ガソリン 給油 エンジン。 【セルフでうっかり事故多発中!!】ガソリンと軽油 入れ間違えたらどうなる どうする!?

ガソリン給油中にエンジン停止の理由!重大災害はこうして起きる

ガソリン 給油 エンジン

消防法の規制緩和により、1998年に我が国でも営業が可能になったセルフ式のガソリンスタンド。 当初、伸び悩んでいた印象もありますが、いまでは、かなりの人がセルフ式ガソリンスタンドを利用しています。 このセルフ式ガソリンスタンドは、通常と異なるルールがあることを知ってますか? -------------------------------------------------------------------------- いつもCarMeをご覧いただき誠にありがとうございます。 一部不適切な表現があり、記事内容を修正いたしました。 読者の皆様ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。 (2018年3月7日) 4分ルールの根拠は消防法にあり! ガソリンや灯油は引火性のある第4類危険物で、本来給油には危険物取扱者乙4類の国家資格所持者が行う業務です。 しかし1998年の消防法改正により、セルフスタンドで顧客みずからの給油が条件付きで緩和になりました。 その条件には、給油量と給油時間、給油ノズルのオートストップ機構、静電気対策といったものが含まれます。 なかでも、給油量はガソリン・ハイオクが100L、軽油が200Lまで。 速度は、毎分30〜35L 軽油の高速型は毎分35〜70L で、時間は4分までと決められています。 ただし大型トラックなどが利用するスタンドの場合は、軽油のみ4分以上になっている給油機があります つまり、なんらかの理由 ガソリンタンクのエア抜けが悪いなど で、給油に4分以上の時間がかかった場合は、満タンになっていなくても給油が自動的に止まってしまうのです。 ちなみに、店員が給油を行うフルスタンドの場合は、時間に制限が無いばかりか、最大で毎分45Lの給油が可能となっています。 セルフスタンドは顧客みずからが給油を行う代わりに、守らなければならない注意事項があります。 給油中はエンジンを停止する 給油中はエンジンを停止するのは、すべてのガソリンスタンドでの遵守事項です。 ガソリンは気化と引火を起こしやすい燃料です。 火気・火花厳禁 ガソリンスタンドでは、原則的にタバコは禁止です。 どうしてもという方は喫煙所で行いましょう。 またタバコに点火しなくてもライターの使用も控えましょう。 火はもちろん、火花も気化したガソリンに点火させることができます。 給油前に静電気除去装置にタッチ ガソリンの引火能力は恐ろしく高く、ときには身体が帯びている静電気ですら引火します。 給油前には、かならず備え付けの静電気除去装置に触れましょう。 ガソリン携行缶への給油はNG セルフスタンドは、ユーザーみずからが自動車や2輪車に燃料を給油する目的に限って営業を許可されています。 ガソリン携行缶や灯油ポリタンクへの給油は認められていません。 ナンバープレートが装着されていない車両への給油や携行缶などへの給油は、消防法に抵触する犯罪行為です。

次の

ガソリンは満タン給油か半分給油かどちらがいいか?これを読めば疑問が晴れる!

ガソリン 給油 エンジン

違法と言う事ではありませんが、危険の確立を下げる事故防止のためと思って下さい。 エンジンを止める理由として ・お客の勘違いによる給油中の発進防止 勘違いにより店員が離れた際に給油が終わったとかボーっとしていて動いてしまったと言う事故の防止。 ホースに一定以上の力が加わるとポンプから外れる様になってはいますが、外れてしまうと修理するまでの間は給油出来なくなります。 ・給油中の火災等の防止 法律によって排気管より一定距離以上離す様に決まっていますが、あくまで設計は机上の空論の部分もあり使用過程の何らかの条件により給油時に漏れた燃料が滴り熱い排気管に掛かり何らかの形で引火と言う恐れを防止するためなど。 何が起きるかは一概には言えませんし、エンジンを停止させておく事で防げる事故も多いからこそ給油中にエンジンを止めると言う事が必要です。 大丈夫と言っていいか分かりませんが、大丈夫です 笑 車の構造上、気化ガソリンへの引火・爆発を想定してのエンジン停止ではありませんので。 人間ですから、エンジンがかかっている以上はリスクがあります。 エンジン止めれば安全ですから。 ただ、本当に笑えないのはタバコです。 他の回答者様も仰っているように、昔はタバコ吸いながらスタンド店員とやりとりが普通でした。 スタンド内での禁煙徹底の裏には、相当数の火災事故があります。 今でも動画探せば、タバコが原因のガソリンスタンド炎上事故が沢山出てきますよ。 それこそ、煙草吸いながら給油口開けてドカン なんて鉄板です。 煙草吸われる方は、自分の安全の為にも気をつけてください。 法令違反みたいですね 正直私も知りませんでした・・・昔ですがスタンドでバイトしている時に従業員は自家用車の給油の際くわえタバコで給油していましたし特に指導も無かったので私もタバコを吸いながら自分の車の給油口を開けてなんてことは日常茶飯事でした・・・ダメなものはダメなので守るのが原則なんですが危険極まりないと表現するほどではないかな?と思います、今でも給油中にエンジンOFFのい人は少ない(私が知る限りですが)のですが1度も引火したこともそんなニュースを見た事もありません 先日起きた花火会場での事故は火を使っていたのですが、エンジンの熱で引火する事はほぼ無いのでは?と思います もちろん危険性があるのですから事例が無いからと言って大丈夫なんて考えでもありませんが・・。

次の

セルフ式ガソリンスタンドでの給油方法・やり方・注意点

ガソリン 給油 エンジン

前回、セルフスタンドの基本的な仕組みを押さえたので、これからさっそくセルフスタンドに行って給油してみます。 セルフスタンドに行って給油してみよう! 1.いざ、給油レーンに! まずは、クルマを給油レーンへ進め、地面に書かれた停車枠のなかにクルマを停めます。 「給油機のすぐ横につけなければ!」と思ってぴったりに停めなくても、印通りに進めば大丈夫です。 でも、給油口が車体の左右どちらにあるかは、あらかじめ確認しておきましょう。 2.エンジンを止め、鍵を抜こう 車を指定された位置に停めたら、エンジンを止め、鍵を抜きましょう。 店舗にはスタッフも常駐していますが、セルフスタンドでは自分の車の安全は自分で守ります。 車の外に出て給油したり、自販機に飲み物を買いにいったりと、車から離れることもあるかもしれないので、盗難対策として車には鍵をかけましょう。 3.給油機に購入したい油種、金額あるいは数量をインプット 給油を始める準備をします。 (1)支払い方法を選択する 給油機の画面をタッチすると、まず、支払の選択画面が表示されます。 支払い方法は、クレジットカード、・現金、プリペイドカードで。 Tポイント対応のクレジットカード、または、Tポイントカードを持っていれば、Tポイントが貯まります。 レンタカーを借りる時など、普段と違う車を運転の時は要注意です。 レギュラーやハイオクのクルマに軽油を入れると大きなトラブルになることもあります。 くれぐれも種類はお間違えないように。 (3)給油量、給油する金額を選択する 油種を選択したら、給油する量、あるいは、金額を選択します。 満タン、リッター単位での指定と、利用する金額での指定があり、自分の都合で自由に設定できますよ。 万が一、給油できる量より多く設定してしまっても、満タンになると自動的に給油が停止するようになっているので溢れる心配はありません。 写真の除去シートに触れて、給油前には必ず静電気を除去しましょう。 また、実際に起こったケースも全国的に数件あります。 給油前には必ず静電気を除去しましょう。 (5)ノズルを差し込んで、いざ給油! 静電気を除去したら、いよいよ給油です。 給油口のキャップを取り、給油ノズルを給油機からはずして、給油口に差し込みます。 給油ノズルのレバーを引いたら給油開始です。 指定した量のガソリンが給油されたら自動的に止まります。 給油が停止してから、ノズルを数cm. 引き上げて継ぎ足したり、給油量の数字をキリよくしようとする人もいますが、給油が一旦停止した後に継ぎ足すとガソリンが溢れてしまうこともあります。 溢れたガソリンに引火するという事故もありますので、絶対にやめてください。 (6)ノズルを戻してキャップを閉めましょう ノズルを元の位置に戻して、カチッとしっかりはめて下さい。 最後に、給油キャップ、給油扉を閉めます。 ノズルを戻し終わるとレシートがでてくるので、レシートも忘れず持ち帰りましょう。 給油キャップを閉め、給油扉を閉めるまでが給油です。 給油キャップの閉め忘れにはくれぐれもご注意を。

次の