お手数をお掛けして申し訳ありません。 「お手数ですが」「お手数おかけしますが」の意味と使い方

「この度はお手数をおかけして」の意味と使用に適した場面|ドクモバ!

お手数をお掛けして申し訳ありません

具体的な「お手数をおかけして」の使用例を、解説していきます。 前や後にどんな言葉をつけるのかによって、「お手数おかけして」の印象は大きく変わってきます。 相手と自分の関係や立場に応じて、使い分けができるようにしていきましょう。 申し訳ございません 誰かが「お手数をおかけして、申し訳ございません」と言っているのを、見たことはないでしょうか。 非常によく使われる表現で、ビジネスシーンでのやりとりにおいても必ずといっていいほど出てきます。 誰に対しても失礼にならない言葉遣いですので、いざというときにサッと出るようにしておくと、困らないで済むでしょう。 すみません 「お手数をおかけして、すみません」という言葉も、よく使われています。 「すみません」は少し丁寧さに欠けるので、ビジネスシーンにおいては「申し訳ございません」を使用するほうが適当です。 日常会話でお隣さんと話す程度であれば、「すみません」のほうが仰々しくなく、良好な関係を築いていけるということはあります。 その時々で合っている言葉を使い分けるようにしましょう。 現在も「お手数」をかけている最中の相手に対しては、「お手数をおかけしております」といって、現在の状況をお詫びしたり、感謝している気持ちを伝えましょう。 相手が忙しく、こちらを手伝うことで多少いらいらしている場合があります。 そんなときに、「お手数をおかけしております」と一言かけるだけでも、自分と相手の関係を円滑にできるということがあります。 クレーム他応などでも多く使われている言葉です。 ありがとうございます 相手が力を貸してくれたことに対して感謝の気持ちを伝えたいときは、「お手数をおかけしました、ありがとうございました」「その節はありがとうございました。 お忙しいところお手数をおかけし、申し訳ありませんでした」などの言葉を使いましょう。 お礼の気持ちだけでなく、手伝わせてしまって申し訳なかったという、お詫びの気持ちも伝えることができるので、より丁寧な印象を与えることができます。 特に目上の人に対しては、ただ単にお礼だけを伝えるよりも、「お手数おかけして」と一言添える方が、好ましいといえるでしょう。 お忙しいところ 相手が忙しいのにもかかわらず、何か頼みごとをしたり、手伝ってもらったりしたときにも、「お忙しいところ」という表現が使えます。 「お忙しいところ、お手数をおかけしました」「お忙しいところ、お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします」というように、「忙しいのに、本当にありがとう」「あなたが忙しいのは知っているけど、そこをなんとかお願いします」などの気持ちを込めることができます。 こちらもビジネスシーンではよく使われる常套句なので、頭の引き出しにしまっておきましょう。 「お手数をおかけして」を他の言葉で言い換えると? 「お手数をおかけして」はビジネスメールでも使うことのできる便利な表現です。 いくつか例を挙げてご紹介します。 〇かの件ではお手数をおかけしております。 〇お手数をおかけして申し訳ございませんが、添付の用紙にご記入いただきまして、11月10日までにお送りくださいますようお願いいたします。 〇お手数をおかけしておりますが、早急に対応させていただきますので、今しばらくおまちくださいますようお願い申し上げます。 〇お手数をおかけしているにも関わらず、力強いお言葉までいただき、本当にありがとうございます。 メールの文章での注意点は、必ず書き言葉で表現することです。 メールは目に見える情報ですので、「お手数おかけして」のように、助詞の「を」を抜いてはいけません。 ビジネスシーンで送るメールの場合は、特に気をつける必要があります。 書き言葉に、普段使っている言葉遣いがついつい出てしまうことは珍しくありません。 日頃から正しい言葉を使うようにしましょう。 「お手数をおかけして」は二重敬語なの? 「お手数をおかけして」には「お」が2つついていますが、二重敬語となるのでしょうか。 二重敬語とは、尊敬を示す動詞と尊敬を示す助動詞「れる・られる」が同じ文で使われていることです。 では、「お手数をおかけして」はどうなるのでしょうか。 「お手数をおかけして」では少しわかりづらいので、「お手数をおかけする」に直して考えていきましょう。 この言葉を文法的に解説すると、下記のようになります。 ・「お手数」は、名詞の「手数」の丁寧な表現です。 ・「おかけする」は、「かける(掛ける)」を謙譲語にするために、「お~する」というかたちにした言葉です。 お察しのとおり、「お手数をおかけして」という表現は二重敬語にはあたりません。 ではどんな表現をしたときに二重表現になるのでしょうか。 先ほども触れましたが、二重敬語とは、尊敬を示す動詞と尊敬を示す助動詞「れる・られる」が同じ文で使われていることです。 例えば、「お召し上がりになられる」「ご覧になられる」という言い方がそうです。 「お召し上がりに」「ご覧に」という表現は、それだけで尊敬語の表現ですので、後に「なられる」をつけると、過剰な表現となってしまいます。 この場合は、「お召し上がりになる」「ご覧になる」が正しい表現です。 丁寧な表現を使うことに夢中になりすぎて、間違った言葉を使わないように気をつけましょう。 ビジネスシーンにおいて、こういった微妙な言葉遣いの違いを指摘されることはあまりありませんが、少なからず相手に違和感を感じさせてしまっている可能性があります。 「お手数をおかけして」をつかいこなそう!.

次の

謝罪の誠意が伝わるお詫びメールの鉄板フレーズと例文10選【状況別】

お手数をお掛けして申し訳ありません

「お手数おかけします」の意味と読み方 「お手数おかけします」の意味 「お手数おかけします」は、行動をしてくれる相手に対し、お詫びや感謝の気持ちを表現する言葉です。 「手間や面倒をかけてしまうかもしれませんが、よろしくお願いします」という意味がこもっています。 「手数」は、行動に必要な動作や細工の数、またそれが多くて面倒なことを、「かける」は、あることや物のために労力や時間などを費やすこと、負担をかけることを示しています。 「お手数」の2つの読み方 「お手数おかけします」は「おてすうおかけします」と読まれることが一般的です。 「手数」=「てすう」は訓読みと音読みが混じった変則的な読み方になります。 一方、「お手数」を「おてかず」と読むこともあります。 「手数」だけを抜き取って考えると「てすう」のほかに「てかず」という読み方が存在しており、「手数」単体では訓読みをする「てかず」が本来の読み方になります。 「てかず」は、なにか物事をするための労力や手間、将棋や碁の手の数、ボクシングでの手を出す数を意味します。 基本的には「おてすう」「おてかず」どちらのの読み方をしても問題はありません。 「お手数おかけします」の類語 「ご面倒をおかけします」との違い 「面倒」は、手数がかかる不快なことや煩雑でわずらわしいことを意味しています。 その「面倒」の負担をかけることかけることへのお詫びや感謝を表現する言い方です。 意味としては「お手数おかけします」と同じで、使うシチュエーションも同じです。 「お手を煩わせる」との違い 手を煩わせる、つまりこれは相手に面倒をかけることをへりくだる表現です。 「お手数おかけします」や「ご面倒をおかけします」は、それ単体でお詫びや感謝を伝えることができます。 「お手を煩わせる」は、「お手を煩わせて申し訳ありません」などのように、お詫びの言葉などと組み合わせて使用します。 「お手数おかけします」の使い方 「お手数おかけします」はクッション言葉 お詫びの気持ちや感謝を伝えるだけではありません。 後に続く文章にワンクッション置く、クッション言葉としても使えるのが「お手数おかけします」なのです。 そのほかには「恐縮ですが」や「申し訳ございませんが」などもクッション言葉です。 ビジネス上でクッション言葉を使用すると、表現を少しぼかすことができ、話や取引を円滑に進めることにつながることもあります。 文章としては助詞がある「お手数をおかけします」が正確ですが、口語で使う場合には「を」と「お」がつながり「お手数おかけします」と使われる場合が多いようです。 改まった場面やメールなどの文章では、「お手数をおかけします」と「を」加えるとよいでしょう。 表現のバリエーションとして覚えておきましょう。 「お手数おかけします」は上司にも使える 上司など、目上の人にも使うことができる表現です。 相手に手間や面倒に当たる「手数」をかけさせてしまう場合に使用する尊敬語にあたります。 単純にお願いをする「よろしくお願いします」などの表現だけを使用するよりも、「お手数おかけします。 よろしくお願いします」もしくは「お手数をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします」のように1文加えるだけで、より丁寧で好印象を持たれる表現になります。 相手に何かを教えてもらう時や、確認して欲しい時など幅広いシーンで使うことができます。 「お手数おかけします」の例文や返事 「お手数おかけします」を使った例文• お手数をおかけして恐縮ですが、何卒ご容赦のほどよろしくお願いいたします• お手数をおかけしますが、ご確認いただけますでしょうか• お手数おかけしてすみません(申し訳ありません)• 私用なお願い事で、何かとお手数おかけしました• お忙しいところ、お手数おかけします 「お手数おかけします」だけでも感謝や詫びの気持ちは伝わりますが、さらに「申し訳ありません」や「恐縮です」と言った詫びの意味を持った言葉をつなげて表現することがあります。 ビジネス上で何かと使用する「お手数おかけします」の表現を、いくつか覚えておくと表現の幅が広がるので便利です。 「お手数おかけします」への返事 相手に「お手数おかけします」と言われた場合はどのように返事をすれば良いでしょう。 大丈夫ですよ。 いつでもおっしゃってください。 構いません。 気にしないでください。 どういたしまして。 滅相もないことです。 とんでもございません。 相手は、手数をかけたことに対してお詫びの気持ちを持って「お手数おかけしました」と言ってきているので、その気持ちを打ち消す内容の返事をするようにしましょう。 立場的に対等な相手であれば、どの表現を使っても良いのですが、目上の人には「とんでもございません」「滅相もないことです」などが好ましいでしょう。 まとめ 「お手数おかけします」「お手数をおかけしますが」は、相手への気遣いを感じさせる表現です。 ビジネスシーンはもちろんのこと、あらゆるシーンで使われます。 場面や相手に応じたやりとりを上手にこなすことで、マナーのきちんとした常識のある人物だという印象を相手に与えることができます。 ぜひマスターしておきましょう。

次の

「お手数おかけしました」の意味・正しい敬語か・使い方と例文

お手数をお掛けして申し訳ありません

Sorry for the... trouble. disturbance. 特に会議を割り込んでいるとき inconvenience. Hope it's not too... much trouble. much of an inconvenience. Hope I'm not... bothering you. 特に誰かの部屋やオフィスを入っているとき inconveniencing you. ビジネスの場面で、「I」や「I'm」と「very」を使い、もっと丁寧になります。 Sorry for the trouble. Hope I didn't cause too much of an inconvenience for you. We apologize for any inconvenience this may cause. ご迷惑をおかけしていることをお詫び申し上げます。 We are sorry for any inconvenience this may cause. ご迷惑をおかけし申し訳ありません。 We are sorry 申し訳ございません apologize for~=~をお詫びします(sorryのフォーマルな表現) inconvenience 不便、迷惑 may cause もたらすかもしれない inconvenience this may cause. このthisは、ここで迷惑をかけている何らかの原因のことを指しています。 ご参考までに.

次の