羅生門 感想。 映画「羅生門」あらすじ、感想【人間の虚栄心を描いた黒澤明の傑作】

映画「羅生門」あらすじ、感想【人間の虚栄心を描いた黒澤明の傑作】

羅生門 感想

荒廃した京都の羅生門の下で、ある下人が雨宿りをしていた。 彼は数日前に主人からひまを出されて、行くあてもなく途方に暮れていたのである。 生活のために盗人になることを思いついたが、そうする勇気を持っていなかった。 一晩を門の楼の上で明かそうと、楼の上に登っていくと、そこに一人の老婆がいることに気づく。 そして、無数の死体が転がっている楼の上で、老婆がその中の女の死体から髪の毛を抜いているのを見つける。 下人が老婆に髪の毛を抜く理由を尋ねると、餓死しないために髪の毛を抜いて鬘をつくるのだと答え、さらに、この女は生前に人をだまして商売をしていたのだから自分も悪いことをしてもかまわないのだ、と語る。 老婆の話を聞いた下人は盗人になる決意をかため、老婆から着物を奪い羅生門から去っていく。 以上のあらすじをふまえて書きます。 スポンサーリンク 『羅生門』感想文の例 荒廃した京都の羅生門の下で、ある下人が雨宿りをしていた。 彼は数日前に主人からひまを出されて、行くあてもなく途方に暮れていたのである。 生活のために盗人になることを思いついたが、そうする勇気を持っていなかった。 一晩を門の楼の上で明かそうと、楼の上に登っていくと、そこに一人の老婆がいることに気づく。 そして、無数の死体が転がっている楼の上で、老婆がその中の女の死体から髪の毛を抜いているのを見つける。 下人が老婆に髪の毛を抜く理由を尋ねると、餓死しないために髪の毛を抜いて鬘をつくるのだと答え、さらに、この女は生前に人をだまして商売をしていたのだから自分も悪いことをしてもかまわないのだ、と語る。 老婆の話を聞いた下人は盗人になる決意をかため、老婆から着物を奪い羅生門から去っていく。 物語は下人の心情の変化をたどりながら展開していく。 羅生門の下で途方に暮れている下人の姿は、同じく芥川の『杜子春』の冒頭部分に似ている。 杜子春は、財産を使いはたして明日の暮らしに困りはてて道ばたにたたずんでいる。 不透明な先行きに打開策を見出しきれない姿は、下人も杜子春も、どちらも同じなのだが、下人はある考えを持っていた。 それは盗人になって悪事をはたらくことによって生きていこうという考えである。 しかしながら、彼にはそれを肯定する勇気がない。 つまり、この時の下人には、悪事をはたらくことを嫌う道徳心があった。 だから、死人の髪の毛を抜く老婆の姿を目にした時も、「下人にとっては、この雨の夜に、この羅生門の上で、死人の髪の毛を抜くと云う事が、それだけで既に許す可らざる悪であった」ので、悪に対する憎悪の心を深めていくのである。 しかし、悪を憎む下人の心は老婆の話を聞いたことによって一変する。 老婆の話によれば、いま髪の毛を抜いた女は、生前に蛇を魚と偽って売っていた。 それは餓死しないためにしかたなくしたことであるから、悪いことだと思わない。 女の髪の毛を抜く自らも、餓死しないためにしかたなくするのだから、同じように悪いことではない。 下人は以上のような老婆の話を聞くうちに、以前は欠けていた勇気を呼び起こす。 すなわち、盗人になって悪事をはたらく勇気である。 生きるためには悪いことを悪いことと思わぬような勇気がなければならないと自然に悟ったのである。 その時の下人の心のうちは、「餓死などと云う事は、殆、考える事すら出来ない程、意識の外に追い出されていた」のだから、下人にとって盗人になるということがもはや善悪という対立軸を乗り越えて、生きるための条件となったのである。 誤解してはならないのは、作品が悪を肯定しているわけではない点である。 あくまでも、生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされた時に見せる人間の生への執着心や、他者を押しのけて生きのころうとする利己心が描かれているのだ。 ただし、善悪の判断というものは、時と場合によって、さらにはその人の置かれた立場によって変化する移ろいやすいものであると言える。 自らの利益にかなうものは善であり正義である。 反対に、自らに不利益を及ぼすものは悪である。 人々が世間一般の倫理観を無視してそのような主張を押しとおすならば、それぞれの利害が対立しあらそいが生まれる。 現在でもなお、世界各地で戦争や紛争が絶えないのは、それが歴史認識からもたらされるあらそいであれ、宗教間の対立によってもたらされるあらそいであれ、お互いがお互いに自らの主張を正しいと信じて墨守するからである。 けっきょく盗人になるという下人の判断は必ずしも肯定できるもではない。 いっぽうで、簡単に非難することもできない。 なぜなら、下人の置かれた立場が、生死を問われる厳しい局面にあるからである。 しかし、下人の行動の中にも、我々が見ならうべき点はあるかもしれない。 それは、下人が老婆の話に耳を傾けた点である。 下人は、老婆に対する憎悪の心を燃やしながらも、老婆の話にはしずかに耳を傾けた。 たしかにそれは単なる好奇心から来る行動であったのだろうが、それでも老婆の話に冷静に耳を傾けたのは意味のあることだ。 その結果もたらされる下人の判断は肯定できかねるが、傾聴するという姿勢そのものは、あらそいの解決に向けた第一歩になるのではないだろうか。 (1743字) まとめ 『羅生門』は教科書にも掲載される作品です。 下人の心境の変遷をたどる描写は素晴らしいと感じますが、物語の内容は悪を肯定するものだと解釈することもできますので、子ども向けの教材にするのは難易度が高いような印象を持ちます。

次の

芥川龍之介『羅生門』あらすじと読書感想文(シンプルな書き方です)

羅生門 感想

羅生門の読書感想文を書いてこいと言われました。 ほんの少しググッたので全てが自分の能力ではないですが 改善点をお願いします あと急いで書き上げたのと200字程度と言われたので文章構成が無理やりだったり滅茶苦茶、日本語がおかしいかもしれないのでご了承ください 羅生門 羅生門を読んで一言でまとめると、私は文豪のすごさを実感しました。 まず私が気づいたのは、下人の悪に対する考え方が2転3転している事です。 老婆に会った時は悪に対する憎悪の気持ちが込み上げてきたが、老婆の話を聞いた後は「生きるためには仕方ない」と簡単に考え方が変わりました。 ここで作者の伝えたい事が何となく分かりました。 作者の伝えたかった事は、人のエゴイズムについてだと思います。 自分の事や利益のためなら簡単に価値観が変わる。 こういう事を言いたかったんだと思います。 またそれをこの時代背景や情景、登場人物の言動で上手に表現する事にこの作品の魅力や凄みがあるのだと思いました。 以上です 「一言でまとめると、」はくどいのでいりません。 次の文の「私が」も一文前の私と被ってしまい、くどいのでいりません。 考え方が変わりました。 に直しましょう。 文章の順序を入れ替え、句切りを無くしました。 すっきりしていいと思います。 以上です。 私の好みでやったところもあるので「これは違うんじゃない?」と思ったら、気にしなくていいですよ~。

次の

羅生門(芥川龍之介)のあらすじ | あらすじ文庫

羅生門 感想

末期の晩秋の雨の夕刻。 京都の外れにあるで雨やどりしながら、行く末を思い悩んでいた下人は、死人の毛を抜いている老婆に出会い… 目次 なし 感想 教科書にも載っている日本文学の代表的作品。 いや何が代表的かは人によるので、よく知られている作品だ。 もう何度も読んだが今回改めて読み返してみた。 の悲惨なイメージと空気が伝わる作品だ。 この時代、、火事、飢餓が重ねて起こり、都は乱れて、の南の端(今の京都駅付近)のは狐狸、盗人の住処になっていたばかりか、門の上に死骸を放置し、カラスがそれをついばみに来るような悲惨な状況。 下人も主人から「暇を出され」(この表現いいな)、の下で途方に暮れ、雨をしのいでいるところから話が始まる。 下人は、何をおいても差当り明日の暮しをどうにかしようとして——云わばどうにもならない事を、どうにかしようとして、とりとめもない考えをたどりながら、さっきからにふる雨の音を、聞くともなく聞いていた(略) この時代生きていくためには、もう盗人になるしかすべがないが、その踏ん切りがつかない下人。 そんな時代でも、人の良識はあったのだろう。 女の死体の髪を抜いている老婆を見て、悪に対する怒りを持った下人だが、老婆に対して強い立場の状態で、「餓死をしないために仕方なくするのだ、死体の女も生きているときは仕方なく悪事をしていた」という老婆の言い訳の言葉を聞いて、盗みを行うことを決意する。 下人は、すばやく、老婆の着物を剥ぎとった。 それから、足にしがみつこうとする老婆を、手荒く死骸の上へ蹴倒した。 言葉にするとこういうことで解説書でもそのように書いてあるのだが、個人的にはこの心理は実感しづらい。 腐乱する死体の髪を抜くという老婆の行為は醜悪だし、老婆の悪事を正当化する言葉は言い訳にしか聞こえない。 そんな状況下で下人が悪事(老婆の服を盗む)を行う決心をするのだろうかと疑問に思う。 むしろ、老婆に対して支配権を得て、自分の力を再認識した状況で、生きていくためには悪事も仕方がない(悪事でない)という老婆の言葉に背中を押されたということだろうか。 そちらの方が自分は納得できる。 解説書や教科書などでは、下人の心の動きについて解説していたり、試験問題で心理や下人の行く末を考えさせる問題もあるようだ。 ただ、私はそうしたことはあまり考えないで、単に末期、晩秋の雨の夕刻の荒廃した京都の町はずれの空気や下人が去った後の夜の闇の深さを感じた。 雨は、をつつんで、遠くから、ざあっと云う音をあつめて来る。 夕闇は次第に空を低くして、見上げると、門の屋根が、斜につき出した甍の先に、重たくうす暗い雲を支えている。 (老婆は)そうして、そこから、短い白髪を倒にして、門の下を覗きこんだ。 外には、ただ、黒洞々たる夜があるばかりである。 下人の行方は、誰も知らない。 (以上作品より引用 今から見れば凄惨で過酷な時代だか、それでも人はなんだかんだして生き続けていたこと、生き続けるしかなかったことも。 そういう読み方でいいと思う。 芥川の意図とは違うかもしれないが、本は人それぞれの読み方がある。 芥川の作品は短編が多く、それぞれに味わいがあり、今読んでも文章がなぜか古臭くないので( 同時代の作家と比べて )とてもおすすめです。 この作品をおすすめする人• 教科書で読んで当時はよく分からなかつた人• 改めて文学部に触れてみたい人• 現代の小説に飽きた人• 昔、の雰囲気を味わいたい人• 本名同じ、号は澄江堂主人(ちょうこうどうしゅじん)、俳号は我鬼。 その作品の多くは短編小説である。 また、『』『藪の中』『』など、『』『』といった古典から題材をとったものが多い。 『』『』といった児童向けの作品も書いている。 主な作品• 老年 1914年• バルタザアル 1914年(翻訳、原作)• 「の薄明」より 1914年(翻訳、原作)• 春の心臓 1914年(翻訳、原作)• クラリモンド 1914年(翻訳、原作)• 1915年• 鼻 1916年• 1916年• 手巾 1916年• 煙草と悪魔 1916年• さまよえる猶太人 1917年• 1917年• 運 1917年1月• 道祖問答 1917年4月• 偸盗 1917年4月・6月• 1918年• 1918年• 1918年• 1918年• 枯野抄 1918年• るしへる 1918年• 犬と笛 1919年• きりしとほろ上人伝 1919年• 魔術 1919年• 蜜柑 1919年• 舞踏会• アグニの神• 藪の中 1922年• 神神の微笑 1922年• 将軍 1922年• 報恩記 1922年• 三つの宝 1922年• トロツコ 1922年• 魚河岸 1922年• おぎん 1922年• 仙人 1922年• 六の宮の姫君 1922年8月• 1923年 - 1927年• の冬 1923年• 猿蟹合戦 1923年• 雛 1923年• おしの 1923年• 保吉の手帳から 1923年• 白 1923年• あばばばば 1923年• 一塊の土• 桃太郎• 大導寺信輔の半生 1925年• 1926年• 玄鶴山房 1927年• 河童 1927年• 誘惑 1927年• 蜃気楼 1927年• 1927年• 1927年• 歯車 1927年• 1927年• 1927年• 続 1927年•

次の