リップル 上がる。 2019年はリップルが買い時!?その理由と実際の買い方をご紹介!

リップル(XRP)の今後と将来性|買い時はいつ?著名人による価格予想も紹介

リップル 上がる

技術的メリット リップルは、「 送金スピード」、「 手数料」、「 どんな通貨でも交換可能」という大きな3つの技術的な強みがあります。 リップルの送金時間はわずか数秒であり、数日以上かかる従来の国際送金や、ビットコインの30分から数日(送金詰まりの状況によって変化します)と比較して、圧倒的に速いものになっています。 リップルが本格的に実装されると、国際送金は時間がかかってしまうものというこれまでの常識が打ち崩され、国際送金がより便利なものになると言えるでしょう。 こうした多くの技術的なメリットを持つリップルは、実用化される可能性が高く、将来性にも期待がもてると考えることができます。 多くの金融機関との提携 リップルは、すでに多くの金融機関との提携が完了しています。 中央銀行であるイングランド銀行、インドネシア銀行や、日本国内でも三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などのメガバンク、SBI住信ネット銀行や多くの地方銀行との提携が完了しています。 先ほど紹介した技術面だけではなく、リップル社はビジネス面での実績もあるため、将来性が期待されています。 ロックアップによる価格下落の防止 リップルは発行上限枚数が1000億枚と他の仮想通貨と比較しても多く、 そのうちリップル社が半分以上を保有しているため、リップル社がXRPを売却することによって、市場のXRPが増加し、価格が下がるのではないのかという懸念点がありました。 しかし、2017年12月にリップル社は、550億XRPをロックアップし、毎月10億XRPずつロックアップが解除され、売却が可能になる仕組みを整えました。 これにより、投資家が不安視する リップルの流通量増加による価格減少のリスクがなくなり、より安心して投資できる環境が整ったと言えます。 リップルの今後の価格予想、いくらまで上がる? リップルが国際送金を担った場合、という1つの予測があります。 ウェブボット(AI)の予想 元マイクロソフトのコンサルタントであったクリフ・ハイ氏が開発した、 と呼ばれるAIが仮想通貨の価格予想を行っています。 ウェブボットは、ツイッターなどの発言を収集し、言語解析を行うAIであり、過去に仮想通貨の価格予想を的中させた実績があります。 ウェブボットによると、リップルの価格は以下のように予測されています。 2018年5月から本格的な価格上昇が始まる 具体的な価格については、触れられていませんが、記事執筆時点の過去最高値の400円を上回るような1,000円近くまで価格上昇する可能性は十分にあるのではないでしょうか? リップルは、技術面・マーケティング面のどちらも優れていますので、投機対象としてのみならず、実用化される可能性も高いため、 国際送金の実用化関連のニュースがあれば、さらなる高騰も期待できると言えるでしょう。 現在は、高騰を見せた一時期と比較すると調整が入り、価格は下降しています。 2月にはリップルネットワークに関して大型の提携ニュースがいくつもありましたが、それらのニュースも価格高騰の要因にならず停滞が続いています。 その他の予想 リップルの価格は様々な人に予測されており、2018年末に1700円と予測する人もいれば、最大7万4000円まで増加すると予想している人もいます。 【2位】 最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所 【急上昇!】 東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる! 【1位】 現在レバレッジ取引で最大10,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。 取引手数料無料! 【2位】 ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所! 【3位】 一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単に リップルなどの人気銘柄の売買ができる!.

次の

リップル(XRP)はいつ上がるの?【ビットコイン】連れ安は困る・・・

リップル 上がる

リップルが 上がらない場合の理由は、 IBMや JPモルガンといったライバル企業が活躍して、競争に負けてしまったといったことが考えられる。 しかし、現時点では リップルが圧倒的に有利!• リップルは「 1,000円~1,500円」くらいまで上がる可能性がある!しかし、 上がらない場合によっては「 10円~30円」くらいになる可能性も!• リップルの大きな役割は「自分がいる国から、ほかの国へお金をおくること!」、「家族や友達へ、お金を送ること!」の2つ!• リップルを購入するなら、「 CoinCheck」、 「 GMOコイン」、「 DMMビットコイン」の3社がおすすめ!• リップルは上がらない場合の結論 リップルが上がらない場合の理由は、「IBMやJPモルガンに競争で負けたから」という結論になります。 この場合、リップルの価格も「10円~30円」になることも考えられます。 しかし、 現時点では上がる可能性の方が非常に大きいと言えるでしょう。 その場合、 リップルは「1,000円~1,500円」まで上がる可能性があります。 どうしてこのような結論になったのか、詳しい内容を確認していきましょう。 リップルってどんなことに使うの? リップルが 上がらない場合と、上がる場合を考えるために、その役割を知る必要があります。 まずは、 リップルがどんなことに使えるのか、おさらいしておきましょう。 リップルには大きく分けて、2つの使い方があります。 自分がいる国から、ほかの国へお金を送れる!• 家族や友達へ、お金を送れる! それぞれの使い方の、詳しい内容を確認していきましょう。 これは、 リップルの発行された目的でもあり、もっとも大事な役割です。 具体的にどんな時に使えるのか、例を確認してみましょう。 都内カレー店勤務のネパール人「ハッサムさん」の場合 ネパールから日本に出稼ぎに来ている、「ハッサムさん」がいたとします。 都内のカレー店で勤務する「ハッサムさん」は、毎月15日が給料日です。 ある月の15日にもらった給料で、ネパールにいる家族に仕送りをしようとします。 ポイント リップルを使うことで、わずか数十円の手数料で「 円」から「 ルピー」に交換することができます。 さらに、たったの4秒で家族のもとへ「 ルピー」を送ることができるのです。 こうして「ハッサムさん」は、無事に家族のもとへお金を送ることができました。 このように リップルには、 今までかかっていた時間や費用を、大幅に削減してくれるメリットがあります。 そしてこれが「 自分がいる国から、ほかの国へお金を送れる!」という、 リップルの大事な役割なのです。 世界中で実験が行われ、成功している! こうした リップルを使った送金の実験が、世界中のさまざまな場所で行われています。 そして、実験は見事に成功しているのです。 この実験のなかには、数億円もの送金をたった数十円の手数料で行えたという、驚くべき報告も出ています。 そのため、いろいろな企業が リップルを採用しており、現在ではその数も200社を超えています。 1,600種類以上ある仮想通貨のなかでも、 もっとも順調で大規模にプロジェクトが進んでいるのです。 1つ目の役割と、少し似ていますね。 しかし、 リップルの大きなメリットが、この役割にはあるのです。 わかりやすくなるように、具体的な例をこちらでも確認していきましょう。 都内に住む大学生の「たかおくん」の場合 都内に住む男子大学生「たかおくん」の、ある土曜日の夜のできごとです。 「たかおくん」は翌日の日曜日に、好きな女の子とデートをする約束が入っています。 ウキウキしてなかなか眠れない「たかおくん」は、コンビニにお酒を買いにいくことにしました。 しかし、いざレジでお財布を開けてみると、なんとまったくお金が入っていなかったのです。 いそいでATMに駆け込みましたが、口座の残高も「 0円」でした。 「し、しまった!これでは明日のデートにも行けなくなってしまう!」 「たかおくん」は実家のお母さんに電話して、「大至急、お金を振り込んで欲しい!」とお願いをします。 ポイント リップルを使えば、 24時間365日、いつでも好きな時にお金を送ることができます。 銀行の営業時間を気にする必要も、いっさいありません。 こうして「たかおくん」は、無事にデートの前にお金を受け取ることができました。 このように リップルには、 家族や友達への送金を、より便利にしてくれるメリットがあるのです。 SBIホールディングスがリリースした、「 MoneyTap」というアプリがあります。 24時間365日いつでも好きな時に、家族や友達へお金を送ることができる便利なアプリです。 そしてこのアプリには、 リップルの技術が使われています。 このように、 リップルは知らないうちに、わたしたちの生活を便利にしてくれているのです。 リップルが上がる場合と上がらない場合の理由と価格を比較しよう! ここからは、先ほどの リップルの役割を踏まえて、今後の価格予想をしていきたいと思います。 上がる場合と上がらない場合で、その理由や具体的にいくらになるか、それぞれ確認していきましょう。 リップルが上がる場合 まずは リップルが上がる場合、どこまで上がるを考えてみます。 先ほども確認したように、 リップルには2つの役割があります。 この2つの役割で、実際に世界中で使われるようになった場合を想定します。 そして、その状態になったときに、 リップルにはどれくらいの価値が必要になるかで、価格を予想してみましょう。 2018年2月時点ではリップルの価値は3兆円ある 2019年2月時点で、1リップルは約30円くらいの価格になっています。 リップルの発行数は、1,000億リップルです。 もしも「1リップルが0. 0000001円」だったら・・・ ここからが本題です。 わかりやすいように、すごい極端な例で解説します。 もし、1リップルの価格が、たったの0. 0000001円だったらどうでしょう。 すべての リップルを購入しても、「0. 先ほど紹介した、都内のカレー店で働く「ハッサムさん」の例を思い出してください。 MEMO もし、「ハッサムさん」がネパールの家族に、15万円仕送りしたいとします。 しかし、すべての リップルを購入しても、10万円の価値にしかなりません。 10万円の価値しかなければ、15万円の仕送りはできないですよね? もしこの価格のまま、 リップルが世界中で使われるようになったとします。 そうすると、 「ハッサムさん」のように家族に送金できない人が、たくさんでてきてしまいます。 つまり、 リップルにはその役割をまっとうするために、ある程度の価格が必要となるのです。 1日あたり2,000億円が国を超えて送金されている 今回は「ハッサムさん」の家族への仕送りなので、15万円と金額も少なめです。 しかし、国をまたいだ送金は、1日あたり約2,000億円も行われています。 そして、海外で働く人は今後ますます増えると言われています。 さらに、家族や友達、そのほかさまざまな送金なども合わせると、1日あたりどれほどのお金が動くのか、予測はとても難しいです。 少なくとも、 リップルの現在持っている3兆円という価値では、足りないでしょう。 最低でも、 70兆円~130兆円くらいまでは、将来的に必要になりそうです。 難しい計算を省いてざっくりいうと、 1リップルの価格は「1,000円~1,500円」くらいになると予想できます。 リップルが上がらない場合 リップルは上がらない可能性も、もちろんあります。 これは、 リップルのライバルとなる企業がいることが、大きな理由です。 「 リップルと同じようなことをやろう!」という大手企業が、実は2社いるのです。 IBM(アイビーエム):アメリカの大手ソフトウェア開発会社• JPモルガン:アメリカの大手金融機関 IBMは 世界中の銀行の98%以上をお客さんとして抱えている、超ビックな相手です。 JPモルガンは 世界の経済にも、大きな影響をあたえるような存在です。 こうした企業のプロジェクトが順調に進めば、場合によっては リップルの立場も危うくなります。 10円~30円になる可能性も もし、 リップル、IBM、JPモルガンの3社が、おなじくらいの量の送金を手掛けたとします。 そうなれば、先ほどの予測の「 1,000円~1,500円」を3つに割った、「 330円~500円」くらいがリップルの価格になります。 しかし、IBMとJPモルガンが、 圧倒的な量の送金を手掛けた場合はピンチです。 場合によっては「 10円~30円」くらいになってしまう可能性もあるでしょう。 そうはいってもリップルは上がる可能性の方が高い! ここまで、 リップルの 上がらない場合と、上がる場合を見てきました。 上がらない場合を見ると、少し不安になりますよね。 しかし、現時点では リップルが圧倒的に有利です。 リップルには、 上がる理由がたくさんあるのです。 0 リップルを購入するのに、もっともおすすめな仮想通貨取引所は、リップルの仮想通貨取引手数料が無料の『』です。 どんな取引所? CoinCheckは、親会社が東証一部のマネックスグループと資金力があり、使いやすく、手数料が安いセキュリティが強い取引所です。 また「元祖使いやすい仮想通貨取引所」とも知られており、スマホアプリの使いやすさはピカイチです。 セキュリティに関しても、マネックスグループが買収してから、マネックスグループ主導でセキュリティ対策を進め、2019年には金融庁から仮想通貨交換業者として認可を受けました。 気になるセキュリティ体制も、しっかり見直され金融庁からも高く評価されています。 どんなところがおすすめ? CoinCheckのおすすめポイントは、 お得に仮想通貨を購入できるという点です。 CoinCheckでは、 リップルを購入するときにかかる、 取引手数料が無料になっています。 手数料は リップルを購入するたびに、毎回必ずかかる費用です。 つまり、 ビットポイントでは、こうした費用を抑えて リップルを購入できるんですね。 お得に リップルを購入したい人には、 CoinCheckをおすすめします。 0 リップルの購入でおすすめの取引所ランキング第2位は、 GMOコインです! どんな取引所? GMOコインの運営元の親会社はGMOインターネット株式会社です。 同社は東証一部に上場しており、長年にわたって金融業界で事業を行ってきました。 そのため、 信頼性が非常に高い取引所といえます。 どんなところがおすすめ? GMOコインのおすすめポイントは、「 取引画面が見やすく使いやすい」という点です。 取引所に登録した人で、操作方法がわからないという声は、当サイトにも非常に多く寄せられています。 GMOコインなら、こうした心配もいっさいありません。 初心者の方でも画面を見ただけで、 かんたんに操作することができます。 こうした使い勝手の良いところが、 GMOコインのおすすめポイントです。 dmm. リップルが 上がらない場合は、 IBMやJPモルガンなどライバル企業に負けてしまったことが大きな理由となる!しかし、現時点では リップルが大幅にリードしている!• リップルは上がる場合「 1,000円~1,500円」くらいの価格になることが予想できる!上がらない場合は「 10円~30円」くらいになるが、現時点では圧倒的に上がる可能性の方が高い!• リップルのには大きく分けて2つの役割がある!1つ目は「自分がいる国から、ほかの国へお金を送れる!」こと、2つ目は「家族や友達へ、お金を送ること!」となる。 リップルは「 CoinCheck」、「 GMOコイン」、「 DMMビットコイン」の3社で購入するのがおすすめ!• ぜひこの記事を参考に、 リップルを買ってみてくださいね。 また、何かトラブルが起こった時のためにも、 必ず複数の取引所に登録しておくことをおすすめします!.

次の

リップル(XRP)が将来的にもう上がらない8つの理由【2020】

リップル 上がる

基本情報 特徴 2004年に決済プロトコルが開発され、2012年E-Loan創始者のクリス・ラーセンによってRipple社の前身であるOpenCoin,inc,が設立されました。 Ripple社は銀行、送金業者、デジタルアセット取引所や事業会社をRippleNet経由で接続し、シームレスな国際送金を可能とするソリューションを開発しています。 XRPはRipple社が発行主体の、RippleNetに最適化された高速でスケーラブルな、決済用デジタルアセットです。 送金スピードは4秒。 毎秒1500件の処理が可能で、さらにオフレジャーのペイメントチャネルによって毎秒5万件までの処理が可能になります。 (Visaと同等) 時価総額 約 9,325億円 発行上限 100,000,000,000 承認方式 Proof of Consensus 上場時期 2013年08月04日 中央機関 Ripple Inc 提唱者 Ryan Fugger オフィシャルサイトURL ホワイトペーパーURL 公式TwitterURL Q リップルとは何ですか? A ブリッジ通過の役割を果たしています。 Q ビットコインとの違いはなんですか? A 早い送金時間(BTC:10分以上、XRP:6秒程度)とブロックチェーンでない点が挙げられます。 リップルはリップル社(Ripple Inc. )という管理主体が存在します。 Q リップルは使われていますか? A 一般的には使われていませんが、実用化が進められています。 リップル社の提携先としてイングランド銀行やシンガポール金融管理局、タイ銀行などのの中央銀行もあります。 参考: Q リップルの重要な材料やニュースは何がありますか。 A リップルネットワークへの新規提携が挙げられます。 既に世界中で数十カ国の銀行や決済業者と提携しており、国内はみずほ銀行、りそな銀行など大手金融機関がXRPによる送金システムを用いた実証実験を行っています。 毎年秋に行われるカンファレンス、Swellではリップル社から重要な発表が行われる可能性があります。 Q リップルはいくらから取引できますか? A 最低、数10円程度から取引が可能で、500円もあれば買うことができます。 参考: 暗号資産 ビットコイン 取引&利用入門• 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、株式会社マネーパートナーズソリューションズ、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の