井亮監督によるこのクレーアニメは大人の遊び心満載だ。 古代ギリシャやオリンピックへの豆知識や文化比較を取り込みながら、荒唐無稽(むけい)なユーモアで脱力させてくれるたった5分の希少番組。 私のひそかな楽しみは、毎回変わる謎のエンディング・ソング(笑い)」と語っている。 養老さんは「笑って気楽に見ました。 私は年寄りですが、(劇中に登場する)村長みたいになりたくないですね。 人生は長いんです。 いろいろなことがあります。 自分が楽しんで生きるとはどういうことか、それをなんとなく学ぶことができますね。 このマンガ」とコメント。 勘九郎さんは「これは! ボクの大好きな奇想天外、まか不思議なヤン・シュバンクマイエルを思わせるようなアート作品であり、ヤマザキマリさんのぶっ飛んだ世界観を表現するには最高のアプローチ! 誰もがクスッと笑ってしまうような面白さと可愛さでいっぱいです! 日々の笑顔に、ぜひ!」とメッセージを寄せた。 アニメは、ヤマザキさんが2018年3月からマンガ誌「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の「オリンピア・キュクロス」が原作。 ある日、村の争いに巻き込まれ思い悩むうちに、1964年の五輪に沸く東京にタイムスリップしてしまう。 キャラクターをクレーアニメで表現する手法などを用いた5分アニメとして制作。 滋賀県の「石田三成CM」などで知られるクリエーターの藤井さんが監督を務め、電通が制作する。 小野大輔さんが主人公デメトリオスを演じるほか、俳優の片桐仁さん、佐藤貴史さんが声優として出演する。

次の

別冊オリンピア・キュクロス

別冊 オリンピア キュクロス

オリンピア・キュクロス ジャンル 、 漫画 作者 出版社 掲載誌 レーベル 発表号 2018年8号 - 発表期間 2018年3月20日 - 巻数 既刊4巻(2020年2月19日現在) アニメ:別冊オリンピア・キュクロス 原作 ヤマザキマリ 監督 脚本 藤井亮、坪井篤志、 アニメーション制作 藤井亮、豪勢スタジオ 製作 『別冊オリンピア・キュクロス』 制作委員会 放送局 ほか 放送期間 2020年4月 - 話数 全24話(予定) - プロジェクト ・ ポータル ・ 『 オリンピア・キュクロス』は、によるの。 『』()にて2018年8号から連載中。 およびを題材としており、古代ギリシャ人の主人公が2度の東京オリンピック開催前後の日本にを繰り返す姿を通して、古今の文化の違いを描く作品。 制作経緯・作風 [ ] 本作は、ヤマザキが代表作『』連載時より面識のあった集英社の担当編集者より、オリンピックをテーマにした作品制作を打診されたことに端を発する。 オファーを受けたヤマザキは、かねてより抱いていた「古代ギリシャ人が現在のオリンピックを見たらどう思うか」、「なぜ今の競技会は経済に大きく影響するイベントになったのか」という疑問を主題にした本作を考案し、『グランドジャンプ』で連載される運びとなった。 同時にヤマザキは、スポーツが好きな人の多い訳や日本のメディアなどがスポーツを多く取り上げる理由についても分析したいとする思いから、自身がそこまで得意でない運動絡みの題材を取り上げたと語っている。 ヤマザキは本作を通して、読者が前に古代オリンピックに関する知識の獲得や、近代オリンピックとの違いに関して考えることに繋げることを想定している。 本作の大まかな構想は開催時期には完成しており、古代人がタイムスリップをするコメディ調の作風となっている。 物語の流れ自体は『テルマエ・ロマエ』と共通するが、当作がに関する内容しか書けなかったのに対して、本作はオリンピックのみならず古今それぞれの時代における様々な文化を取り上げている特徴がある。 またヤマザキは、『テルマエ・ロマエ』で取り上げた古代ローマ人は法で動いていたのに対し、古代ギリシャ人は哲学および教養を身につけることで自らをコントロールしていたという違いから、本作を『テルマエ・ロマエ』と同じにせず差別化することが製作当初から意識している。 キャラクター設定に関しては、古代ギリシャ文明におけるの学術的重要性に加えて、差別化を図るために試行錯誤する壺絵師が現代の漫画家とシンクロする部分があったため、壺絵師が主人公に設定されている。 あらすじ [ ] オリンピックを始めとする運動競技会が盛んな紀元前400年ごろの古代ギリシャ。 壺絵師見習いである デメトリオスは、常人離れした運動神経をもちながらも草食系な性格が災いし、村人たちより侮られる日々を送っていた。 ある時、領土争いの代理として提案された競技会に村の代表として強制的に選ばれたデメトリオスは、雷に打たれた瞬間オリンピックの開催に沸く1964年の日本にタイムスリップする。 そこで見た運動会に触発されたデメトリオスは、内容を模した競技会を提案し、勝負を制することで村の危機を救うことに成功する。 運動や競技会が命の喜びをもたらすものであることを知り、絵師を続けながら競技会に向けてトレーニングも開始したデメトリオスは、村や自身が困難に直面する度にタイムスリップを繰り返し、その過程で出会う人物たちに薫陶を受けながら絵師としてもアスリートとしても成長していく。 登場人物 [ ] 声の項はテレビアニメ版の担当。 古代ギリシャの人物 [ ] デメトリオス 声 - 本作の主人公。 海際の小村トリトニアに住む壺絵師見習いの青年。 村の代表選手としてオリンピックへの出場を要求されるほどの超人的な運動神経をもつが、戦争やそれ並みに殺伐としたオリンピックを嫌うため、村の人間からは「草食系オタク」と揶揄される。 また、本職の絵の腕前はお世辞にも良いとは言えず、師匠やテオフィロスからは何度も廃業を勧められている。 雷に打たれるとオリンピックが開催される時代の東京にタイムスリップする能力が身に付き、そこで出会う文化や人々に影響を受けるようになる。 特に手塚の助言や円谷の自死には強く衝撃を受け、絵師および競技者として大成するにはどちらにも向き合う必要があるという考えに至り、アテネで自己研鑽を積むこととなる。 タイムスリップする時代は決して古代ギリシャでの時間経過に対応しておらず、1964年と2020年を何度も行ったり来たりするなど一定しない。 テオフィロス 声 - トリトニアの村長。 衰退する村を豊かにすることを第一とし、デメトリオスを無理やり競技者に転向させようとしたり、オリンピックに匹敵する競技会の開催を画策するなど苛烈な性格。 アポロニアス 声 - 嘉納みなこ テオフィロスの一人娘。 デメトリオスが密かに慕う相手だが、彼の友人であるアンペリウスとの結婚が決まっている。 デメトリオスがアテネで出会った哲学者兼レスラー。 物質的な豊かさを優先するアテネの現状に危機感を覚え、金には代えられない文化の尊さや師ソクラテスが語った「魂の配慮」を市民に啓蒙しているが、中々聞き入れられずにいる。 芸術は感覚的満足感を与えるだけで中身が伴わないものとして捉え、アテナを堕落させソクラテスを追い詰めた現況と考えていた。 しかしタイムスリップしてきたソクラテスや手塚との対話によって、芸術による弁証は可能であることに気づかされる。 さらにデメトリオスの姿から運動が弁証に比肩しうる表現である考え直すようになり、ルールに則ったレスリングで不正試合を戦い抜いたり、卓司に教えられたプロレスをデメトリオスらと展開したりすることで「魂の配慮」を実践するようになる。 プラトンの師である哲学者。 本編以前に良き社会の実現のために人間の真の在り方と向き合う「魂の配慮」を説いていたが、有害な思想と判断されたことで投獄され、服毒自殺を遂げた。 啓蒙活動に苦戦するプラトンの前に手塚と共に現れ、芸術の可能性を示す。 日本の人物 [ ] 巌谷家 [ ] デメトリオスと多く交流をもつ一家。 巌谷浅吉(いわや あさきち) 声 - 1964年ごろの東京でデメトリオスが出会う老人。 デメトリオス作の壺を所有するなどギリシャ文明に造詣が深く、古代ギリシャ語でデメトリオスと会話が出来る数少ない人物。 デメトリオスの時代に無い文化や思想を教える。 2020年では既に故人で、2000年ごろに大往生を遂げたとされる。 巌谷敏郎(いわや としろう) 浅吉の孫。 1964年時は年端もいかない幼子だったが、2020年では浅吉と瓜二つの容貌をした古代ギリシャの研究者になる。 オリンピック委員会に名を連ねるほどの人物となっているが、息子夫婦に起こった悲劇に起因する家庭問題を抱える。 巌谷泰司(いわや たいじ) 敏郎の息子。 若いころはレスリングのオリンピック候補になるほどの選手だったが、交通事故で妻を喪い、自身も選手生命を絶たれる。 その後は指導者に転身するが、自分の夢を息子の卓司に押し付けるようになり、家族間に不和をもたらす原因となる。 プロレスをエンターテインメント重視の低俗なスポーツと見下していたが、卓司と龍山の試合を見て考えを改める。 巌谷卓司(いわや たくじ) 敏郎の孫。 3歳から父の厳しいレスリング指導によって結果を残しながらも父に認められない現状に嫌気がさし、2020年では趣味の昆虫飼育とプロレス鑑賞に傾倒している。 父の過剰な指導に耐えかねて練習から逃げ出した直後、古代ギリシャにタイムスリップしてデメトリオスやプラトンらと邂逅し、彼らと交流を経てプロレスの世界で生きていくことを決め、「カブトムシマスク」の名でアマチュアプロレス団体のリングに上がるようになる。 試合を鑑賞していた龍山と前代未聞の一本勝負を見せたことで父にも認められ、龍山の団体に迎え入れられることとなる。 その他の人物 [ ] (てづか おさむ) 1964年における有名漫画家。 『』など複数連載を抱えて缶詰めとなっていた際、アシスタントとして美智子に連れてこられたデメトリオスと出会い、漫画の力やそれを伝えるために必要な表現技法および持論を伝える。 後に古代ギリシャへとタイムスリップし、プラトンやソクラテスと邂逅。 彼らの前で『』のキャラクターとあらすじを伝え、漫画が哲学および先人たちの思いを伝える手段になる可能性を示す。 美智子(みちこ) 声 - 長澤優花 巌谷の近所に住む少女。 漫画家を志しており、手塚のアシスタントとして修業を詰んだ後、少女漫画家となる。 (つぶらや こうきち) 1964年東京オリンピックの男子マラソン日本代表選手で、同大会の銅メダリスト。 入賞時は走ることの素晴らしさを伝えたいとする思いを抱えていたが、全国民から寄せられる期待への重圧や練習を優先させられる生活に心をすり減らしていき、1968年に自殺する。 デメトリオスとは彼が東京大会のマラソン走路上にタイムスリップした際に面識をもつ。 2度目の邂逅では互いに長距離走を強要される立場から共感を抱き、死亡寸前にはデメトリオスにそれまで抱えていた思いの丈を告白する。 前田龍山(まえだ りゅうざん) 敏郎とほぼ同じ世代の男性。 本名は「龍一」。 幼少期に幼い弟妹のため万引きしたところでデメトリオスと面識をもつ。 その後孤児院に入り、商品の米俵狙いで地域の相撲大会に何度も出場。 小兵ながらも大柄の相手を投げ飛ばす身体能力がプロレスと相撲の関係者の目に留まり、成長後プロレス入りする。 選手時代は「ヘラクレス」のリングネームで業界を席巻する。 2020年には有名団体の社長となっている。 タイムスリップしたデメトリオスと再会し、彼と一緒にいた卓司と邂逅。 彼が泰司の考えに逆らいアマチュアプロレスに参加していることを知ると、病気持ちの身体をおして卓司と試合を組み、プロレスが周囲を感動させられるエンターテインメントであることを証明した。 書誌情報 [ ]• 『オリンピア・キュクロス』 〈〉、既刊4巻(2020年2月19日現在)• 2018年7月19日発売 、• 2018年12月19日発売 、• 2019年7月19日発売 、• 2020年2月19日発売 、 テレビアニメ [ ] 『 別冊オリンピア・キュクロス』(べっさつオリンピア・キュクロス)のタイトルで、5分間のショートアニメとして2020年よりにて放送中。 第1話から第4話は4月および5月に放送され、5話以降はの感染拡大の影響より6月から放送されている。 作品の特徴として、古代ギリシャパートは、日本パートは紙芝居を用いたアニメーションで表現される。 スタッフ [ ]• 原作 - ヤマザキマリ• 監督・脚本・アニメーション制作 -• 構成・脚本 - 坪井篤志、• 設定監修 - 長田龍太• 編集・CG - 奥本宏幸(チーフエディター)、安田勇真(3DCG・編集)、橋本真吾• 音響監督 - 辻元良• 音響制作 - サウンズユー• 制作プロデューサー - 川路文、坪井篤志• プロデューサー - 花田聖、吉良俊一郎、手島悦子、中島直人、篠崎真哉• アニメーション制作 - 豪勢スタジオ• 制作 -• 製作 - 『別冊オリンピア・キュクロス』制作委員会(MTDD、) 主題歌 [ ] オープニングテーマはの「 」が使用される。 これは本来の演奏ではなく、とアレンジ担当の林彰人が歌う形でメロディーが流れる。 林作曲、藤井亮作詞のエンディングテーマは、サブタイトルと同じ名前の曲がホニェーロスなるキャラクターによって歌唱される。 ホニェーロスもクレイアニメーションで描かれているが、本編とは異なり、口元の表現には(Syncro-Vox)が使われている。 スパイス 2020年2月10日. 2020年2月23日閲覧。 ナターシャ 2018年3月20日. 2020年2月23日閲覧。 oricon ME 2018年10月15日. 2020年2月23日閲覧。 2019年4月30日. 2020年2月23日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2018年12月26日. 2020年2月23日閲覧。 アニメイト 2020年3月18日. 2020年3月18日閲覧。 集英社コミック公式 S-MANGA. 2020年2月23日閲覧。 集英社コミック公式 S-MANGA. 集英社. 2020年2月23日閲覧。 集英社コミック公式 S-MANGA. 集英社. 2020年2月23日閲覧。 集英社コミック公式 S-MANGA. 集英社. 2020年2月23日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2020年5月4日. 2020年5月4日閲覧。 TVアニメ「別冊オリンピア・キュクロス」公式サイト. 2020年4月15日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 外部リンク [ ]• - 集英社グランドジャンプ公式サイト• - 作品紹介サイト• BessatsuOlympia -• bessatsuolympia -.

次の