エクセル 氏名 結合。 エクセル セルの文字列を結合する方法!空白スペース、文字も挿入

エクセル セルの文字列を結合する方法!空白スペース、文字も挿入

エクセル 氏名 結合

セルの結合 セルの結合のやり方いろいろ まずは セルの結合の方法 からです。 下のサンプルで説明します。 セルB2の「氏名」欄ですが、横幅が足りません。 B列のセル幅を広げたいところですが、下の「性別」欄を考慮すると単純に広げるわけにもいきません。 このような場合は、セルB2からD2まで「 セルの結合」をすると、性別欄に影響を与えることなく氏名欄の幅を広げることができます。 セルの結合の基本ステップ STEP1 セルB2からD2までのセル範囲を選択します。 STEP2 文字列を中央揃えにしたければ、セルの結合はとても簡単。 セル範囲を選択した状態で右クリックをすると、小さな編集ツールバーが表示されます。 その中(右上)に「セルを結合して中央揃え」のアイコンが表示されるのでクリックします。 文字列を左揃えにしたければ、メニューの [ホーム] タブの [配置] セクションで簡単に変更ができます。 ここをクリックすれば同様に セルの結合 は完成します。 セルの結合のショートカット つぎは、ショートカットを使った「セルの結合」の方法です。 と言っても、セルの結合のために最初から割り振られた ショートカットはありません。 しかしエクセルには任意でショートカットを割り振る機能があります。 クイックアクセスツールバー エクセルの画面左上には「クイックアクセスツールバー」があります。 クイックアクセスツールバーへの機能追加 クイックアクセスツールバーに「セルの結合」を追加します。 メニューの [ホーム] タブの [配置] セクションにある「セルを結合して中央揃え」の上で右クリックします。 表示された「クイックアクセスツールバーに追加」をクリックします。 セルの結合のショートカット クイックアクセスツールバーに機能が追加されると、自動でショートカットが割り振られます。 と振られています。 ぜひ試してみてください。 セルの結合ができない ここまでセルの結合をする方法について述べてきましたが、あらゆる条件下で「セルの結合」は出来るのかというとそうではありません。 そのことを知らないと『 セルの結合ができない』と困ることになります。 セルの結合ができない理由 セルの結合ができない理由の代表例が、「テーブル」です。 テーブル機能については当サイトでも で取り上げましたが、見やすい表をつくるうえでとても便利な機能です。 テーブル エクセルで設定した テーブルを解除する方法。 テーブルは便利ですがちょっと使い勝手が悪いところもある。 テーブルを解除するとデザインはそのままで書式編集が可能になるのです。 『エクセル「セルの結合」できない理由と対処』は以上です。 他の関連記事とあわせて仕事や趣味に役立ててください。 関連記事 併せて読んでおくとさらに便利 テーブル エクセルで見やすい表の作り方について解説。 見やすい色や罫線、そのほか小さな工夫で表は見違えるほど見やすい表に変わります。 テーブルスタイルなど便利な機能についても説明します。 見やすい・フォント 『見やすい表の作り方』の第2弾です。 今回は フォントや列、図形の見せ方で『見やすい表』を目指します。 前回は、行間や罫線の使い方、テーブル機能の利用が中心でしたが、今回は違うアプローチです。 エクセルグラフ エクセルで見やすいグラフ・きれいなグラフの作り方です。 グラフがあることで、数値の差や変化などが視覚的に伝わることにより資料を見る人が理解しやすくなります。 循環参照・エラー対策 エクセル上の循環参照がどこか探す方法です。 「循環参照に関する警告」に出くわすとショックはデカい。 数式の修正前に、循環参照がどこで発生しているのかを探さなくてはいけません。 グラフ・スパークライン エクセルの「スパークライン」をご存じですか?文字どおり電気がスパークしているように見える極小の折れ線グラフです。 今回はスパークラインの作成方法と有効な見せ方・使い方についてわかりやすく解説。 ページ設定・タイトル行 エクセルで件数の多いデータを扱っていると、1行あるいは複数行の「タイトル行」を固定して印刷したいときがあります。 タイトル行の設定により解決する方法について解説! 条件付き書式・MOD関数・ROW関数 Excelでセルを1行おきに色づけする方法について解説します。 条件付き書式とMOD関数・ROW関数をつかってデータの並べ替えに強い色付けを解説します。 ウィンドウ枠の固定 ウィンドウ枠の固定で複数の行や列をロックして表示する方法を解説。 ヘッダー部分や左端の列をロックし画面をスクロールしても動かない様にします。

次の

VLOOKUP関数の使い方

エクセル 氏名 結合

Excel2016での操作画面 表示された「セルの書式設定」ダイアログボックス内の「配置」タブをクリックし、「文字の制御」の「セルを結合する」をクリックします。 「OK」ボタンをクリックして、「セルの書式設定」ダイアログボックスを閉じると……はい!セルが結合されています! 複数のセル範囲を効率的に結合する便利ワザ 結合したいセル範囲がいくつもある場合、いちいちセル範囲を選択して、「セルの書式設定」ダイアログボックスを表示して、「セルを結合する」をクリックして……といった作業を繰り返すのは面倒ですね。 そこで、結合したいセル範囲をまとめて選択しておいて、セル結合の操作を1回で済ませる方法をご紹介しましょう。 通常、セル範囲を選択してから、別のセル範囲を選択しようとすると、選択されていた状態が解除されてしまいます。 このような、離れたセル範囲を連続して選択する場合は、「Ctrl」キーを押しながらセル範囲を選択します。 この方法を使えば、結合したいセル範囲をまとめて選択できますね。 そして、選択されている任意の場所で右クリックして、「セルの書式設定」ダイアログボックスを表示し、「配置」タブ内の「セルを結合する」をクリックすれば、この通り! 一気に複数のセル範囲をまとめて結合できました! もっと「簡単に」「手早く」セルを結合する セルを結合する手順はご理解頂けたと思いますが、実は、これらの操作をもっと簡単に手早く済ませる方法があります! 実は、Excelには 「セルの結合」ボタンがあります。 通常の設定では表示されていませんが、次の手順で表示させることができます。 [セルを結合して中央揃え]…セルが結合され、結合する前の左上のセルの文字のみが保持され、結合したセルの中央に表示される [横方向に結合]…行単位で結合する。 選択セルに複数のデータが入力されている場合、データのあるセルのうち最も左側のデータが保持され、表示される [セルの結合]…行単位ではなく、全てのセルが結合される。 結合する前の左上のデータのみが保持されて表示される [セル結合の解除]…セル結合が解除される。 セル結合によりデータが消えたセルは、解除してもデータは復活しない Excel2003以前では、「ツール」メニューの「ユーザー設定」を選択します。 表示された「ユーザー設定」ダイアログボックスで、「コマンド」タブをクリックし、左側の「分類」の一覧から「書式」を選択します。 そして、右側の一覧を見ていくと……「セルの結合」ボタンがありました!しかも、親切に「セルの結合の解除」ボタンまであります! これを現在表示されているツールバーへドラッグ&ドロップします。 ドロップする場所は、どのツールバー上の、どの場所でも問題ありません。 最後に「閉じる」ボタンを押して、「ユーザー設定」ダイアログボックスを閉じます。 さぁ!表示したボタンを使ってみましょう!結合したいセル範囲を選択して、「セルの結合」ボタンをクリックします。 いかがでしょうか?操作がとても簡単になりましたね! 表示したボタンを消す方法 ツールバーに表示したボタンを消す手順は次の通りです(Excel2007以降では、セルの結合ボタンは常に表示されているので、消去はできません)。 「ツール」メニューの「ユーザー設定」を選択します。 「ユーザー設定」ダイアログボックスが表示された状態で、表示したボタンをツールバーの外へドラッグ&ドロップします。 「ユーザー設定」ダイアログボックスを閉じて操作終了です。 複数のセルに入力されている文字列を結合させるには? 複数のセルの値(文字列)を結合するときはCONCATENATE関数を使います(Excel2016からは「CONCAT関数」と名称が変わっています)。 では、結合するセルの範囲を指定する効率的な入力方法、改行の含め方、空白スペースやカンマの含め方などを紹介しています。 ぜひ参考にしてみてください。

次の

EXCELエクセルで文字列を結合する方法(関数)!空白や文字挿入も

エクセル 氏名 結合

エクセルによる名寄せ• 名寄せとは 「名寄せ」とは、リスト内にある同じ人や同じ企業を一つにまとめて、重複を削除することをいい、データプレパレーションでよく行われる作業です。 リスト内にある同じ人や同じ企業ができる原因として以下のようなものがあります。 ・別のソフトやシステムでリストを作成している ・引っ越しや異動の際、元のデータを変更せずに、新規に登録する など 名寄せの手順 データ収集 名寄せ対象となるデータをエクセルで読み込めるように、エクセル形式やcsv形式で収集します。 名寄せ方針を決定 どのデータが一致する際に同じとするかの方針を決めます。 例えば、「氏名が一致した場合に、同一とする」とした場合、同姓同名の人が同じ人としてまとめられますので、名寄せ作業は不完全となります。 そこで、「氏名に加え、住所、電話番号、生年月日のすべてが一致する場合同一とする」とした場合、引っ越しなどで住所や電話番号が変わっている場合や、片方の生年月日が記載されていない場合は、同じ人と判定されませんので、同じ人がリスト内に残ることとあります。 名寄せ対象となるリストの内容と今後の活用方法により、その基準を決める必要があります。 また、名寄せ時片側だけにしかないデータを残すか、残さないかも合わせて決めておく必要があります。 名寄せ作業 データクレンジング エクセルでの名寄せ作業は、名寄せ対象となる列のセルが完全に一致していることが前提となります。 リストの作成方法や作成時期により、同じデータであってもリスト内での内容が違って、エクセルでは異なるものとして認識します。 このような違いは、統一する必要があり、これをデータクレンジングといいます。 クレンジング対象例:• 表記文字:全角・半角、ひらがな・カタカナ・アルファベット• 氏名:スペース区切りかどうか、ふりがながカタカナかひらがなか、など• 企業名:株式会社・(株)、企業名と株式会社の間にスペースがあるか、社名変更など• 住所:町村の場合、郡が記載されているか、丁目番地表記か、ハイフン区切りか• 集合住宅:マンション、アパート名を記載しているか、101号室を101と記載しているか101号室と記載しているか• 郵便番号、電話番号:ハイフン区切りか、ハイフンなしか• 使用列数:1列で保存しているか、複数列で保存しているか(住所、郵便番号、電話番号などは) データ統合 列数そろえ 住所、郵便番号、電話番号などは、1列で保存しているか、複数列で保存しているかは、そのデータソースにより異なります。 結合対象のリストで違いがある場合には、同じ列構造にそろえる必要があります。 列並びそろえ 名寄せを行うために、1シート縦に結合する必要がありますので、作業をしやすいように、列の並びをそろえておく方が、効率的、確実に作業を行えます。 重複削除 エクセルの機能で「重複の削除」を行います。 また、昨日よる重複ができない場合は、並び替え、フィルタ機能なども活用し、ひとつずつ削除、調整します。 エクセルでの名寄せ例 利用シーン ECショップを運営する小売店で、ECでの顧客情報と実店舗での顧客情報を統一し、顧客マスターを作成する。 データサンプル リストA:ECショップの顧客情報 リストB:小売店の顧客情報 名寄せ後リストイメージ 名寄せ方針 名寄せ対象:リストA,B 使用ファイル(ダウンロード) 同じ人の条件:氏名、生年月日が同じ場合 使用データ:双方にデータがある場合には、リストAのデータを残す その他: 名寄せ後のリストに統一会員番号を付与する。 また、会員番号A、会員番号Bも残すようにする。 また、データのない人は空白として作成する。 リストAにしかない「直近購入日」、リストBにだけある「性別」「保有ポイント」は、残さない。 リストBにある「姓(カタカナ)」、「名(カタカナ)」は、全角スペースを区切り文字とし、「氏名(カタカナ)」として残す。 エクセルの作業 データ確認 統合対象となる列の状況を確認します。 生年月日は、同じ用に見えますが、リストAの生年月日がシリアル値、リストBの生年月日が文字列として保存されています。 氏名は、リストAが1列、リストBが2列で作成されています。 生年月日:リストBの生年月日をシリアル値に変換 リストBの生年月日をシリアル値に変換 リストBの生年月日が文字列ですので、文字列として格納された日付を、Excel で日付として認識できるシリアル値に変換するDATEVALUE 関数を使用します。 1 データの右に「生年月日(結合用)」といった名前の列(S列、列名は任意)を作成します。 3 シートの設定によっては、シリアル値が表示されますので、その場合は、人の目でも分かるように、表示形式を日付形式に変更します。 4 関数を入力したセルS2をデータの一番下までコピーします。 1 データの右に「氏名(結合用)」といった項目名の列(T列、列名は任意)を作成します。 「重複の削除」で残るデータは一番上の行が残り、2番目以降のデータは削除されます。 今回の場合は、リストAのデータが残り、下にコピーしたリストBのうち重複したデータが削除されました。 会員番号Bの追加 今回の方針は「会員番号A、会員番号Bも残すようにする。 」でしたので、重複で、削除されたリストBの会員番号Bを追加します。 今回の追加の作業は、VOOLKUP関数を使用して行います。 まず、重複を削除した列「氏名」「生年月日」と「会員番号B」の入ったシートを作成します。 VOOLUP関数の参照値は、一番左の列のデータを参照する関数のため、「氏名」「生年月日」を結合した列を「会員番号B」の列より左に作成します。 今回の生年月日はシリアル値で、保存されているため、単純に列結合を行った場合は、シリアル値が表示されます。

次の