和菓子 店 冷蔵庫。 和菓子店娘殺害

木津いぶき 死因は窒息死?凍死?和菓子店の冷蔵庫内で女子大生死亡の理由がヤバイ!東京荒川・父親逃走中

和菓子 店 冷蔵庫

7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久4丁目の和菓子店で、冷蔵庫の中に大学1年の木津いぶきさん(18)=荒川区東尾久8丁目=の遺体があるのを警視庁の捜査員が発見した。 この店を経営する木津さんの40代の父親の行方が分からなくなっており、警視庁は何らかの事情を知っているとみている。 尾久署によると、6日午後6時35分ごろ木津さんの弟から「父が自殺しようとしている」と110番通報があった。 その後に父親から自宅に「娘を菓子店で切った」と電話があったという。 捜査員が父親を探していたところ、和菓子店内の業務用冷蔵庫(縦73センチ、横140センチ、高さ85センチ)の中から木津さんを見つけた。 木津さんはひざを抱えるような態勢で、死亡が確認された。 首には絞められたような痕があったという。 木津さんは両親と弟との4人暮らしで、6日朝は自宅にいたことが確認されているという。 「あいつから聞いた話では、2度目の結婚だったみたい。 最初のときも子どもがいて、上の女の子は今回亡くなったいぶきちゃんと同い年で。 離婚原因はやつの浮気。 浮気相手が、やつのいとこだってよ。 親族会議になって、それでもやつは別れたくなくて家庭裁判所で争ったけど、結局は負けた。 子どもの親権も奥さんにとられたみたい」 和菓子店近くに住む主婦は、 「木津さん一家は、2005年ごろに一緒になられたんです。 子どもさん2人は、奥さんの連れ子でした」 と説明する。 荒川区で店を構える前、近隣区の和菓子店で木津さんは働いていた。 同店の経営者が回想する。 「10代から10年近く修業していました。 お父さまに連れられて来たんですが、お父さまの実家も北陸地方で和菓子店をやっておられて、そのお父さまも一時期、埼玉で和菓子店をやっていたようです。 木津さんは2階で住み込みで働いていました。 おとなしくて、まじめで、腕はよかったですよ。 酒もほとんど飲まなかったし、ギャンブルなどで散財するような人でもなかった。 辞めたあと、1度だけ連絡をもらいました。

次の

【画像】荒川区和菓子店の冷蔵庫に女子大学生遺体 父親自殺‥親子間の殺人について

和菓子 店 冷蔵庫

7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久4丁目の和菓子店で、冷蔵庫の中に大学1年の木津いぶきさん(18)=同区東尾久8丁目=の遺体があるのを、通報を受けて訪れた警視庁の捜査員が発見した。 同庁は、この店の経営者で木津さんの父親(43)が事情を知っているとみて捜していたが、7日早朝、さいたま市内で首をつって死亡しているのが見つかった。 警視庁は死体遺棄の疑いで捜査。 父親が木津さんの死亡に関与した後に自殺した可能性があるとみて調べている。 尾久署によると、6日午後6時35分ごろ、木津さんの弟から「父が自殺しようとしている」と110番通報があった。 その後に、父親から自宅に「娘を菓子店で切った。 死にたい」と電話があったという。 捜査員が父親を捜していたところ、店内の業務用冷蔵庫(高さ85センチ、横140センチ、奥行き73センチ)の中から木津さんを見つけた。 木津さんはひざを抱えるような体勢だった。 首に絞められたような痕があり、目立った切り傷や刺し傷は確認されなかったという。 父親は7日午前4時45分ごろ、さいたま市岩槻区の河川敷で木に首をつった状態で見つかった。 近くには普段使っていたオートバイがあったという。 木津さんは両親と弟との4人暮らしで、6日朝は自宅にいたことが確認されているという。 よく菓子店を訪れるという70代の女性は、6日午前にもあんみつなどを買ったという。 「店主の男性が『雨だから気をつけて』と言ってくれた。 変わった様子はなかった。 親子に何があったのか、驚いている」と話した。

次の

和菓子屋殺人動機は性的虐待も!?親子関係に歪んだ愛と支配?暴力証言も!|あんころりんく!!

和菓子 店 冷蔵庫

東京都荒川区東尾久の和菓子店「木津屋」の業務用冷蔵庫から、近くに住む大学1年、木津いぶきさん(18)が遺体で見つかった事件で、検視の結果、首を絞められ窒息死した可能性が高いことが分かった。 店の経営者で父親の英喜さん(43)は首をつって自殺したとみられる。 「明治神宮献上銘菓」をうたい、近所で評判の和菓子店で、父と娘に何があったのか。 遺体は靴を履いておらず、携帯電話や財布などの所持品が見つかっていない。 6日午後6時35分ごろ、いぶきさんの弟から「お父さんが自殺しようとしている。 お母さんが電話で止めている」と110番通報があった。 英喜さんは「手首を切った。 川に沈んで死ぬ」などと話していたという。 自宅には「娘を菓子店で切った。 死にたい」との電話もあったという。 署員が店に駆け付け、7日未明に幅約140センチ、奥行き約75センチ、高さ約85センチで上部にふたがある業務用冷蔵庫内でいぶきさんを発見した。 目立った切り傷は確認されなかった。 いぶきさんは両親と弟の4人家族で、和菓子店近くの自宅で生活していた。 6日朝、「アルバイトに行く」と家を出たが、バイト先に現れなかった。 英喜さんも朝仕事に出掛け、午後4時半ごろには仕事が終わったと妻に連絡していたという。 英喜さんの遺体がみつかったさいたま市岩槻区の河川敷では、英喜さんが使っていたオートバイが見つかった。

次の