手作り 小物。 ハンドメイド小物をDIY!初心者でも簡単に手作りOK!

100均で手作り!自作小物の作り方|簡単可愛いインテリア雑貨も

手作り 小物

最近は100均でもかわいくておしゃれなマスキングテープが売られていますよね。 ついつい買ってしまいがちなマスキングテープ、使い道がなくて置きっぱなしという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 100均マステと100均針金、はさみさえあれば作れるプレゼントに便利な簡単で可愛いラッピングタイをご紹介します。 作り方はとても簡単です。 この時、ツルツルしたクリアファイルなどを下敷きにし、端を軽く裏に折って固定するとやりやすいです。 お好みでサイドをリボンのようにカットしてください。 マスキングテープ1枚で針金を包むように折ると細いラッピングタイにもなります。 オリジナルのラッピングタイはちょっとしたプレゼントの包装からバレンタインにまで使えそうですね。 用意するのは、レジ袋と、お好きなマスキングテープ、真ん中を結ぶ用の紐(動画では毛糸)とハサミです。 すべて100均で揃うアイテムです。 こちらの動画ではポンポンをヘアアクセサリーにするため、ヘアゴムも用意しています。 作り方は簡単で、まずレジ袋を長方形に切って、両端にマステを貼ります。 2種類使うと柄に違いが出ておしゃれです。 出来たマステとレジ袋のシートを重ねて、蛇腹折りし、真ん中を結びます。 重なった部分を広げれば完成です。 マスキングテープの組み合わせでこのようなシックで大人っぽいポンポンを手作りすることもできます。 ヒダの部分を蛇腹に折りたたんだあとに切るなどすると出来上がりに違いが出るので試してみてください。 付けるパーツを変えればさまざまなアクセサリーに応用することができます。 他にも、プレゼントの飾りなどで使うとかわいく華やかになりますので、お好きな柄でたくさんポンポンを作ってみてください。 そのうちの1つであるポンポンを使ったアイデアをご紹介します。 ポンポンを使ったブックマーカー、栞になります。 カラフルなポンポンがお気に入りの本の上から出ているのがとてもかわいいアイテムです。 ポンポンを作る際に真ん中を結びますがその毛糸を長めにとっておき、本の下に出るようにすれば使いやすく本も痛まない素敵な栞ができます。 ポンポンをクリップに結んだり、長めに出た毛糸にビーズを通したりなどしてアレンジする方法もあります。 クリップに結ぶ毛糸は、ポンポンを小さくしてノートや手帳の目印にしてもかわいいですね。 シーリングスタンプ、皆さんはご存じでしょうか?中世からヨーロッパで使われている、シーリングワックスという蝋を垂らして封をするスタンプのことです。 ハリー・ポッターなどの洋画でも出てくるので見たことある方も多いかと思います。 この本物のシーリングワックスとシーリングスタンプは高価だったり、安価なものでも蝋を使うので扱いが難しかったりするのですが、グルーガンでもシーリングスタンプ風のものを手作りできるアイデアをご紹介します。 作り方はとても簡単で、茶色のグルーガンをたっぷりめにクッキングシートに落とし、上からスタンプを押して冷えるまで待つだけです。 スタンプの代わりにボタンを使ったり、スタンプ自体を剥がれやすいように少し保冷剤で冷やしたり、オイルを塗ったりしても良さそうです。 グルーガンの色を混ぜても面白いですし、大量に作っておき、裏に両面テープを貼ってプレゼントの包装などに使ってもよさそうです。 海外のお部屋のようなインテリア、とても憧れますよね。 おしゃれな輸入雑貨や小物、家具を揃えるのもすてきですが、100均の材料で雰囲気満点のコットンボールライトを作ってみてはいかがでしょうか? やわらかな光をお部屋に置くだけで、とてもすてきなお部屋になりますよ。 用意するものは全て100均で揃います。 木工用ボンドと、風船、好きな色のコットン糸、ケーブルライトです。 風船を好きな大きさに膨らまし、糸を巻きつけていきます。 巻きつけたら、水で薄めたボンドを塗り、しっかり乾かしたあとに風船を割ればコットンボールが出来上がります。 あとはケーブルライトをボールの中に入れれば完成です。 コットンボールはライトを付けていなくても吊るしているだけで可愛いのでお部屋に合う色でぜひ手作りしてみてください。 100均にはデザインペーパーというような名前でかわいくておしゃれな折り紙がたくさん販売されるようになりました。 マスキングテープのように、使い道は思いつかないけれどついつい手にとってしまう方も多いのではないでしょうか? そんな100均のすてきな折り紙を使ったプレゼントに使えるラッピング箱の作り方や、アクセサリーのアイデアをご紹介します。 ちょっとしたプレゼントを入れるのに便利な三角のパック型がかわいいテトラ型ラッピングです。 好きなデザインの折り紙で作ってさっと作って包装できるので、今年のバレンタインチョコをプレゼントするような際にもぴったりです。 こちらは1枚の折り紙で2個出来るようになっています。 作り方もとても簡単でかわいいですし、紹介した他のラッピング方法(マステポンポンや石粉粘土タグなど)と合わせてプレゼントしてもすてきかと思います。 100均、特にセリアには手芸コーナーにかわいい色のリボンがたくさん販売されているかと思います。 そんなリボンと、アクセサリーパーツ、タッセルなどを組み合わせておしゃれなブックマーカーを手作りするアイデアはいかがでしょうか?本が好きな方へのプレゼントにもぴったりかと思います。 作り方はいたって簡単です。 本やノートのサイズに合わせてリボンをカットし、ペンチを使って先端に紐留めを付けます。 (リボンの先端にボンドを付けておくと強度が増します) あとは好きなパーツを丸カンなどを使ってつければオリジナルの栞の完成です。 リボンの片方は紐留めを付けない状態でも栞らしくなるかと思います。 付けるパーツですが、片方無くしたイヤリング・ピアスや壊れたネックレスなどを再利用するアイデアもあります。 紐留めや丸カンなども今は100均で手に入るのでぜひ引き出しに眠っていた小物を取り出して、手作りしてみてください。 ご存じの方も多いかと思います。 レジンアクセサリーを作る際の型をとる時などにとても便利なのですが、おゆまる自体をアクセサリーや小物にするアイデアも、透明感がある粘土ですのでとてもかわいくてすてきです。 こちらの動画ではおゆまるでドロップを包んで型を手作りし、さらにそこにやわらかいおゆまるを入れてアクセサリーにする方法が紹介されています。 おゆまる同士をくっつけるのですが、型のほうがしっかり冷えて固まっていればきれいに型から外すことが出来るそうです。 出来たドロップ型のおゆまるを少しまだやわらかいうちに取り外してアクセサリーパーツを付けます。 ラメなどを混ぜて、シリコンモールドの型を使って成形するのもきれいですね。 話題になった当初は品薄だったおゆまるですが、今は落ち着いたのかさまざまなカラーが安定して販売されている印象ですので、アクセサリー以外にもキーホルダーなど色々な小物作りに使ってみてはいかがでしょうか。 100均のハンドメイドアイテムといえばやはりプラ板は外せません。 プラ板はUVレジンなどと併用してさまざまなアクセサリーや雑貨を手作りすることができますが、今回は初心者さんにも優しい、ネームタグを作る動画をまずご紹介させていただきます。 マスキングテープなどで飾り付けをしているのでアクリル絵の具で着色するよりも簡単かと思います。 ネイルシールを貼るのが難しかったり、細かいデコレーションが苦手な方は、プラ板にヘアスプレーをかけて自宅のプリンターで柄を印刷するアイデアも使えるかと思います。 プラ板を縮める時はトースターを使います。 トースター内の温度とやけどに気をつけてください。 プラ板が縮む動きがおさまったら、クッキングシートごと素早く取り出し、上から更にクッキングシートと重い本などでしっかり挟んで冷めるまで放置することがポイントです。

次の

【ハギレ活用法】便利!布・小物編

手作り 小物

手縫いや裁縫でできる手作り小物1つ目は、ポーチです。 手縫いでも簡単にできるポーチの作り方を紹介します。 裁縫初心者の方も作りやすいので、可愛い布を見つけたらポーチにしてみてはどうでしょうか? 用意するもの• 表布・裏布(片方の辺はファスナーの長さに合わせます)• ファスナー• 針と糸 手縫いや裁縫でできるポーチの作り方• まずファスナーと表布を縫います。 縫ったところに裏布を重ねて縫います。 表布の縫っていない方をファスナーの縫っていない方に合わせて縫い、裏布も縫います。 ファスナーの位置をしっかり合わせて、縫っていない部分を縫います。 返し口は開けておきます。 底を作ります。 四つの角を三角に折ります。 幅分の印をつけて、まっすぐ縫います。 まっすぐ縫って余分に余っている三角の部分は切ります。 返し口からひっくり返して、返し口を縫います。 こちらの動画が詳しくてとってもわかりやすいので参考にしてみてくださいね!マチ付きの、使い勝手のいいポーチが簡単にできます! 手縫いや裁縫でできる手作り小物2つ目はティッシュケースです。 好きな布が一枚あれば簡単に作れます。 レースで飾ってあげるのも可愛いですね。 用意するもの• 針と糸 手縫いや裁縫でできるティッシュケースの作り方• ティッシュの取り出し口になる、短い辺の部分を三つ折りにして縫います。 縫った部分が真ん中に来るように折り畳みます。 (ティッシュの形です)• 裏にして、縫ってない部分を縫います。 ひっくり返して完成です。 こちらの動画も参考に作ってみてくださいね。 手縫いや裁縫でできる手作り小物3つ目はがま口のお財布です。 がま口のパーツは100均にも置いてあるのでとっても作りやすいです。 お財布だけでなく小物入れにも使えます。 用意するもの• 口金(今回は紙紐付きのものを使います)• 表布・裏布• 針と糸• ボンド• ペンチ 手縫いや裁縫でできるがま口財布の作り方• 口金を買ってきたら、型紙が付いているのでその型紙より少し大きめに布を切ります。 袋の底部分をそれぞれ縫います。 裏布を表布の袋の中に入れます。 口部分を縫い合わせます。 返し口を作っておきましょう。 表に返して返し口を縫います。 口金の長さに紙紐を切ります。 紙紐を布に縫いつけます。 口金のくぼみの中にボンドを塗り、紙紐をつけた布を押し込んでいきます。 がま口の四隅をペンチで挟んでしっかり止めます。 こちらのブログで、写真付きで作り方を詳しく説明されています。 ポイントや注意点も載っていて参考になるので覗いてみてくださいね。 ミシンのような大きな音がしない手縫いなら、赤ちゃんを起こさずに手芸ができますよね。 あったかい布小物はプレゼントにも喜ばれます。 用意するもの• コットンやガーゼなどの布2枚• お好きな型紙• 針と糸• リボン・スナップボタン 手縫いや裁縫でできるスタイの作り方• 型紙通りに布を切ったら、表布にリボン、裏布にスナップボタンをつけておきます。 中表にして返し口を開けて縫います。 ひっくり返して返し口を縫います。 他の手作りスタイの作り方はこちらを参考にしてみてくださいね。 可愛いスタイの作り方がたくさん紹介されています!ぜひ赤ちゃんにプレゼントしてあげましょう。 手縫いや裁縫でできる手作り小物2つ目はヘアターバンです。 洗顔中の髪をまとめるのにも使えますし、最近ではファッションアイテムとしても広まっています。 作り方も簡単なので、裁縫初心者の方でもすぐにハンドメイドできます。 用意するもの• 針と糸• 平ゴム 手縫いや裁縫でできるヘアターバンの作り方• 布をゴムを通す部分と本体部分2つに分けます。 本体を中表にして、長い方の辺が合うように折りたたんでそれぞれ縫い合わせます。 下にある部分を対角線に重ね、上にあった部分をその上から対角線に重ねてVの字にします。 まっすぐ引っ張って整えておきます。 ゴムを通す布を中表にして細長くなるように縫い、ひっくり返します。 平ゴムの片方を本体に縫いつけます。 ゴムを通す布に平ゴムを通します。 全部通ったら平ゴムと本体を縫いつけます。 ゴムを通す布の端を中に折り込んで平ゴムと本体のつなぎ目を隠すように縫います。 私もヘアバンドを手縫いで手作りしたことがありますが、一時間ほどで作れました。 簡単にできるハンドメイドなので挑戦してみてくださいね。 こちらのサイトでとっても可愛いヘアバンドの作り方を紹介されています。 参考にしてくださいね。 素敵なヘアバンドが作れたら、いろいろなアレンジをしてみませんか?ファッションの幅が広がるヘアバンドをぜひ活用してみてくださいね。 こちらの記事を参考にしてみてくださいね。 はぎれやあまり布で作る手作り小物1つ目はリボンです。 いろいろなアレンジができるリボンは、小さな端切れやあまり布で簡単に手作りできるおしゃれな布小物です。 裁縫や手芸が苦手と言った方でも簡単にすぐに作れます! 用意するもの• はぎれやあまり布• 細長い布(はぎれの端で構いません)• 針と糸 はぎれやあまり布で作るリボンの作り方• 布を中表にして長い方の辺を縫います。 ひっくり返したら端を中に入れてコの字縫いします。 真ん中を寄せるようにしながら針を刺して糸を引っ張ります。 3往復ほど縫い真ん中を止めます。 細長い布を中表にして長い辺を縫いひっくり返します。 リボンの真ん中を細長い布で隠して後ろをしっかり縫い止めます。 手縫いでハンドメイドする時に知っておくと便利なのがコの字縫いです。 外側から縫い目が見えなくなるので、返し口の始末をする時にこの縫い方をすると綺麗に仕上がります。 はぎれやあまり布で作る手作り小物2つ目はパッチンピンです。 ヘアピンを布でくるむだけでできるのでとっても簡単です。 お子さんに作ってあげると喜んでくれますよ。 私がいつも作っている作り方をご紹介します。 用意するもの• はぎれやあまり布• パッチンヘアピン• フェルト• ボンド• 針と糸 はぎれやあまり布で作るパッチンピンの作り方• ヘアピンより大きめに(倍程度)布を切ります。 フェルトはヘアピンに合わせて切っておきます。 ヘアピンを布でくるむように裏側を縫います。 糸をジグザグ縫っていくイメージです。 フェルトには、ヘアピンを刺せるように切り込みを入れておきます。 ヘアピンの裏にフェルトを差し込んでつけます。 ボンドをフェルトの裏につけてしっかり固定し、縫い目を隠します。 裏にフェルトをつけるのは、縫い目を隠すためです。 布と似たような色合いのフェルトを使用するといいですよ。 また、何個も同じものを作るならヘアピンの型紙をとっておくと便利ですね。 おままごとアイテムにぴったりですよね。 もちろんインテリアとして飾るのもとっても可愛いです。 フェルトはほつれることがないので、作り方はとっても簡単です。 プレーンのドーナツの作り方をこちらのサイトで紹介されています。 プレーンのドーナツが作れるようになったら、色の違うフェルトを重ねてチョコに見立てたり、ビーズを散りばめてチョコスプレーのように見せることもできますね。 他にも柔らかいフェルトを使った手作りおもちゃをこちらの記事でたくさん紹介しています!布小物のおもちゃはぶつかっても痛くないので安心ですよね。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 フェルトを使った小物2つ目はブローチです。 何枚かの同じ色合いのフェルトを丸く切って重ねるだけでできる簡単ブローチなので、ぜひ作ってみてくださいね。 用意するもの• 色合いの似ているフェルト(色があえてバラバラでも可愛いです)• 針と色• ビーズ• ブローチピン フェルトを使ったブローチの作り方• フェルトは大きい丸と小さい丸に何枚か切っておきます。 一番下が大きい丸の重なりになるようにフェルトを重ねます。 みんなブローチの真ん中に重なるようにします。 真ん中を糸で固定します。 何回か往復したら、ビーズを縫い付けます。 裏側にブローチピンをつけます。 絡まるイヤホンのコードをまとめてくれるイヤホンクリップも、フェルトで簡単に手作りすることができます。 用意するもの• フェルト(胴体用2枚と舌用1枚)• 針と糸• スナップボタン フェルトを使ったイヤホンクリップの作り方• 胴体部分と舌を切ります。 表になる方の胴体の口に切り込みを入れて、舌を差し入れます。 きちんと縫い止めます。 顔を刺繍します。 舌も黄色や白の糸で刺繍すると可愛いです。 下の裏と胴体のおへそ部分にスナップボタンを取り付けます。 胴体の表と裏を縫い合わせます。

次の

100均で手作り!自作小物の作り方|簡単可愛いインテリア雑貨も

手作り 小物

数あるDIYの中で、初心者やぶきっちょさんでも始めやすいのが、布を使ったアレンジ。 驚くことに、裁縫いらず・ミシンいらずで、ハンドメイドを楽しむことができるもの、たくさんあるんです。 しかも、使わなくなったハンカチやスカーフを使って作れるから、お金もかからず経済的。 クローゼットの中で眠ったままになっているものがあるなら、さっそく試してみませんか?手作りなら、愛着もわきますよ。 実用的なアイテムから、まるでアートのような作品まで、おしゃれなインテリアやプレゼントにも使える、さまざまなアイデアをご紹介します。 IDEA. 01 安っぽく見えてしまうワイヤーハンガーを、お気に入りの端切れでデコレーション!作り方はとっても簡単です。 まず、接着剤や両面テープをハンガーに付け、1~2㎝幅に切った端切れを巻いていきます。 斜めに引っ張るようにしながら巻くと、キレイに巻くことができますよ。 端切れの他にも、レースや紐などを巻けばまた違った雰囲気に仕上がりになります。 ハンガーに布を巻くことで、見た目がおしゃれになるだけでなく、服がずれにくくなったり、跡がつきにくくなったりといった嬉しい効果もあるよう。 色とりどりの手作りのハンガーがあれば、クローゼットでの着替えタイムもより楽しい時間になりますね。 アーティストで、詳しい作り方を見ることができます。 via: IDEA. 02 こちらは、端切れを使ってDIYしたウォールハンギング。 細長く切った布を、全体のバランスを見ながら木にくくりつけていくだけで完成です。 絵画のように壁にかけたり、目隠し代わりにしたりと使い方もさまざま。 に投稿されたjulxamxeさんの作品は、端切れ一枚一枚に、手縫いのステッチを入れることで、フォークロアな雰囲気を漂わせています。 さまざまな端切れを合わせるだけで簡単にできる手作りアイテム。 玄関に飾るのもおすすめです。 ワンポイントあると、印象がぐっと変わりますよ。 お部屋のアクセントとして、作ってみてはいかがでしょうか? via: IDEA. 03 木の板を布で覆い、ボタンで「L・O・V・E」と描いたファブリックパネルは、オンラインのハンドメイドショップで販売されていたもの。 同じ色のボタンで作るのも素敵ですが、家にあるいろいろなボタンを合わせて作ってもカラフルでポップな雰囲気になりますよ。 お部屋のイメージに合わせてみましょう。 パネルは1つでもいいですが、写真のようにいくつか作って、長方形にまとめたりすべてを横に並べたりと、作るだけでなく、飾る楽しみも味わいたいですね。 オンラインページでは文字の他にも、猫やハート、気球をデザインしたものなど、さまざまな作品とアイデアが見られます。 ドアプレートやフォトフレームなどのインテリア小物にも応用して手作りできそうですし、結婚式などのウェルカムボードにしてもおしゃれなプレゼントになりそうですね。 via: IDEA. 04 無機質なデスクの上に、こんなおしゃれなマウスパッドはいかがですか?コルクボードの上にお気に入りの生地を貼るだけと、いたってシンプルな作り方なので、不器用な方にもおすすめです。 形はシンプルに長方形でもいいですが、写真のように好きな形にデザインするのも素敵です。 手作りのマウスパッドなら、単調なパソコンでの仕事も楽しくできそうですね。 マウスの読み取り方式によっては、動作が鈍くなってしまうこともありますが、布の上でも使える青色LEDタイプのものなら問題なく活躍してくれそうです。 via: IDEA. 05 で紹介しているのは、存在感のある絞りの布で、お部屋を華やかに彩るアイデア。 布はたるみが出ないように、上下を固定するとキレイに仕上がるそうです。 準備した木の板にグルーガン(接着剤)を塗り、布を貼りつけます。 上側の木の両端には、あらかじめドリルで穴を開けておき、紐を通して結んだら完成です。 ドリルがなければ、紐で木の両端を結んで、接着剤で固定するだけでもOK。 いくつか作っておけば、手軽に模様替えができます。 ちょっとお部屋の雰囲気を変えたいなという時におすすめです。 もったいなくて使えない、プレゼントされたお気に入りの手ぬぐいやハンカチなど、眠っている布が家にあるなら、ぜひ手作りに挑戦してみて。 via: IDEA. 06 カラフルなブレスレットも、端切れを使って簡単に作ることができます。 細長くカットした布を、ヘアゴムなどにぐるぐると巻きつけます。 ほどけないようにキツめに巻いていきましょう。 最後の布の始末は、とじ針などを使って飛び出している部分を中に隠すと美しく仕上がります。 で紹介されているこちらは、アフリカの伝統的な生地デザインを活かしたもの。 何本も作って重ね付けをすれば、民族的な雰囲気も増しそうですね。 可愛らしい柄の生地を選べば、子ども用としても使えます。 子どもと一緒に手作りするのも楽しそうですね。 コツをつかめば、お子さんでも簡単に作れるので、お友達へのお誕生日プレゼントなどにしても良いでしょう。 via: IDEA. 07 ワイヤーを使ったアレンジなら、オリジナリティーあふれるインテリアもお手の物。 ワイヤーを好きな文字やデザインに沿って曲げたら、ワイヤーに接着剤を塗り、布をぐるぐる巻きつけるだけです。 大きめの文字デザインなら不器用な人でもラクに作れますし、ラジオペンチがあれば、ワイヤーを容易に曲げることができるので、キレイなカーブが描けますよ。 では、リバティプリントを使った、キュートな作品を掲載しています。 柄物の生地でなくても、あえて単色を使って作るのもあり。 シックにモノトーンにまとめても素敵ですよ。 お部屋の雰囲気に合わせて手作りしてみてくださいね。 via: IDEA. 08 で紹介されているのは、ストーリーの続きを早く読みたくなりそうな本の「しおり」。 リボンには、人気のリバティプリント生地を使っています。 短冊形に切った厚紙にパンチで1つ穴を開け、お気に入りの端切れをくぐらせて留めるだけ。 借りていた本やノートに、メッセージ付きのしおりを付けて返すアイデアも喜ばれそうです。 簡単な手作りで気遣いできる女子になれちゃいますよ。 また、ポラロイドカメラで撮った写真やポストカードなどにリボンを付けて、たくさん並べてお部屋に飾るアイデアも。 意外と収納場所に困るポラロイド写真やポストカードの収納方法としても可愛くて素敵なアイデアですね。 via: IDEA. 09 お家の中はもちろん、アウトドア女子にも人気のガーランドも簡単に作れます!布を適当な大きさにそろえて切っておき、一方の端を麻などの紐に取り付けていきます。 Petitevanouで紹介されているアイテムは、一つ一つ縫って取り付けていますが、接着剤や両面テープでくっつけるだけもOKですので、たくさんの端切れを使って彩ってみてください布の上にメッセージを載せて、パーティなどで活躍させるのもおすすめです。 via: IDEA. 10 せっかくもらった花束を、ペットボトルやサイズの合わない瓶に活けてしまった経験はありませんか?そんな時のために、ミニブーケにちょうどいいサイズのフラワーポットを、布を使ったアレンジで作ってみましょう。 まず用意するものは、鉢とスポンジブラシ、接着剤。 布を鉢の上下1. 5cmほど長めに切り、接着剤をスポンジブラシで薄く塗って布を貼っていきます。 布がたるまないように少しずつ貼っていくのがポイント。 表面をすべて覆ったら、鉢の内側と底に布を織り込んで、しっかり貼りつけて完成。 リボンなどを付けてガーリーに、デニム地やレザーを使って男前にと、使う素材で簡単に雰囲気が変えられますよ。 鉢の中にジャムなどの空き瓶を入れれば、可愛いミニブーケ用の花瓶として活躍します。 詳しい作り方は、で紹介しています。 記念日などに大切な人へのプレゼントとしてもおすすめです。 特に、母の日に手作りのフラワーポットでお花をプレゼントすれば、きっとお母様も喜んでくれるはずです。 via: IDEA. 11 数々のクリエイティブなハンドメイド作品がそろうオンラインショップで発見した、ヘアクリップのアレンジも参考にどうぞ!土台となるクリップの上に、ちょうどいい大きさに切った綿を貼り、その上から好きな柄の布で覆います。 布はクリップより大きめに切って包み、裏側に折り込んで綿が出ないようにキレイに貼りつけてください。 綿の量を多めに調整すれば、ぷっくりとした可愛らしい雰囲気に仕上がりますよ。 少しの端切れでもたくさん作れて、材料費もあまりかからないので、バザーの手作り商品としてもおすすめ。 皆でわいわい作るのも楽しいですね。 via: IDEA. 12 シンプルな引き出しタイプの小物入れも、お気に入りの布を組み合わせれば、オリジナルアイテムに変身。 で紹介しているのは、引き出しの前面にだけ布を貼った簡単なアレンジです。 つまみ部分は、あらかじめ外しておきましょう。 布を貼って接着剤が乾いたら、つまみ部分に穴を開けて取り付け直します。 写真のように引き出しだけに布を貼ってもいいですし、思い切って小物入れすべてをデコレーションしてもOK。 一段ずつ違った布を貼れば、何がどこに入っているのかも忘れずに済みそうです。 プラスチックのクリアタイプなら、引き出しの底面に貼っても素敵。 via: IDEA. 13 仕事や勉強など、毎日使うノートを布張りアレンジ!で紹介しているアレンジは、表紙2枚と背表紙1枚の台紙を作るものですが、もっとシンプルに、ノートにそのまま布を貼って作ることもできます。 ノートの場合はいったん綴り糸を切ってすべて抜き、表紙を外して布を貼ると、たるまずキレイな仕上がりになります。 接着剤が乾いたら元に表紙を戻して、糸を抜いた穴に沿って針で糸を縫い込んでいきましょう。 しっかり補強するために、二度縫いすると良いですよ。 お気に入りの手作りノートを使えば、勉強や仕事にちょっと疲れた時も、楽しい気分に変えてくれるかもしれませんね。 via: 、 IDEA. 14 アートな気分の時は、インスピレーションの赴くままにキャンバスを彩ってみるのはいかがでしょうか?材料は、接着剤と小さく切った端切れだけ。 いろいろなDIYで使って、微妙に余ってしまった布などを使うのもおすすめです。 ぺたぺたと貼っていくだけなので、子どもでも簡単にできそうですね。 材料費をかけない芸術的なウォールアートを多数紹介しているの一例です。 via: IDEA. 15 ブランドやアンティークなど、そのままで絵になる美しいファブリックを額縁に入れて、絵画のような高級感を演出。 布で台紙を覆って、裏側は両面テープなどで留めるだけでOKです。 アイロンでシワを取っておくと、とてもキレイに仕上がりますよ。 北欧テイストの布なら、ナチュラルな木枠をチョイスして雰囲気を出してみても良いですね。 via: IDEA. 16 ファブリックパネルにフックを取り付ければ、アクセサリーホルダーも簡単に作れます。 ぐちゃぐちゃになりがちなネックレスを、飾って収納すれば毎日のアクセサリー選びがもっと楽しくなりそう。 すぐ迷子になってしまうお家や自転車の鍵の置き場所としてもGOODです。 写真のように、テイストの違った柄を並べてもおしゃれですね。 こちらは、おしゃれなライフスタイルやファッションを提案するのブロガー、Jocelynさんの作品です。 via: IDEA. 17 ショップやサロンなどでアンケートを書く時、どこへ行っても似たようなクリップボードを渡されませんか。 心当たりのあるショップのオーナーさん、そんな時こそDIYの出番ですよ。 クリップボードより1㎝ほど大きめに布を切り、ボードを覆って接着剤で貼りつけます。 裏面には、ボードと同じ大きさに切った布を貼って、見た目を整えましょう。 凝った留め具とボードを別々に用意すれば、自分だけの特別なデザインが完成します。 さまざまなアイデアをシェアできる、から。 via: IDEA. 18 タイルと端切れを組み合わせた、個性的なオリジナルコースターはプレゼントにもぴったり!スポンジブラシで、タイルの表面に水溶性の接着剤を薄く塗り、布をのせて貼りつけ、乾燥させます。 その上から、トップコートとしてもう一度接着剤を塗り、よく乾かしてください。 デコパージュ用として売られている接着剤が使いやすいのでおすすめ。 さらに、仕上げの防水材を塗って乾かせば完成です。 の作り方がわかりやすいので、参考にしてみてくださいね。 via: IDEA. 19 おしゃれなネームタグや本のしおりなども、布があれば簡単に作れます。 少し厚めの紙に接着剤で布を貼り、好きなカタチに切りそろえます。 たくさん作る時は、ペーパーカッターで一気に量産しましょう。 パンチで穴を開けたら紐を通して完成です。 タッセルやリボンを付けると、さらに可愛く仕上がりそうですね。 のサイトで紹介しています。 読書中に可愛い手作りのしおりがちらっと除くととっても素敵です。 お気に入りの本と一緒に挟んで、楽しい時間を過ごせそう。 via: IDEA. 20 のサイトからは、布でリアレンジしたイニシャルオブジェを紹介します。 イニシャルオブジェは、玄関や結婚式など、ウェルカムスペースのおしゃれ小物として注目を浴びていますよね。 流行りのおしゃれなオブジェも実は、少しの材料で手作りできちゃいますよ。 まずは、好みの文字を切り出した木材や厚紙を用意し、布で文字を覆っていきます。 大部分は両面テープで貼り、角の部分などは処理がしやすいように、小さな切り込みを入れながら貼りつけます。 裏側の仕上げテクニックなどは、サイトで詳しく紹介しています。 via: 楽しく簡単、しかもおしゃれ!布を使ったハンドメイド小物アイデア集、いかがでしたでしょうか?手軽に作るポイントは、接着剤を使うことです。 100均でも種類豊富に扱っているので、用途に合わせて選んでみてくださいね。 布を使っているのに、針と糸でチクチクお裁縫をしたり、慣れないミシンを使ったりしなくても美しく仕上がるので、ハンドメイド初挑戦の方にもおすすめです。 布のデザインによってイメージががらりと変わる面白さも味わえますよ。 ぜひ、挑戦してみてください!.

次の