プログラミング 言語 種類。 マークアップ言語とは?特徴や種類、プログラミング言語との違い

大学生が学ぶべきプログラミング言語【Web系の言語がおすすめ】

プログラミング 言語 種類

マークアップ言語の特徴 マークアップ言語は、文書の一部をタグと言われる特別な文字列で囲って、構造を表現する言語になります。 文章の構造とはタイトルやハイパーリンクなどのことを言い、文字の大きさや色なども指定できます。 代表的なマークアップ言語として知られているものにhtmlやxmlなどがあります。 このマークアップ言語の特徴は、タグで囲むことで構造を表現することができるということです。 つまり、マークをつけて、ここがタイトル、ここがリンクと指定して、それを読む人に伝えられると言った特徴があります。 文章の構造は、タイトルや見出し、本文やリンクなどで構成されていますので、構造にマークすると、読む人にそれぞれの構造を伝えられるようになります。 そのための言語がマークアップ言語です。 マークアップ言語の種類 マークアップ言語にはhtmlとxmlがあり、よく使われています。 Htmlはこれからwebサイト制作を学ぶ場合には一番馴染みが深いものになるといわれている言語で、ウェブページを作成するためにとてもよく使われています。 基本的にはタグ名とタグ名で囲むという方法で囲まれた言葉に意味を付けていきます。 この意味というのはタイトルの役割を果たす言葉であったり、見出しの役割を果たすという言葉として用いるということを言います。 つまり、という形で囲うことによって、ページの中の文書に特定の構造的な意味づけをしていくということです。 そして、言葉を囲むタグとタグの持つ意味は、世界共通のルールに基づいて使用されていますので、どこの国に行っても、タイトルを表すタグで囲んだ言葉がタイトルの意味を持っています。 また、xmlというマークアップ言語もあります。 xmlはウェブアプリケーションなど、データ管理が必要なシーンでよく活用されているマークアップ言語です。 html とxmlという2つのマークアップ言語がありますが、どちらも文書に構造的な意味を持たせる言語になりますが、大きな違いとして挙げられるのが、前者はタグが決まっているのですが、後者は作成者が自由にタグ名を決められるということです。 プログラミング言語との違い ウェブ業界でエンジニアとして働きたいという場合、プログラミングを勉強することも大切だと言われています。 ではマークアップ言語とプログラミング言語の違いは何なのでしょうか? この点については、マークアップ言語はタグ活用して文書(テキスト)に構造的な意味づけをするために使用する言語ですが、プログラミング言語はコンピューターに計算処理を行うように指示する言語になります。 つまり、プログラミング言語は数字を足したり引いたり、掛けたり割ったりすることができる言語なのです。 そして、プログラミング言語には色々種類があり、phpやRuby、javascriptやC言語などがあり、これらの言語は計算処理ができます。 この言語を用いると、毎月のブログPVから平均PV数を算出したり、記事のPV数を比較でき、その中から最も読者に読まれている記事が何かを探すことができます。 つまり、プログラミング言語はデータ処理が可能になるという特徴があり、この点が文書の構造的な意味づけを行うマークアップ言語との大きな違いとして挙げられます。 収入を多く得るにはマークアップ言語とプログラミング言語どちらを学ぶべき? 多くの収入を得ることを目指すウェブエンジニアになりたいならどちらの言語を学ぶのがいいのかという点については、どっちも勉強することが推奨されます。 ウェブエンジニアになるなら、どちらも学習した方がいい大切な言語です。 その理由は、ウェブサービス開発では、マークアップ言語のみ、プログラミング言語のみのように、どちらか一方の言語を使って仕事をするということはあまりなく、いろんな言語を用いて仕事を進める方が多いのです。 例えば、プログラミング言語でデータ処理を行って分析し、そのデータをhtmlを用いてウェブ上で表現するということはざらということなのです。 具体的には、プログラム言語で毎月の記事のPV数を比較してみて、その中から一番読まれている記事を参考にしながら、マークアップ言語を用いてウェブ開発を行い、よりよく読まれる記事を提供すると言うことになります。 そのため、収入を多く得るためには、バランスよくどちらの種類の言語も学習して、様々な言語を学習することが必要です。 これからマークアップ言語を学ぶという人へ マークアップ言語の学習を始めようとしているという場合、アークアップ言語はテキストに構造的な意味づけを行うための重要な言語になります。 マークアップ言語には独自の特徴があり、この特長は計算処理が可能なプログラム言語とはまた違った性質を持っていました。 どんなシーンで使用されるのかということを知り、よりよく活かしていけるように丁寧に学んでいきましょう。 ウェブエンジニアを目指す場合には、マークアップ言語だけでなくプログラミング言語も重要な言語です。 マークアップ言語をしっかりと学んだら、プログラミング言語と併用することでより良い仕事ができるでしょう。

次の

Fundamentals of IT Education; lecture B, 5th

プログラミング 言語 種類

プログラミング言語は何からどの順番に学ぶべきか? どうも。 ORIGUCHIさんです。 プログラミングを勉強したことない人からすると、 言語の種類が色々ありすぎてどこから手をつけていけばいいのかわからない!…という状況になってしまうこともあると思います。 今回はそんな初心者のために、どの言語がどういうものでどこから順番に学んでいくべきなのか?僕の経験を踏まえた上で話していきますね。 まずはHTMLの基礎を学ばなければ始まらない HTMLとはハイパーテキストマークアップランゲージの略なんですが、 つまりWEBページを構成している骨組みとなる部分のことですね。 今あなたが見ているこのページもHTMLという枠組みで構成されています。 HTMLの情報を見るには、画面上を右クリックして「ページのソースを表示(V)」という項目をクリックすれば表示されます。 で、このHTMLというのは以下のような構造になっています。 僕の感覚としては大体divタグを中心にaタグやulタグ、 あとpタグやhタグ辺りの意味を覚えておけばとりあえずOKかなぁと。 これだけでも、bodyタグ内の基本的な構造はある程度作ることができます。 headタグの中身についてはtitleタグやmetaタグ、linkタグやscriptタグなどを入れる形になります。 ここでひとつずつ詳しく説明すると長くなってしまうので、本格的に勉強したい方は以下の記事に載せているおすすめのサイトやスクールで勉強し始めてみてください。 CSSとはカスケーディングスタイルシートの略です。 CSSの役割は、WEBページを装飾すること。 例えばテキストのサイズを変えたり、色を変えたり、 背景の色を変えたりすることもできます。 さらに他にも、HTMLに記述した情報の一部を非表示にしたり、 divタグで囲った要素のサイズを変えたりといったこともできます。 CSSをマスターすれば、WEBページの構成や見栄えを自由自在に作れるようになります。 CSSの基本構造は以下です。 なおCSSの情報はグーグルクロームを使用している場合、F12キーを押すことでHTML情報と同時に表示されます。 赤く囲っている部分がCSS情報ですね。 ちなみにその上に表示されている部分が、HTML情報になります。 なおF12で表示されるこの画面は デベロッパーツールといって、実は内部のHTMLやCSSの情報を自分で自由自在に編集することができます。 しかもその結果が直接画面に反映されるので、 ここで色々試してみるとどのような動きをするのか ある程度つかめるようになってくると思います。 もちろんデベロッパーツール内で編集した内容についてはローカル内でしか変更されないので、 どれだけめちゃくちゃに編集しても元サイトには何も影響されません。 なので安心して自由に触ってみてください! ここからはいろんな選択肢があります HTMLと CSSはプログラミングを学ぶ上で、基本中の基本です。 この2つを理解してからが本番といっても過言ではありません。 まず学ぶべき言語は大きく分けて2つあります。 動的コンテンツを作る上で必要な言語 例えばWEBページを下までスクロールした際に、一番上まで戻るためのボタンが画面の端に表示されると思います。 これをクリックすることで、わざわざスクロールしなおさなくても一番上へ戻ることができます。 このような動きをつけるためのプログラミング言語が、 javascriptや jQueryといったものですね。 今時のWEBサイトは必ずといっていいほど使われています。 データベースの情報を司る言語 例えば会員登録をした際に、自分の個人情報が登録されますよね。 その個人情報を管理するのがサーバーサイド言語です。 ブログなどのSNSやWEBサービスを作る上で、これは欠かせません。 このようなデータベースの仕組みをつくるためのプログラミング言語が、 PHPや Ruby、 Pythonといったものになります。 どちらの言語から学んでもOKです。 ちなみに僕の場合は、まずRubyから学び始めました。 その次にjQueryといった順番ですね。 Rubyはめちゃくちゃ難しかったです… どっちから勉強すればいいのか? とはいえ、これについては別にどこから勉強してもいいと思います。 ただどっちの言語も、HTMLやCSSと比べて非常に難しくなってきます。 特に僕の感覚では、サーバーサイド言語の方が難しいですね。 ここでおそらく多くの人は挫折しやすいのではないか?と思います。 ただWEBサービスを作るんだったら必須ですので、頑張って勉強してみてください。 もし不安な場合は、やはり プログラミングスクールが最強ですね。 まじでサーバーサイド言語は慣れていないとエラーの嵐になってくると思うので、モチベーションを保つためにもプログラミングスクールの先生と一緒に頑張っていく方がいいかな?と思います。 【まとめ】とりあえずこの4種類を勉強することになります 最初は HTMLを学び、次に CSSを学ぶ。 そのあとは、 動的コンテンツを作る言語と サーバーサイド言語の2つを学ぶこと。 これで誰でもWEBサイトやWEBサービスを自由に作れるようになります。 後半戦は非常に大変なので、それだけ覚悟しておきましょう。 もう一度以下に、おすすめの学習サイトとプログラミングスクールについて紹介している記事のリンクを載せておきますね。

次の

プログラミング教室にはどんな種類がある?4タイプに分けて解説!

プログラミング 言語 種類

TOPICS• プログラミング学習を始める時に一度は悩むのが「どのプログラミング言語を選ぶか?」という問題です。 学習サイトやプログラミングスクールで紹介されている言語だけでも10以上はあり、プログラミング初心者の人にとってはそれぞれの言語の違いが分かりません。 そんなプログラミング言語の選択に悩んでいる人たちのために、こちらの記事ではそれぞれのプログラミング言語の特徴、また最初に選ぶのにおすすめしたいプログラミング言語を紹介します。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 プログラミング言語は何種類あるのか? 年々新しく開発されて増えているプログラミング言語ですが、今の時点で200種類以上あると言われています。 しかし実際にプログラマーやエンジニアに使用されている言語は20か30くらいです。 そしてプログラミング言語にそれぞれ特徴と、できることできないことがあります。 例えば年々需要の上がっているプログラミング言語「Ruby」はWebサイトをつくることはできますが、iPhoneアプリをつくることはできません。 また「Swift」というプログラミング言語を使用すればiPhoneアプリをつくることができますが、Androidアプリをつくることはできません。 それぞれのプログラミング言語にできること、役割があるのです。 なので学習するプログラミング言語をつくる時は自分のつくりたい製作物、また転職、就職などの目的に沿って選ぶのがおすすめです。 C言語 つづいて現在主に使用されているプログラミング言語の概要、特徴を詳しく紹介します。 最初に紹介する言語は「C言語」です。 C言語はB言語というプログラミング言語の後継にあたる言語として生まれたため、C言語という名前になっています。 特徴 C言語の特徴として挙げられるのが豊富な演算子とデータ型かつ制御構造を持っているため、メモリやCPUを利用するOSやデバイスといった構造化プログラミングに適しているプログラミング言語といえます。 構造化プログラミングとは、論理構造がはっきりしているため分かりやすいプログラミングを書くための手法です。 またC言語はコンパイラ型言語です。 なのでプログラムの実行速度が速いことも特徴的です。 コンパイラ型言語とは、私たち人間が書いたプログラムを、コンピューターが理解できる形式に変換してくれるプログラミング言語のことです。 そしてオブジェクト指向とは一体何なのか、プログラミング初心者には分からない人が多いと思います。 オブジェクト指向はコードが記述されているソースコードが「モノ」を組み立てるようにつくられ、コンピューターに動作をしてもらう考え方のことです。 そのためC言語と一緒に使うことができるため、ソフトウェアの開発などに一緒に使われています。 またC言語にオブジェクト指向が追加されている言語のため、記述するコードの量は少なくて済むのが使用するメリットとしてあります。 C 概要 「C 」はマイクロソフト社が2000年に発表したプログラミング言語です。 特徴 C の特徴として挙げられるのは、Javaと似た仕組みでプログラムが実行される点です。 NET Framework」というソフトウェア環境上で動作されます。 また現在進行形でマイクロソフトが積極的に開発をつづけている言語のため、対応できる範囲がどんどん増えていくことが大きなメリットです。 マイクロソフトのソフトウェア開発製品群を管理する統合開発環境(IDE である「VisualStudio」では開発補助機能があり、環境パスの設定などを行う必要がありません。 Java 概要 「Java」はAndroidアプリ開発などに使用されているプログラミング言語です。 C言語の構文をメインに引き継いだプログラミング言語で、様々な環境上で利用することが可能です。 特徴 Javaが様々な場所で利用される理由は、OSに依存しないため汎用的に利用できるからです。 そのためソフトを先に作り、あとから動く環境を選ぶことができます。 Windows、iOS、Linux等で動作させることができるのです。 またコンパイラ型言語であるため処理速度が速いのもJavaの大きな魅力です。 Java Script 概要 「Java Script」Webサイト、Webアプリケーションなどで使用されるとても人気の高いプログラミング言語です。 Java ScriptはWebサイトに動きを足すことができるプログラミング言語で、ボタンにマウスを置いたりした時にアクションが起きるのはJava Scriptの働きによるものです。 特徴 Java Scriptの特徴として挙げることができるのは、やはり動的なWebページ、またWebアプリケーションつくることができる点です。 またJava Scriptには特定のアクションや演出をする指示が集まっている「jQuery」といったライブラリがあります。 また最近ではサーバーサイドをJava Script言語で開発できるようになった「Node. js」といった言語も誕生しています。 PHP 概要 「PHP」はHypertext Preprocessorの略称で、データ管理やログイン機能などを利用したWebサイト、Webアプリケーションなどに使用するのに最適なプログラミング言語です。 PHPは文法がシンプルなつくりであり、かつ企業で使用されていることも多いプログラミング言語です。 そのためプログラマー、エンジニアとして転職、就職を考えているプログラミング初心者の人が最初に学ぶのにおすすめのプログラミング言語です。 特徴 PHPの特徴として挙げられるのが動作確認がすぐにできる点です。 PHPはコードを記述し、保存をすればすぐに動作確認ができるインタプリンタ型言語です。 またPHPはHTMLの中にタグを埋め込むことができます。 つまりHTMLが記述されている場所にPHPを入れることができるのです。 またデータベースへの接続も簡単にできるため、Webサイトでデータを表示させたい時などはPHPを利用するのがおすすめです。 Ruby 概要 近年人気の高まっているプログラミング言語が「Ruby」です。 Rubyは日本人であるまつもとゆきひろさんが開発したことでも有名な、フリーのオブジェクト指向スクリプト言語になります。 また世界最大級のSNSサービス「Twitter」やレシピ投稿サイト「クックパッド」といった有名WebサイトでもRubyは使われています。 特徴 Rubyの大きな特徴は必要なコードの記述量の少なさです。 さらに文法もシンプルなつくりになっているので初心者でも学習しやすいです。 またRubyはインタプリタ型言語なのですぐに動作確認を行うこともできます。 そしてRubyにはフレームワーク「Ruby on Rails」があります。 こちらのフレームワークは無料で利用することができ、かつ生産性を高めるのに非常に有効となっています。 Swift 概要 「Swift」は2014年にApple社が開発したプログラミング言語です。 現在ではiOSアプリをつくりたい時にこのSwiftを学ぶ必要があります。 2015年にSwiftの全コードが発表された背景もあり、今後需要が上がる可能性が非常に高いプログラミング言語です。 特徴 Swiftは「モダン(現代的)」という言葉で表現されることがあり、その言葉の意味するところはコードが読みやすく書きやすい点にあります。 またSwiftはコードの安定性が高いのも大きな特徴です。 不具合が起こりづらい構造になっているため、開発したiOSアプリやWebアプリケーションが安定して動きます。 iOSアプリをつくりたいと思っている人は、ぜひともSwiftの学習を始めましょう。 Python 概要 AI 人工知能)の技術の発達といった背景により、年々重要性の高まっているプログラミング言語が「Python」です。 Pythonは1991年にオランダ人のグイド・ヴァン・ロッサム氏が開発したプログラミング言語です。 組み込み開発、Webアプリケーションなどにも使用することができる言語ですが、AI 人工知能)や機械学習などにも利用できる言語です。 特徴 Pythonは文法がシンプルなプログラミング言語です。 そのため初心者でも学習がしやすいです。 またPythonはたくさんのライブラリがあり、画像処理・自然言語処理・データ解析などに特化したライブラリが用意されています。 機械学習、AI 人工知能)の勉強をしたい人はPythonの学習も並行して行うのがおすすめです。 初心者におすすめの言語は? プログラミング初心者が最初に選ぶプログラミング言語としておすすめなのは「PHP」、「Ruby」、「Python」、「Swift」です。 Webアプリケーションをつくりたい人には「PHP」、「Ruby」、「Python」、iOSアプリをつくりたい人には「Swift」がおすすめです。 まとめ プログラミング言語は様々な種類がありますが、それぞれできることや特徴は違います。 なので最初に学習する言語を決める前に、事前に下調べをしてから選びましょう。 自分の目的に合っているのか、つくりたいものをつくれるのか、言語の特徴を確認してから選ぶことをおすすめします。 そしてぜひこちらの記事も参考にしてくださいね。 「実際にプログラミングを使えるようになりたい」方におすすめ! ポテパンキャンプは卒業生の多くがWebエンジニアとして活躍している実践型プログラミングスクールです。 450名以上が受講しており、その多くが上場企業、ベンチャー企業のWebエンジニアとして活躍しています。 基礎的な学習だけで満足せず、実際にプログラミングを覚えて実践で使えるレベルまで学習したいという方に人気です。 プログラミングを学習し実践で使うには様々な要素が必要です。

次の