新 水性 ホビー カラー。 GSIクレオスの新生水性ホビーカラーで筆塗りだ!!

新水性ホビーカラー入荷しましたッ!プラやレジンの塗装に抜群の性能!!

新 水性 ホビー カラー

Amazonの情報を掲載しています これは水性塗料全般に言えることですが「 塗料自体の臭いが少い」「乾燥前なら水に溶けるの」という特徴があります。 使用した筆やエアブラシも、乾く前なら水で洗うことが出来ます。 塗料が乾いたあとは耐水性になり、水では溶けな塗膜になります。 塗料の乾燥時間はかなり遅めです。 さらに、塗膜の強度もそこまで無いので、爪で少し力を入れて引っ掻いたりすると簡単に傷が入ったりもします。 塗料の隠蔽力も弱い部類に入ります。 何度も重ね塗りをしないとイエローやレッドの様な隠蔽力の弱い色はちゃんと発色してくれません。 筆塗り塗装でも、塗料自体の伸びがあまり良くないので、筆ムラや粗が出やすく少し扱いにくい印象です。 かといって、筆ムラが出にくいように塗料を希釈してしまうと「いつまでも乾かない」「何度塗っても色が発色しない」という事が起きます。 水性塗料は匂いが少なく安全ではありますが、ラッカー系塗料にくらべて「塗膜の強さ」「乾燥時間の速さ」「隠蔽力の高さ」を犠牲にしているようですね。 「水性ホビーカラー」の希釈には、専用のうすめ液を使いましょう。 水でも希釈できますが、パーツに塗料が弾かれてしまう事があるので、できれば専用のうすめ液を使ったほうがいいですね。 筆を洗い忘れて塗料が固まってしまった場合でも、このうすめ液を使えば道具の洗浄することが出来ます。 Amazonの情報を掲載しています この塗料の特徴は、さきほど紹介した 水性ホビーカラーの欠点となる「乾燥時間の遅さ」「塗膜の弱さ」を解消した新しい水性塗料です。 臭いも非常に少なく、ほのかにアクリル絵の具の臭いがするくらいにおさまっています。 塗料の乾燥時間はかなり早いです。 ただし、その速さ故に、エアブラシで使用する時はノズルで塗料づまりがよく発生するので注意が必要です。 筆塗りでは、水性ホビーカラーに比べると、塗料の伸びは良くなってはいますが、正直なところまだまだ扱いやすいとは言えるレベルには達してはいません。 しかも、 イエローやレッドといった一部のカラーは「隠蔽力が異常に弱い」という問題もあります。 下地の色が暗い所にそういう色を塗る場合は、先にホワイトを塗って、その上からイエローなどの塗料を塗って対応しましょう。 他にも、完全に乾燥したアクリジョンの塗膜の上から、Mr. カラー(ラッカー系塗料)や水性ホビーカラーを塗装することが出来るという特徴もあります。 アクリジョンが乾いた後は、他の塗料を上から塗っても塗装面は溶けないので重ね塗りも安心して行えます。 Amazonの情報を掲載しています 塗料の希釈や洗浄に使えるタミヤカラー専用のうすめ液はコチラ。 ちなみに、タミヤ製品のプラモデルの説明書では、このタミヤカラーの番号で色指定がされています。 タミヤのプラモデルを作るときのにはタミヤカラーを使えば非常に楽ということです。 ブラック• ホワイト• ロイヤルブルー• ブルー• グリーン• オレンジ• レッド… という感じに、各番号に指定の色が決まっています。 これは「タミヤエナメル」「タミヤラッカー」「タミヤスプレー」と全てに共通する色番号なので覚えとくと何かと役に立ちます。 Amazonの情報を掲載しています カラーバリエーションが豊富で、ボークス店舗が近くにあるモデラーなら「水性塗料をすべてファレホにしたほうがいい」と思ってしまえるほど高性能な水性塗料です。 ファレホの特徴は他の水溶性塗料には無かった 「乾燥時間の速さ」「塗料の伸びの良さ」「隠蔽力の強さ」があります。 ファレホのモデルカラーは、筆塗り専用の塗料で、 筆塗り塗装をメインにしてるモデラーには非常にオススメです。 乾燥した塗膜は、化学反応で空気中の酸素と結合することにより、より強固な塗膜が形成されるようになっています。 ボトルの先端は特殊な形になっており、筆塗りをする時の「ちょっとだけ塗料を出したい」という場面でも便利に使えます。 ボトルの素材が「ガラス瓶」ではなく、プラスチック製なので使い終わったあとに捨てる時も楽ですね。 ファレホの希釈は、ファレホ専用の「エアブラシシンナー」を使うか、薬局などで取り扱っている「精製水」でもいいとのこと。 ちなみに、「ファレホ」にも、いくつか種類があるのでそちらも説明します。 注意 昔に販売されていたファレホの中には、成分中に有害な金属「カドミウム」が含まれているものがあります。 現在販売されている新しいファレホ(日本語が書いてある新ラベル)では「カドミウム」が含有されているものはすべて無くなっているので安心して使ってください。 ファレホに詳しいボークスの店員さんに「ファレホにカドミウムが入っているという噂を聞いたが本当か?」と直接聞いてきました。 店員さんは「実際に昔のファレホにはカドミウムが使われているものもあった。 だけど今売っている塗料にはもう入って無いので安心して欲しい」と言っていました。 ゲームズワークショップ 「シタデルカラー」 Amazonの情報を掲載しています こちらも模型店では殆ど見ることはない塗料ですね。 大手の模型店か、「」などで購入できます。 この塗料の特徴についてです。 水性塗料なので、もちろん塗料の乾燥前なら水で道具を洗うことが出来ます。 筆塗りを前提で開発されていて、ボトル自体が筆を使うことを想定して作られていて、穂先を整えたりし易いようなベロがついた形状になっています。 シタデルミニチュアという、実際に手で持ったりして遊ぶゲームで使われる塗料なので、 乾燥後はかなり強い塗膜になります。 しかも、「ラッカー塗料」「エナメル塗料」の上から「シタデルカラー」を重ね塗りも出来ます。 その逆も可能です。 (シタデルの上にラッカー塗料・エナメル塗料) 塗料の乾燥時間も早く、10分程度でも触れるくらいまでしっかり乾いてくれます。 塗った端から乾いていくイメージですかね。 そして、シタデルカラーの一番のウリは圧倒的な隠蔽力です。 黒のパーツに白色を塗って一発で発色したりなど、普通の水性塗料ではありえない隠蔽力を持っています。 ラッカー系やエナメル塗料でもここまで隠蔽力は強くないです。 塗料1つあたりの値段が高いですが、それなりの性能は保証してくれるみたいです。 希釈には「ケスト・シンナー」や「精製水」が使用できます。 シタデルカラーには9つほど種類がありまして、初めての方はどれを買ったらいいかわからないと思うので簡単に説明します。

次の

プラモデル塗料で使う「水性アクリル塗料」の違いをメーカー別に徹底比較!

新 水性 ホビー カラー

メーカー:GSIクレオス 商品名:水性ホビーカラー 価格:¥180(税別) まずはエアブラシで塗装してみました。 希釈は水で行い、塗料:3水:1くらいの濃度で薄く吹き重ねるような塗装を行ないました。 吹いている感覚はアクリジョンやファレホに似ており、塗料の詰まりが無く、希釈が少しシビアかな?と感じましたが非常に吹きやすかったです! 続いて筆塗りです!塗っている感覚はラッカー塗料に近い感じでした。 ムラになりにくく、塗膜は薄く重ね塗りをしても厚ぼったくならずに塗装できそうです。 どちらも乾燥後は塗装面に引っ掛かりが無く滑らかで塗膜がはがれにくい仕上がりになりました! 溶剤臭はビンに鼻を近づけるとアクリル臭がしますが作業中はほとんど気になりません! おまけでABS素材の食玩をエアブラシ塗装してみました。 なんとABS素材にもしっかり定着しました!水性ホビーカラーの進化は凄まじいです! 性能をまとめると ・プラ、レジン、ABS、塗装可能! ・塗膜は爪で引っ掻いても塗装面が滑らかなため剥がれにくい! ・エアブラシ塗装は希釈度合いの調整は必要ですが詰まりも無く、快適に出来る! ・筆塗りもムラが出にくく、厚ぼったくならない! ・発色もきれい! ・カラーのみで研ぎ出しが出来ました... スゴイ! ということで新水性ホビーカラーの生まれ変わった性能、どうでしたか?私が使った感想としてはもう別物の塗料といっても良いくらい進化を実感しましたしとても使い易い!というのがサンプルを作っていて一番印象に残りました。 この新水性ホビーカラーですが当店では本日より店頭販売が開始。 (ラインナップは半分のNo. 48まで。 残りは12月発売予定となります)この記事を見て興味をお持ちになった方、水性カラーにトラウマがある方も一度試してみてはいかがでしょう。 きっとその使い心地に驚くと思います! 更に!今週末はホビフェス冬の陣が開催!用品コーナーではアウトレット商品の販売を行います。 何が出るかは当日のお楽しみ!ぜひその目でご確認下さい!! それでは皆様のご来店心からスタッフ一同お待ちしております。

次の

雑談「GSIクレオスさんの新水性ホビーカラーを使ってみた。」

新 水性 ホビー カラー

基本的に水性ホビーカラーは希釈なしでエアブラシに使えるように濃度調節してあります。 0・05は買って来たカラーから少しずつシンナー分が蒸発するための保険として書いてあると思います。 (滑らかにもなりますし) まあスポイドで0・5ccですから2~3滴たらす程度ですね。 (専用シンナーをお使いください)後は泡立てないようにいやになるほどかき混ぜてください。 叉一回使うと濃度がかなり濃くなりますのでここは最初の濃度の感覚でご自分で調整してください。 個人的には、塗料8~9、専用シンナー1~2で私は使っています。 (結構この濃度が経験上使い易いので) 後は買ってきたビンが入荷したてとは限りませんから濃くなっている場合が多いです。 濃いと思ったら少しずつシンナーを足してください。 (水は洗浄以外お使いにならないように。 食いつきが極端に悪くなり、おまけに乾きません。 ) 「試し吹き」をすればいいだけ。 ……とはいえ、そんなことで時間や頭を使わずに、誰かに適量を教えてもらう方が簡単だと思うから質問してるんだろうけどね。 薄い塗料ってのはエアブラシへの影響(詰まる等)が無い。 「垂れる」とかいうのは「吹き方がヘタクソ」なだけであって、10倍に薄めたって距離感とか、吹いた状態をちゃんと見てれば「ふつうに吹ける」んだからな。 薄過ぎて問題なのは、なかなか色が着かないから「時間がかかる」ってことだけ。 なので、スポイトでうすめ液を入れようが、うすめ液のボトルから直接入れようがかまわない。 >希釈が0. 05 1の100分の1は 0. 01 だろう? 0. 05 なら5パーセントってことになるんじゃないか? 同じ「1」でも、単位はミリリットルもあればリットルもあるってだけで、そんな計算なんて小学校でやってるよな?.

次の