クロノトリガー プロメテウス。 クロノ・クロス

クロノトリガーでエルニド諸島はどこにありますか?パレポリの南で...

クロノトリガー プロメテウス

プロフィール [編集 ]• ロボ:175cm 189kg• 「未来」で出会った戦闘のために作られた人型ロボット• クロノ達が見つけ、ルッカが修理した。 本来は不法侵入者を抹殺する任務が与えられていたが起動停止してしまったところを、ルッカの修理により心を持つようになった。 製造番号は「 R66-Y」もしくは「 R-66Y」。 後に判明するコードネームは プロメテス。 特徴 [編集 ] 魔法こそ使えないが、攻撃と回復の両方をこなし、多彩な連携技を持つ。 デザインイラスト上では左腕が銃の様になっているが、実弾による攻撃は存在せず、タックルやパンチが主である。 属性攻撃は冥の回転レーザー、火のサークルボム、天のエレキアタックと、水属性以外は全て揃う。 ゲーム内での活躍 [編集 ] ラヴォスが去った後が彼を修理するまで、プロメテドームで故障して機能を停止していた。 1000年へ帰るために時代を移動するゲートを探していた、、ルッカの一行に加わったロボは同型ロボットであるRシリーズ達6体から、彼が本当は人間を殺すために作られたものであり、欠陥品であったため捨てられたことを知る。 同型機達は裏切り者のロボを痛めつけた。 クロノ達が彼らを倒すと、ロボを引っ張って行き、再びルッカが修理した。 その際にルッカから直ったら何がしたいかを訊かれ、クロノ達一行について歴史を変えるという新しい目的を得ることとなった。 しかし、この目的は仲間だったロボット達から役立たずの欠陥品と言われたロボの中に葛藤をもたらした。 終盤のサブイベントにおいて、ロボは自身が作られたジェノサイドームに立ち寄る。 そこで人間を滅ぼそうとするマザーブレインと姉妹機アトロポス145と対峙することとなるのだが、その際、ロボこと本名プロメテスは、人間と行動を共にしてその生態を知るためのいわゆるスパイであったことが発覚する。 しかしロボはその本来の任務を拒み、哀しい戦いの末にアトロポスを狂気から解放する。 アトロポスは、最期に彼女のリボン(ロボの能力値の上昇)を残して機能を停止する。 その後マザーブレインを倒すと、ジェノサイドームの機能を停止させ、彼の仲間は生まれてこなくなった。 また、別のサブイベントではA. 600年の中世で砂漠化を食い止めて森を復活させようとする女性フィオナに協力する事になる。 砂漠化を引き起こすモンスターを駆除しても、森を元に戻すためには何百年も働き続ける必要があった。 ロボはその役を買って出、以後中世のフィールドには種まき、水やり、耕耘、カカシ役をするロボが出現する。 この間に彼は、クロノ達を時代を超えた旅にいざなったのは誰かの意思によるものではないのかと考えるようになり、A. 1000年の再生した森のフィオナ修道院で御神体として奉られていたところをクロノ達に回収されたところでそれを話した(そのときに森の樹液を固めて作った「みどりのゆめ」という戦闘不能を一度だけ自動回復するアクセサリーが手に入る)。 ラヴォスを倒した後、エンディングによっては、ルッカとの別れのシーンでオイルでセンサーが霞んでぶつかるロボが見られる。 歴史改変により廃墟で生まれた自らの存在が消えてしまうかも知れないにも関わらず、ルッカを慰め気丈に振る舞う心優しい性格。 なお、どのエンディングを見るかによるが、改変後の未来でも無事な姿を見る事が出来る。 版のエンディングムービーではロボと同じデザインの小さなロボットをルッカが作っていた。 クロノ・クロスでの設定 [編集 ] ロボそのものは登場しないが、ロボの本名に似た名前が付けられた「 プロメテウス」が登場する。 ルッカによって制作された、コンピュータの暴走を防ぐための良心回路である。 攻略本『クロノ・クロス アルティマニア』によれば、この「プロメテウス回路」はルッカが未来へ帰ったロボに想いを馳せて作られたものであり、ロボに使われていた回路そのものではないとされている。 ただし「プロメテウス」の口調はロボとほとんど同じものとなっている。 黒幕の一人フェイトを妨害する役割を果たしていたが、最終的にセルジュたちの前で「プロメテウス」は消去されることになってしまう。 最期はセルジュに未来を託しながら消えて行った。 この「フェイト」は『クロノ・トリガー』に登場する「マザーブレーン」に相当する存在であるが、辿った歴史が異なるため全く同一のものではなく、マザーブレーンが女性人格であるのに対しフェイトは男性人格になっている。 脚注 [編集 ].

次の

ロボ (クロノ・トリガー)とは

クロノトリガー プロメテウス

ルッカとは、• - のーナにある。 古くから栄え、その周辺がルッカ共和、ルッカとしてこのを中心としたとなっていた時期もある。 もその周辺はルッカ県として、ーナ州の一区分となっている。 ルッカ - 『』およびその続編『』に登場する。 ルッカ - 『』に登場する。 ルッカ - 『』に登場する。 本記事では上記2. のについて解説する。 概要 がに発売した用『』に登場する。 同作品は様々な時代を行き来するだが、「」が暮らす現代(A. 年)に、大きながの。 ので、発明を得意としている。 容姿はのにをかぶった。 つながりで『』の「」や「」のを思い浮かべる人も多いはず。 「ルッカ」はあくまでで変更することもできるので、「」などと名付けてみた人も居るかもしれない。 割と冷静な性格だが、投されたを助けるために単身でに突入して助けに来るなど、熱い心も持っている。 自分の発明を自画自賛するときには「オーッホッホッホ!」といったをすることもある。 癖が悪いという一面も……。 年齢は、上ではをはじめとして「19歳」としているが多い。 その割にその出典を記載していないところがほとんどだが、どうやら雑誌「」に掲載されたが元らしい。 ただし、これを「初期設定」として紹介しているもあるため、最終的な設定でも本当に19歳なのかは不明。 上記のように飲するがあるので、あまり明確にするのはのかもしれない。 にはルッカと同じく発明兼ののタバン、足が不なララがいる。 ララの名前のつづりは「 」。 決して「 R」 ではない。 とはであるが、『』はと的な「」との・ミーツ・のがになっているフシがあり(でとが抱き合ってを飛ぶ、とのを示唆する描写がある、など)、そのためかとルッカの間での的な心情描写はほとんどない。 しかし、作中のとあるをとある条件下でした場合にのみ、「実はに思いを寄せているがそれを表に出していないだけ」ともとれるをこぼす。 詳しくは下記「『』の上でのルッカ」を参照。 『』の続編『』でも登場し、での冒険の後にルッカが何をしていたのかも描かれ、「ルッカ・ュ」というも設定された。 しかしそこで描かれたは明るいものではなかった(後述)。 『クロノ・トリガー』のストーリー上でのルッカ やルッカが暮らす「ディア王」のの催し物として、「 」や、一対になっている2つのの片方からもう片方へできる「 テレ」を出品している。 この「」は本人(?)だけで簡単な会話やをこなす自であり、戦いを挑んで倒すと、内ので使える「」を15もらえる。 は続編『』にも登場するが……。 もう一つの出品である「テレ」はルッカとタバンが観客らの前で実演しており、実際にをさせてその場を沸かせた。 だがその次にをさせる実演中、のがテレと共鳴して現代とをつなぐ「 」が出現。 がそれに飲まれてになってしまった。 これが、『』の時をかけるの始まりとなる。 がを追いかけて(A. 0年)に行くと、ルッカもを安定させる新発明「 ホルダー」をさせたうえで二人を追いかける。 そこで出会ったの顔をした士「」には、生来の嫌いもあって当初は恐怖感を示す。 現代に戻ってが誘拐の罪でに入れられると、その救出に動く。 が自で脱走してしまうとので合流するが、屋の中で時間を経過させるとルッカが 屋にまで助けに来てくれる。 脱走後に王兵に追い詰められてやむなく飛び込んだで辿り着いた先の(A. 0年)では、故障して動かなくなっているを発見。 そしてルッカは かの技術で作られているこののを難なくこなすという離れ業を見せる。 (まあ、二足歩行自とかとかを作っている時点で既に間違いなくのだが) その際、の「したら他の達のようにこちらを襲って来るのでは?」という危惧に対して、ルッカは「そうしないように直すの」「は自分たちの意思で襲ってきているのではない。 がたちの心をそのように作っただけ」と返答した。 これに対しては「ルッカにはの気持ちがわかるんだね」と評した。 その後、このされたは「」と名付けられ、として達に同行。 ルッカととは深いで繋がれる。 のからで移動した先では、「時の最果て」というどこの時代にも属さない特殊な間に迷い込む。 そこにいた「戦いの」を名乗る存在「スペッ」はやたちにのを覚せるが、ルッカは「火」のに覚め、火炎を操るを使えるようになった。 その後、は戦いの中で敵の放ったに包まれ、消し飛ばされてしまう。 そんな彼の運命を変えるためにルッカを含む彼のたちは時間を移動して手段を探し、彼をさせる。 このの際に「ルッカがにいて」「がにいない」という条件を満たしていた場合、に対するルッカの本当の想いの一端を吐露してくれる(この記事の「関連」の「を絶させた名」にあるをご覧になるか、実際してお確ください)。 には「」が複数ある。 これはしなくてもに到達できる、するかどうかの判断はに委ねられているである(実は上記のもであり、させなくてもできる)。 これらのにも、ルッカが立つがいくつかある。 「石」に関わるでを与える「クル」を開発する。 「の夢」ではから「の夢」を贈られるが、それ以上に がのとなる。 ルッカのに関わり、が発明を得意とするようになった理由となる出来事なのだが……。 詳細は「 」の記事を参照。 ゲーム中の性能 性の話となるととに上がらなくなるだが、などの発明品や火のを操るかなり攻撃重視のである。 また近且つでない場合はで敵をブン殴る動作をするがは同じ。 攻撃をはずすと「!」みたいなをとる。 率はそこそこあるものの、とにかく攻撃が低く、その癖にの店売りの値段がやたら高い為、そのものを買い与えられなったりして「たたかう」(通常攻撃)には全く期待出来ない。 防御面では体が低く、攻撃に対する耐性はそれほどではないものの、火攻撃に対する耐性を持った防具をから贈られるため、生まれつき火に耐性を持っていることもあり、火を多用する相手には有利になる。 防御もの数値。 技は大半が火の攻撃というかなりったナップ。 一応自身の体の低さを補うために、相手を眠らせたり、ダメを軽減する手段も持っているが、基本的には攻撃重視。 その攻撃は1人であっても全中であり、連携をすることでそのはさらにという恐ろしいである。 その攻撃の高さゆえか欠点も多い。 まず上記にある通り「たたかう」が弱いことが一つ。 それに加えて技は火の攻撃ばかりのため、火や攻撃に耐性のある敵には手も足も出ないことがある。 連携を使えばも使用可だがが有利に働く場面は少ない。 また素さは鋼のと同じくらい鈍足であり、序盤に手に入るベルトが手放せない。 また回復技を一切持たないので、構成には注意が必要(特に終盤まで固定のも回復手段を持たないので注意) ただ、攻撃に強い相手にはクルや連携を使用することでフォロー可だし、火を効化する相手は意外と少ない。 火はほぼルッカの専売特権のため、火が有利になる相手が多い中盤戦では非常に頼りになる。 終盤は回復なぞ度外視してム、、、火炎、炎3段蹴り、ル、反作用2、3、、、、等、の技、連携でていくのが。 どうしても回復しゃを使えばいいじゃない!オーッホッホッホ! 『クロノ・クロス』において に用として発売された『』は『』の続編である。 本作の「」は「ルッカに育てられた」という設定であり、前作の中ではルッカはかなりに絡む立場となっている。 しかし、幸福な運命を辿ったとは言えない。 は前作での冒険(A. 年の出来事)の後に自宅で孤児院を開いており、A. 5年にディア王が滅亡してやが居なくなってしまっても、ら孤児たちを守りつつ暮らしていた。 一方、前作でが倒されたことで滅亡が回避され繁栄を続けたでは、「凍てついた炎」という恐るべきを秘めたの石を利用して「時間」を制御することをす研究「ポ」が設立されていた。 だがA. 0年、中に「凍てついた炎」がしてを引き裂く「・」という大が起こり、「凍てついた炎」を内包したままにポはかなであるB. 年に飛ばされた。 この事態に対して「ポ」の「」は、が起こらぬよう自らの知るへと誘導していくことを決める。 そして・ポを外界から隔離して隠蔽しつつ、の人々に暗示をかけて行動をすることでを密かに操っていった。 「凍てついた炎」のを利用して人々の運命を思うままに操作していく「」は、長い年を経るにつれて徐々に狂気を帯び始める。 しかしA. 6年に起きたある出来事をきっかけに、の中に古くから存在していた秘匿回路が発動し、に反乱を起こした。 「ポ」の前身となる時間研究室を設立した初代者「」が、「11世紀の者ルッカ・ュ」の思想を元にした回路「」を密かにの前身「」に組み込んでいたのだ。 これ以後、はに阻まれ「凍てついた炎」にできなくなってしまう。 そしてA. 0年、ルッカを利用してを排除しようとしたの意を受けた者たちが、が居る孤児院を襲撃。 孤児院は燃え落ち、ルッカはされた(この時、も破壊されている)。 ……A. 0年、のでの「現代」には、ルッカは存在しない。 『ゼノギアス』において のの『』にもルッカが少しだけ出演している。 『』と一部のが共通していることによる、お遊び要素だと思われる。 の最初の村「ン村」には「なんでも相談屋」という屋があり、その中ではいろんな人がに関する様々な内容を説明してくれる(における「の館」に相当)。 そして、に関する説明をしてくれるのがルッカである。 話しかけると、ドウの流れがづらいほど口で、一気にまくしたてるようにについて説明してくる(よく読めば、最後には「の設計にかかりたいのになぜ自分がこんな説明をしなくちゃならないの」という不満までこぼしている)。 だが、その後にはちゃんと通常ので説明してくれる。 その説明を自画自賛して、上記の「オーッホッホッホ!」といったも見せてくれる……しかし説明の後、「G」のをに強制徴収されてしまう。 ちなみに「説明を聞いたが、G未満の額しか持っていなかったとき」用のもしっかり用意されている。 その場合はに借することになる。 関連動画 プレイヤーを悶絶させた名シーン 関連静画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

ロボ (クロノ・トリガー)とは

クロノトリガー プロメテウス

ゲーム内での活躍 ラヴォスが去った後が彼を修理するまで、プロメテドームで故障して機能を停止していた。 1000年へ帰るために時代を移動するゲートを探していた、、ルッカの一行に加わったロボは同型ロボットであるRシリーズ達6体から、彼が本当は人間を殺すために作られたものであり、欠陥品であったため捨てられたことを知る。 同型機達は裏切り者のロボを痛めつけた。 クロノ達が彼らを倒すと、ロボを引っ張って行き、再びルッカが修理した。 その際にルッカから直ったら何がしたいかを訊かれ、クロノ達一行について歴史を変えるという新しい目的を得ることとなった。 しかし、この目的は仲間だったロボット達から役立たずの欠陥品と言われたロボの中に葛藤をもたらした。 終盤のサブイベントにおいて、ロボは自身が作られたジェノサイドームに立ち寄る。 そこで人間を滅ぼそうとするマザーブレインと姉妹機アトロポス145と対峙することとなるのだが、その際、ロボこと本名プロメテスは、人間と行動を共にしてその生態を知るためのいわゆるスパイであったことが発覚する。 しかしロボはその本来の任務を拒み、哀しい戦いの末にアトロポスを狂気から解放する。 アトロポスは、最期に彼女のリボン(ロボの能力値の上昇)を残して機能を停止する。 その後マザーブレインを倒すと、ジェノサイドームの機能を停止させ、彼の仲間は生まれてこなくなった。 また、別のサブイベントではA. 600年の中世で砂漠化を食い止めて森を復活させようとする女性フィオナに協力する事になる。 砂漠化を引き起こすモンスターを駆除しても、森を元に戻すためには何百年も働き続ける必要があった。 ロボはその役を買って出、以後中世のフィールドには種まき、水やり、耕耘、カカシ役をするロボが出現する。 この間に彼は、クロノ達を時代を超えた旅にいざなったのは誰かの意思によるものではないのかと考えるようになり、A. 1000年の再生した森のフィオナ修道院で御神体として奉られていたところをクロノ達に回収されたところでそれを話した(そのときに森の樹液を固めて作った「みどりのゆめ」という戦闘不能を一度だけ自動回復するアクセサリーが手に入る)。 ラヴォスを倒した後、エンディングによっては、ルッカとの別れのシーンでオイルでセンサーが霞んでぶつかるロボが見られる。 歴史改変により廃墟で生まれた自らの存在が消えてしまうかも知れないにも関わらず、ルッカを慰め気丈に振る舞う心優しい性格。 なお、どのエンディングを見るかによるが、改変後の未来でも無事な姿を見る事が出来る。 版のエンディングムービーではロボと同じデザインの小さなロボットをルッカが作っていた。 クロノ・クロスでの設定 ロボそのものは登場しないが、ロボの本名に似た名前が付けられた「 プロメテウス」が登場する。 ルッカによって制作された、コンピュータの暴走を防ぐための良心回路である。 攻略本『クロノ・クロス アルティマニア』によれば、この「プロメテウス回路」はルッカが未来へ帰ったロボに想いを馳せて作られたものであり、ロボに使われていた回路そのものではないとされている。 ただし「プロメテウス」の口調はロボとほとんど同じものとなっている。 黒幕の一人フェイトを妨害する役割を果たしていたが、最終的にセルジュたちの前で「プロメテウス」は消去されることになってしまう。 最期はセルジュに未来を託しながら消えて行った。 この「フェイト」は『クロノ・トリガー』に登場する「マザーブレーン」に相当する存在であるが、辿った歴史が異なるため全く同一のものではなく、マザーブレーンが女性人格であるのに対しフェイトは男性人格になっている。

次の