遺産 分割 協議 書 ダウンロード。 遺産分割協議書

遺産分割協議書を自分で作る方法(見本とひな形あります)

遺産 分割 協議 書 ダウンロード

第1の相続が発生し、相続手続きをしないまま相続人が亡くなってしまう(第2の相続が発生するケース)がございます。 このようなケースは「数次相続」と呼ばれ、数次相続により相続権は孫世代等に移ることになります。 数次相続のとき遺産分割協議の当事者の判断は正確に! 数次相続による場合、遺産相続の当事者が増え相続関係が複雑化しています。 遺産分割協議は「相続人全員の合意」が必要です。 遺産分割の当事者となる人の判断を間違えてしまうと「 せっかく遺産分割協議したのにやり直し..」ということになってしまいますので注意してください。 数次相続の際の遺産分割協議の当事者 ・父Aさん死亡 ・相続人は長男B、次男C。 遺産分割前に長男Bが死亡している。 このような数次相続事例では ・次男Cさん ・長男Bさんの相続人全員 が遺産分割協議の当事者となります。 Bさんに「 配偶者D・子E」がいる場合では彼らが遺産分割協議の当事者となるのです。 遺産分割協議が整った場合は、遺産分割協議書を作成しましょう。 数次相続の場合、遺産分割協議書の書式が少々特殊になりますので注意が必要です。 「 数次相続特有の項目」を盛り込む必要があります。 以下、 遺産分割協議書(数次相続)の書式・雛形・書き方を紹介いたします。 遺産分割協議書(数次相続)の書式・ひな形を紹介します 【数次相続の基本事例】 1.祖父板橋三郎に相続が発生し、相続人は板橋清、十条望美の2人 2.その後、板橋清に相続(数次相続)が発生し、板橋清の相続人は板橋さつき、巣鴨玲子 3.遺産については、最終的に巣鴨玲子に相続させたい 遺産分割協議書は2枚に分けて作成するのがおすすめです。 上記のような事例では 1.祖父板橋三郎についての遺産分割 2.数次相続による板橋清の遺産分割 と2つの遺産相続が混在しています。 他のホームページを見ていると「 両方の相続を一枚の遺産分割協議書にまとめて記載する書式」が多く見受けられます。 それでも全く問題はないのですが、私は「 遺産分割協議書を2枚に分けた方が分かりやすいので」2枚に分けて遺産分割協議書を作成しています。 以下、2枚に分けた形式(当事務所で普段使っている遺産分割協議書【数次相続】の書式)を紹介いたします。 まず第1の遺産分割協議書 まず板橋三郎の遺産相続(最初の相続人は「板橋清、十条望美」)について、「 板橋清が相続する旨の遺産分割協議書」を作成します。 なお、本遺産分割協議の前提として、被相続人及び相続人を下記のとおり表示し、下記の被相続人の表示に相違はないこと、並びに相続人が本遺産分割協議書に記載された相続人以外に存在しない旨を相続人全員が確認した。 【十条望美が相続する場合にはこれで完了!】 もし上記の事例で「十条望美」が不動産を相続するのであれば、これで遺産分割協議書は完了です。 これから説明する2枚目は不要です。 続いて第2の遺産分割協議書 先ほどの遺産分割協議書で遺産が「板橋清」のものとなりました。 続いて、板橋清の遺産相続(相続人は「板橋 さつき、巣鴨玲子」)について、「 巣鴨玲子が相続する旨の遺産分割協議書」を作成します。 なお、本遺産分割協議の前提として、被相続人及び相続人を下記のとおり表示し、下記の被相続人の表示に相違はないこと、並びに相続人が本遺産分割協議書に記載された相続人以外に存在しない旨を相続人全員が確認した。 以上が 数次相続のケースの遺産分割協議書の書式・雛形となります。 個人的には、やはり2枚に分けた方が分かりやすいと思います。 (上記の内容を1枚にまとめても全く問題ありません。 ) 以下、数次相続の遺産分割協議書を作成する際のポイントについて解説いたします。 遺産分割協議書(数次相続)の作成方法 数次相続の遺産分割協議書を作る際は 1.相続人の立場を書く 2.遺産分割協議書の日付 この2点だけ気を付けましょう。 誰の相続人なのか「自分の立場」を書く 数次相続の場合の遺産分割協議書では、数次相続による相続人の立場を記載する必要があります。 2つの遺産分割協議書の日付 このページで紹介している「遺産分割協議書(数次相続編)」は2枚に分けて作成しています。 それらの日付については、このようにしてください。 【パターン1:同日にする】 第1の遺産分割:8月20日 第2の遺産分割:8月20日 同じ日付であっても全く問題ありません。 【パターン2:第2の遺産分割の日付を後にする】 第1の遺産分割:8月20日 第2の遺産分割:8月22日(後日付) このようなパターンでも大丈夫です。 まとめ ここまで「 遺産分割協議書(数次相続)の書式・ひな形」について解説いたしました。 数次相続の遺産分割協議書を作成される際の参考ページとしてお役立てください。

次の

遺産分割協議書の書き方・例文・文例 書式・様式・フォーマット 雛形(ひな形) テンプレート(相続財産別・法務局の様式に準拠したタイプ)01(ワード Word)

遺産 分割 協議 書 ダウンロード

1.遺産分割協議証明書の効力|遺産分割協議書と何が違う? 1-1.遺産分割協議証明書とは 遺産分割協議証明書は、遺産分割協議の内容について対外的に証明する書類のことです。 相続手続きの際、相続税申告や遺産の名義変更などで必要になります。 効力としては、遺産分割協議書の効力と同じです。 遺産分割協議書との違い 遺産分割協議書との違いは、主に下記の4つです。 つまり、Aさんの署名押印による遺産分割協議証明書でBさんが相続手続きを行うことはできません。 そのため、相続財産に不動産が含まれている場合は、すべての協議内容を記載し、全員で証明書の内容を揃えるようにしましょう。 なお、遺産分割協議書については以下の記事をお読みください。 「遺産分割協議書なんて面倒くさい…書かなくてもいいんじゃない?」と思われる方も多いかもしれません。 しかし、遺産分割協… 1-2.遺産分割協議証明書を作成するメリット 遺産分割協議書ではなく、あえて遺産分割協議証明書を作成するメリットとしては、以下が挙げられます。 1人の署名押印で足りるので、遺産分割協議書よりも早く、簡単に作れる• 遺産分割協議書の回覧中に生じる可能性がある紛失や、対応が遅い一部の相続人による遅滞のおそれがない 1-3.遺産分割協議証明書が役立つケース 相続税の申告が必要なとき 相続税の申告が必要となる場合、遺産分割協議証明書(または遺産分割協議書)は、申告時の添付資料として必要になります。 いっぽう、相続税の申告および納付は、相続発生から10ヶ月以内に完了しなくてはなりません。 遺産分割協議書では相続人全員分の署名押印を得るために、相続人間で回覧しなくてはならず、 申告期限に間に合うかどうかが心配です。 この点、遺産分割協議証明書であれば個人が作成できるので、迅速な手続きが望めます。 相続人が多かったり、離れて暮らしたりしているとき また、相続人の人数が多かったり、相続人同士が離れて暮らしていたりするケースも多いのではないでしょうか。 多数の相続人、あるいは遠方にいる相続人に遺産分割協議書への署名押印を求めるのは、面倒な作業です。 先述の通り、 回覧中に紛失したり遅滞したりするおそれがあります。 遺産分割協議証明書であれば、各自で作成・郵送してもらって集めることができるため、便利です。 連絡がつかない、あるいは対応の遅い相続人がいるとき 音信不通な相続人や、あるいは連絡はつくけれども対応が遅い非協力的な相続人がいる場合があります。 全員の署名押印が必要な遺産分割協議書では作業がストップしてしまうところですが、個人で作成できる遺産分割協議証明書であれば、 とりあえずその相続人は後回しにして、他の人の分を回収することができます。 2.<書式サンプル付>証明書の書き方 2-1.遺産分割協議証明書の書式 それでは、遺産分割協議証明書はどのように書けばよいのでしょうか。 基本的な書き方は遺産分割協議書と同じです。 下に書式サンプルを掲載します。 サンプルなので、全くこの通りに書く必要はありません。 必要な項目をイメージしやすくするため、A~Gまでのアルファベットを振っています。 すべての協議内容について記述するとき 画像はクリックで拡大します。 記載事項 A:「遺産分割協議証明書」というタイトル B:被相続人の情報(氏名・死亡日など) C:「記載の通りの遺産分割協議をしたことで相違ない」という旨 D:相続する遺産の詳細 E:遺産分割協議証明書の作成年月日 F:作成者の署名(直筆) G:作成者の押印(実印。 作成者1人分だけでよい) 2-2.遺産分割協議証明書作成の注意点 作成日付はばらばらでも問題ないが、合わせたほうがよい 遺産分割協議証明書を個人で作成すると、日付がばらばらになってしまうかもしれません。 日付が人によって異なっていても、 実務上の問題は特に発生しません。 すべての遺産分割協議証明書のうち、最も遅い日付が遺産分割協議の成立日とみなされます。 ただし、日付にばらつきがあっても問題がないとはいえ、相続人間でいつ正式に遺産分割協議が成立したのか共通認識を持っておくためにも、取りまとめ役の人が 日付を合わせてもらうなどしたほうが望ましいでしょう。 署名は直筆、押印は実印で 署名は直筆、押印は 実印でなくてはなりません。 実印とは、市町村役場で登録している公的な印鑑のことです。 印鑑証明書の添付も必要 上記の実印に関連して、市町村役場で印鑑登録をすると、「印鑑証明書」が発行してもらえます。 相続手続きの際、遺産分割協議証明書の提出先(後述)では、証明書とともに 印鑑証明書の提出もセットで求められます。 書類に押されている印鑑が真にその人のものであることを証明するためです。 したがって、相続人の代表者が各相続人から遺産分割協議証明書を集めるときには、同時に印鑑証明書も回収することが通常です。 捨印 署名押印のほか、用紙の右上など、欄外に「捨印」を押すこともあります。 捨印は、書類の記述内容に些細な誤りがあった場合に、 訂正印としての役割を果たします。 必須ではありませんが、 もしもミスがあったときに郵送し直すのが面倒だという方などは、押しておいたほうがいいでしょう。 ただし、内容を第三者に書き換えられるリスクはありますし、実際に捨印によってどこまで訂正できるのか、明確な範囲基準は設けられていません。 もっとも、捨印は誤字脱字や漢字のミスなど、軽微な誤りの訂正のためにありますから、遺産分割の内容自体など、相当重大な箇所までは訂正できません。 そこはご安心ください。 3.遺産分割協議証明書の提出先 遺産分割協議証明書の提出先として考えられるのは、遺産分割協議書と同様です。 たとえば、以下の通りです。 税務署…相続税の申告時に必要です。 法務局…不動産の相続登記時に必要です。 金融機関…預貯金の名義変更や払い戻しの手続き時に必要です。 陸運局…自動車の名義変更時に必要です。 証券会社…口座名義変更時に必要です。 突然、遺産分割協議証明書が送られてきて、署名押印が求められる可能性もあります。 こういった場合、他の相続人と疎遠であまり面識がない場合など、勝手な協議内容で送られてきている可能性もありますから、安易に署名押印をしないようにしてください。 一度署名押印をしてしまうと、後から取り消すのは困難ですから、ご注意ください。 遺産分割協議証明書が送られてきたら、まずは内容の真偽と妥当性をよく吟味して、少しでも不服な点や不安なことがあれば、弁護士に相談することがおすすめです。 自分が本来相続するべき相続分がどのくらいか算出するとともに、法的根拠に立って主張してくれます。 4.まとめ 本記事では、遺産分割協議証明書についてご説明してきました。 遺産分割協議証明書は遺産分割協議書と効力としては同じですが、個人で作れるという点で、相続人同士が各地に散らばっている場合などに便利です。 遺産分割協議証明書が突然送られてきたら、焦って署名押印をせずに、内容を精査して、困ったら弁護士に相談してアドバイスをもらうようにしましょう。

次の

遺産分割協議書(数次相続)の書式、ひな形、書き方

遺産 分割 協議 書 ダウンロード

遺産分割協議書を作成するタイミングは? 相続人間で分割の話し合いが確定し、遺産分割協議が確定した場合には、『遺産分割協議書』を作成しましょう。 遺産分割協議書を作成する目的は3つあります。 そもそも遺産分割協議書を作成する目的から考えてみましょう。 目的としては大きく分けて3つあります。 1 つ目は、相続人間で分割協議確定を証明する書類ということです。 遺産分割がまとまらない『未分割』という状態は、法的に言いますと、相続人が遺産に対して法定相続分の権利(持分)を有することを意味します。 『遺産分割がまとまる』、『分割協議が確定する』ということは、言い換えると、その法定相続分を変更し、任意の割合で取得することを確定したことを意味します。 一度分割について署名・実印をしてしまうと、その後、やっぱりやめた!ということは出来ません。 書面で残しておくことは、口約束ではなく、証拠となるため、相続人間でのトラブルを回避することができますね。 相続税申告の必要のない方は遺産分割協議書を作成しないことがありますが、手続上、遺産分割協議書の作成の必要がなかったとしても、その後の相続人同士のトラブルを回避するためにも、あえて遺産分割協議書をご作成されることをお勧めします。 2 つ目は、財産の名義変更のための必要書類という位置づけです。 不動産の名義変更(相続登記)の際に遺産分割協議書が必要になります。 ただ、法定相続(法定相続分の持分の名義変更をする登記)の場合には、協議書がなくても登記が可能です。 また、銀行や証券会社等の金融機関の相続手続き(名義変更や解約の手続)にも遺産分割協議書を使います。 ただし、金融機関のそれぞれが指定する手続用紙に、相続人全員が署名・捺印すれば遺産分割協議書を使わずに手続を行うことも可能です。 3 つ目は、相続税申告の際にもコピーを税務署へ提出するという目的です。 相続における遺産の分割の仕方、取得の仕方に応じて、小規模宅地等の特例や配偶者の税額軽減等の相続税の特例を受けることができますので、財産の分割方針を税務署に証明するために、遺産分割協議書のコピーを相続税申告書に添付します。 遺産分割協議書の見本を確認しましょう。 ひな形をダウンロードしてご活用ください。 それでは、まずは、遺産分割協議書の見本をみてみましょう。 1つの例ですが、一般的な見本となります。 また、遺産分割協議書のひな形を以下よりダウンロードできますので、このページを参考にぜひご自身で作成してみてください。 39 KB 遺産分割協議書の作成のポイントを確認 遺産分割協議書作成のポイントがいくつかあります。 1つずつ解説していくので一緒に確認していきましょう。 協議書の様式に絶対はありません。 要は、内容がわかるということであればOKという趣旨をご理解ください。 どの財産をどなたが取得するかを特定できれば問題ありません。 なお、パソコンで作るのでも、手書きでもどちらでも構いません。 主流はパソコンで作成している方が一般的です。 お亡くなりになられた被相続人お1人につき、1通の協議書でなくても OK です。 例えば、不動産の取得者が既に決まっていて、売却などのために、登記だけ早めにお手続きしたいという方がいるとします。 この場合、不動産用の協議書を先に作成し、登記手続をすました後、不動産以外の協議書を作成するということも可能です。 財産の記載方法についても絶対はありません。 遺産分割協議書に財産・債務等の詳細をどこまで細かく記載しなくてはいけないのか?どこまで省略していいのか?という点も気になりますよね。 例えば、銀行預金や証券会社を参考にご説明します。 銀行の場合、最も細かく記載すると下のようになります。 詳細に記載する場合) 大切銀行 思いやり支店 普通預金 #123456 10,000,000円 ただ、大切銀行に100口座、大事銀行に50口座あり、相続人Aさんが全て相続するということがあったとします。 その場合、これらの口座を全て書くのは大変ですし、数が多くて記載内容にミスがある可能性も増えますよね。 そういった場合は、下のようにしましょう。 まとめて包括的に記載する場合) 相続人Aは以下の資産を取得する。 被相続人名義の下記金融機関に所有する預貯金の全て 大切銀行 思いやり支店 大事銀行 心配支店 こちらのほうがスマートですし、財産の記載漏れを防ぐというメリットもあります。 大切なのは漏れなく、ミスなく、わかりやすくということです。 また、相続人Aさんが、大切銀行の口座を全て相続し、それ以外の一切の財産を相続人Bさんが取得するという分割内容とします。 この場合、Aさんが「大切銀行思いやり支店の定期預金」を取得とし、それ以外をBさんが取得という記載でもOKです。 これも具体的な記載例を書いておきますので参考にしてください。 相続人Aは以下の資産を取得する。 大切銀行 思いやり支店 定期預金 #123456 10,000,000円 相続人Bは前項までに記載以外の全ての資産を取得する。 この文言でOKです。 署名・押印は必ず必要なの? まずは、押印についてから。 押印は、絶対に必要です。 きちんと登録している実印での押印をしましょう。 次に署名について。 こちらは署名でなくても「記名」(印字)でも可能です。 なぜ記名にするのかということに疑問を持つ方もいらっしゃるかと思います。 ご高齢の方で、文字を書くのが大変な方がいらっしゃるんですね。 文字を書く力が弱く、お名前を書くだけでもすごく労力を要するんです。 そのような方に対しては記名方式で作成することをご提案させていただいています。 金融機関の手続きにおきましては、相続人全員押印済みの遺産分割協議書があれば、銀行の相続手続用紙上は相続人代表者の署名押印のみで進めてくれることがあります。 代表者以外の相続人の負担はだいぶ変わりますので、事前に金融機関にご確認ください。 (なお、記名形式での遺産分割協議書では対応不可の金融機関もあるのでこちらも事前確認してください。 ) 予備的文言は記入したほうがいい? 予備的文言とは法律的な用語ではないのですが、遺産分割協議書の作成後に、現在把握していなかった財産が新たに見つかった場合、その財産についても取得者を決めておくための文言を想定しています。 例えば、新たに財産が見つかった場合のケースについて考えましょう。 この時に、2つの選択肢が考えられると思います。 1つ目は、また分割協議を行い、遺産分割協議書を作成することが面倒だという方です。 この場合は、遺産分割協議書に、『今後新たに見つかった財産については、相続人Aが取得する』という文言を記載しておくことをお勧めします。 2つ目は、判明していない財産の取得者を予め決めるなんてとんでもない!わかった時には改めて協議書を作成するよ、という方は予備的文言は記載しないでおきましょう。 可能性の話しですが、協議書の作成時点で知らなかった財産として金塊が見つかった場合、上記のような予備的文言があるとその財産をAさんが取得することになってしまいます。 予備的文言を使わない場合には、新たな財産が見つかるたびに、その財産についての遺産分割協議書を作成することになります。 以上より、ここは、『潜在的なリスク』と『事務的なお手間』のバランスから判断しましょう。 現状把握して記載している財産以外は大きな財産はないだろうという人は予備的文言を記載してますし、心配な方は記載しないということでいいと思います。 分け方を工夫する場合の遺産分割協議書の表現方法 分けにくい財産の遺産分割を検討する場合、いくつか分け方の工夫がありますので、遺産分割協議書の書き方も含めてご紹介します。 『代償分割』による遺産分割協議書 これは、次のようなケースに活用できる分割方法となります。 複数の銀行の手続きが複雑になるから、Aさんが他の相続人を代表して手続を行って一旦全部受け取っておき、最終的に決まった取得分の金額をAさんの口座からBさんへ送金するといったやり方です。 また、分けられる遺産が例えば1億円の土地だけで、金融資産が一切ないというような場合、例えばAさんがその土地を取得して、代わりにAさんが元々持っていた現金5,000万円をBさんに渡すといった方法です。 これって贈与にならないの?という疑問を抱く方もいますが、遺産分割協議書に代償分割の文言を記載しておけば、遺産分割の枠組みの中でお金を支払うことになりますので、贈与とは取り扱われず、贈与税を払わなくちゃいけないなんてことにはなりませんのでご安心ください。 記載例は以下の通りです。 前項までに取得した財産の代償として、相続人Aは現金5,000万円を相続人Bへ支払うものとする。 『換価分割』による遺産分割協議書 これは、例えば分けにくい財産を共有で取得し、売却した後の手取り額を分けるという方法です。 土地を売却して相続人Aさん、Bさんが半分ずつ分けるという場合に、この換価分割を活用すると便利です。 通常の場合、遺産を共有で取得して売却するとなるとAさん、Bさん共に登記をして売却契約等の手続をしなくてはいけませんが、この方法であれば、例えばAさんが代表して手続をし、売却金額を分けることができるんです。 記載例は以下の通りです。 1 有価証券 相続人・Aは上記 1 の有価証券を速やかに売却・換価するため、売却代金から売却に要する一切の費用を 控除した残額につき相続人・Aが3分の1、相続人Bが3分の1、相続人Cが3分の1の割合で配分する。 遺産分割協議書は作成できましたか? いかがでしたでしょうか?分割協議書を作成することは出来ましたか? ご家庭によって分割内容は様々あるかと思いますので、いろいろとご不安な点や疑問点があるかと思います。 可能な限り分割協議書作成のポイントをご紹介させて頂きましたのでご活用ください。 なお、ご自身で協議書を作成されていく中でご不明な点等ございましたらお気軽にご相談いただければ幸いです。

次の