梅雨の挨拶。 結びの挨拶(6月・水無月)

梅雨の季節の挨拶文

梅雨の挨拶

主な季語としては、 ・梅雨明け ・向暑 ・仲夏 ・盛夏 ・炎暑 ・猛暑 ・大暑 ・酷暑 ・極暑 などがあります。 基本的には、どれも夏の暑さを表現するもので、 同じ7月でも時期やその年の暑さの具合によって使い分けるのが理想です。 たとえば。。。 とにかく猛烈な暑さだというなら猛暑や酷暑、極暑などが適しています。 梅雨が明けたばかりなら梅雨明けという言葉が適当ですよね。 しかし未だ季節は梅雨の真っ只中である場合ですと、 ・梅雨 ・長雨 ・梅雨晴れ ・空梅雨 といった季語が使われるのが一般的です。 ただ、梅雨を表現する季語は 梅雨明けという言葉以外は正式には6月の季語に該当します。 その意味では7月の時候の挨拶としては不向き。。。 となります。 基本的に7月は7月の時候の挨拶を書くもの。 そこで暑い夏に向かう頃という意味である「向暑」という季語を使います。 「向暑」ですが、 このあたりは6月に季語としても挙げられてもいます。 向暑の候、向暑の折、向暑のみぎり、といった感じです。 季語の後には時候の挨拶が入り、 「向暑の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます」 と続きます。 ビジネスメールなどでよく見る文章だと思います。 時候の挨拶は文字通り季節感を出すことがとても重要で、 その後に相手を気遣う言葉が続きます。 季節を表すフレーズによって、 相手が風景を思いい浮かべ季節感を共感することができます。 そのため季語はしっかりと把握しておかなければなりません。 時候の挨拶が終わったら本題に入りましょう。 「梅雨時期なら長雨の折、くれぐれもご自愛下さい」 「梅雨冷えの折、 皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 」 といった感じの挨拶が最適です。 基本的には時候の挨拶と一緒で、 季語を入れつつ相手を気遣うことがポイントです。 ですが、こちらも季節的にきごが使いにくい場合は、 「時節柄、ご自愛専一にご精励ください」 などという感じでも構いません。 逆にこれらが書けていないと マナーのなっていない手紙になってしまうので注意しましょう。 これは手紙だけではなく、 メールでも使える挨拶ですからビジネスシーンでもよく使います。 7月は暑中見舞いを送る時期ということもあって いつも以上に取引先や上司、お世話になった人などへ手紙を送る機会が増えます。 7月の時候の挨拶だけでも 書けるようになっておくと社会人としてなにかと便利です。

次の

「梅雨空」を時候の挨拶に使う場合

梅雨の挨拶

梅雨時期に使える手紙での結びの挨拶 ビジネスや日常で、季節ごとに手紙を書くことも多いかと思います。 いざ挨拶の手紙を書こうとすると、意外と難しいですね。 末分で結びの挨拶というものが必要になります。 用件をとりまとめ、今後の健康や繁栄を祈る言葉を時候と絡めて書きます。 梅雨時期に使える手紙での結びの挨拶の言葉を紹介していきますね。 改まった手紙の場合 ・梅雨冷えの厳しき折、お風邪など召されませぬようご自愛ください。 ・時候不順の折、どうかご自愛専一に、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。 ・長雨の折、くれぐれもご自愛下さい。 ・梅雨入り前でございます。 体調を崩されませぬよう、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。 ・梅雨明けまで今しばらくの辛抱です。 何卒ご自愛の上、ご活躍ください。 ・爽やかな初夏のみぎり、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 ・時節柄、ご自愛専一にてお願い申し上げます。 ・季節の変わり目でございます。 何卒お身体おいといください。 ・梅雨の晴れ間の美しい青空に夏らしさを覚える昨今、どうぞお健やかにお過ごしください。 ・梅雨寒の時節柄、お身体を崩されませぬよう、どうかご自愛専一にお過ごしください。 親しい人への手紙 ・梅雨空が続きますが、健康には十分ご留意ください。 ・長雨のうっとうしい季節ですが、雨に映える紫陽花など眺めながら、心穏やかに過ごしましょう。 ・梅雨冷えの肌寒い日もありますが、風邪など引かれませんように。 ・梅雨入りのニュースが気になる頃です。 くれぐれもお身体を大切に。 ・夏本番まであとわずか。 楽しい計画をお立てください。 ・季節の変わり目に、体調を崩されませんよう願っています。 ・梅雨の合間の青空に心浮き立つこの頃ですが、天候不順の時節柄、風邪など引かれませんようお気をつけください。 ・日増しに暑くなってきますが、お体大切に。 この時代だからこそ手紙に意味がある このような結びの挨拶で終わらせることによって美しい手紙になります。 参考になさってみてください。 本日の人気記事トップ10• 梅雨時期に使える手紙での結びの挨拶 ビジネスや日常で、季節ごとに手紙を書くことも多いかと思います。 103 views• 「数少ない、とうもろこしアレルギー」 とうもろこしは、大変に多くの食品に加工品として含まれているので、マ... 8 views• 6 views• 甚平の生地 私たちが通常着ている洋服は、 その多くがポリエステルやナイロンで作られています。 軽量、安... 5 views• あなたには何に見えますか?あなたの心の内が見えるかもしれません。 錯覚とは 知覚に関係する諸器官になん... 5 views• アクアリウムとは 水草や魚など水生生物の飼育施設のことです。 小型、大型熱帯魚やエビ、カエル、サンゴ礁... 5 views• 「コウヨウ」と「モミジ」葉の色から変わることを漢字で「 紅葉(こうよう)」と読... 4 views• 4 views• お中元のお礼状の書き方 結婚して2年目。 実はずっと困っている事があります。 それは旦那さんの会社の方から... 3 views• アクアリウムの祭典グランプリ受賞 この夏、世界から2,545作品の中から、「世界水草レイアウトコンテスト20... 3 views 月間人気記事ランキング• 梅雨時期に使える手紙での結びの挨拶 ビジネスや日常で、季節ごとに手紙を書くことも多いかと思います。 4,858 views• 七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。 ではアメリカでは、どう... 721 views• 扇子を英語で言うと?? 扇子って英語にすると何になるでしょうか? 日本の独特の文化的なものだし、やっぱり「... 144 views• 甚平の生地 私たちが通常着ている洋服は、 その多くがポリエステルやナイロンで作られています。 軽量、安... 129 views• 114 views• 「数少ない、とうもろこしアレルギー」 とうもろこしは、大変に多くの食品に加工品として含まれているので、マ... 104 views• 春の季節が過ぎて梅雨の季節に入ると、天気予報でも花粉予報はなくなりますよね。 誰もが花粉から解放されて一安... 87 views• 「コウヨウ」と「モミジ」葉の色から変わることを漢字で「紅葉(こうよう)」と読む。 でも同じ漢字なのに「紅葉」と書... 69 views• インスタントラーメンはスーパー、コンビニなどでたくさん売られています。 その数は本当に多種多様でいろいろな... 65 views• 冷やし中華の発祥は日本! 夏の定番の食べ物と言えば冷やし中華が出てくると思いますが、そもそも冷やし中華っ... 64 views.

次の

梅雨の季節の挨拶ってどうすればいいの?

梅雨の挨拶

主な季語としては、 ・梅雨明け ・向暑 ・仲夏 ・盛夏 ・炎暑 ・猛暑 ・大暑 ・酷暑 ・極暑 などがあります。 基本的には、どれも夏の暑さを表現するもので、 同じ7月でも時期やその年の暑さの具合によって使い分けるのが理想です。 たとえば。。。 とにかく猛烈な暑さだというなら猛暑や酷暑、極暑などが適しています。 梅雨が明けたばかりなら梅雨明けという言葉が適当ですよね。 しかし未だ季節は梅雨の真っ只中である場合ですと、 ・梅雨 ・長雨 ・梅雨晴れ ・空梅雨 といった季語が使われるのが一般的です。 ただ、梅雨を表現する季語は 梅雨明けという言葉以外は正式には6月の季語に該当します。 その意味では7月の時候の挨拶としては不向き。。。 となります。 基本的に7月は7月の時候の挨拶を書くもの。 そこで暑い夏に向かう頃という意味である「向暑」という季語を使います。 「向暑」ですが、 このあたりは6月に季語としても挙げられてもいます。 向暑の候、向暑の折、向暑のみぎり、といった感じです。 季語の後には時候の挨拶が入り、 「向暑の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます」 と続きます。 ビジネスメールなどでよく見る文章だと思います。 時候の挨拶は文字通り季節感を出すことがとても重要で、 その後に相手を気遣う言葉が続きます。 季節を表すフレーズによって、 相手が風景を思いい浮かべ季節感を共感することができます。 そのため季語はしっかりと把握しておかなければなりません。 時候の挨拶が終わったら本題に入りましょう。 「梅雨時期なら長雨の折、くれぐれもご自愛下さい」 「梅雨冷えの折、 皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 」 といった感じの挨拶が最適です。 基本的には時候の挨拶と一緒で、 季語を入れつつ相手を気遣うことがポイントです。 ですが、こちらも季節的にきごが使いにくい場合は、 「時節柄、ご自愛専一にご精励ください」 などという感じでも構いません。 逆にこれらが書けていないと マナーのなっていない手紙になってしまうので注意しましょう。 これは手紙だけではなく、 メールでも使える挨拶ですからビジネスシーンでもよく使います。 7月は暑中見舞いを送る時期ということもあって いつも以上に取引先や上司、お世話になった人などへ手紙を送る機会が増えます。 7月の時候の挨拶だけでも 書けるようになっておくと社会人としてなにかと便利です。

次の