春日 語録。 禅の語録を読む

『春日語録/水曜日のダウンタウン』仕分け×変換済みまとめ【48語録】オードリーどろだんご日記

春日 語録

成せばなる、成さねばならぬ何事も 成らぬは人の、なさぬなりけり 上杉鷹山 やらないとダメ!!考えてばかりいないで行動しなさい!!という言葉です。 成果が得られないのはその人の努力が足りないからですよ。 といさめた言葉です。 上杉鷹山とは、どんな人? 上杉鷹山は借金だらけの米沢藩を立て直した偉人です。 10 歳で米沢藩の婿養子となる。 14 歳の頃から細井平洲に師事し、君主としての知識をみがきます。 小さいころから勉強熱心でした。 17 歳で米沢藩をつぐが、莫大な借金があることを知ります。 鷹山は借金を返すために、自分から模範を示して節約に努めます。 倹約家、企業再生のはしりですね。 財政再建、産業育成、精神復興を同時にしたすばらしい日本人の先輩です。 米沢藩は山形県米沢市です。 今なお山形県米沢市民の心に深く息づいています。 上杉家は関ケ原の合戦で石田三成に味方をしました。 そのため、徳川家康により会津(福島県)120万石から、米沢(山形県)30万石に減らされてしまいます。 減らされ方が凄いです。 さらに3代藩主のころは、半分の15万石にまで減らされてしまいました。 ここまでくると、悲しくなります。 藩の収入はこれまでと変わらないのに、家臣の出費が多く、藩の財政は大変苦しくなりました。 借金総額も大きな金額になっていました。 借金で首が回らなくなったので、 しかたなく米沢藩は重税を農民に課します。 そのため藩から逃げる人が増えてしまいます。 13万人の人口は、1760年ごろは10万人程度にまで減少していました。 藩主になった鷹山は、春日神社、白子神社に奉納し決意をします。 春日神社に奉納した誓詞には、 ・民の父母の心構えを第一とすること ・学問・武術を怠らないこと ・質素・倹約を忘れぬこと ・賞罰は正しく行うこと と決意し、改革に乗り出していきます。 財政の再建 米沢藩では、農民が生活が苦しすぎて 子供を間引くという悪い習慣が横行していました。 上杉家は関が原の合戦で石田三成に味方したため、徳川家康により会津120万石から米沢30万石に減封された。 さらに3代藩主が跡継ぎを定める前に急死したため、かろうじて家名断絶はまぬがれたものの、さらに半分の15万石に減らされてしまいます。 収入を増やそうと重税を課したので、逃亡する領民も多く、かつての13万人が、重定の代には10万人程度に減少していた。 武士達も困窮のあまり「借りたるものを返さず、買いたる物も価を償わず、廉恥を欠き信義を失い」という状態に陥っていたしまった。 日常の食事は一汁一菜、衣服は上等な絹ではなく綿で作られたものだけで、奥女中は 50 人から 9 人に減らしました 一年間の米沢藩の収入、支出、借金などを詳しく記載した帳簿が作られました 現場から意見を聞く 「上書箱」という意見を投げ入れるための箱が設置され、所属を明確にすれば、藩士だけでなく、百姓(農民)や町人も意見書を入れることができました。 産業の育成 上杉鷹山の時代、米沢藩には、これといった名産特産品がありませんでした。 他藩から講師を招くのにお金を使います。 将来のために教育にお金を使いました。 最も大きな産業開発は「 織物業」で、置賜特産の青芋 あおそ を原料とした縮織 ちぢみおり に始まり、これらを基として養蚕 ようさん ・絹織物へと発展していきます 上杉鷹山は、養蚕・織物・陶磁器・和紙などの産業育成に成功します。 農業の育成 大倹約令と一緒に行ったのが農業開発です。 上杉鷹山は安永元年(1772年)、中国の成功例をまねます。 遠山村で藩主が、自ら田を耕す「 籍田の礼」をおこないます。 農業の尊さ、大切さを身をもって示しました。 当時の日本では、武士が農業をすることがありませんでした。 以後、米沢藩士は刀を鍬(くわ)に持ち替え、家臣あげて荒れた地の開発や堤防の修復などが次々に実施されました。 精神の改革 まずは人の心から 荒れた地を開拓するには、まずは心を変えなければいけない。 と考え精神の改革を進めます。 ・無駄なしきたりをやめる 江戸時代は、昔からのしきたりが数多く残されていましたが、上杉鷹山は大胆にもしきたりの一部を見直しました。 それは藩主として初めて米沢に入るときからはじまり、改革への意気込みを周囲に示したと言われています。 上杉鷹山が破ったしきたりは、「乗馬する位置」「祝いの席の料理」「普通は声を掛けない下級家臣にも声を掛ける」といったものでした。 ・信賞必罰 上杉鷹山は、「民の父母」となることを自分に言い聞かせ、藩政改革に必要な場合には、例え重臣であっても処罰する という厳しい態度で自分にも他人にも律してきました。 「泣いて馬謖を斬る」という信賞必罰が大事ということです。 伝国の辞 ある程度の改革ができたので、 35歳で引退を決意します 上杉鷹山が家督を譲るときに、藩主の心得として渡したのが『伝国の辞』です。 短い 3 文だけのものですが、上杉鷹山の考えが凝縮された最高の分です。 一、国家は先祖より子孫へ伝え候 国家にして我私すべき物にはこれなく候 一、人民は国家に属したる人民にして 我私すべき物にはこれなく候 一、国家人民のために立たる君にし 君のために立たる国家人民にはこれなく候 国家は、今の藩主が作ったものではなく、代々の先祖から受け継がれてきたものだから、私物化するな。 人民は自分のものではない。 藩主は国民のためにある。 なせば成る なさねば成らぬ何事も 成らぬは人のなさぬ成りけり 内村鑑三(近代日本の思想家)は『代表的日本人』という著作の中で五人の人物を紹介しているのですが、その一人が上杉鷹山です。 『代表的日本人』には、日蓮大聖人が、、上杉鷹山、、中江藤樹とともに紹介しています。 日本のリーダーとして、今も愛され続けています。 参考文献&サイト 人物探訪:上杉鷹山 記事がお役にたちましたら、いいねをお願いします。 のサポートをいたします.

次の

上杉鷹山の名言と一生について、上杉鷹山の人生と偉大さ【読書のすすめサークル】

春日 語録

麟祥院の概要 臨済宗妙心寺派寺院の麟祥院は、天澤山と号します。 麟祥院は、定光禅師集劉渭川が開山、春日局が開基となり、寛永元年(1624)報恩山天澤寺として創建、春日局死後、春日局の法号に因んで天澤山麟祥院と改号したといいます。 寛永11年(1634)には寺領300石の御朱印状を拝領、江戸時代には臨済宗妙心寺派の触頭を浅草、高輪、牛込と共に勤めていたといいます。 麟祥院の概要 山号 天澤山 院号 麟祥院 寺号 - 住所 文京区湯島4-1-8 宗派 臨済宗妙心寺派 葬儀・墓地 - 備考 臨済宗妙心寺派四ヶ寺触頭、春日局墓所• 麟祥院の縁起 麟祥院は、定光禅師集劉渭川が開山、春日局が開基となり、寛永元年(1624)報恩山天澤寺として創建、春日局死後、春日局の法号に因んで天澤山麟祥院と改号したといいます。 寛永11年(1634)には寺領300石の御朱印状を拝領、江戸時代には臨済宗妙心寺派の触頭を浅草、高輪、牛込と共に勤めていたといいます。 「本郷區史」による麟祥院の縁起 麟祥院 龍岡町に在り、妙心寺派京花園妙心寺の直末で一等に斑し東京に於ける臨済四箇寺の一である。 寛永元年春日局の開基する所で、定光禅師集劉渭川を開山とする。 初め報恩山天澤寺と稱したが、局の法號麟祥院に因み寛永十一年麟祥院と改め天澤山と號し前後三百石の寺領を附せられた。 表門に海東法窟の額あり。 本堂(享保十九年再建)庫裡並に客殿(根津権現殘木)住職居間、春日局靈屋、鎮守堂、経蔵、鐘楼、閻魔堂、土蔵等の建物あり。 寶物に後花園天皇宸筆色紙一軸、家康感状一巻、秀忠書翰一軸、渭川和尚語録一冊、渭川墨跡四軸、春日局文書二巻、家光所持團扇一柄、春日局所持鏡一面、同玉數一連、同團扇一柄、探幽筆春日局畫像一軸、明兆筆十六羅漢十六幅、探幽筆兒文殊畫像一軸、維摩詰過去成道圖(明人畫)一軸、牧渓筆寒山拾得一軸等がある。 墓地には春日局墳墓の外斎藤立本(春日局の兄内蔵助利三の長子)本多忠恕(磐城泉藩主、沖翁壺山と號す安永二年歿六十)奥平玄甫(名は定時、通稱定次郎棲遅庵と號す武州忍藩文学、嘉永三年歿、八十二)泉澤履斎(名は充字は始達、通稱牧太、陸中の人、朝川善庵に學び、亀山藩の儒者となる。 安政二年歿七十七)大槻西磐(名は清禎字は瑞郷、通稱は恒輔、仙臺の人、西洋新史を作る、安政四年歿、四十)の墓がある。 (「本郷區史」より) 麟祥院所蔵の文化財• 十六羅漢図(文京区指定文化財)• 春日局像(文京区指定文化財)• 麟祥院文書・春日局書簡(文京区登録文化財)• 春日局墓(文京区登録文化財)  麟祥院の周辺図 麟祥院 参考資料• 「本郷區史」 .

次の

『春日語録/水曜日のダウンタウン』仕分け×変換済みまとめ【48語録】オードリーどろだんご日記

春日 語録

お笑いコンビ・オードリー若林 正恭さん(41)が11月24日、ニッポン放送「オードリーのオールナイトニッポン」(土曜深夜1時)に生出演し、15歳年下の26歳看護師の女性と「いい夫婦の日」に当たる11月22日に結婚したことを発表しました! 今年3月に知人の作家の紹介で知り合い、8月頃に交際がスタートしてからのスピード婚となったそうで、羨ましい限りですね^^ 放送まで結婚の件を知らされていなかった相方の春日さんは、当初驚きを隠せず「どうなっているんだよ!」と興奮気味に語っていましたが、やがて「めでたい。 おめでとうございます」と祝福の意を表し、その温かいやり取りが印象的でした。 なお春日さん自身も今年の5月に、ドッグカフェ店員のクミさんと結婚していらっしゃいますから、これでオードリーは揃って既婚者となったかたちです。 さて、そういった具合で二人の絶妙な掛け合いが楽しめる「オードリーのオールナイトニッポン」に絡み、気になって仕方ないことが一点あります。 番組内で「ハスる」という表現が頻繁に登場するのですが、これは一体どういう意味なのでしょう? SNS等をみても、最近リスナーになったという方を中心に「オードリーがよく言うハスるって、何のことなの?余りにも普通に登場するから、今更誰にも聞けない」との声が複数上がっているようでしたので、詳細に迫りました。 allnightnippon. スタッフの方が 「『オードリーのオールナイトニッポン~むつみ荘から最後の生放送~』がギャラクシー賞ラジオ部門入賞候補作品に選ばれ、春日さんがハスりました」と、思い切り同表現を用いた報告を行っています。 このような状況を鑑みると、「オードリーのオールナイトニッポン」を楽しむに当たり、ハスるの意味を理解することは必須であるといえるでしょう。 それにしてもギャラクシー賞に選出されるという大変な栄誉を受けて「ハスる」とは、ますます意味が分かりませんね^^; スポンサーリンク? 「ハスる」の具体的な意味を解説! そこでギャラクシー賞を巡る一連のやり取りについて、もう少し詳しく整理してみましたよ! ギャラクシー賞の話題が上ったとき、春日さんは「ギャラクシー賞ってすごいの?」と、照れ隠しもあってか、妙にあまのじゃくな言葉を口にしました。 この発言を受けた若林さんは 「斜に構えてるんじゃないよ!」と、ストレートに突っ込んでいましたね。 さてこの「斜に構える」という表現は、「しゃにかまえる」と口にしている方が圧倒的に多い気はしますが、全く同じ意味で「はすにかまえる」と読むこともできます。 斜め向かいに立つ家を「はすむかいの家」というように、「斜」という漢字には「はす」という読み方もあるのです。 一連の流れから、斜に構えた春日さんをいじるワードとして「ハスガ」という呼び名も生まれました。 ちなみに斜に構えた若林さんのことは、「ハスバヤシ」というようです。 そしてより広義に「斜に構える」こと自体を、オードリーの二人は「ハスる」とか「ハスっている」と表現するようにした模様ですね。 総括すると 「ハスる=斜に構えている」と理解することができ、そこから派生してハスガ・ハスバヤシ・ハスっているといった様々な造語が生み出されている流れです。 ちなみにハスるという言い回し自体は、他の著名人が好んで用いているケースもあるようですので、言葉の意味は「現在オードリーが使用している例でいえば…」という前提のもと理解しておく方が良いかもしれません。 いずれにせよ汎用性の高い言葉ですし、何となく耳馴染みも良いですから、今後もオードリーの2人には重宝されそうな表現だと感じますね^^ 内輪感が強いのでテレビ等で披露されるかというと微妙ですが、ラジオを楽しむに当たっては、是非とも理解しておきたいワードです! スポンサーリンク?

次の