エクセル 印刷 余白 なし。 印刷時の余白を、なくす方法を教えてください。

シートの印刷時の余白を設定|Excel(エクセル)の使い方

エクセル 印刷 余白 なし

ピアノコンサート会場の写真を貼るっす。 しま吉 画像の貼り付け方がわからない方はこちらのブログをご覧ください。 ページレイアウトから設定 [ページレイアウト]から設定します。 印刷からも同じように設定出来ます。 余白を設定する 余白をクリックすると最後に適用したユーザー設定・標準・広い・狭いと出てきます。 一番下にある、[設定の余白]をクリックします。 上・下・右・左の部分を変更します。 ここの数字は、どのくらい余白をつけるか、の設定です。 ここの数字を0にします。 ページ中央の水平、垂直にはチェックを入れます。 こんな感じになればオッケーです。 印刷の向きを設定する 印刷する向きを縦にするか横にするかを設定します。 今回は縦向きのチラシを作るので、縦を選択します。 印刷サイズの設定 A4・B5など印刷サイズを決めます。 表示にない印刷サイズを設定する 印刷サイズは接続しているプリンター(通常使用しているプリンター)で決まります。 通常接続プリンターがA3用紙に対応していなければ、A3は表示されません。 これを設定するためには[Microsoft XPS Document Writer]をプリンターに設定します。 [ファイル]をクリックし[印刷]のプリンターの中から [Microsoft XPS Document Writer]を選びます。 Microsoft XPS Document Writerは、XPS文書を作成するための機能ですが出力して作成する仕様であるためにこれを「通常使うプリンタ」として指定できます。 これでA3サイズも作成出来ます。 印刷範囲の確認 エクセルの画面に出ている点線が用紙のサイズになります。 ここで、上下左右の角に四角の画像でも、何でもいいので貼って下さい。 今回はこの写真を2枚上下に貼ります。 まだ終わりじゃないんです。 ここでプレビューで余白を確認してみましょう。 余白をさらに調整する [ファイル]の中の[印刷]をクリックすると、今の印刷のプレビュー画面が見れます。 よく見ると、上下と左右の余白の幅が少し違います。 この余白を左右も縮めたいと思います。 一度画面を戻り[表示]の[改ページプレビュー]を選びます。 すると、こんな感じになります。 この青い枠の中に1ページが収まって印刷されます。 この青い枠をギリギリまで広げます。 右の青の枠の一番上のKとLの間の所をクリックし、右に少しずつずらします。 これで2ページにならないギリギリの幅まで広げます。 広げすぎると2ぺージになってしまいます。 この青の点線が出ないギリギリの調整をしながら広げます。 1ページで、ここまでは広げることが出来るということです。 プレビューで余白を確認する 上の画像はそのままで、下の画像を枠いっぱいまで広げ、先程とどれくらい余白に差が出ているか確認します。 上は[改ページプレビュー]で調整する前の余白です。 下は調整した後の余白です。 [改ページプレビュー]で調整することにより、上下左右の余白が均等になります。

次の

(254)印刷の余白を調節する簡単な方法♪

エクセル 印刷 余白 なし

スポンサードリンク 塗りつぶしの色を印刷しない エクセル2010や2013、2016、2019で、 色で塗りつぶしてあるセルの色を印刷しない方法です。 つまり、セルに色をつけて印刷しない設定です。 やり方を聞かれて調べたのでメモしておきます。 通常で、印刷プレビューすると 色で塗りつぶしたセルは 色がついて印刷されます。 設定をすると、色で塗りつぶしセルがあっても 下図のように 色がつかずに印刷されます。 関連記事 設定の手順 1. 「ページレイアウト」タブを選択。 「ページ設定」の右側にある 「小さい矢印部分」をクリック。 2.「ページ設定」画面で 「シート」タブを選択。 印刷項目の 「白黒印刷」にチェックします。 「OK」ボタンで画面を閉じます。 以上で、塗りつぶしセルでも、色がつかずに印刷されます。 設定の手順 エクセル2010 エクセル2016と同じ手順で設定できます。 1. 「ページレイアウト」タブを選択。 「ページ設定」の右側にある 「小さい矢印部分」をクリック。 2.「ページ設定」画面で 「シート」タブを選択。 印刷項目の 「白黒印刷」にチェックします。 「OK」ボタンで画面を閉じます。 以上で、塗りつぶしセルでも、色がつかずに印刷されます。 関連記事.

次の

Excel(エクセル)の印刷範囲設定で、1枚(1ページ)に収める3つの方法

エクセル 印刷 余白 なし

Excel for Microsoft 365 Excel 2019 Excel 2016 Excel 2013 Excel 2010 Excel 2007 Excel Starter 2010 印刷されたページに Excel ワークシートを適切に配置するために、余白を変更したり、ユーザー設定の余白を指定したり、ワークシートをページ上の水平方向または垂直方向に中央揃えにしたりすることができます。 [ページの余白] は、印刷ページのデータと端との間にある空白の領域です。 ヘッダー、フッター、ページ番号などの項目には、上と下のページ余白を使用できます。 ページ余白を設定するには、次の手順を実行します。 印刷するワークシートまたは複数のワークシートを選択します。 ワークシートを選択する方法• 1枚のシートを選択するには: 印刷するシートのタブをクリックします。 目的のシート見出しが表示されていない場合は、見出しスクロール ボタンをクリックしてシート見出しを表示し、見出しをクリックします。 隣接する2つ以上のシートを選択するには、次の操作を行います。 最初のシートの見出しをクリックします。 次に、 Shift キーを押しながら、選択する最後のシートのタブをクリックします。 隣接していない2つ以上のシートを選択するには 最初のシートの見出しをクリックします。 次に、 Ctrl キーを押しながら、選択する他のシートのタブをクリックします。 ブック内のすべてのシートを選択するには、次の操作を行います。 シートタブを右クリックし、[ ショートカット メニューから [ すべてのシートを選択] をクリックします。 ヒント: 以前にカスタムの余白設定を使用していた場合は、その設定は [ 最後のカスタム設定] オプションとして使用できます。 ユーザー設定のページ余白を指定するには、[ ユーザー設定の余白] をクリックし、[ 上]、[ 下]、[ 左]、および [ 右] の各ボックスに、必要な余白のサイズを入力します。 ヘッダーまたはフッターの余白を設定するには、[ ユーザー設定の余白] をクリックし、[ ヘッダー] ボックスまたは [ フッター] ボックスに新しい余白のサイズを入力します。 ヘッダーまたはフッターの余白を設定すると、用紙の上端からヘッダーへ、または用紙の下端からフッターまでの間隔が変更されます。

次の