ララ の 結婚 ネタバレ 11 話。 夏目アラタの結婚|11話ネタバレ!あたし、桃ちゃんになる…?

【無料試し読みあり】ララの結婚

ララ の 結婚 ネタバレ 11 話

名前は パドマ、母親は同じです。 1年半も街で遊んでいたらしい。 兄弟の仲は悪くないですよ💦 しかしこの兄さえ後継者であったなら、ウルジはラムダンとまとまることができたかもしれないのに!!!😡 屋敷に帰ってきたパドマを最初に見つけたのは 侍女たちですが、彼女らから隠れていたらラムダンに会ってしまいました。 自分は長兄だから、何でも先らしい😥💦 村の人も呆れていますが、 ラムダンはお口がポカンと開いてます。 …… お騒がせ兄貴が ナゼ このお話のここで帰ってくるのだ!? ウルジは、ラムダンが絡むと やばい人になり下が真剣ですよね。 会えな〜い! 会えないせいで、よけいウルジのことを考えてしまい、体が!? ピクサーの「メリダとおそろしの森」のような……ラムダンの選択は、我らにはショックが大きいです💧💧 でも……これはラムダンの策なんじゃないかな!? それを見て取ったラムダンはパドマの懐に入って、真意を探ろうとしたのでした。 立場もあるし、一概に父親が〜とは言いたくはなりですが。 でもやっぱ考え方とかねぇ……そしてウルジの母親は…… ……そういうことが分かります。

次の

ララの結婚ネタバレ11話!あらすじ感想!ミンシンでララを探す

ララ の 結婚 ネタバレ 11 話

わたしの幸せな結婚3話「初めてのゆうごはん」ネタバレ 久堂清霞が率いている隊は、対異特務小隊という帝国陸軍の中でも飛びぬけて異質な隊でした。 対異特務小隊は怪異に関する案件だけに対処するために設立され、隊員ほぼ全員が見鬼の才の力を持っていたり、それ以上の異能持ちです。 そんな特異な隊を率いる清霞は、今現在書類処理に追われていました。 しかし、全く集中できない清霞。 原因は朝美世にひどいことを言ってしまったことでした。 落ち込むような表情をした美世の事がどうしても引っかかります。 今まで清霞に近づいてきた嫁たちは、質素な家を見て嫌悪し帰ったり、怒り出したりする者たちでした。 影でゆり江を虐げるものもいました。 しかし、ゆり江は美世が気に入ったようでした。 今までの女性たちとは違う気がすると言っていました。 斎森の娘であるため油断はできないと思ってしまいますが、普通の名家の令嬢として育てられたわりにはどこか違うと感じてしまいます。 まるで使用人のような行動のとり方も気になっていました。 清霞は今回も早々に追い出すつもりでしたが、もう少しだけ美世の様子を見ることにするのでした。 その日、清霞が家に帰ると、美世が出迎えてくれました。 美世は出迎えるなり、今朝の事を謝ります。 そして、今日の夕食はゆり江が作り、用意したものには誓って毒など入れていないことを伝えました。 謝られた清霞は、こちらの言い方も強かったと謝ります。 清霞は勝手に警戒して警告しただけでした。 清霞が謝ると美世はまた自分が悪かったのだと言い、謝りだしました。 清霞は威圧するつもりはなかったと思いますが、美世は頭を下げ続けます。 頭を下げ続ける美世を改めて見た清霞。 粗末な着物、酷くやせ細った手首を見て、とても名家の令嬢とは思えないと感じました。 さらに美世は自分の分の夕食を食べてはおらず、用意すらしていませんでした。 家族となったのに一緒に食事をしようとしない美世を清霞は変に思います。 さらにどうして自分の分がないのかと聞いても、美世は返事をしようとしません。 そんな美世を見て、清霞は「これは本格的におかしな娘がきてしまった」と思うのでした。 清霞がため息をつくのを聞いて、いよいよ追い出されるのだろうかと不安になる美世。 美世は清霞の言うことにすべてに「申し訳ありません」と謝ってしまいます。 美世が謝ってしまうのは、実家でいつも文句を言われていたためでした。 反射的に謝罪することが癖になってしまっています。 しかし、清霞にそんなことを話せるわけがありません。 美世はどうして謝るのかと聞かれても答えることができませんでした。 美世が黙ると、清霞はそれ以上は聞こうとしませんでした。 その代わり、「もう謝るな」と言います。 謝るなと言われた美世は、落ち込みました。 清霞に恐怖すら感じてしまいます。 しかし、清霞が自分の食事の心配をしてくれたり、体調を心配してくれたりしているのを思い出すと、冷たいだけの人では無いのだろうと理解することができるのでした。 その後、風呂に入ると言い出した清霞。 美世は準備しに行くと言いますが、清霞は自分の異能で風呂を沸かすと言います。 清霞に発火能力があると知った美世は、自分に異能がないことを清霞は知っているのだろうかと思ってしまいました。 異能もなければ見鬼の才も持っていない自分は久堂家の当主の妻にふさわしくないと考える美世。 本来妻に似合うのは香耶のように何でも持っている女性なのだろうと、自分と香耶を比べてしまうのでした。 わたしの幸せな結婚3話感想 清霞の許嫁が三日と持たず逃げ出したという噂は、どうやら清霞が悪いわけではないようです。 みんな清霞の力欲しさに近づいてきたお嬢様たちだったのでしょうね。 久堂家なら豪勢な暮らしが待っているとでも思っていたのでしょう。 しかし現実は質素な暮らしに、あまり愛想のない当主がいるという現実でした。 そのため、理想と現実の違いに耐え切れず自分からすぐに出て行ってしまったのでしょう。 女側に問題が会ったのならば、清霞は本当はやはり優しい人なのかもしれません。 愛想はないようですが、美世の事を気にしてくれたりと気は使ってくれています。 美世は質素な暮らしにもなんの不満もないようなので、もしかすると、2人はうまくいくかもしれませんね。 まとめ わたしの幸せな結婚3話のネタバレを紹介しました。 やわらかい色使いが美しい異能モノ!ぜひ漫画の方もお楽しみください! 最新話をどこよりも早く読むのならガンガンONLINEがおすすめ!アプリのダウンロードは無料です。

次の

夏目アラタの結婚|11話ネタバレ!あたし、桃ちゃんになる…?

ララ の 結婚 ネタバレ 11 話

ララの結婚の登場人物紹介 「ララの結婚」に登場する主な登場人物をご紹介します。 ラムダン 双子の兄で美男子。 髪が長くて中性的な雰囲気がある為、性別をいるわってウルジの家に居てもあまりその辺りを疑われていない。 妹・家族・村のことと自分が身を偽っていることに苦しむけれど、根は明るく優しい性格。 ウルジ 幼い時からラムダン一筋だけれど、同性である事からラムダンを嫁にするために色々な手段を使う。 やり方は少し無理があるけれど、ラムダンを愛していることに偽りはない様子。 忙しく、仕事の出来る男。 長男ではないけれど家業を継ぐ者となっている。 ララ ラムダンの双子の妹で兄弟はすごく似ている。 好きな人と一緒になるために、決められた結婚から兄が逃がしてくれ駆け落ちをした。

次の