てれクラ。 【アニクラ初心者向け】アニクラってどんな場所?こんな場所!

番組内容・子育てTV ハピクラミニ きんだーてれび|テレビ東京アニメ公式

てれクラ

全国1000万、いや1億のオタクの皆さんこんにちは、むぅたです。 突然ですがオタクのみなさん、毎日楽しいオタクライフを送っていますか? 休みの日は日がな一日アニメ鑑賞?いいですねえ! 好きなコンテンツの二次創作?素晴らしいじゃないですか! ツイッターで女性声優同士の会話にクソリプを送る?ちょっと表に出ましょうか みなさん思い思いのオタク活動略してオタ活を日々満喫していると思います。 でもね、ちょっと聞いてほしいんですけど マ ンネリ化してません??? 学生時代から継続してオタクをしてきたまんま大人になっても惰性でアニメを見続けて、たまの休みもアニメ見てYouTube見てニコニコ動画見てツイッターして、人に「オタクなの?」と問われた時に「まぁ〜オタクっちゃオタクなのかな…?」みたいな返事しかできないそこのあなた。 面白いと思って見続けてるはずのアニメを見ているときに(はぁ〜なんかおもしれえことないかなあ〜)とか思っちゃってるそこのあなた。 マンネリ化してません???? 「なにか新しいことに挑戦してみたい」「日常に刺激がほしい」「でもオタクとして育ってきたから他のことに特に興味が湧かない…」 わかりますよ、わかります。 僕も少し前までそうでした。 そんな!オタクなあなたにこの記事でオススメしたいのが! アニクラです!• アニクラってなに? アニクラとは「 アニソンクラブイベント」の略称です。 クラブイベントと聞くと想像するのが「パリピだらけ」だとか「治安が悪そう」だとか「ナンパされる」みたいなオタクの皆さんとは縁遠いイメージだと思います。 ですがアニクラはその名の通りアニソンが流れるクラブイベント。 通常のクラブイベントのイメージとは真逆と言っていいほどです。 アニクラで流れるのはアニソンだけでなく、ゲーム、ボーカロイド、声優、インターネットで流行った曲などなど。 そしてその曲を流している人も、聞いている人も、踊ってる人も、デカイ声だしてる人も、あなたの周りにいる人は 99%オタクなんです。 そんな状況、普通の日常生活を送っていたらなかなかあるもんじゃないですよね。 ちなみにアニクラと言えどクラブなので、お酒を飲むこともできます。 薄暗いフロアでお酒を飲み、いい気持ちになりながらデッカイ音とズンズン響く低音で好きなアニソンを聴く…その絶妙な非日常感は一度体験するとなかなかに病みつきになりますよ。 またアニクラには好きなアニソンをデッカイ音で聴けるほか、 新しい友達との出会いの場という側面もあります。 社会人になると新しい友達を作りにくい、というのは社会人の皆さんには周知の事実だと思います。 学生のときのように新しい世界に触れる機会が少なくなるのですから、当然といえば当然ですね。 そんな社会人になってから、同じ趣味で、同じ曲が好きで、気のいい友達ができることなんてほんとになかなかないですよね。 ないですよ。 金払っても無理ですよ。 でもアニクラなら、ある程度のコミュニケーション能力があればできちゃうんですよね。 また、同性はもちろん異性の友達もバンバンできちゃいます。 金払っても無理ですよ。 (2回目) とはいえナンパ目的でアニクラに来ると雰囲気ですぐにバレちゃって屈強なオタクにつまみ出されちゃうので、ナンパ目的なら普通のクラブに行ってくださいね。 いつどこでやってるの? アニクラの情報は基本的にはツイッターで告知されます。 でも完全に初めてのアニクラであれば「フォローしてる人にアニクラ関係の人いないんだけど…」って人がほとんどだと思います。 そんなときに活躍するのがイベント告知サイト「」(以下ツイプラ)です。 ツイプラはイベント告知と出席確認を同時にできる便利なサイトで、ほとんどのアニクラはこのツイプラを使ってイベントの日時や場所等を告知しています。 「はじめてアニクラに行くしどれに行けばいいかわかんない」なんて方はツイプラのタグ検索で「アニクラ」と調べて、自分の住んでいる地域から近いクラブハウス、そして参加表明している人が多いアニクラに行って見ましょう。 多くのアニクラでは「 ツイプラ参加表明で500円オフ!」といった特典があることが多いので、行くイベントを決めたら参加表明するのが賢明ですね。 自分のツイッターアカウントも他の人に周知することができるので一石二鳥です。 500円オフ!とかサラッと書きましたが、アニクラはクラブで行うイベントである以上、当然ですが 入場料がかかります。 アニクラ、というかクラブやライブハウスの入場料の値段表記の仕方ですが 「1500円+1drink」なんて書き方で表記されている場合がほとんどです。 上の例の場合、入場料1500円に別途ドリンク代500円がかかりますよ、という意味で実際徴収されるのは2000円になります。 上記のツイプラにはいればこのうちのドリンク代が免除されて1500円で入場できるというわけです。 ちなみに「1500円+1drink」の「1drink」ですが、受付でお金を払った途端グイッとグラスを押し付けられる、みたいなアメリカンな感じではないです。 大体どこのクラブでも、お金を払った時にドリンクチケットと呼ばれるバーカウンターに出すと好きな飲み物と交換できるチケットをくれます。 (このチケットは上記の500円オフの特典を受けていた際も貰えるので安心してください) 「別に飲み物いらないけど…」なんて思ってても問答無用です。 大体どこのクラブも飲料は持ち込み禁止だと思うんで、バーカウンターで飲み物買わないと好きなアニソンでブチアガってるうちにカラカラに乾いて砂と化しますよ。 よくある質問 ここまでざっくりとアニクラの魅力について説明してきました。 その中で多分みなさんの心の中に生まれたであろうなあと思う疑問に答えていきつつ、これまで説明したことを振り返っていきたいと思います。 クラブにいったことないんだけど大丈夫なの?こわくない? A. アニクラにいるのは99%がオタク!見た目がこわくても中身はみんなと同じオタクであることが大半なので、勇気を持ってまずは行ってみよう! Q. アニクラに行ったら何をしてればいいの? A. 完全に自由です!好きな曲がかかったらDJの前まで行って気持ちを伝えるもよし、知らない曲でもお酒を飲みながら体を揺らせばよし、友達を作るためにいろんな人に話しかけるもよしです。 せっかく周りがオタクしかいないという稀有な状況なんですから、楽しむだけ楽しみましょう! Q. アニクラではどれくらいお金がかかるの? A. イベントによってまちまちですが、お酒をあまり飲まないのであれば3000円もあれば一晩楽しむことができると思います。 お酒は大体500円前後なので、お酒をある程度飲んだとしても6000円も使わないのではないでしょうか。 ある程度アニクラに慣れてきたら、自分が最高に好きな曲をかけたDJにお酒でも奢っちゃいましょう。 泣くほど喜びますよ。 ナンパしてもいい? A. やめておきましょう。 あなたが男ならばなおさらです。 他のパリピ系のクラブイベントならいざ知らず(失礼)、アニクラに遊びにきている女の子はあなたと同じくアニクラを楽しむ目的で来ている子が大半です。 自分が楽しんでるとこに下心100%の男がすり寄って来るなんて不快でしかないですよね。 ナンパに限らず人が嫌がる行動は慎みましょうね。 知らない人になんて話しかければいいかわからない… A. 思い出してください。 周りの人々はほとんどがオタクです。 オタクなあなたが好みそうな話題は大体周りの人も好きな話題です。 無難なところでは「今期どのアニメ見てる?」「何かソシャゲやってる?」「この曲めっちゃいいですよね」とかですかね。 ちなみに北陸など客の絶対数があまり多くない地域では「初めて来ました!」なんてことを周りの人に言うとすんごく優しくしてくれますよ。 この他にも気になることがあると思いますが、これ以外の質問は自分のツイッター(@MWTAAA)(ページ下部にリンクあります)までしていただければ随時回答致しますよ! まとめ ざっくりとアニクラについての説明をしていきましたが、少しは魅力が伝わりましたでしょうか? 冒頭でも書いた通り、最近毎日が昔に比べてつまらないなあ…と思っているオタクにこそ勧めたいイベントがアニクラなんです。 オタクとして輝いていたあの頃の楽曲が、大人になった今酒を飲みながらデッカイ音で聴けるって、結構衝撃的なんですよ。 こればっかりは体験してもらわないとわかんないと思うんですけど。 正直自分の駄文じゃアニクラの魅力の3割も伝わってないと思うので、とにかく来て体験してみてください!合わなかったらもう来ない!でもいいんです、とにかく行動にうつしてみてください!あなた次第では毎日が輝きだしますよ! さあ、今週末は身近なアニクラの扉を叩きにいきましょう!.

次の

ツキクラ 公式ブログ

てれクラ

全国1000万、いや1億のオタクの皆さんこんにちは、むぅたです。 突然ですがオタクのみなさん、毎日楽しいオタクライフを送っていますか? 休みの日は日がな一日アニメ鑑賞?いいですねえ! 好きなコンテンツの二次創作?素晴らしいじゃないですか! ツイッターで女性声優同士の会話にクソリプを送る?ちょっと表に出ましょうか みなさん思い思いのオタク活動略してオタ活を日々満喫していると思います。 でもね、ちょっと聞いてほしいんですけど マ ンネリ化してません??? 学生時代から継続してオタクをしてきたまんま大人になっても惰性でアニメを見続けて、たまの休みもアニメ見てYouTube見てニコニコ動画見てツイッターして、人に「オタクなの?」と問われた時に「まぁ〜オタクっちゃオタクなのかな…?」みたいな返事しかできないそこのあなた。 面白いと思って見続けてるはずのアニメを見ているときに(はぁ〜なんかおもしれえことないかなあ〜)とか思っちゃってるそこのあなた。 マンネリ化してません???? 「なにか新しいことに挑戦してみたい」「日常に刺激がほしい」「でもオタクとして育ってきたから他のことに特に興味が湧かない…」 わかりますよ、わかります。 僕も少し前までそうでした。 そんな!オタクなあなたにこの記事でオススメしたいのが! アニクラです!• アニクラってなに? アニクラとは「 アニソンクラブイベント」の略称です。 クラブイベントと聞くと想像するのが「パリピだらけ」だとか「治安が悪そう」だとか「ナンパされる」みたいなオタクの皆さんとは縁遠いイメージだと思います。 ですがアニクラはその名の通りアニソンが流れるクラブイベント。 通常のクラブイベントのイメージとは真逆と言っていいほどです。 アニクラで流れるのはアニソンだけでなく、ゲーム、ボーカロイド、声優、インターネットで流行った曲などなど。 そしてその曲を流している人も、聞いている人も、踊ってる人も、デカイ声だしてる人も、あなたの周りにいる人は 99%オタクなんです。 そんな状況、普通の日常生活を送っていたらなかなかあるもんじゃないですよね。 ちなみにアニクラと言えどクラブなので、お酒を飲むこともできます。 薄暗いフロアでお酒を飲み、いい気持ちになりながらデッカイ音とズンズン響く低音で好きなアニソンを聴く…その絶妙な非日常感は一度体験するとなかなかに病みつきになりますよ。 またアニクラには好きなアニソンをデッカイ音で聴けるほか、 新しい友達との出会いの場という側面もあります。 社会人になると新しい友達を作りにくい、というのは社会人の皆さんには周知の事実だと思います。 学生のときのように新しい世界に触れる機会が少なくなるのですから、当然といえば当然ですね。 そんな社会人になってから、同じ趣味で、同じ曲が好きで、気のいい友達ができることなんてほんとになかなかないですよね。 ないですよ。 金払っても無理ですよ。 でもアニクラなら、ある程度のコミュニケーション能力があればできちゃうんですよね。 また、同性はもちろん異性の友達もバンバンできちゃいます。 金払っても無理ですよ。 (2回目) とはいえナンパ目的でアニクラに来ると雰囲気ですぐにバレちゃって屈強なオタクにつまみ出されちゃうので、ナンパ目的なら普通のクラブに行ってくださいね。 いつどこでやってるの? アニクラの情報は基本的にはツイッターで告知されます。 でも完全に初めてのアニクラであれば「フォローしてる人にアニクラ関係の人いないんだけど…」って人がほとんどだと思います。 そんなときに活躍するのがイベント告知サイト「」(以下ツイプラ)です。 ツイプラはイベント告知と出席確認を同時にできる便利なサイトで、ほとんどのアニクラはこのツイプラを使ってイベントの日時や場所等を告知しています。 「はじめてアニクラに行くしどれに行けばいいかわかんない」なんて方はツイプラのタグ検索で「アニクラ」と調べて、自分の住んでいる地域から近いクラブハウス、そして参加表明している人が多いアニクラに行って見ましょう。 多くのアニクラでは「 ツイプラ参加表明で500円オフ!」といった特典があることが多いので、行くイベントを決めたら参加表明するのが賢明ですね。 自分のツイッターアカウントも他の人に周知することができるので一石二鳥です。 500円オフ!とかサラッと書きましたが、アニクラはクラブで行うイベントである以上、当然ですが 入場料がかかります。 アニクラ、というかクラブやライブハウスの入場料の値段表記の仕方ですが 「1500円+1drink」なんて書き方で表記されている場合がほとんどです。 上の例の場合、入場料1500円に別途ドリンク代500円がかかりますよ、という意味で実際徴収されるのは2000円になります。 上記のツイプラにはいればこのうちのドリンク代が免除されて1500円で入場できるというわけです。 ちなみに「1500円+1drink」の「1drink」ですが、受付でお金を払った途端グイッとグラスを押し付けられる、みたいなアメリカンな感じではないです。 大体どこのクラブでも、お金を払った時にドリンクチケットと呼ばれるバーカウンターに出すと好きな飲み物と交換できるチケットをくれます。 (このチケットは上記の500円オフの特典を受けていた際も貰えるので安心してください) 「別に飲み物いらないけど…」なんて思ってても問答無用です。 大体どこのクラブも飲料は持ち込み禁止だと思うんで、バーカウンターで飲み物買わないと好きなアニソンでブチアガってるうちにカラカラに乾いて砂と化しますよ。 よくある質問 ここまでざっくりとアニクラの魅力について説明してきました。 その中で多分みなさんの心の中に生まれたであろうなあと思う疑問に答えていきつつ、これまで説明したことを振り返っていきたいと思います。 クラブにいったことないんだけど大丈夫なの?こわくない? A. アニクラにいるのは99%がオタク!見た目がこわくても中身はみんなと同じオタクであることが大半なので、勇気を持ってまずは行ってみよう! Q. アニクラに行ったら何をしてればいいの? A. 完全に自由です!好きな曲がかかったらDJの前まで行って気持ちを伝えるもよし、知らない曲でもお酒を飲みながら体を揺らせばよし、友達を作るためにいろんな人に話しかけるもよしです。 せっかく周りがオタクしかいないという稀有な状況なんですから、楽しむだけ楽しみましょう! Q. アニクラではどれくらいお金がかかるの? A. イベントによってまちまちですが、お酒をあまり飲まないのであれば3000円もあれば一晩楽しむことができると思います。 お酒は大体500円前後なので、お酒をある程度飲んだとしても6000円も使わないのではないでしょうか。 ある程度アニクラに慣れてきたら、自分が最高に好きな曲をかけたDJにお酒でも奢っちゃいましょう。 泣くほど喜びますよ。 ナンパしてもいい? A. やめておきましょう。 あなたが男ならばなおさらです。 他のパリピ系のクラブイベントならいざ知らず(失礼)、アニクラに遊びにきている女の子はあなたと同じくアニクラを楽しむ目的で来ている子が大半です。 自分が楽しんでるとこに下心100%の男がすり寄って来るなんて不快でしかないですよね。 ナンパに限らず人が嫌がる行動は慎みましょうね。 知らない人になんて話しかければいいかわからない… A. 思い出してください。 周りの人々はほとんどがオタクです。 オタクなあなたが好みそうな話題は大体周りの人も好きな話題です。 無難なところでは「今期どのアニメ見てる?」「何かソシャゲやってる?」「この曲めっちゃいいですよね」とかですかね。 ちなみに北陸など客の絶対数があまり多くない地域では「初めて来ました!」なんてことを周りの人に言うとすんごく優しくしてくれますよ。 この他にも気になることがあると思いますが、これ以外の質問は自分のツイッター(@MWTAAA)(ページ下部にリンクあります)までしていただければ随時回答致しますよ! まとめ ざっくりとアニクラについての説明をしていきましたが、少しは魅力が伝わりましたでしょうか? 冒頭でも書いた通り、最近毎日が昔に比べてつまらないなあ…と思っているオタクにこそ勧めたいイベントがアニクラなんです。 オタクとして輝いていたあの頃の楽曲が、大人になった今酒を飲みながらデッカイ音で聴けるって、結構衝撃的なんですよ。 こればっかりは体験してもらわないとわかんないと思うんですけど。 正直自分の駄文じゃアニクラの魅力の3割も伝わってないと思うので、とにかく来て体験してみてください!合わなかったらもう来ない!でもいいんです、とにかく行動にうつしてみてください!あなた次第では毎日が輝きだしますよ! さあ、今週末は身近なアニクラの扉を叩きにいきましょう!.

次の

ツキクラ 公式ブログ

てれクラ

テレクラ店舗の一例 テレフォンクラブとは、を介してとの会話を斡旋する店。 通称は テレクラ。 おおよそ、個室で女性から店に電話がかかってくるのを待ち、その女性との会話を楽しむもの。 個室にはが配置するなどされており 、テレフォンセックスが行われる場合もある。 基本的にはそれだけなのであるが、女性との交渉次第では機会を改め店の外でを行うことや、を行うことも可能である。 の改正後に注目され、流行した業態。 全国で最初に登場した店は1985年ににより開業された「アトリエキーホール」、もしくは同年秋に同じ新宿に開業した「12チャンネル」と諸説ある。 別冊宝島にはのサブカル・流行の1つとしてテレフォンクラブが紹介されている またテレフォンクラブはの温床ともなっている。 やの一般化に伴い、が普及したためかテレフォンクラブは衰退している。 の幹線道路沿い住宅地にあるテレクラ看板。 その下には店名とともにフリーダイヤル電話番号が大きく書かれており、それを見た女性から電話がかかると同時に、男性客側からはではない女性から電話がかかるのでは、という期待を抱かせるの役割を果たす。 は店に行って時間ごとの料金を払い、狭い個室の中で電話がかかってくるのを待つ。 女性は自宅や、等から店に電話をかける。 女性用ダイヤルは普通となっている。 一般女性がテレクラの番号を知るのはや街頭で配布される、・の付近のなどである。 男性は利用時間の途中で約束した女性と会うために外出できる。 その日のうちならば再入店し、残り時間 も引き続き利用できる店舗が多い。 店によって、店員が順番に客に女性からの電話を回すシステムと、早く受話器を上げた客が電話をとることが出来るシステムの大きく二つに分けられる。 なお、など一部のではにより「早取り」形式は禁止されている。 店によっては回線、回線を設置してあるところもある。 歴史 [ ] 夕刊(東京版)の「テレホンクラブ」(テレクラ)の記事に、テレクラで男性客とデートをしていた家出中のがされたという内容が掲載された。 同記事によれば、テレクラは1985年頃から新宿・などに急増し、この頃までに100軒ほどあったという。 初頭には、一般の女性も多数参加し、同様の店が全国各地に広がり、流行していた。 女性は無料であるため、女子中高生がいたずらでかける場合も多数あった。 始めはいたずらでかけているつもりでも、度々かけているうちに相手に興味を持ったり、金銭を提示されたりして、実際に会ってみる気になることは十分ありうることであった。 女子中高生のが問題になると、テレクラがその温床ではないかとの批判が強まった。 頃にはに10-15ページほどのテレクラ広告が掲載されていたという。 は、のテレクラの状況を調査して、近年の若者の状況を社会学的に考察した(『制服少女たちの選択』)。 テレクラは1980-90年代の独特な出会いの文化として位置づけられる。 に、で青少年のテレクラを規制するが改正されて以降、全国の自治体でテレクラ規制条例が制定されていき、年齢確認や営業地域が限定されるなど規制が強化され、衰退傾向が見られた。 にはの改正で「店舗を設けて、専ら、面識のない異性との一時の性的好奇心を満たすための交際を希望する者に対し、会話の機会を提供することにより異性を紹介する営業で、その一方の者からの電話による会話の申込みを電気通信設備を用いて当該店舗内に立ち入らせた他の一方の者に取り次ぐことによつて営むもの」というの「店舗型電話異性紹介営業」してテレクラを規制し、テレクラの利用者(男性・女性は問わない)全てに対し、18歳以上であることを示す身分確認を求めることが義務付けられ、深夜0時から日の出(2016年6月23日からは午前6時)までの間のテレクラとしての営業が禁止されたことから 、さらに利用者が減少し多くのテレクラが廃業した。 だが、現在もテレクラは各地に存在していて、男女の出会いの場を提供している。 テレコミ [ ] テレクラや、等、電話を介したの総称を「」と表現する事がある。 脚注 [ ] []• 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p. 永沢 1997 p. この際外出時間を利用時間に含めない店(タイムキープ制)と、外出時間を利用時間に含める店(こちらが一般的)がある。 ただし店舗によっては再入店を認めないところや、特定のコースでのみ再入店を認めるところがあるので、利用の際は確認が必要。 なお、永沢 1997 p. 11によれば、当時の男性の利用料は800-1500円程度であったらしい。 このため、深夜帯に女性からかかってきた電話についてはに回されている。 また深夜帯については、電話機を取り外しとして営業を行っている店舗が多い。 参考文献 [ ]• 永沢光雄、1997、『風俗の人たち』、筑摩書房 - ただし脚注で明記されている範囲のみ。 関連項目 [ ]• (テレクラ店の競合がきっかけで発生した放火殺人事件).

次の