フリー メイソン タトゥー。 フリーメイソン

秘密結社『フリーメイソン』東京ロッジ内部に潜入【オープンハウス】

フリー メイソン タトゥー

出典: ピラミッドアイはファンの間でも非常に有名なタトゥー。 「プロビデンスの目」、「万物を見通す目」とも呼ばれています。 フリーメイソンがこのマークを使っているため、 「TAKAはフリーメイソンでは?」という噂もありますが違います。 TAKAは 「万物を見通す目」という、根本的な意味に思いを込めて入れたと考える方が自然でしょう。 左上腕「傷跡あるハート」「脳みそ」 縫い合わせた跡、絆創膏・・・新旧合わせて 様々な心の痛みを表しています。 傷のハートの周りには十字架がたくさん。 左上腕 背面寄り「yと? マーク」 小文字のyとクエスチョンマークの正確な意味はわかりませんが、 全体的に見ると耳のようにも見えますね。 media. tumblr. TAKAは人間くさい心を持ち続けたいと願っているのかもしれません。 TAKA以外のメンバーのイニシャル、T・T・R。 他のメンバーも同じ方法でメンバーのイニシャルのタトゥーを持っています。 左上腕 ワンポイントタトゥーの数々 小さなポイントタトゥーを並べて、左腕側面をラインのようにかたどっています。 手描き風で味がありますね。 左上腕 背面寄り「黒い羽」 羽は 「自由」「上昇」「希望」「勇気」「幸運」の象徴だと言われています。 左肘から手首にかけて「格言のレタリング」 出典: 矢印の中に手書き文字の。 矢印のてっぺんには目のマークが描かれています。 自分の思考を見つめろ!それはいつか言葉になるから。 自分の言葉を見つめろ!それはいつか行動になるから。 自分の行動を見つめろ!それはいつか習慣になるから。 自分の習慣を見つめろ!それはいつか性格になるから。 自分の性格を見つめろ!それはいつか運命になるから。 このは有名な格言を少しアレンジしたもの。 上に目があるのはこの言葉の通り「見る、見つめる」ということをTAKAは大事にしているからだと思われます。 TAKAのタトゥーはたくさんあるのですが、 一貫しているのは「見えにくいものを感じ取り、しっかり見つめる」というテーマがあること。 様々なマークを組み合わせるときに、 共通するテーマを決めて関連するデザインをチョイスするのは是非参考にしたいですね。 TAKA タトゥースタジオ こちらは本人が公表していないのでわかりませんでした。 しかしNYで入れた、オーストラリアのフェスに出店しているタトゥーアーティストに頼んだ、など。 タトゥースタジオはその場のフィーリングで選んでいるようです。 海外に行くことも多いTAKAですから、いろんな場所でタトゥーをいれることで、 思い出やその時の気持ちを刻む意味もあるのかもしれません。 他のメンバーのタトゥー また、Takaだけではなく、他のメンバーにも沢山タトゥーが入っていることで知られています。 RyotaやTomoyaのタトゥーについても気になる方は是非! まとめ いかがでしたでしょうか。 ちなみにTAKAと同じタトゥーを入れたいけど、「ちょっと怖いなあ」と思う方は ネットショップにTAKAのタトゥーシールが売っています。 ライブに参戦するときだけシールを身につけて気持ちをアゲる!というのもいいかもしれませんね。 では、良いタトゥーライフを!.

次の

ホルスの目の意味とは?フリーメイソンとの関係や魔術的意味を解説!

フリー メイソン タトゥー

会員呼称: フリーメイソン (団体呼称: フリーメイソンリー) 種類 目的 会員相互の特性と人格の向上をはかり、よき人々をさらに良くする 本部 各地域の各 事実上の総本部() ウェブサイト 事実上の総本部(イングランド・連合グランドロッジ) UGLE (英語) 特記事項 会員同士の親睦を目的とした友愛団体である フリーメイソン(: Freemasonry)は、後半から初頭に、判然としない起源から起きた。 多様な形で全世界に存在し、会員数は600万人を超える。 うち15万人は・グランドロッジならびに・グランドロッジの管区下。 25万人はグランドロッジに。 200万人はのグランドロッジに所属している。 「フリーメイソン」とは厳密には各個人会員の事を指しており、団体名としては以下の通り。 なお本項目は「フリーメイソン」と表記するが、日本グランド・ロッジは「 フリーメイスン」と表記している。 この友愛結社(組合)は管轄上、独立した ()もしくは一部が東方社(オリエント、大東社系)の形で組織され、それぞれが下部組織(下位のロッジ)から成る自身の管区を管轄している。 これらの多様なグランドロッジは、それぞれが認め合い、あるいは拒否し、境界を形成する。 また、フリーメイソンリーの主要な支部には、関連した付属団体が存在するが、それらはそれぞれが独立した組織である。 フリーメイソンリーは または「semi-secret」(半分秘密の) 団体と表現する場合があるが、いかなる団体であれ団体内部の秘密というものがあり、そうした視点においてフリーメイソンリーは広く知られた公開結社なのであるというフリーメイソンリー側の意見もある。 「お前、秘密を漏らしたら首を切るぞ」と脅かして口伝で秘技を伝えた実務的メイソンの時代は400年間続いた。 西洋史に深い関わりをもつ。 を担うトゥルン・ウント・タクシス家出身の皇帝特別主席代理は全員フリーメイソンであった。 フリーメイソンリーは「自由」、「平等」、「友愛」、「寛容」、「人道」の5つの基本理念がある。 この項目は冗長でまとまりに欠けるため、 を広く求めています。 ( 2018年3月) 総説 [ ] 起源とフリーメイソンリーに関して対外的な資料が少ないため、諸説存在する。 レギウス・マニュスクリプトとして知られるある詩人は、およそ頃と疑われる、としており、これは諸説あるメイソン起源説の中では、もっとも早くに上るものである。 16世紀には、スコットランドに()が存在していた、とする証拠もある。 例えば、スコットランドのキルウィーニングのロッジには、16世紀後半の記録があり、それはにあった第二シュワー法に言及している。 イングランドにおいては、17世紀中盤にはロッジが存在していたことを示す明白な書証がある。 最初のグランドロッジである英国グランドロッジ(GLE、グランドロッジ・オブ・イングランド)は6月24日に設立され、この日に、4つの既存のロンドンのロッジが合同で晩餐をしている。 こうして統括機関は素早く拡張され、殆どの英国のロッジが結合した。 しかし、少数のロッジは、GLEが企図した例えば第三位階の創設のような幾つかの近代化に憤然として、にこれに対抗したグランドロッジを形成し、彼らはそれを古代英国グランドロッジと称した。 この「近代」(GLE)と「古代」の二つのグランドロッジは、9月25日に英連邦グランドロッジ(UGLE)に統合されるまで、互いに覇を競った。 アイルランド・グランドロッジとスコットランド・グランドロッジは、それぞれとに形成された。 フリーメイソンリーは、代までには古代、近代共に北米の英植民地に進出し 、多様な州グランドロッジを組織した。 後、米国のグランドロッジは独立し、それぞれの州に根を下ろした。 何人かは、を初代 ()として、これらを股にかけた合衆国グランドロッジの組織を構想したが、多くのグランドロッジが統合によって、自分達の権威が低下するのを望まなかったため、このアイデアは短命に終わった。 古代であれ近代であれ、ロッジを運営するにあたって行なっているメイソンリーとしての活動内容に差はなかったのだが、こうした部門はF. (Free and Accepted Masons)だったり、A. (Antient Free and Accepted Masons)だったりと、そのネーミングに名残を見出し得た。 ヨーロッパの最も古い管区であるフランス大東社(GOdF)は、に設立された。 しかしながら、大東社は至高の存在(メイソンでは、複数の宗教の会員がいることから各員が神と信じるものを最大公約数をとってこう表現する)への尊崇義務を会員規定から撤廃し、英語圏メイソンとの確執を引き起こし、両社は頃、公式の関係を断絶した。 こうした中で、グランドロッジ・ナショナーレ・フランセーズ(GLNF)が、一般に英連邦メイソンとの友好関係を保ち、世界と調和した唯一のグランドロッジとなった。 こうした経緯故に、しばしばフリーメイソンリーは相互に親善関係にない二つの系統から構成されるといわれている。 英連邦メイソンとそれに連なる管区(グランドロッジと呼ばれる)の伝統、そして• 欧州大陸系の大東社とそれに連なる管区の伝統(グランドオリエントと呼ばれる)である。 ラテン系の地域においては、一説によると大東社系スタイルの大陸型メイソンが優勢を占めていたとされるが、英連邦メイソンと友好関係にあるグランドロッジも存在し、それは英メイソンと友愛関係を仲良く分かち合っている。 世界の他の地域においては、マイナーなバリエーションも存在するが、フリーメイソンリーの大部分は、英連邦メイソンのスタイルに近似の傾向にある。 通説 [ ] 石工組合としての実務的メイソンリーが前身として中世に存在した、とする説もある。 こうした職人団体としてのフリーメイソンリーは近代になって衰えたが、イギリスではに関係のない、、がフリーメイソンリーに加入し始めた(思索的メイソンリー。 「思弁的-」とも)。 それと共に、フリーメイソンリーは職人団体から、友愛団体に変貌したとするのである。 または、実務的メイソンリーとの直接の関係はなく、その組織を参考に、貴族たちが別個に作ったのが、思索的メイソンリーであるともいう。 中世ヨーロッパでは、はあらゆる分野の技術に精通する必要がある「王者の技術」とされ、や職人の社会的地位は高かった。 また、技術の伝承についても厳しい掟が設けられた。 その神秘性から、実務的メイソンリーが貴族などに注目され、の正体ではないかと期待する者もあった。 もっとも、これについては実務的メイソンリーはあくまでも石工団体であり、期待は裏切られた結果に終わったようである。 石工団体を元にした名残りとして、石工の道具であった直角と()がシンボルマークとして描かれ、内部の階位制度には「(Entered Apprentice)、(Fellow Craft)、(とも訳す。 Master Mason)」の呼称が残っており、集会においては、元は石工の作業着であるを着用する。 なお、に目の「」をシンボルとするのはフリーメイソンだけではなく、のヨーロッパにおいての立場をとる団体が好んで使用したシンボルであり、フランス人権宣言の上部にシンボルが描かれているのも、基本となる考え方が啓蒙時代の哲学的、政治学的諸原理に由来するためである。 友愛団体に変貌したフリーメイソンリーは、イギリスから、商業や文化のネットワークを介して、諸国、、、さらには西欧諸国従属下にあるアフリカやアジアのにまで広まった。 民間人を対象とする国際的な互助組織がない時代だったので、会員であれば相互に助け合うというフリーメイソンリーは、困難を抱えた人間にとって非常にありがたかった。 のロッジに加入していたは、同じロッジのフリーメイソンに借金の無心をした記録が残っている。 フリーメイソンリーが広まった時期は、絶対王政から啓蒙君主、市民革命へと政治的な激動が続く時代でもあり、特定の宗教を持たずに理性や自由博愛の思想を掲げるヨーロッパ系フリーメイソンリーは、特定の宗教を否定することから、自由思想としてなどの宗教権力からは敵視された。 とりわけの当事者たちの多くがフリーメイソンであったため、しばしば旧体制側から体制を転覆するための組織とみなされた。 の時代にはやとともに民族の統一を阻む抹殺されるべき教説 として扱われ、弾圧を受けた。 にかかわった多くの会員がいたにおいても白眼視される傾向があった。 ちなみにニューヨークのはフランス系フリーメイソンリーとアメリカ系フリーメイソンリーの間に交わされた贈り物という側面もあり、にはその経緯とメイソンリーの定規・コンパス・Gの紋章がきざまれている。 フリーメイソンリーの入会儀式は秘密とされたが、そのために、かえってさまざまな好奇心をかきたてた。 の『戦争と平和』では1810年代のロシアのフリーメイソンの会合が描写されている。 またモーツァルトの『魔笛』にフリーメイソンリーの入会儀式の影響を指摘する意見もある。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年3月) カトリックとの対立関係は長く、に時のがフリーメイソンのを教書で宣告した(ただし、直接対立したのは前述の系が中心)。 もっとも、カトリックの影響力低下もあり、もとよりイギリスなど(あるいは)諸国では破門の影響はほとんどなかった。 一方カトリックの少なくないフランスでは、両者の対立はカトリックによる一方的な圧力に留まらず、逆に政教分離を主張したフリーメイソンリーなどの影響で、公立学校から聖職者が追放される事態も起こった。 に破門は一応解除されたが、カトリックは公的にフリーメイソンを危険視する姿勢を崩していない。 しかし、カトリック信徒でフリーメイソンリーに入会する者は少なくないという。 英語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります。 ライオンズクラブ創設者メルビン・ジョーンズの彫像。 メルビン・ジョーンズはフリーメイソンである。 日本グランドロッジのグランドセクレタリー であり2002年にグランドマスターを務めた によるとや、などはフリーメイソンリーからの派生であるという。 高須克弥が名誉会員に名を連ねる「」 の運営委員でフリーメイソンに関する書籍を著している(『トンデモフリーメイソン伝説の真相』『検証 陰謀論はどこまで真実か』等)によると、「フリーメイソンは何をしているのか」という問いはロータリークラブやライオンズクラブが何をしているのかという問いと同様であり、ボーイスカウトを思い浮かべてもよく、ボランティア活動も一生懸命で、フリーメイソンはロッジ内で商売や政治の話はできないので陰謀を巡らせるような組織でもないそうである。 フリーメイソンリーとは「全人類の兄弟愛という理想の実現」「文明というものがもつ真正で最高の理想実現」等を目的にする友愛団体であり、ボーイスカウト、ロータリークラブ、ライオンズクラブ等の社会奉仕団体のような慈善活動も行うが、慈善活動が全てというわけではない。 ロータリークラブの創始者であるはフリーメイソンであったが 、社会奉仕と慈善活動に専念する公開結社として、ロータリークラブを設立したといわれている。 のロータリークラブの話では、フリーメイソンリーからロータリークラブになった経緯としては、ポール・ハリスはフリーメイソンリーのように閉鎖的な秘密結社より開かれた組織を求めたのであろうということであり、ロータリークラブ側(RIA)は組織としてのフリーメイソンリーとの関わりは否定しているということである。 フリーメイソンの(高須クリニック院長)の話ではフリーメイソンリーがロータリークラブと同様の組織であるかというと、全く違うようである。 元国際ロータリー会長(Raymond M. Havens)らもフリーメイソンである。 ライオンズクラブでは、ライオンズクラブ国際協会の創設者 はフリーメイソンである。 ボーイスカウト [ ] 初期ボーイスカウトの指導者たち。 中央: ロバート・ベーデン=パウエル(メイソンではない)。 左: (グランドロッジではメイソン特有の「ブラザー」ではなく「Mr. 」になっている )。 右: ダニエル・カーター・ビアード(メイソンである)。 ボーイスカウトの創設者ロバート・ベーデン=パウエル [ ] ボーイスカウトとフリーメイソンリーの関係において、ボーイスカウト創設者のは妻によるとフリーメイソンではなく 、娘のベティも父ロバートはメイソンのメンバーではないという。 ロバート・ベーデン=パウエルの弟デビッドはフリーメイソンであった。 ロバートの孫もフリーメイソンであり 、マイケルはオーストラリアのロッジ「ベーデン=パウエル・ロッジNo. 488」の元・マスター()である。 フリーメイソンのロッジ 「ベーデン=パウエル・ロッジNo. 488」のように、ボーイスカウトたちによって作られたロバート・ベーデン=パウエルにちなんだフリーメイソンリーのロッジもあり 、「ベーデン=パウエル・ロッジNo. 488」は、1929年、豪知事でビクトリアグランドロッジのグランドマスターを務める フリーメイソンのらの会議によりボーイスカウトのフリーメイソンロッジが計画され、設立された。 サマーズ男爵はボーイスカウトの理事長、副チーフ・スカウトを経て、1941年のロバート・ベーデン=パウエルの死後、ロバートを引き継いでになった。 「ベーデン=パウエル・ロッジNo. 488」はロバート・ベーデン=パウエルの名が付けられた最初のロッジであり 、また存命人物の名がロッジに付けられることは異例であった。 ロバートはこのロッジのために「With best wishes for the success of the Lodge in its good work. Baden-Powell of Gilwell, 12th May 1931」と銘記した。 スカウトの名を冠するフリーメイソンのロッジ「スカウトロッジ」もある。 ジャングル・ブック 「(英語版wikipedia)」も参照 ロバート・ベーデン=パウエルはノーベル文学賞作家と友人であった。 1916年、ロバートは低年齢のスカウトへの教えに適した物語が必要と思い、キップリングの著書『』(1894年)を(ウルフ・カブ)ののメインテーマに使いたいとキップリングに頼んだ。 キップリングは承諾した。 キップリングは1886年にメイソンリーに入会し1889年にメイソンリーを辞め、1909年に再びメイソンリーに参加し、1910年に名誉会員を務め、1922年に「Builders of the Silent Cities Lodge No. 12」の設立に関与し、その後生涯にわたりその設立したロッジの会員であった。 米国ボーイスカウト設立発起人ウィリアム・ディクソン・ボイス(メイソンである)。 英国ボーイスカウト少年がウィリアム・ディクソン・ボイスに実践したにより米国ボーイスカウトは設立された。 その物語はがあるが、いずれにせよ米国ボーイスカウトの発案者はボイスである。 アメリカ合衆国のボーイスカウト [ ] 設立の由来 に英国で発足したボーイスカウトが米国に設立されたのはである。 ()設立はに由来する。 BSA設立発起人(incorporator)となる米国人実業家がに英国ロンドンに滞在中、濃霧で道に迷ってしまい、ある少年がボイスを助けた。 その少年はボーイスカウトであり、ボイスがお礼のを用意しても、少年は人に親切にすることはスカウトの義務であると説明しチップを受け取らなかった。 少年に感激したボイスは、ロバート・ベーデン=パウエルに会い米国にボーイスカウトを設立することを提案し、、(ダンおじさん)、の3人の協力のもと、1910年2月8日にBSAを設立した。 ロバート・ベーデン=パウエルと彼ら4人の設立者のうち(BSA設立前または設立後に)フリーメイソンであったことが確認されているのはウィリアム・ディクソン・ボイス 、ダニエル・カーター・ビアード 、ジェームス・E・ウェスト の3人である。 BSAの設立発起人となったボイスの他3人は設立時の役員に就任した。 またダニエル・カーター・ビアードが組織していた(後にBoy Pioneers of America)は、BSAが設立されるとBSAに合併した。 ボイスがに設立したはにBSAに合併した。 ダニエル・カーター・ビアード ボーイスカウトにより「ダンおじさん」(Uncle Dan)として親しまれるダニエル・カーター・ビアードはフリーメイソンリーとボーイスカウトとの関係を最初に築いたフリーメイソンであるという。 またBSAへの貢献によりメソニック・ロッジの会員すなわちフリーメイソンにメダルが贈られる「ダニエル・カーター・ビアード・メソニック・スカウター・アワード」があり、これはフリーメイソンリーによる栄誉としてBSAの承認を得て創設された賞である。 のにてボーイスカウトから敬礼を受けるフリーメイソンの大統領。 BSA設立時における大統領の役割としてはウィリアム・タフト(メイソン)が現職大統領、セオドア・ルーズベルト(メイソン)が前大統領としてBSA役員に就任した。 BSA初期役員等 BSA設立発起人ウィリアム・ディクソン・ボイスの他、BSA設立時の14人の役員 のうち(BSA設立前または設立後に)フリーメイソンであったことが確認されているのは、名誉会長の 、名誉副会長兼チーフスカウト市民の 、副会長の 、同じく副会長のベンジャミン・L・デュラニー(Benjamin L. Dulaney、1857年生) 、ナショナルスカウトコミッショナーのダニエル・カーター・ビアード(ダンおじさん)、チーフスカウトエグゼクティブのジェームス・E・ウェストなど。 その他、やらフリーメイソンと確認されている人物 が設立に関与した。 日本のボーイスカウト [ ] 第二次世界大戦後の日本においてボーイスカウトは日本のフリーメイソンリー復興に大きな役割を果たし、またフリーメイソンリー側では米国のメイソンたちが日本のボーイスカウトを支援する約束をした。 、におけるボーイスカウト活動再開を許可したはフリーメイソンであった。 マッカーサーは9月から4月の帰国までの名誉総長を務めた。 ボーイスカウト日本連盟の前身である少年団日本連盟初代総裁のはフリーメイソンであり 、戦後のボーイスカウト復興に取り組んだボーイスカウトの幹部とも後にフリーメイソンリーに入会した。 日本のフリーメイソンリーはボーイスカウト団体を支援している。 日本のフリーメイソンリーの恒例行事「」にはボーイスカウトが参加する。 ロンドンのグレート・クイーン・ロードにある「フリーメイソンズ・ホール」。 1933年に竣工し、が入っている。 また一般向けの博物館も併設している。 活動内容 [ ] フリーメイソン日本の公式ホームページによれば、「会員相互の特性と人格の向上をはかり、よき人々をさらに良くしようとする団体」であるとされているが、具体的な活動内容は非公開である。 対外的には学校設営や、への資金援助などの活動を行っており、日本では5月に子ども祭り()、8月にバーベキューが催され、これには会員以外の一般人も参加可能であるという。 その他の行事として、「昼食会」「野外活動」「遠足」「チャリティ・コンサート」などがある。 社会福祉として孤児院、ホームレス、レイプ被害者、眼球バンク、火傷した子供、盲導犬等に関わる活動を支援している。 会員同士の親睦を深め合うことも活動の一環であり、集会後の食事会も正式な活動である。 初期のロッジは、や、、が多かった。 特徴 [ ] フリーメイソン特有の。 フリーメイソンは口外してはいけない秘密の握手がある。 秘密の握手は種類がいくつかある。 フリーメイソンリーは、原則として国や州を単位とする、 グランド・ロッジ()と呼ばれる本部があるものの、全体を統制する総本部はない。 ただし、最初にグランド・ロッジの成立した、のグランド・ロッジによる認証が本流であるとする認識から、これを「正規派」「正統派」と称し、同グランド・ロッジが認証しないロッジは非正規な存在と見なされることが多い。 以下の「」「」も、正規派とされるフリーメイソンリーの例である。 グランド・ロッジは プロビンシャル・グランド・ロッジ(Provincial Grand Lodge)や ディストリクトグランドロッジ(District Grand Lodge)と呼ばれる県・地域支部、および直轄に管理されるロッジで構成され、県・地域支部はロッジと呼ばれる支部から構成される。 ただし、活動規模の小さい国や地域では、グランドロッジは県・地域支部を置かず、ロッジを直接管理している場合もある。 日本においては日本メイスン財団(に伴い、所管の公益法人であった財団法人「東京メソニック協会」から2012年4月1日改組)と「日本グランド・ロッジ」傘下のロッジ群の2形態で構成され、日本メイスン財団所有の建物に日本グランド・ロッジが入居し、各ロッジの福祉関連事業は財団の事業予算で支援されている。 また、イングランド系、系、系、・の系統、アメリカ・のプリンス・ホール系(系)ロッジが日本グランド・ロッジとは別系統で存在する。 それらの殆どは在日米軍基地内にある軍事ロッジ(軍人により設営されるロッジ)である。 ロッジは他のロッジから認証されることで、フリーメイソンのネットワークに加入できる。 あるロッジの振る舞いがフリーメイソンリーとして不適切であった場合、他のロッジはそのロッジへの認証を取り消すことで排除する。 正式名称が Free and Accepted(承認された) Masons であるのはそのためである。 会員は""()と互いに呼びあう。 会員は秘密の(ふちょう)や握手法で「兄弟」かどうかを見分け、「兄弟」はいざという時は助け合うことになっている。 欧米には有力者の会員も多いため、さまざまな場面で有利に働くことがあるという(人脈が出来る)。 ただし、ロッジには外の問題を持ち込まない決まりになっているとされる。 また、符牒や握手法は秘密の建前ながら、現実には暴露本などで有名になりすぎたため、欧米ではむやみに使いたがる非会員も少なからず存在する。 そのため、実際に会員を見分ける必要がある時はを提示させるか、それができない状況ならば、さらに込み入った質問(test question、検分質問)を行っているという。 また、ヨーロッパのフリーメイソンには準会員に相当する存在として、"serving brother"(奉仕する兄弟)が設けられている。 これは、初期にレストランなどを利用してロッジの会合を開いていたことに端を発する。 店主や給仕などにも守秘義務を課す必要があったため、必要最小限の参入儀礼を執り行い、準会員相当の資格を与えた上で、実務的な内容の誓約を取り交わすことにしたのである。 専用のロッジが一般的になると、今度は門外門衛(門番)に有給で「奉仕する兄弟」を雇用する事例が増えた。 門外門衛は職務上儀式に参加できないため不人気であり、会員のみでは人手不足になりがちだからである。 また、貴族を会員に迎え入れた場合、その従者を徒弟か、あるいは「奉仕する兄弟」にしたり、軍事ロッジで雑務を行う下級兵士を「奉仕する兄弟」にした例もある。 アメリカでは準会員の制度は無いが、施設の維持管理などは、信頼の置ける非会員を有給で雇う例が少なくない。 会員数 [ ] 「(英語版Wikipedia)」も参照 会員数については上述したが、非公開的な結社である為、異説もあり、日本グランド・ロッジによれば、世界に上述の半数の約300万人とされている。 また、に『』が報じたところによると、2000年代半ばに200万人を切り、現在は140万人になっている。 『』に明らかにしたところによれば、日本での会員数は約2000人で、多くは関係者。 日本人は300人程度という。 その為海外からの日本グランド・ロッジに対する認識はいわゆる「(または「ミリタリー・ロッジ」)」であるという。 日本人における会員第一号は、。 米軍関係者は国外への異動も多くその実数は変動する。 また、日本国内には、フィリピン系ライジングサン、黒人系プリンスホール等のロッジ、及び会員も別途存在する為、正確な会員数は不明。 日本のロッジでは英語と日本語、またはそのいずれか一方が使用されている。 入会条件 [ ] マスターメイソンの子息のための""の儀式。 その他の入会資格として、で 、世間での評判が良く、高い道徳的品性の持ち主であり、健全な心に恵まれ、定職と一定の収入があり 、家族がいるならばきちんと養っていること (独身者も入会できる )、でないことが求められる。 ただし、二度の世界大戦で傷痍軍人が激増し、社会活動する身体障害者は珍しくなくなった。 そのため、現在は身体障害者排除の規定は廃止されていないが、ロッジの裁量で入会を認めることができるようになっている。 ロッジNo. 3の入会条件からも、各国・各ロッジごとに差異があることが伺われる。 京都メソニック・ロッジNo. 5では「関西圏内に12ヶ月以上居住していること」という条件があった。 ロッジ会員の投票で全会一致の承認を得た上で、さらに身辺調査を行い最終的に決定する。 また、入会時には4万円から6万円程度の一時金が必要である。 この他、年会費として6千円前後。 そしていざ入会する際には儀式の暗記と宣誓の暗唱が求められる。 そのため事前にコーチが付いてレクチャーも行われる(なお、階級昇進においても儀式の暗記と宣誓の暗唱が求められる)。 入会を拒否された場合でも、一定期間を置いて再申請は可能。 儀式の中にはソロモン神殿の築家の伝承等をメイソンの理念に絡めたを行うものが存在する。 日本グランド・ロッジでは、月に1度無料説明会を行っている。 1970年代には会員数が5000人規模 に達したが、その後減り続け、2000人規模まで落ち込んだ。 2006年、『』が映画化され、これを観た入会志望者が増加。 無料説明会を開くようになった。 しかし、2008年に広報担当のとが朝日新聞の取材に応じた際の渡辺の説明によると、「人脈作りを期待したり、秘密結社という想像を膨らませたりして入って、期待と違うとやめていく人が多い」ということであった。 アメリカでは、会員数減少に歯止めを掛けるため、説明会のを出し、集団儀式を主催して数百人単位での新規入会を行うようになった。 しかし、『Freemasons For Dummies』の著者(2005年の初版当時三十二階級メイソン)によると、「高齢団員による絶望的なグループ」、「請求書の支払いやまずい食事、誰がユニフォームにアイロンをかけるか、といったことに関する長時間の会議」などを目の当たりにして、新人の多くは2度と姿を見せなかった。 ただし、こうした努力の結果、会員数減少に歯止めは掛かっているという。 また、メイソンの食事会・集会・ロッジにおける活動も禁じられており、宗教や政治問題を持ち込んではならないとしている(中立性を保つこと、差別の排除、全人類の兄弟愛の実現等のため)。 自分が会員であることを隠す必要はなく、会員であることを公言している人もいる。 ただし、自分以外の会員について、その者が存命中に会員であることを公表することは禁じられている。 入会勧誘は内規で禁じており、公募はしていない(実際には、前出のように無料説明会も開いているのだが、直接の勧誘はしない建前)。 入会には2人の推薦者(保証人)が必要とされる。 推薦者となる2人のフリーメイソンの友人・知人がいない者は、ロッジを訪問し、多くの会員たちと交流する中で推薦人を見つけることもできるようである。 入会の前に多数のメイソンリー会員と知り合うことは重要なことのようである。 外部の取材については、かつては厳しく制限していたが、近年は「フリーメイソンズ・ホール」に「The Library and Museum of Freemasonry」を併設して、蔵書を閲覧できるようにしたり所蔵品を紹介するツアーを実施している。 また定期的にグランドマスターの就任式を公開したり、テレビカメラの前で会員が儀式劇を再現するなど少しずつ情報公開に方向転換している。 ちなみに、日本グランド・ロッジの儀式見学を許された初めての取材者はである。 これはあくまで外部取材についての話で、の会員はこれ以前から少なからず存在する。 2016年8月25日、日本初となるオフィシャルガイドが宝島社より発売予定。 は入会することができないが、として第3階級マスター・メイソン(親方。 参照)の妻、母、姉妹だけが入会できる(The International Order of Easten Star)が存在する。 こうした外郭団体は、女性を対象とするものでも会員(もちろん男性)がお目付役兼サポーターとして付けられている。 また、一部のロッジでは、を認めているところもあるが(例えばや)、多くのロッジでは伝統などを理由にこれを認めておらず、排除している。 ちなみに女性会員の場合でも呼び方は「シスター」ではなく「ブラザー」である。 から入会できる外郭団体としては、男子は(デモレー)、女子は、などがあり、やに類似する活動を行っている。 ディモレー結社や虹の少女たちは、親が非会員でも入会できる。 日本のフリーメイソンリー [ ]。 「の第33階級と最終階級の最も偉大な監察官」の装飾品。 「非正規」派のグランド・ロッジとして有力なのは、の「フランス大東社」()である。 ただし、当初は英米系と相互承認関係にあった。 同ロッジは従来のフランス・グランド・ロッジから独立した勢力を統合し、発足した。 仏大東社は、英米系のロッジと違い、組織として政治活動に加わる者も少なくなかった(では、フリーメイソン思想のかかわりが指摘される反面、関係者が多数処刑されている。 また、ロッジとしてはむしろの立場で、革命は彼等の予想外の出来事だったとする研究もある。 従って、政治活動に加わっていても、組織だって革命に与したかどうかは議論がある)。 フランスでフリーメイソンリーが政治的影響を強めるのは19世紀後半、期に入ってからである。 政治活動を禁じた「正規派」と異なり、仏大東社はとしても機能した。 、仏大東社は憲章を改訂して「至高の存在への尊崇と信仰」の義務規定を撤廃し、「良心の自由と人間性の確立」を新たな基本理念と定めた。 これを基本理念の逸脱と見なした英系ロッジは、仏大東社の認証を取り消した。 ただし、「正規派」メイソンの片桐三郎によれば、、仏大東社がアメリカ・に設立したスコティッシュ・ライト評議会(上位階級授与のための組織、)が、同州のグランド・ロッジに管轄権を要求したため、米国系ロッジはこれを不服とするルイジアナ州のグランド・ロッジの要請に基づき、仏大東社の認証を取り消した事件があった。 片桐によれば、英米系との対立はこの事件がきっかけであり、憲章改訂はだめ押しに過ぎなかったとしている。 その結果、仏大東社は「」のを貼られたが、これは信仰の自由・信仰しない自由を共に認めたものであり、信仰そのものの否定ではない。 さらに、その後共産主義者の入会も認め、、などグランドマスターになった者もいる。 また、フランスのロッジに女性会員(仏大東社自体は認めていない )や()会員を認めたことも、「正規派」による非難の理由とされた。 すなわち、当時の「正規派」が思想を多分に持っていたことを意味する。 現在でも、フランスでは仏大東社系のフリーメイソンリーが最大勢力である。 政治的には、19世紀末から20世紀初めに、カトリックとの対立の所産でもある推進に強い影響力を持った。 そのため、にはフランスはとの断絶に至った(現在は国交回復)。 その後影響力を低下させたが、1936年の総選挙でが勝利した背景にも、仏大東社の仲介があったという。 戦後も、民族自決の立場からフランス植民地だった独立を支持するなど、仏大東社は政治的発言を行っている(特定の支持政党はないが、おおむねに近いとされる)。 仏大東社は、大東社などと ()を設立している。 「正規派」に比べて少数ではあるが、欧州やを中心に約8万人がこれに属しているという。 なお、「大東社」を名乗っているロッジがすべて仏大東社系ではない。 「正規派」で大東社を称するロッジも多いのである。 女性・男性混成のフリーメイソンリー団体「人権」()の建造物。 パリのにある。 プリンス・ホール(黒人ロッジ) [ ] 過去に「非正規」派として知られていたのが、アメリカの黒人メイソン、プリンス・ホール()によるグランド・ロッジ、「アフリカ・ロッジ」である。 、で設立された。 こちらもに一度イングランドのグランド・ロッジから承認を受けていた。 しかし、活動が休眠状態となり、納付金滞納を理由にに認証を取り消された。 、活動を再開し納付金支払いを英グランド・ロッジに願い出たが、英側はこれを無視した。 やむなく、同年、独自のグランド・ロッジ設立を宣言。 仏大東社との大きな違いは、黒人によるロッジは、従来の英米系ロッジと全く変わることのない憲章を奉じていたことである。 そのため、最初の納付金滞納はともかく、その後支払いを願い出ても相手にせず、英米系ロッジが黒人のグランド・ロッジを無視し続けたことは、英米系ロッジによる人種差別思想の表れといえた。 黒人によるロッジは独自に勢力を拡大し、米国とを中心に、日本にもロッジを設けている。 「正規派」が黒人によるロッジを再承認するようになったのは、1980年代も後半になってからである。 には、イングランド・グランド・ロッジとの相互承認を回復した。 「」および「」も参照 反メイソンリー(あるいは反メイソンリーと呼ばれる者達)は、「フリーメイソンに対する対抗勢力(opposition to Freemasonry)」と定義されてきた。 しかしながら、こうした反メイソンの性向は必ずしも共通しているわけではない。 反メイソンリーは、多様なメイソンに敵対的な集団による、幅広い様々な批判から成っており、多くの暴露や告発が、18世紀以来行われてきた。 以来起きた「モーガン批判」のような政治的な反駁は、一定期間にわたる反メイソン運動を生みだし、それは未だに使われることがある。 宗教的見地での批判 [ ] フリーメイソンリーは宗教に挑戦する信条を形成するとされることがあり、あるいはそれ自体が異端団体であり批判を招くこともある。 キリスト教とフリーメイソンリー [ ] 多様な宗派の構成員達が批判説を唱えるが、とりわけの宗派はメイソンに対し高姿勢で接し、信者達に会員になることを禁止したり反対したりしてきた。 カトリック教会 [ ] フリーメイソンリー批判において、最も歴史の長い宗派は、である。 教会の教理に真っ向から矛盾する自然主義的なを唱えていることから、カトリック教会によるメイソン批判がなされてきた。 こうして、数名の達のが、フリーメイソンリーに反対して発布された。 その最初のものは、教皇のの回勅であり、最後のものはのの使徒的書簡である。 発布のは、特にフリーメイソンリーに入会する者は必然的に破門になると明白に謳っている。 また、同年の教会法ではメイソン的と思われる書籍が禁止されている。 になると、教会は新しい教会法を発布した。 それは、前の教会法のように、メイソンの団体を秘密結社であると名指しでは批判をしていないが、以下のように記している。 「反教会的な陰謀を持つ結社に参加する者は、即座に処罰を被る。 そのような結社を助長したり、入会したりする者は、聖務禁止の罰を被る。 」 ここでメイソンという表記がなくなっていることから、によりリベラル化した教会においては、カトリック信者のメイソンリーへの参加禁止の態度が変化したのではないか、という考えを、カトリックの側でもまたメイソンの側でも引き起こすことになる。 しかしながら、(後のベネディクト16世)は、在任時に教理省長官として、メイソンの組織に対して公に以下のように宣言している。 「メイソン組織に対する教会の否定的な判決は、彼らが教会とは相容れない教義を持つようになって以来、変わることなく残っている。 それゆえ、そこに参加する者達は、除外された状態であり続ける。 メイソン組織に登録される信者は、の状態にあり、に与ってはいけない。 」 それゆえカトリックの考え方によると、メイソンのロッジへの参加はいまだに破門に該当する行為であり続けるということになる。 一方、フリーメイソンリーはカトリックとの友好関係の構築に反対しているわけではない。 英連邦グランドロッジとそれに連なるロッジ群は、教会の主張を否定して「フリーメイソンは宗教ではなく、宗教の代理でもない」としている。 プロテスタント [ ] カトリックの訴えとは対照的に、プロテスタントの側からの批判は、フリーメイソンが、主義、であるとする見地に根ざしているようである。 たとえば、メイソンの学者は、しばしばプロテスタントによって、メイソンの権威的な立場にいる者として扱われる。 しかし、パイクは博識ではあるが、公的な情報だけに依拠するなら、議論の対象になっているようフリーメイソンリーのスポークスマンではなく、さらにはこうした批判は、19世紀の合衆国で孤立していた南部のフリーメイソンリーに対する姿勢と無理解に基づいているとフリーメイソンリーによって主張されている。 の創始者であるB. ロバーツは、フリーメイソンリーに対する19世紀中盤における反対者であった。 ロバーツは道徳的見地から、この組織に反対し、言及している。 「ロッジの神は、聖書の神にあらず」 ロバーツはフリーメイソンリーを神秘主義か代替宗教(宗教にとってかわろうとするもの)とし、自分の教会において、フリーメイソンの大臣を支持することがないよう推奨した。 秘密結社からの自由は、自由メソジスト教会の「自由」の由来の一つでもあった。 聖公会 [ ] フリーメイソンリーの創始以来、多くののは、メイソンになってしまい、大主教ジオフリー・フィッシャーもそのような一人であった。 過去において、英国国教会では国教会の教えとメイソンの実践に矛盾が生まれるとする者は少数だった。 しかしながら過去何十年かにおいては、特に教会の福音的勝利のために、国教会でフリーメイソンリーに対する議論が話題に上ることもあった。 現である博士は、メイソンの儀式に対するいくつかの懸念を持っていることを明らかにし、一方で国教会での内や外でのメイソンの犯罪行為を耐え難いとしている。 一方で、には、英国のメイソンリーに対して、自身が主教であった時に、キリスト教とメイソンの信条は相容れないとし、自分の管区内における上級職へのメイソンの任用を妨げたことについて、謝罪の必要性を感じているという。 正教会 [ ] 、は、フリーメイソンであることは背教行為の構成要件となると声明し、したがってそのような者は、し、メイソンリーを抜けるまでできないとした。 これはの終始不変の見解とされている。 フリーメイソンリーに対する正教会の論評は、「フリーメイソンリーはそれが神秘主義や秘密主義、あるいは理神論を信奉する秘密結社である限りにおいて、キリスト教とあらゆる点において、共存することができない。 」とするやの従来の主張を支持している。 正規のフリーメイソンリーは、伝統としてこれらの主張に対して、しばしば英連邦グランドロッジに連なるロッジ群の「メイソンは宗教でなく、宗教に代わるものでもない」とする以上の反論はしていない。 近年では、しかしながら、こうした姿勢は変化しつつあり、多くのメイソンのウェブサイトや出版物が、これらの批判に反論している。 イスラム教とフリーメイソンリー [ ] 一部にメイソンを僭称者とする批判もあるものの、多くの教徒の反メイソン議論は、や反とリンクしている。 反メイソンのムスリムによると、メイソンは、全世界のユダヤ人の利益を促進し、に黄金のドームを破壊してのの再建を推し進めるものである。 また、による1988年の抵抗運動の定義第28章の記述によると、メイソンやロータリークラブやライオンズクラブその他の謀略グループは、シオニズムの利益を図り、その指示に従っている。 イスラム教徒が多数を占めている多くの国々では、管区を伴ってのメイソンリー設立は許されていないが、やのような国では、グランドロッジが設置されており 、 や のような国では、他国のグランドロッジ傘下の支部グランドロッジが存在する。 においては、に当時の首相がフリーメイソンリーを追放し、そのすべての印刷物を差し押さえている。 は、第一次大戦後、英国の領となり、その前後には英連邦メイソン(UGLE)も進出したが、のイラク革命によって、関係は逆転し、立憲君主制は廃止され、によって、共和政が宣言された。 そして、ロッジにおける会合の許可証は廃止され、その後の法律ではさらに進んで、あらゆる形での会合の禁止が導入された。 その姿勢は、その後の下で強化され、「フリーメイソンリーを含むシオニストの方針を推進する者や、シオニスト組織に関係する者」は誰であれ死刑が定められた。 (ただし、ブットはその後クーデターで、フセインも米軍ので共に拘束され、されている。 ) 政治的見地からの批判 [ ] ロベルト・カルヴィ。 英連邦系(UGLE)のフリーメイソンリーは会員の政治及び宗教に関する議論を禁じているが、有力者が会員として存在し、また世界的な組織である以上、国際政治に無縁な組織として活動を続けることは難しいという意見もある。 たとえばには、すでにフリーメイソンのロッジとしての承認を取り消されていたのロッジ「」が、承認取り消し後にも元会長で極右政党幹部のや、のらの元メンバーがその後も「P2」として活動し、を除く政財界や、との間を結び付けていた。 そして、国際的に勢力の援助を行い、さらに国内ではを企図したことが明るみに出た事件があった( P2事件)。 その結果、P2の関係者で、他のロッジのメンバーとなっていた者はフリーメイソンリーを追放された。 このように、有力者が会員として存在している以上、フリーメイソンの理念に反した形で、個々のロッジの次元を超えて政治的、社会的活動や陰謀を行うものの存在がないとはいえない。 過去には、第一次世界大戦中に「イングランド・グランド・ロッジ」は、敵国となったドイツ、、、出身者の会員すべてを追放し、戦後もしばらく解除されなかったことがあった。 戦後、フランスとドイツのフリーメイソンリーが両者の親善を協議したものの、については意見が折り合わなかった。 このように、フランス系は元より、政治と距離を置く正規派(英米系)においても、政治の影響は避けられなかった。 起源 [ ]• 中世イギリスの石工職人の説 、、の建造の際に徴用された568人の職人達が、数百年に渡るのプロジェクトを遂行しようとしたときに自分たちの権利・技術・知識が他の職人に渡らないようにロッジでを使用したのが始まりとされる。 成立の時期は諸説あるが、石工組合説が現在の通説である。 なお、ロッジとはしばしば混同されるが、厳密には別のものである。 ギルドはを基盤としていたため、よそ者に排他的だった。 しかし、石工は工事の状況に応じて雇用する必要があり、工事現場を渡り歩く職人も珍しくなかった。 そのため、古くからロッジ間の交流があり、また他所のロッジに出向く時に同業者を見分ける手段として、暗号や符牒が発達したのである。 もっとも、中にはギルドとロッジが同居している場合もあった。 また、ロッジという形態を生んだのは・イングランド・だけで、さらに現在のフリーメイソンリーに発展したのは、直接的にはほぼスコットランドのみとされている。 他の地方では、最後まで文字通りの石工のギルドとして存在した。 テンプル騎士団説 、聖地への巡礼者の保護を目的としてで結成されたの生き残りが建てた組織と言われている。 元々の設立メンバーは9人のだが、貿易やで莫大な富と権力を有し、巨大組織となった。 しかし、当時のフランス王の奸計(かんけい)により壊滅状態に追い込まれ、スコットランドに逃げ延びた騎士たちがその地で新たに作った組織がフリーメイソンリーになったという説もある。 スコティッシュ・ライトによる位階が広く用いられているのはそのためであるとされる。 ソロモン神殿建築家説 「」も参照 の建築家を起源とする説はフリーメイソンリーの自称である。 ソロモン神殿建築の際の建築家棟梁が建築家集団を「親方」「職人」「徒弟」からなる集団に分け、それぞれに秘密の合言葉やを定めて仕事に当たらせた。 近代設立説 起源がどこにあるにせよ、現代のフリーメイソンリーの発足をの、グランド・ロッジ()の結成とする説。 これはこのロッジの結成を転機としてフリーメイソンリー自体の性格が大きく変貌を遂げるからである。 そして、により「」が制定された。 建設の際の石工集団説 の象徴であるピラミッドを建造したとする説。 それは「ピラミッドとは石を切り出して作られた巨大建造物である。 紀元前においてあれほどの建造物を作るには熟練した石工の技術が必要となるがフリーメイソンが打ってつけだったのではないか」とするものだ。 フリーメイソンのシンボルとして使われているを始め、ピラミッドのがフリーメイソンのシンボルとして使われていることだろう。 また「・ロッジ」や「・ロッジ」などに関係する名前が使われており、かつて日本には「・ロッジ」があった様に、現在でも一部で古代エジプト文明が信仰されている。 またエジプトのスフィンクス前には社のケンタッキースフィンクス前店という店が建っている。 これはのがメイソンであり 、その関係でフィンクスとピラミッドの前に建っているという。 階級 [ ] 米国のメイソンの証明書。 名前、階級履歴等の記入欄がある。 メイソンリーに「入会」して第1階級のメイソンになることを「initiated」、第2階級への「進級」を「passed」、第3階級への「昇級」を「raised」と言っている。 各々の英語に対応した「入会」、「進級」、「昇級」という日本語は日本グランドロッジによる区分けである。 フリーメイソンリーの階級 階級 名称 和訳名称 区分1 区分2 1 Entered Apprentice 徒弟 Blue Lodge (ブルー・ロッジ、青ロッジ) 2 Fellow Craft 職人 3 Master Mason 親方 フリーメイソンリーの階級はこれだけである。 ただし、実務的メイソンリーの組織では「徒弟」(エンタードアプレンティス)、「職人」(フェロークラフト)の2階級のみで、親方(マスターメイソン)は職人の代表者という位置付けであり、階級ではなかった。 また、徒弟のさらに下に、ロッジに加入していない下働きの石工も存在した。 親方が階級として分化したのは18世紀に入ってから、思索的メイソンリーによるものである。 1717年のグランド・ロッジの成立から、遅くとも1730年には導入され、次第に定着していった。 これは、他の職業のギルドが、早くから3階級に分かれていた影響もあったといわれる。 実務的メイソンリーでは、徒弟から職人への進級は最低7年を必要とし、さらに技能試験に合格する必要があった。 しかし、現在の思索的メイソンリーでは、石工の実務を修行するわけではないため、親方への昇級は3-4か月で可能である。 一般的にフリーメイソンリーの上位階級として知られているのは、関連組織の(スコッチ儀礼)、(ヨーク儀礼)が用意した階級 である。 スコティッシュ・ライトは30階級、ヨーク・ライトは9階級の上位階級を用意している。 かつてのオリエンタル・ライト・メンフィス(メンフィス東方儀礼)では、94もの上位階級を設けていた(後に30階級に削減)。 、フランス・パリで、騎士のがフリーメイソンリーの目標は世界を一大共和国となすことで、起源は石工組合ではなくであると主張した演説を行った。 上位階級が記録されているのはこれ以降のことであり、ラムゼイの演説をきっかけに創設された可能性が高い。 また、ラムゼイは暗にテンプル騎士団とのかかわりもほのめかしたという。 なお、陰謀論でフリーメイソンリーが「ワン・ワールド」を目指す組織とされることがあるのは、ラムゼイのこの発言が原因と思われる。 「ワン・ワールド」思想についてはフリーメイソンリー側も否定していないが、組織的に特定政府の転覆を図ることはないとしている。 この結果、一時は千を超す階級が乱立し、また基本階級のロッジに対する優位権を主張して対立するなど、混乱を引き起こした。 さらに上位階級はとして階級授与者が独自の判断で第三者に階級を授与する権利を与える方式だったので、基本階級を経ず、ロッジに足を踏み入れたことのない上位階級者さえ現れた。 現在では、上位階級の組織はフリーメイソンリーの上位団体ではなく、関連組織として位置付けられている。 そして、上位階級の授与資格者を、親方階級を得た者に限っている。 しかし、オカルト色の強い階級が多数あることも影響して、陰謀論ではしばしば闇の組織として取りざたされる。 また、ロッジによっては、上位階級を用意していても、内容を秘密にしているところもあるという。 上位階級の昇級の詳細については非公開だが、暴露本によって公開された内容は(少なくとも一部は)事実であることを認めている。 たとえば、ある階級の儀式には、の教皇の帽子とヨーロッパの王様の王冠を模した帽子を踏みつぶすというものがあり、やとの対立の歴史を物語っている(『陰謀がいっぱい! 』では、メイソン側は独裁者に反対し、言論・思想の自由を奪うことに反対する意思表示であって、王権そのものの否定ではないと説明している )。 特殊な例として、スウェーデン儀礼の上位階級(9階級)がある。 では、最上位階級は専用(スウェーデン・グランド・ロッジは、国王が代々グランド・マスターに就任している )となっており、国権とフリーメイソンリーが一体化している。 しかし、「正規派」ロッジとは相互承認関係にある。 基本の3階級は、「 ブルー・ロッジ(青ロッジ)」と呼ばれる。 単に「ロッジ」と呼ぶ場合は、この「ブルー・ロッジ」で構成された集会所を指すことが多い。 これに対し、上位階級はさらにいくつかに分けられるが、総称して「 レッド・ロッジ(赤ロッジ)」と呼ぶ(狭義には、赤をシンボルカラーに持つ「」階級を含んだロッジを意味する)。 スコティッシュ・ライトの上位階級 [ ] スコティッシュ・ライトの上位階級 階級 名称 和訳名称 区分1 区分2 主題 4 Secret Master 秘密の親方 十全会 Lodge of Perfection (完成のロッジ) 伝承 5 Perfect Master 完璧な親方 6 Intimate Secretary 親密な秘書 7 Provost and Judge 主監と判事 8 Intendant of the Building 建物の管理者 9 Elected Master of Nine 選ばれた9人の親方 10 Illustrious Elect of Fifteen 選ばれた輝かしい15人 11 Sublime Elect of the Twelve, or Prince Ameth 選ばれた至高の12人またはアメス王子 12 Grand Master Architect 建築の大親方 13 Royal Arch of Enoch, or Royal Arch of Solomon のロイヤル・アーチまたはのロイヤル・アーチ エノク伝承 14 Perfect Elu, Grand elect, Perfect, and Sublime Mason 完全なる被選抜者または完全にして崇高な石工 ソロモン伝承 15 Knight of the East 東方の騎士 薔薇十字会 Council of the Princes of Jerusalem (の王子の会議) アポクリファ() 16 Prince of Jerusalem エルサレムの王子 17 Knight of the East and West 東西の騎士 Chapter of the Rose Croix (薔薇十字の支部) テンプル騎士団 18 Knight Rose Croix 薔薇十字の騎士 十字軍伝承 19 Grand Pontiff 大司教 Council of Kadosh (神聖会) 王者の秘密の王子の法院 旧約聖書 20 Grand Master of All Symbolic Lodges 全ての象徴的ロッジの大親方 自由友愛理念 21 Noachite, or Prussian Knight の末裔またはの騎士 プロイセン騎士伝承 22 Knight of the Royal Axe, or Prince of Libanus 王者の斧の騎士またはレバノンの王子 ソロモン伝説 23 Chief of the Tabernacle の長 モーゼ伝承 24 Prince of the Tabernacle 幕屋の王子 25 Knight of the Brazen Serpent 青銅の蛇の騎士 26 Prince of Mercy, or Scottish Trinitarian 恩寵の王子またはスコットランドの三位一体 初期キリスト教 27 Knight Commander of the Temple 殿堂の指揮官 十字軍伝承 28 Knight of the Sun, or Prince Adept 太陽の騎士または熟達した王子 哲理 29 Grand Scottish Knight of St. Andrew 聖アンドリューのスコットランド大騎士 テンプル騎士団伝承 30 Knight Kadosh カドシュの(聖なる)騎士 31 Grand Inquisitor Commander 大審問長官 Consistory (法院会議) 古代エジプト伝承 32 Sublime Prince of the Royal Secret 王者の秘密の至高の王子 哲理 33 Grand Inspector General 最高大総監 Supreme Council(最高法院) 総合理念 英語版wikipediaのも参照。 片桐三郎(32階級)によれば、33階級(最高大総監)は功労者に与えられる名誉階級であるという。 基本階級は必ず正規の参入儀礼を必要とするが、上位階級は4、9、12-14、18、22、28-33階級は正規の参入儀礼で、それ以外は「通達」により昇級が行われるという。 33階級の上にさらに3階級を付け加えられているとする説もある。 米にあるスコティッシュ・ライト大聖堂。 ヨーク・ライトの上位階級 [ ] ヨーク・ライトの上位階級 階級 名称 和訳名称 区分 4 Mark Master 著名な親方 深奥儀礼 5 Past Master 巨匠の親方 6 Most Excellent Master 最優秀の親方 7 Royal Arch ロイヤル・アーチ 8 Royal Master 王者の親方 秘処儀礼 9 Select Master 選りすぐりの親方 10 Super Excellent Master 超越した親方 11 Illustrious Order of the Red Cross 赤十字の輝かしい騎士 騎士儀礼 12 Order of the Knights of Malta or simply Order of Malta 13 Order of the Temple 聖堂騎士 英語版wikipediaのも参照。 騎士儀礼のロゴ。 末広十字に「」。 スウェーデン儀礼の上位階級 [ ] スウェーデン儀礼の上位階級 階級 名称 和訳名称 区分 4 Apprentice of St. Andrew 聖アンドリューの徒弟 聖のロッジ St. Andrew's degrees 5 Companion of St. Andrew 聖アンドリューの仲間 6 Master of St. Andrew 聖アンドリューの親方 7 Very Illustrious Brother, Knight of the East 非常に高名な兄弟または東方の騎士 地方支部 Chapter degrees 8 Most Illustrious Brother, Knight of the West もっとも輝かしい兄弟または西方の騎士 9 Enlightened Brother of St. John's Lodge 聖ヨハネロッジの賢明な兄弟 10 Very Enlightened Brother of St. Andrew's Lodge 聖アンドリューロッジの非常に賢明な兄弟 11 Most Enlightened Brother, Knight Commander of the Red Cross 最も賢明な兄弟または赤十字の騎士司令官 大評議会の名誉学位 Grand Council honorary degree 12 Vicar of Solomon ソロモンの代理者 英語版wikipediaのも参照。 4階級と5階級は、まとめて扱われているようである。 「」も参照 フリーメイソンであるとされる著名人のリストである(国籍別、生年順)。 なお、このリストはあくまで参考文献にフリーメイソンであると記されていることを示すに留まり、各々の人物が本当にフリーメイソンであると断言するものではない。 フリーメイソンであるとされる人物にも、結社に所属していたという直接の証拠が残っている者(例:)もいれば、資料によってはフリーメイソンであったとされる者(例:)もいる。 中にはジョージ・ワシントンのようにフリーメイソンの礼装姿の肖像画や写真が残っている者も存在する。 また、フリーメイソンであったか否か、文献間で争いがある者もいる。 たとえばは、ある本ではに加入したことになっているが 、別の本ではそのことには触れられておらず、代わりに、に入団申し込みをしたが断られたエピソードが挙げられている。 会員数はアメリカが世界最大である。 初期の移民は宗教闘争から逃れてきた者が多く、その中にフリーメイソンの会員が数多く含まれていたことに起因し、フリーメイソンの理念と集会はコロニーの人々をまとめる役割を持った。 アメリカの建国にたずさわったベンジャミン・フランクリンやジョージ・ワシントンなど、「アメリカ建国の父」56人の内、53人が会員であった。 歴代のうち、ワシントンを含めて14人が会員となっている。 吉村は、アメリカの本質を「道徳国家」ととらえ、フリーメイソンの理念との共通点を示唆している。 フリーメイソンのアメリカ合衆国大統領は15人であったとする説もある。 日本では市販の書籍でのみが目につくが、欧米では会員である事は一種のステータスでもある。 元日本グランド・ロッジの大親方(Grand Master)であるリチャード・クライプは、10年前の米国のある雑誌の調査であるとして、全米トップビジネスマン1万5千人中、1万人が会員であり、英国でも男性王族は入会が伝統になっていると述べた。 インターネットの普及により世界各国フリーメイソンリーのグランドロッジ、個別のロッジ等のウェブサイトを訪問すると著名な会員名が公表されている場合がある。 1-vol. 4)は、「」がインターネット上で全編を公開している。 『10,000 Famous Freemasons』にその時代までの全ての著名なフリーメイソンが列挙されているわけではない。 日本 [ ] 大統領については下記「」を参照• (1706年生、1730年1月入会) , - 初代(1775年-1776年)、起草委員。 創設者の一人。 (1769年生、1793年入会) - 上院議員、。 (1779年生) - 弁護士、詩人。 彼の詩作品『』()は1931年に3代目の国歌『』の歌詞となった。 作家の(フランシス・スコット・キー・フィッツジェラルド)は彼の子孫。 (1793年生) - 下院議員、知事、。 (1794年生、1819年入会) , , -。 日本開国に向けた。 (1835年生、1861年5月22日入会) , - 作家。 著書は『』など。 (1846年生) -。 (1850年生) , , - ()創設者の一人「ダンおじさん」(Uncle Dan)。 ニューヨークのMariner's Lodge No. 67でメイソンとなり 、1917年にメイソンとしての階級が昇級(raised)した。 (1854年生、1881年7月15日入会) , , - 海兵隊、海軍。 海兵隊バンド楽長を辞任後、を結成。 音楽作品に行進曲『』(1889年)、国家行進曲『』(1896年)。 (1855年生) - カミソリメーカーの創業者(1901年)。 1901年6月にマスターメイソン昇級(raised)。 (1856年生) , - 探検家。 (1856年生、1880年入会) - 米国務長官。。 1929年ノーベル平和賞。 (1858年生) -。 医師、著作家、活動家。 先住民の(YMCA)を設立。 アメリカのボーイスカウト設立に関与した。 (1858年生) , - 実業家・探検家。 アメリカのボーイスカウト設立発起人(incorporator)。 (1858年生) - 新聞発行者。 アメリカのボーイスカウト初代副会長の一人。 (1860年生、1902年1月28日入会) - 第41代(1913年-1915年)。 (1863年生) , - 自動車メーカーの創設者(1903年設立)。 1894年11月24日にメイソンの階級を昇級(raised)した。 が設立したのチーフ・エンジニアを経て1903年にフォード社を設立。 孫の(1919年生)、(1925年生)はメイソンである。 (1867年生) , - 彫刻家。 の「四人の大統領の彫像」を手掛けた。 1904年6月10日にメイソンの階級を昇級(raised)した。 (1868年生) - 国際ロータリー(ロータリークラブ)創設者。 (1869年生) - アメリカのボーイスカウト設立に関与した。 (1871年生) - 国務長官(1933年-1944年)。 「」(1941年)。 「国際連合の父」。 (国連; UN)設立(1945年)における顕著な功績により1945年受賞。 コーデル・ハルが(国務長官の間、既に)フリーメイソンであったようであることが記述されている文献がある。 彫刻家でフリーメイソンのは 、コーデル・ハルの彫像を制作した。 ブライアント・ベーカーは、「ジョージ・ワシントン・メソニック・ナショナルメモリアル」のジョージ・ワシントン像を制作した人物である。 (1875年生) , - 自動車メーカー創業者。 (1876年生) - 法律家。 アメリカのボーイスカウト初代。 (1879年生、1906年入会) - 実業家。 国際協会の創設者(1917年設立)。 搭乗の、。 彼もまたメイソンであり 、月面と地球との間で実験を行った。 音楽・音声外部リンク• (1880年生、1936年1月17日入会) , - 陸軍元帥、(GHQ)最高司令官。 (1881年生) - を設立したワーナー四兄弟の長男。 カリフォルニアの「Mount Olive Lodge No. 506」所属。 (1882年生、1913年入会) - 下院議員。 第99代(1934年-1945年)。 (1886年生) - コメディアン。 『』(1936年)、『』(1940年)他、映画に多数出演。 カリフォルニアの「University Lodge 394」で1916年9月18日にメイソンとしての階級が昇級(raised)。 (1886年生、1907年入会) , - プロ野球外野手。 (1887年生) - ワーナー・ブラザースを設立したワーナー四兄弟の三男。 カリフォルニアの「Mount Olive Lodge No. 506」所属。 (1888年生) - 探検家、海軍少尉。 (1890年生) - "ジャズの王"。 1922年5月2日にSt. Cecile Lodgeでマスターメイソンに昇級(raised)した。 1924年に『』の作曲をに依頼した。 紙はジョージ・ガーシュウィンもメイソンであると記述しているが根拠が提示されていない。 ガーシュウィン同様にの教え子であったをメイソンと考えるロッジもあるが 、『10,000 Famous Freemasons』にグレン・ミラーの項目はない。 (1890年生、1917年4月6日入会) , - (KFC)の創業者(1952年設立)。 (1892年生) , - ワーナー・ブラザースを設立したワーナー四兄弟の四男。 カリフォルニアの「Mount Olive Lodge No. 506」所属。 ジャック・L・ワーナーの息子がメイソンであることは『10,000 Famous Freemasons』に1938年11月30日「Mt. Olive Lodge No. 506」で昇級(raised)と記載されている。 (1893年生) -。 (1895年生) - (FBI)初代長官(1924年-1972年)。 1920年11月9日マスターメイソン昇級(raised)。 (1897年生) - を取り入れたカントリー歌手。 「John L. Spinks Lodge No. 507」のメイソン。 (1899年生、1932年入会) , - ミュージシャン。 レパートリーは『』(1939年)など。 同時代のジャズミュージシャンを「Montgomery Lodge」のメイソンと主張する人々もいるが、実際にはそのロッジは存在せず、少なくともルイ・アームストロングが入っていたのは、フリーメイソンリーとは別の友愛団体「」であった。 (1899年生) - 陸軍大将。 ヨーロッパ連合軍最高司令官。 副学長。 第二次世界大戦でイタリア降伏・ドイツ降伏調印の幹部職員。 時の中将。 (1901年生、1933年入会) , - 映画俳優。 出演は『』(1939年)など。 (1902年生) - パイロット。 世界初の単独を達成。 1926年マスターメイソン昇級(raised)。 (1902年生、1929年3月1日入会) - 作家。 著書は『』『』など。 1962年受賞。 (1904年生) - ジャズミュージシャン。 『』などのをリリース。 NBAスコッティ・ピッペン。 (1906年生、1960年3月6日入会) , - アメリカ合衆国出身フランス女性。 俳優、ジャズミュージシャン。 同性愛者または両性愛者。 フランス系の女性専用グランドロッジ「」系のロッジ「La Nouvelle Jerusalem」所属のフリーメイソン。 (1907年生) - 第25代知事(1939年-1943年)。 第3代ペンシルベニア大学学長(1948年-1953年)。 メイソンとしてはShekinah Lodge No. 171で1939年から1940年までWorshipful Masterを務めた。 (1907年生、1970年7月9日入会) , - 俳優、映画監督。 (1908年生) - 96人目の判事(1967年-1991年)。 (1909年生) - 上院議員。 (1909年生) - ジャズミュージシャン。 レパートリーは『』など。 (1917年生) - 第38代市長。 (1919年生、1944年1月9日入会) , - ジャズミュージシャン。 レパートリーは『』『』など。 1954年に発表した『』は、チャップリンの映画『モダン・タイムス』のテーマ曲に歌を付けたもの。 (1921年生) - 元、。 でに搭乗し、を飛行。 (1922年生) - 海兵隊大佐。 朝鮮戦争の功績により米軍最高位の勲章「」をフリーメイソンのトルーマン大統領から授与された。 所属ロッジは「オアシス・オブ・マーラ・メソニック・ロッジ 735」()。 (1923年生、1955年4月19日入会) - 上院議員。 (1929年生) - プロゴルファー。 (1930年生) - (NASA)の宇宙飛行士。 ザ・デストロイヤー(1930年生)日米で活躍した元・プロレスラー、本名は リチャード・ジョン・ベイヤー。 (1932年生) - 第14代(1977年-1979年)、第55代市長(1982年-1990年)。 (1932年生、1959年4月13日入会) - ハンバーガーレストランの創業者(1969年設立)。 (1947年生) - 俳優。 映画『』主人公など。 (1950年生、1980年入会) - の共同設立者(1976年設立)。 (1961年生) - 俳優、コメディアン。 (1961年生) - 元バスケットボール選手。 NBAの「」(1992年-1998年)。 フリーメイソンのスコッティ・ピッペンが在籍中(1987年-1998年、2003年-2004年)のチームメイト(ロッドマン在籍: 1995年-1998年)。 フリーメイソンのシャキール・オニールが在籍中(1996年-2004年)のチームメイト(ロッドマン在籍: 1999年)。 (1965年生) - 元NBAバスケットボール選手。 MVP(1994年)。 フリーメイソンのデニス・ロッドマンとはブルズでチームメイト。 (1972年生、2011年6月11日入会) , - 元NBAバスケットボール選手。 NBA得点王(1995年、2000年)。 フリーメイソンのデニス・ロッドマンとはレイカーズでチームメイト。 NBAのNational TV出演時(2012年1月頃)にフリーメイスンの指輪を見せ、あなたはメイスンかと訊ねられると「もちろんだよ私は。 」と答えた。 メイソンの米大統領フランクリン・ルーズベルト(左)とメイソンの英首相ウィンストン・チャーチル(右)。 「」が調印されたにて。 国際連合(国連; UN)の設立に寄与する構想「大西洋憲章」はフランクリン・ルーズベルトとチャーチルの2人のメイソンによって調印が行われた。 国際連合の前身を「」により提唱した第28代大統領はフリーメイソンとは通常考えられていないが 、彼の副大統領はフリーメイソンであり 、1881年にマスターメイソンに昇級(raised)した。 アメリカ合衆国はフリーメイソンのジェームズ・モンロー第5代大統領が提唱した(1823年)の尊重もあり国際連盟不参加。 (1732年生、1752年11月4日入会) , , - 初代大統領(1789年-1797年)。 総長(1788年-1799年)。 (1758年生、1775年11月9日入会) , - 第5代大統領(1817年-1825年)。 客員理事。 (1767年生) - 第7代大統領(1829年-1837年)。 グランドロッジの第6代グランドマスター(1822年-1824年)。 (1791年生、1816年12月入会) , - 第15代大統領(1857年-1861年)。 (1795年生、1820年6月5日入会) , - 第11代大統領(1845年-1849年)。 (1808年生、1851年5月5日入会) , - 第17代大統領(1865年-1869年)。 (1831年生、1861年11月19日入会) , - 第20代大統領(1881年-1881年)。 (1843年生、1865年5月1日入会) , - 第25代大統領(1897年-1901年)。 (1857年生、1909年2月18日入会) , - 第27代大統領(1909年-1913年)。 69人目の最高裁判所判事(1921年-1930年)、第10代最高裁判所首席裁判官(1921年-1930年)。 法学部初代学部長。 (1858年生、1901年1月2日入会) , , - 第26代大統領(1901年-1909年)。 1906年ノーベル平和賞受賞。 (1865年生、1901年6月28日入会) , - 第29代大統領(1921年-1923年)。 (1882年生、1911年10月11日入会) , , - 第32代大統領(1933年-1945年)。 (1884年生、1909年2月9日入会) , - 第33代大統領(1945年-1953年)。 , Inc. )は1957年から1960年にかけて出版され、トルーマン自身の項目もあり、彼の進級・昇級、所属ロッジ、メイソンの役職等、メイソンとしての彼の経歴が書いてある。 (1908年生、1937年10月30日入会) , - 第36代大統領(1963年-1969年)。 リンドン・ジョンソンは、3階級のうちの第1階級エンタード・アプレンティスにしかなっていないため、メイソンとしてカウントしない人々もいる。 (1913年生、1949年9月30日入会) , , - 第38代大統領(1974年-1977年)。 以上がメイソンであると通常考えられている大統領である(第36代のリンドン・ジョンソンは、第1階級のメイソンにしかなっていない)。 のロゴ。 ブッシュ父子はメンバーの中にフリーメイソンも多数いるとされるスカル・アンド・ボーンズのメンバー(ボーンズマン)である。 パパ・ブッシュ(ジョージ・H・W・ブッシュ)が1990年9月11日にで用いた「」()という言葉はフリーメイソンリーを想起させることとなった。 またパパ・ブッシュはで(ブッシュ一家の聖書と併せて)を使用し 、息子のジョージ・W・ブッシュは2001年の就任時にジョージ・ワシントンのメイソンの聖書を希望したが天候不良により使用できなかったため一家の聖書を使用した。 これまでのところブッシュ父子はメイソンではない。 正規ロッジにブッシュ父子の入会記録はない。 第3代はメイソンであるともないとも言われ 、メイソンでないという考えが有力である。 第16代はメイソンではない。 第40代は、メイソンではないが、スコティッシュライトの名誉会員であった。 第41代、第43代の父子は、これまでのところメイソンではない。 ブッシュ父子のメイソンリー入会を記録している正規ロッジ(regular lodge)はない。 第42代はメイソンリーの外郭団体デモレーのメンバーであり、これまでのところメイソンではないようである。 第44代は、2009年11月時点では、メイソンではない。 大統領がメイソンでなくとも副大統領がメイソンである政権、どちらもメイソンでない政権、どちらもメイソンである政権がある。 ディドロとダランベールらによる『百科全書』。 モンテスキュー、ヴォルテールも参加した。 (1689年生、1730年5月12日入会) - 哲学者。 息子のジャン・バティスト・モンテスキュー(Jean Baptiste Montesquieu)もメイソンである。 (1694年生、1778年4月7日入会) , - フランス革命に影響を及ぼした哲学者。 フリーメイソンになった翌月に死亡した彼がフリーメイソンであった期間は2か月足らずであった。 (1713年生) - 『』(1751年-1772年)編集の中心であったの哲学者、作家。 吉村正和は、ディドロがフリーメイソンであったかについて「確証がない」としている。 しかしながらセルビアのグランドロッジによるとディドロはパリの百科全書派ロッジ「九姉妹神」(、レ・ヌフ・スール)所属のメイソンである。 『百科全書』が出版禁止になるとディドロは九姉妹神ロッジなどのロッジを通じて販売した。 (1717年生) - 『百科全書』編集の中心であった百科全書派の哲学者、数学者、物理学者。 (1737年生) - 音楽家。 (1738年生) - 医師・政治家。 死刑執行装置のの名称の由来の人物。 人道的で苦痛の少ない死刑の国内導入に尽力し、彼の出現以降、断頭装置はギロチンと呼ばれるようになった。 「九姉妹神ロッジ」の設立メンバー。 (1749年生) - フランス革命初期の指導者。 1783年12月に九姉妹神ロッジに参加した。 エッフェル塔。 (1757年生) - フランスの。 に関与し、ジョージ・ワシントン司令官のもとで副官を務める。 フランス革命時には市民軍司令官を務め、を起草した。 (1760年生) - 思想家。 アメリカ独立戦争に参加した。 (1760年生、1782年入会) , - フランス革命期の軍人。 フランスの国歌『』の作詞・作曲者。 ロッジ「 Les Freres discrets」所属。 下で『ラ・マルセイエーズ』の編曲をしたロマン派の音楽家(作曲は『』『』など)をメイソンとして掲載しているロッジがある(入会日・所属ロッジ等記載なし)。 (1769年生) - フランスの皇帝。 彼がフリーメイソンリーを支持して自らの目的のために利用したということはあったようであるが、彼がフリーメイソンであったかどうかの決定的な証拠はない。 『10,000 Famous Freemasons』によると、1795年から1798年にの「」で入会したのであろうという調査があり 、米の「ロッジ・ナポレオン・ボナパルト」(Lodge Napoleon Bonaparte)によると、エジプト・カイロのロッジ「Isis」()で1799年に入会したと考えるメイソンもいる。 ナポレオンの実兄(、)、実弟(カニーノ=ムシニャーノ大公)、実弟(王)、実弟(国王)はフリーメイソンである。 オランダ王ルイ・ボナパルトの息子でフランス皇帝のはフランスのスコティッシュ・ライトのメンバーである。 (1773年生) - 軍人。 文豪の父。 (1783年生、1806年入会) - 作家。 著書は『』など。 1806年、パリにあるスコットランドのロッジ「Sainte Caroline」でメイソンになった。 (1792年生、1802年10月24日入会) , , - 仏の開祖。 兄と同じくロンドン「Emulation Lodge No. 12」。 (1802年生) , , - 作家。 著書は『』など。 政治活動家(中年期以降)。 ユーゴーはメイソンのDr. Henry Hopkinsに対して自分がフリーメイソンリーに所属していることを認めた。 ユーゴーの小説『』は、メイソンの象徴で満ちている。 同小説の「 Ceci tuera cela(これがあれを滅ぼすだろう)」の章は、疑う余地なくメイソンリーが反映されている。 『レ・ミゼラブル』における秘密結社「ABC(ア・ベ・セー)の友」は、実在の政治的秘密結社「」がモデルであるが、メイソンリーに類似する。 ユーゴーがメイソンでないという文献もある。 (1809年生) - 社会主義者、無政府主義者。 (1832年生) - を建設したエッフェル社の代表。 の発案者。 内部の設計に携わった。 (1834年生、1874年入会) , - 彫刻家。 ニューヨークの自由の女神像の製作者。 (1862年生) - フランス首相、外相。 ケロッグ・ブリアン協定。 1926年ノーベル平和賞。 1887年にロッジ「Le Trait d'Union」へ(1889年にロッジから「不適格」宣言 )、1895年にロッジ「Les Chevaliers du Travail」所属。 (1878年生) - 自動車メーカー創業者。 ロッジ「 La Philosophie Positive」所属。 ドイツ 1926年にノーベル平和賞を二人同時受賞した(左)と(右)。 二人ともフリーメイソン。 (1719年生) - 音楽家。 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの父親。 (1729年生、1771年10月14日入会) , - 思想家。 (1735年生) - オペラ作曲家。 「音楽の父」(J. バッハ)の息子。 ロンドンのロッジ「Nine Muses No. 235」所属。 その所属の日付は1778年6月15日である。 このロンドンのロッジは当初No. 235ではなかった。 バッハに関しては、『10,000 Famous Freemasons』にJ. バッハの項目はない。 しかし、J. バッハがパリ(ロンドンではなく)のロッジ「Nine Muses No. 235」所属のメイソンであるという調査がある。 またさらに、の「Nine Muses Lodge 235」でPast Masterを務めていた人物によると、このグロスターのロッジは1777年に設立されたが、400年遡ることができ、モーツァルトやJ. バッハが「Nine Muses Lodge」を訪れたのであるという。 (1748年生、1777年入会) - 哲学者。 で秘密結社を設立した。 (1749年生、1780年1月入会) , - 作家。 著書は『』『』など。 ゲーテの詩『』と『』を歌曲にしたメイソンの音楽家がいる。 (1759年生) , - ベートーヴェン『』の歌詞のもとになっているシラーが書いた「自由 」を称賛する詩(1785年)は、でのロッジ「三本のヤシの木の中のミネルヴァ」()に所属するフリーメイソン の依頼でのロッジ「三振りの剣」()が行うメイソンリーの儀式のために書いた詩である。 にケルナーは詩を書き直した()。 ケルナーはに「三振りの剣」ロッジのWorshipful Masterとなった。 (1762年生) - 哲学者。 教授、初代哲学教授。 (1770年生) - 音楽家。 ベートーヴェンがフリーメイソンであったかについては専門家の中でも意見が分かれている。 『10,000 Famous Freemasons』にベートーヴェンの項目はない。 市の「ロッジ・ベートーヴェン」()は、ベートーヴェンをメイソンでない可能性もないわけではないと言っている。 『』第4楽章(主題『歓喜の歌』)の歌は、フリーメイソンのによってフリーメイソンリーの儀式のために書かれた1785年の詩に由来する。 主題『歓喜の歌』はロッジ「Humanitas」でフリーメイソンになったリヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー伯爵によりもなされた。 ベートーヴェンがメイソンの儀式の演奏会に出席した記録があり、それらに出席するためには「恐らく」メイソンでなければならなかった。 『』第3楽章最後の頁にベートーヴェンは「 Einen Trauerweiden oder Akazien-Baum aufs Grab meines Bruders」という言葉を書いた。 ベートーヴェンは弟の結婚を案じてこれを書いたという説があるが 、他の説ではメイソンに関連する言葉である (はメイソンのシンボルである )。 (1777年生) -。 弁護士。 (の開祖で共産主義者)の父親。 このロッジは1812年から1813年頃、フランス大東社がドイツの都市に設立した。 息子のカールはあるインタビューでフリーメイソンに言及しているが、少なくともそれ時点においてカールはフリーメイソンではなかったであろうことが示唆されている。 (1784年生) - 音楽家。 (1791年生) - 音楽家。 (1796年生) - 音楽家。 (1797年生) - 詩人。 パリのロッジ「Les Trinosophes」のメンバー。 ハイネの詩集『』の詩を曲にしたメイソンの音楽家がいる。 (1809年生) - ロマン派の音楽家。 作曲は『』『』など。 (1822年生) - 考古学者。 (1833年生) , - 音楽家。 作曲は『』など。 13は、その意図するところがモーツァルトの『』をはじめとする18世紀から19世紀にフリーメイソンの儀式のために作曲された葬送作品群に類似する。 ブラームス『埋葬の歌』はモーツァルト『フリーメイソンのための葬送音楽』同様にであり、ハ短調とに用いられる「3つの」はメイソンを象徴する。 公式YouTube• (1877年生) - 作家。 著書は『』など。 1946年ノーベル文学賞受賞。 (1878年生、1923年入会) - ドイツ首相、外相。 1926年ノーベル平和賞。 (1885年生) - 音楽家。 イタリア大東社の建物(1901年から1985年まで)「」。 (1687年生)• (1725年生、1750年入会) ,• (1743年生) - の小説「」シリーズ『』(1924年)や映画『』(1979年)の題材になった人物。 (1750年生) - 作曲家。 (1760年生)• (1805年生) - 「イタリア建国の父」と呼ばれた。 「」を結成。 ()のグランドマスター。 (1807年生、1844年8月8日入会) ,• (1826年生) - 作家(筆名: カルロ・コッローディ)。 著書は『』など。 (1858年生) - 音楽家。 (1901年生) - 物理学者。 1938年受賞。 (1919年生) - 幹部。 フリーメイソンリーから派生した代表。 (1920年生) -。。 (1936年生) - の第74代・第79代・第81代。 ・元会長、現名誉会長。 (1937年生) オーストリア 正式な『欧州の歌』は歌なし、メロディのみ。 (1708年生)• (1732年生、1785年入会) , , - の音楽家。 ハイドンの作曲『』は国歌とドイツ国歌『』のメロディである。 『神よ、皇帝フランツを守り給え』はに捧げられた。 フランツ2世はメイソンリーを抑圧し、1801年に施策を変えた。 フランツ2世はフリーメイソンである。 作詞をしたもフリーメイソンである (St. Joseph Lodge所属 )。 (1742年生) - 金属工学者、鉱物学者。 (1751年生) - 劇作家、俳優。 モーツァルトのオペラ『』の台本を書いた。 (1756年生、1784年12月14日入会) , - 古典派の音楽家。 を残した。 この団体と彼の関係、または彼が音楽にほどこした「シンボリズム」については、日本でも専門書が数冊出版されている。 (1797年生) - 音楽家。 作曲は『』『』『』『(アヴェ・マリア)』『』など。 シューベルトとフリーメイソンに関しては『Schubert durch die Brille XI: Franz Schubert und die Freimaurer』(Dietlinde Rakowitz、1993年)も参照。 (1864年生) - 法学者。 平和主義者。 1911年ノーベル平和賞受賞。 ウィーンのロッジ「ソクラテス」所属。 1910年の著書『パン・アメリカ』( Pan-Amerika)は、パン・ヨーロッパ運動のR. 栄次郎・クーデンホーフ=カレルギー伯爵に感銘を与えた。 クーデンホーフ=カレルギー伯爵が設立したは、フリート博士の平和主義が継承されている。 (1878年生) - 社会学者、経済学者、歴史家。 ユダヤ系でナチスから追われる。 ウィーンのロッジ「未来」( Zukunft)所属。 パン・ヨーロッパ連合初代事務局長。 パン・ヨーロッパ連合の構想は1922年ウィーンの第29回世界平和会議で生まれ、会議の開会スピーチはオーストリアのグランドロッジ事務局長ウラジミール・ミサール(Wladimir Misar)が行った。 (1894年生、1922年入会) , , - 、。 日系オーストリア人。 国際会長(1926年-1972年)。 R・クーデンホーフ=カレルギー伯爵は世界平和やヨーロッパ復興のためにパン・ヨーロッパ連合を結成した。 若き日の彼はを眺めてや(汎ヨーロッパ)の構想に至った。 「パン・ヨーロッパ」を標榜する彼は「」に取り組んだ。 彼は指導者の不倶戴天の敵であった。 彼がフリーメイソンであることを反フリーメイソンリーのナチス・ドイツが暴露した。 ベートーヴェンの『歓喜の歌』をとして提案し(1929年 ・1955年)、実際に採択された(1972年・1985年)。 を1930年に提案した。 (ブリューダーリッヒカイト)すなわち友愛を提唱した。 彼の出生地日本のメイソン鳩山一郎が結成した友愛青年同志会名誉会長も務めた。 第61・63代英首相チャーチルはクーデンホーフ=カレルギーの汎ヨーロッパ運動に賛同し、クーデンホーフ=カレルギーの協力のもと1946年「チューリッヒ演説」を行い「」を提唱した。 欧州統合構想は、第二次世界大戦の際亡命した米国ではフリーメイソンの第33代米大統領ハリー・S・トルーマンからの支持も得られた。 ロッジ「Humanitas(人道)」を1926年に辞めた。 イングランド を確立したアイザック・ニュートン。 の教授によると、ニュートンはフリーメイソンロッジ乗っ取りを計画し、弟子のジョン・デサグリエにロンドン・グランドロッジを設立させ、ニュートンがロンドン・グランドロッジの実質的支配者であったという。 しかしながら、ニュートン自身がフリーメイソンであるかどうかは不確かである。 『10,000 Famous Freemasons』にニュートンの項目はない。 純丘教授もニュートンがフリーメイソンであるとは記述していない。 ニュートンを著名なフリーメイソンとして掲載しているアイルランドのLodge St. Patrick No. 468は、ニュートンの入会日、所属ロッジを記載していない。 『百科全書』に影響を与えた『サイクロペディア』。 (1680年頃生) , - 百科事典『』(1728年)編纂者。 王立協会メンバー。 『サイクロペディア』はフランス百科全書派の『百科全書』編纂に影響を与えた。 (1683年生) - 科学者。 の弟子。 デサグリエは(のちのイングランド・グランドロッジ)を設立した。 1719年にイングランド・グランドロッジ3代目グランドマスター就任。 (1722年生) -。 1747年にPremier Grand Lodge of Englandのグランドマスター就任。 メイソンではないかと言われている詩人の第6代バイロン男爵 の大おじにあたる。 (1731年生、1754年入会) - 医師、自然哲学者。 王立協会メンバー。 進化論の祖父。 (1737年生、1774年12月19日入会) , - 歴史家。 王立協会メンバー。 著書は『』など。 (1749年生) - 免疫学者。 王立協会メンバー。 1802年12月30日マスターメイソン昇級(raised)。 (1750年生) - 音楽家。 彼が作曲した『』のメロディは1931年にアメリカ合衆国の国歌『星条旗』のメロディになった。 (1762年生)• (1777年生、1802年10月24日入会) , - 英ロスチャイルド財閥の開祖。 弟と同じくロンドン「Emulation Lodge No. 12」。 (1827年生) - 外科医、衛生学者。 (1841年生、1868年入会) ,• (1842年生) - 音楽家。 (1859年生、1887年1月26日入会) , - 作家。 著書『』収録の「」において、ホームズが依頼人をフリーメイソンだと言い当てるシーンがある。 (1861年生、1902年2月26日入会) -。 王立協会メンバー。 1929年受賞。 1922年に2つのロッジから退会。 (1865年生、1886年入会) , - 作家。 著書は『』など。 1907年ノーベル文学賞受賞。 (1874年生、1901年5月24日入会) , - 第61代イギリス首相(1940年-1945年)、第63代イギリス首相(1951年-1955年)。 学長(1914年-1918年)、学長(1929年-1932年)、総長(1929年-1965年)。 1953年ノーベル文学賞受賞。 (1892年生、1922年4月25日入会) , - 物理学者。 王立協会メンバー。 1947年ノーベル物理学賞受賞。 1922年10月にロッジ「Isaac Newton University lodge No. 859」でマスターメイソン昇級(raised)、1925年9月30日に同ロッジ退会。 (1894年生)• (1895年生) ,• (1910年生) , , , , - コメディアン。 (1935年生) - 現在のイングランド・連合グランドロッジのグランドマスター。 (1949年生) - 音楽家、コメディアン、タレント。 ロック・バンド「」での活動などで知られる。 ロンドンにあるチェルシー・ロッジのマスターとしてイベントに参加している姿が公開されている。 (1953年生) - 日本在住25年以上の・マスター。 スコティッシュライト32階級 [ ]。 証券部門副支店長、アソシエト・ダイレクター等を歴任。 財団顧問。 ウェールズ• (1841年生) - 音楽家。 アメリカ合衆国に移住し、イギリスに帰国後教授になった。 彼が製作した作曲作品『』『』は『』に使用されている。 スコットランド• (1726年生) , - 『』の共同創設者。 「Lodge St. David No. 36」でメイソンリーに入会。 (1736年生、1763年入会) - 発明家。 の改良。 単位の元になった。 (1771年生、1801年3月2日入会) , - 作家。 スコットランド・ポンド紙幣の肖像になっている。 (1795年生) - 歴史家、評論家。 エディンバラ大学運営評議会議長。 (1848年生) - 紅茶ブランド創業者。 1870年8月にのロッジ「Scotia No. 178」でメイソンの階級を昇級(raised)。 (1881年生、1909年入会) - を発見した細菌学者。 1945年ノーベル生理学・医学賞受賞。 北アイルランド• (1952年生) - オートバイレーサー。 アイルランド スウィフト原作『ガリヴァー旅行記』の一場面、空飛ぶ島「」と遭遇するガリヴァー。 (1667年生) , - 作家。 著書は『』など。 ロンドンのロッジ「 Lodge Goat-at-the-Foot-of-the-Haymarket, No. 16」所属。 (1854年生、1875年入会) - 詩人・作家。 同性愛者。 著書は『』など。 1875年5月25日マスターメイソン昇級(raised)。 バチカン市国• ロザリオ・フランチェスコ・エスポジト(1921年生) - 最初の著書は「フリーメーソンとイタリア」。 ベルギー• (1790年生)• (1820年生) - 音楽家。 ポーランド• (1732年生)• (1746年生)• (1755年生)• (1763年生)• (1770年生)• (1798年生) チェコ• (1860年生、1898年入会) , -1898年パリでロッジに入り、1918年にはプラハのコメンスキー・ロッジ設立に協力した。 その後にチェコスロヴァキア本部のグランド・マスター、後に同国第2ソヴリン・グランド・コマンダーになった。 チェコスロヴァキアの支部のためにやメダル等のデザインを手掛けた。 (1884年生) - 1924年から1925年頃、プラハの古くからのロッジ「Jan Amos Komensky No. 1」で入会し(initiated)、1927年から1928年頃にプラハのロッジ「Pravda Vitezi」で進級(passed)と昇級(raised)をした。 プロイセン• (1712年生) ハンガリー 音楽・音声外部リンク 映画会社パラマウントのロゴ。 ナチスからのを描写した同社の映画『』(1966年)という題名は、フリーメイソンを弾圧したアドルフ・ヒトラーの言葉から。 (1811年生、1841年入会) , , , - の音楽家・ピアニスト(ピアノの魔術師)。 作曲は『』『 』など。 彼の男声合唱曲『労働者の合唱 Arbeiterchor』はフリーメイソン主催のイベントのために作曲されたもの。 1859年に作曲した『』(リゴレット・パラフレーズ)は、ヴェルディのオペラ『』(1851年)からの作品である。 ヴェルディの『リゴレット』の原作は、ヴィクトル・ユーゴー(フリーメイソン)の1832年の戯曲『(王様はお楽しみ)』()。 (1873年生) - 映画会社(のちの社)設立者。 フリーメイソンリーのロッジに50年間在籍した。 デンマーク• (1777年生) - 物理学者、科学者。 ユーゴスラビア• (1892年生) - 作家、外交官。 1961年ノーベル文学賞受賞。 スイス アンリ・デュナンの彫像。 「FONDATEUR DE LA CROIX-ROUGE」 (赤十字の創設者)。 (1743年生) - 外交官、政治家。 (1805年生) - 初代議長。 初代閣僚。 (1808年生) - 政治家。 国際法学者。 (1828年生) - を構想し、彼の構想のもとが設立されている。 1901年第1回ノーベル平和賞受賞。 (1834年生) - 議長。 連邦内閣閣僚。 連邦大統領。 (1849年生) - 全州議会議長。 国民議会議長。 連邦内閣閣僚。 (1855年生) - 政治家。 (1794年生) - 教授(医学)。 精神科医・心理学者(1875年生)の祖父。 1850年にスイス連邦でメイソンリーのグランドマスター就任。 セルビアのグランドロッジは孫の(1875年生)がメイソン(スイスのグランドマスター)であると以前に記載した。 (1877年生) - ペインター。 ジャコメッティ兄弟(、、)の親戚。 (1915年生) - 作家、哲学者、ジャーナリスト。 フィンランド• (1865年生、1922年8月18日入会) , - 音楽家。 作曲は『』など。 スウェーデン• (1710年生) - 初代国王。 ストックホルムのロッジのマスター、Protector of Swedish Freemasonryの称号。 (1862年生) -。 スウェーデンのグランドロッジの偉大な総長(grand chancellor)。 ロシア 革命家バクーニン。 (1744年生) - 著作家、出版業者。 (1799年生、1821年入会) - 詩人、作家。 著書は『』など。 (1814年生) , - 革命家。 無政府主義者。 イタリアのロッジ「社会進歩」(Il Progresso Sociale、イル・プログレッソ・ソチャーレ)のメンバー。 フランス大東社(GODF)がバクーニンを「ブラザー」と呼んでいる。 またフランス大東社が受け継ぐ先人にバクーニン( Bakounine)を並べ上げている。 (1818年生) - 作家。 著書は『』『』など。 (1828年生) - 作家。 著書は主人公()がメイソンリーに入会する『』など。 『10,000 Famous Freemasons』は、多くの者がトルストイをメイソンだと考えているが当時のロシア政府が入会を禁止していた、と記述している。 当局のその措置のためトルストイはメイソンでないとの説もある。 (1874年生) - 音楽家。 作曲家・指揮者。 (1887年生、1912年入会) - 画家。 作品は『私と村』『誕生日』など。 その他 [ ] のキングスフォード=スミスを記念した展示場。 同空港は彼の栄誉を讃えて彼の名の「キングスフォード=スミス国際空港」としても知られる。 「サザンクロス」の模型や彼の肖像が飾られている。 (1849年生) , - 初代。 オーストラリア最高裁次席判事。 (1867年生) - 詩人、短編作家。 (1894年生) , - 第12代首相。 (1897年生、1925年4月9日入会) , , - オーストラリアから米国へ飛行した初のパイロット(1934年)。 紙幣の肖像になった。 (1904年生) - 自転車選手。 インフラストラクチャー・輸送大臣。 (1908年生) - 第20代首相。 (1908年生) , - 選手。 (1934年生) - TVスター。 オーストラリアのテレビの王。 出生地不詳• 北朝鮮最高指導者金正恩とフリーメイソンリー 画像外部リンク - は、金正恩が右手を懐に入れる写真の掲載とともに、その仕草はナポレオン1世の真似であるという指摘を報じた(2013年3月22日)。

次の

名古屋大須のタトゥースタジオ【BOOBIES TATTOO NAGOYA】

フリー メイソン タトゥー

日本にしたフリーメイソンのマシュー・ペリー。 フリーメイソンが最初に日本に訪れたのはによる政策の時代であり、にのにとして駐在したのが初訪日のフリーメイソンであると考えられている。 ティチングがフリーメイソンリーに入会したのは、()でのことである。 日本国内にメイソンリーのロッジ設立が始まったのはそれよりさらに後になってからである。 江戸末期の、()を日本に迫ったはメイソンであった。 ペリーはにのホーランド・ロッジでメイソンリーに加入した。 ペリーを日本に遣わせた米大統領は、フリーメイソンの集まりに参加した記録はあるが 、フリーメイソンではない。 (7年)、で派によって人船長W・デ・フォスと、商人N・デッケルがされた()。 外国人達は攘夷派への示威行動の意味もあり、できるだけ盛大に二人の葬儀を行おうとした。 この時、殺された二人はフリーメイソンであると言われており、外国人のメイソン達は、儀式用の正装であるエプロン着用で葬儀に臨んだ。 これが日本におけるフリーメイソンの最初の記録という(ただし、二人が会員であった証拠は見つかっていない)。 二人は横浜の外国人墓地に埋葬され、その墓は現存している。 (元年)、イギリスは居留民保護のため英国(後のランカシャー・フュージリアーズ)をから横浜に移動させた。 同隊の軍隊ロッジ「スフィンクス」は、隊員のためのロッジであるが、在日イギリス人のためのロッジとしても機能し、また恒久的な民間ロッジ設立のための手助けをした。 1月、スフィンクス・ロッジは横浜在住のフリーメイソンから家を借り、これをロッジとして日本初の集会を行った(現・内 )。 スフィンクス・ロッジは(2年)3月に離日したが、歌手ら横浜在住の外国人によって、改めて民間人のための「横浜ロッジ No. 1092」設立が申請され 、慶応元年12月14日(1866年1月30日)にイングランド・グランド・ロッジの承認を受け、、「横浜ロッジ」が恒久的な民間ロッジとして設けられた。 このロッジは度々移転しているものの現存しており、日本国内最古の現役ロッジといえる。 1869年には横浜に2つめのロッジとして「オテントウサマロッジ No. 1263」が設立された。 続いて登場したのが(3年)発足のロッジ・兵庫・大阪()である。 第二次大戦前までに国内には8つのロッジが設立され、そのうちの半分が、横浜におかれた。 「東方の星 STAR IN THE EAST No. 640」、「東洋の印章ロッジ Orient Mark Lodge No. 304」「横浜支部 Yokohama Chapter 」と「オテントウサマロッジ No. 1263」の4つは、共同所有の形で山下町の一等地に集会所「メソニックホール Masonic Hall 」を建設した。 幕末の長崎に滞在して薩摩藩などに武器を売っていたとされるスコットランド系英国人商人がフリーメイソンだったとする主張もあるが、彼はフリーメイソンではない。 彼の地元にあるスコットランド・アバディーン・ロッジとの関連も記録からは何も発見されていない。 長崎にスコットランド系のロッジがあるが、その創設はグラバーが活躍していた時代から20年も後の話であり、グラバーは無関係である。 グラバーがフリーメイソンだという誤解が広まったのは旧グラバー邸近くにメイソンの石柱があることを根拠にして空想を広げたことによると思われるが、このメイソンの石柱は戦後になってが観光目的で別の場所から移築してきたものにすぎない。 したがって「グラバー=メイスン」説には何ら根拠はない。 またグラバーは薩摩藩など討幕派の藩だけではなく、幕府や佐幕派の藩にも武器・船舶を売っていたと見られる。 日本政府による活動制限 [ ] 西と同時期にメイソンに入会した津田真道。 日本人のフリーメイソンは、1864年、留学先のオランダで入会したとが最初という。 しかし、第二次世界大戦以前の日本では、日本人の会員はほとんどいなかった。 (明治20年)に発令されたは、政治結社・集会のやの集会への立ち会いを定めており、秘密結社は禁止されていた。 この時点では、によって外国人はに置かれていたものの、やがて不平等条約が是正されれば、外国人にも日本の法律が適用されることになるため、フリーメイソンにも保安条例が適用され、最低でも集会に警察官の立ち入りを要求されると考えられた。 フリーメイソン側の記録によれば、これを恐れたフリーメイソンが、お雇い外国人として日本政府の通信技術顧問であったW・H・ストーンを代表として、日本政府の外務大臣と面会して協議に及んだという 外務大臣の具体的な名前が明記されていないが、時期から考察するとかのいずれかと思われる。 ストーンはフリーメイソンリーの非政治・非宗教性を説き、欧米各国で政府に承認・支持されていることを強調したという。 条約改正交渉を進めていた日本政府としては欧米諸国と対立を深めたくない時期であり、その結果、フリーメイソンリーは保安条例の対象外とする代わり、日本人を入会させないこと、日本社会への接触・宣伝をしないという「紳士協定」が日本政府との間に交わされたという。 この「紳士協定」は口頭によるものであるといい、日本政府側の書類としては発見されていないが、フリーメイソンリー側によれば協定遵守を申し合わせた記録が残っているという。 明治31年 に保安条例は廃止されたが、フリーメイソンは「紳士協定」を守り続け、メイソンリーに対して日本人への働きかけを自粛するようたびたび呼びかけた。 そのため戦前にはフリーメイソンは日本社会から隔絶した存在であり続け、その会員は全員が外国人であった。 戦前にフリーメイソンリーに入会した日本人は、海外のロッジでの入会者に限られており、彼らが大きな流れを形成することは全くなかった。 しかも、そのために「外国人だけが入会する団体」、「日本人はのけものにされ、入会はおろか見学さえもさせぬ・反的人種差別団体」といった非難に晒されることになった。 を持つ「欧州統合の父」伯爵(フリーメイソン )。 彼のはナチス政権下のドイツでは禁止され、ナチス党政権下のドイツを逃れる彼を助けた日本人がは が「友愛」を提唱する契機となった。 1900年(明治33年)、伯爵夫人にカトリックの洗礼を行ったことで知られる神父フランソワ・A・リギョールの著書『秘密結社』(出版者)が出版され、この著書においてはメイソンリーが唯物論的陰謀団として語られる。 時代、やは、フリーメイソンリーの自由主義・民主主義的理念をの発生源と非難していた。 1921年(大正10年)、『マッソン結社の陰謀』という冊子がロシアから日本に持ち込まれ [ ]、1923年(大正12年)に全国中学校校長協会がこの冊子を教育界へ配布した。 に入ると、『共産党の黒幕猶太民族の大隠謀を曝露す : マツソン秘密結社の正体と我国の現状』(昭和3年)、『皇輝遍照赤魔の正体を見よ』(昭和6年)などの書籍において「猶太」(ユダヤ)とともに「マッソン」(メイソン)が陰謀と見なされる。 が成立すると、政権下のドイツの影響で日本にも「フリーメイソン陰謀論」、「」が広まった。 のは、ナチス党の影響を否定しつつ、ユダヤ・フリーメイソン陰謀論を流布した。 四王天は、『』を陰謀の物証とした。 はを主導した親ユダヤ派であったが、犬塚の機関は上海でメイソンリーの拠点を強制捜査し、に多数の中国人フリーメイソンがいることを突き止めた。 に主催、が後援をし、銀座ので「米英を操る黒幕の正体をえぐり出し、国際謀略の思想に構えんとす」というキャッチコピーの下、「国際秘密力とフリーメーソンリー展」という催しが行われた。 (昭和16年)、日本がイギリスやアメリカとに突入すると、英米に根を張るフリーメイソンは完全に敵国スパイと見做されるに至り、ロッジはことごとく憲兵・によって閉鎖に追い込まれ、書類・備品は全て押収された。 原子爆弾投下とフリーメイソンリー [ ] 「」も参照 第二次世界大戦中の米国においても米軍最高司令官たる米大統領以下、フリーメイソンの政治家が多かった。 側の原子爆弾開発「」を推進した第32代大統領と、日本への原爆投下時の第33代大統領はフリーメイソンであった。 日本への原爆投下を計画・実施した少将(指揮官)はフリーメイソンであり、1944年7月7日にオハイオ「レイクウッド・ロッジNo. 601」(Lakewood Lodge)にてフリーメイソンの階級を第3階級マスターメイソンに昇級した。 に従軍の指揮官であった元帥(戦後日本の連合国軍最高司令官)もまたフリーメイソンであったが 、彼は。 もっとも、にを推進するよう圧力をかけられてからは態度に自律性が失われ、では。 政治的では、F・ルーズベルトとトルーマンは出身の大統領、マッカーサーは等が擁立した大統領候補者であった。 大多数の米国民は原爆投下の倫理上の葛藤を抱えながら日本国民への心配を目に見える態度で表すことはほとんどなく、その問題からは目を背け、原子力エネルギーの将来というものに注目していたようであったが、原爆投下後に米国で称賛の声もあまり聞かれず、米国民の大多数はまた原子力エネルギーがもたらす放射線被曝の問題を分かっていなかった。 第32階級メイソンのは、マッカーサーとトルーマン間における原爆の話を交えながらメイソンと政治は関係ないと言う。 1945年日本への投下実行までの歳月においてフリーメイソンリーと原子爆弾の間に特に相関があるわけではなかった。 フリーメイソンリーのあらゆる時代において多くの平和主義者もまたフリーメイソンであった。 例えば反軍的な『』を著した。 啓蒙時代のヨーロッパ思想家(啓蒙時代の知識人でフリーメイソンでない者を探すほうが難しい )の中で、フリーメイソンの平和主義者は多かった。 平和主義からなる構想「」を1920年代から提唱していたフリーメイソンのリヒャルト・ニコラウス・栄次郎・クーデンホーフ=カレルギー伯爵は、平和のために利用される前人未踏のエネルギー源が人類の生活を豊かにすることを思い描き()、ナチス・ドイツ指導者に対して言論で戦った()。 トルーマン大統領は戦中に米国に亡命したクーデンホーフ=カレルギー伯爵による欧州統合構想を支持した。 トルーマン大統領はとりわけ亡命中のクーデンホーフ=カレルギー伯爵による1945年12月発表の欧州統合構想の記事に感銘を受け、この記事は米国の「公式政策」として採用された。 また第二次大戦下の平和主義者は、「国際連合の父」である。 ハルは、第二次大戦中に(国連; UN)設立のために重要な役割を果たし、その功績により1945年にを受賞した。 そのハルがフリーメイソンであったという文献がある。 当時の反フリーメイソンリーと原子爆弾開発 ナチ党政権期のドイツと同様に激しく反フリーメイソンリーで、フリーメイソンを絶やそうとしたソ連(で対日参戦決定)は積極的に原子爆弾を開発していた。 メイソンリーを制限していた戦中の日本もまた原爆開発に着手していた()。 第二次世界大戦後のロッジ再建 [ ] R・クーデンホーフ=カレルギー伯爵の影響を受け「友愛」を提唱したマスターメイソン鳩山一郎。 鳩山はRCK伯爵の反全体主義の人道主義的著書『』の翻訳者であり、本書の友愛精神の継承者である。 、日本の敗戦でが終わると、よりロッジの再建が始まった。 そして、、(外交官・政治家)、(政治家)、(作家・政治家)、(実業家・政治家)、(ジャーナリスト、元編集局長)らが、初めての日本における日本人会員となった。 この時点で日本のロッジはフィリピン・グランド・ロッジの傘下にあり、の対日感情は最悪だった。 フィリピン代表のマウロ・バラディが来日し、「世界平和のために、日本人を兄弟として握手しようと決心し、過去の罪を許してメイソンとして迎えるべく決意した」と演説した。 はこれに応え、国会にフィリピンに対する謝罪決議を提出し、全会一致で可決させたという。 1950年は国会議員5人他、合計7人の日本人が入会した。 自身も会員であったダグラス・マッカーサーは、対日政策の一環として、皇族を皮切りに日本の指導者層を入会させ、最後はを入会させる腹づもりであったという(フリーメイソンリーは直接的な勧誘はしないことになっているので、それとなく興味を持たせるようにした)。 フリーメイソンリーは、米国にとっては下の反共の砦としても期待されていた。 昭和天皇の入会は実現しなかったが、はるか後年のにも、元グランド・マスターが取材に「日本でも天皇陛下がメンバーだったら、偏見がなくなり、もっともっと簡単にメンバーを集めることができるでしょう。 もし、天皇陛下に入っていただければ、私は名誉グランド・マスターにしてさしあげたい。 」 と答えており、 現在でも天皇の入会を期待しているものと思われる [ ]。 1951年に入会したは 、入会時の第1階級(エンタード・アプレンティス)を経て 、に第2階級(フェロークラフト)へ進級 、さらに第3階級(マスターメイソン)に昇級した。 彼のマスターメイソン昇級は1955年当時に報道されている。 一郎がメイソンリーに入会した理由は、一郎に思想的影響を与えたクーデンホーフ=カレルギー伯爵がメイソンであったからである。 スコティッシュ・ライト第32階級のメイソンによれば日本でもフリーメイソンの影響がみられるようである。 は、、とフリーメイソンの理想が並んでいる とする考えもある。 の(自由、平等、博愛)の3つの用語もフリーメイソンの基本的理念である。 1957年には会員数が2500人を超え、独立したグランド・ロッジを構えるべきという気運が高まり、3月に東京グランド・ロッジを設立した。 初代グランド・マスターは、のであった。 また、主に米軍基地内にフィリピン系ロッジ、黒人系ロッジが別途存在する。 これらは日本Grand Lodgeとの直接的な関わりはなく、各ロッジは個別のGrand Lodgeに属している。 東京タワー手前左下にある屋上が緑色の地上12階建ての建物はメソニック38、その手前にある同じく地上12階建ての建物がメソニック39MTビル。 日本グランドロッジ、他4つのロッジ、またさらに日本メイスン財団(旧・東京メソニック協会)の住所となっている 低層の東京メソニックビルディング(東京メソニックセンター)はメソニック38MTビルとメソニック39MTビル左の街路樹の所にある。 現在、日本グランド・ロッジがある「東京メソニックビル」(masonic=メイソンの)は、戦前は日本海軍士官の親睦団体である(の)の本部ビルであった。 しかし終戦後のGHQの解散命令により水交社は解散し、本部は空きビルとなり、その空きビルを米軍関係者がとして使用し始めた。 そこからフリーメイソンのロッジとして使用されるようになり、会員であるマッカーサーの尽力などにより、このビルに日本グランド・ロッジが創設された。 後に(水交社の後身 から返還を要求する訴訟が起こされたが和解が成立し現在に至っている。 現在は建て替えられたが、一室には水交社の応接室が再現されている。 ちなみにこのビルはの側にあることでも有名であり、それにまつわる陰謀論も存在する。 また、東京メソニック協会はこの周辺にいくつかのビルを所有している。 日本グランドロッジは世間において時として「フリーメイソン日本支部」「フリーメイソン日本本部」等の表現が用いられている。 メイソンとは全く無関係の日米間におけるコメ問題に際して、日本グランドロッジのビルのガラスが空気銃で撃たれたことがあった(「我われはコメ問題とは何の関係もないのに」)。 メソニック38MTビル(1981年7月竣工)とメソニック39MTビル(1983年4月竣工)はのオフィス物件であり 、日本メイスン財団のウェブサイトにメソニックMTビルが沿革として紹介されている。 メソニック38MTビルにはかつてグループ本社やが入っていた。 メソニック39MTビルにはが入り、ビル下層階の窓に「Disney channel」のロゴやが描かれている(はインターナショナル のメンバーであったもののメイソンではなかったようである )。 東京都のスクエア・アンド・コンパス・ロッジ(国立ロッジ)No. 3の所在地はの南にある「国立メソニックセンター」(Kunitachi Masonic Center)である。 当該ロッジ内部では「フリーメイスン国立支部」とも呼称されているようである。 京都では2012年に 新たなロッジ「京都御門ロッジNo. 23」(Kyoto Mikado Lodge No. 23)が開設される以前には、の沿道に日本グランドロッジ管轄の「京都メソニック・ロッジNo. 5」(Kyoto Masonic Lodge No. 5)があった。 京都メソニック・ロッジNo. 5は2011年の日本グランドロッジ管轄ロッジのリストから除外されている。 になると日本国内でも外郭団体に参加できる。 下表は2015年現在の現行のロッジの一覧。 日本グランドロッジ管轄のロッジ一覧 場所 名称 ロッジNo. ウェブサイト 青森ロッジ Aomori Lodge 10 日本グランド・ロッジ Grand Lodge of Japan 東京都港区 東京メソニック・ロッジ Tokyo Masonic Lodge 2 東京都港区 東京友愛ロッジ Tokyo Yuai Lodge 11 東京都港区 デモレーランド・ロッジ DeMolay-Land Lodge 22 東京都港区 日本リサーチ・ロッジ of Japan 東京都 スクエア・アンド・コンパス・ロッジ 国立ロッジ Square and Compass Lodge Kunitachi Lodge 3 東京都 国際ロッジ Kokusai Lodge 15 ファーイースト・ロッジ Far East Lodge 1 神奈川県 横須賀ロッジ Yokosuka Lodge 20 神奈川県 相模原メソニック・ロッジ Sagamihara Masonic Lodge 13 鳥居メソニック・ロッジ Torii Masonic Lodge 6 京都御門ロッジ Kyoto Mikado Lodge 23 錦帯ロッジ Kintai Lodge 16 卑弥呼ロッジ Himiko Lodge 24 日本ロッジ Nippon Lodge 9 帝国ロッジ Teikoku Lodge 19 その他の管轄ロッジ一覧 [ ] 日本グランドロッジ以外のグランドロッジの管轄で2015年現在の現行のロッジの一覧。 日本で女性・男性の混成ロッジは、2008年にフランス系の国際的な女性・男性混成のフリーメイソンリー団体「人権」(; ル・ドロワ・ユマン・アンターナショナル)の支援により東京に設立されたロッジ「日の出」( Soleil Levant; ソレイユ・ルヴァン)である。 その他の管轄ロッジ一覧 管轄グランドロッジ 場所 名称 ロッジNo. ウェブサイト Grand Lodge of the Philippines 神奈川県 ライジングサン・ロッジ Rising Sun Lodge 151 沖縄県中頭郡 沖縄ロッジ Okinawa Lodge 118 UGLE ライジングサン・ロッジ Rising Sun Lodge 1401 神奈川県横浜市 ロッジ・スター・イン・ザ・イースト Lodge Star in the East 640 兵庫県神戸市 ロッジ兵庫アンド大阪 Lodge Hiogo and Osaka 498 東京都港区 シニム・ロッジ Sinim Lodge プリンスホール・・ アンド・ジュリスディクション ディストリクトNo. 1957年: (): ベネズエラの外交官。 1958年: Carlos Rodriguez-Jimenez (カルロス・ロドリゲス=ヒメネス)• 1959年: Horiuchi, Sadaichi (、ホリウチ サダイチ)• 1960年: Togasaki, Kiyoshi (、トガサキ キヨシ)• 1961年: Carl T. Nakamura (カール・T・ナカムラ)• 1962年: Nohea O. Peck (ノヘア・O・A・ペック)• 1963年: George B. Morgulis (ジョージ・B・モーギュリス)• 1964年: George H. Booth (ジョージ・H・ブース)• 1965年: Saburo L. Kitamura (サブロウ・L・キタムラ)• 1966年: Norman Cohen (ノーマン・コーエン)• 1967年: Matsumoto, Masaji (マツモト マサジ)• 1968年: Chester O. Neilsen (チェスター・O・ニールセン)• 1969年: Floyd J. Robertson (フロイド・J・ロバートソン)• 1970年: Yamada, Yoshio (ヤマダ ヨシオ)• 1971年: Floren L. Quick (フローレン・L・クイック)• 1972年: Frederick S. Kashiwagi (フレデリック・S・カシワギ)• 1973年: Charles P. Weatherman (チャールズ・P・ウェザーマン)• 1974年: Yamada, Tsune (ヤマダ ツネ)• 1975年: Leo N. Parlavecchio (レオ・N・パーラヴェッキオ)• 1976年: Nishiyama, Shigeru (ニシヤマ シゲル)• 1977年: Roy Baker (ロイ・ベイカー)• 1978年: Ronald E. Napier (ロナルド・ネピア)• 1979年: Howard M. Voss, Jr. (ハワード・M・ヴォスJr. 1980年: Kitamura, Yasutada (北村安忠、キタムラ ヤスタダ)• 1981年: Takano, Kiyoshi (高野清、タカノ キヨシ): 東京メソニックビルディングの板に、昭和56年(1981年)5月吉日という日付と、同年のグランドマスターであった高野清の名前が彫られている。 1982年: Ohnishi, Hayao (オオニシ ハヤオ)• 1983年: James L. Johnston (ジェームズ・L・ジョンストン)• 1984年: Paul E. Newman (ポール・E・ニューマン)• 1985年: Carl L. Potts (カール・N・ポッツ)• 1986年: Chester L. Ditto (チェスター・L・ディット)• 1987年: Chester L. Ditto (チェスター・L・ディット)• 1988年: Fujino, Toshio (フジノ トシオ)• 1989年: Kobayashi, Hideo (コバヤシ ヒデオ)• 1990年: Washizu, Yoshio (ワシズ ヨシオ)• 1991年: Kobayashi, Hideo (コバヤシ ヒデオ)• 1992年: Richard A. Cripe, Jr. (): 別冊宝島233『陰謀がいっぱい! 』(宝島社、1995年)の取材に応じた。 1944年米生まれ、空軍将校を務める傍ら1973年メイソンリー入会、1982年空軍を退役、その後訪日し校正者として働き始め、日本宇宙有人システムのコミュニケーション・エンジニアを務める。 1993年: R. David Pogue, Sr. (R・デイヴィッド・ポーグSr. 1994年: Allen L. Robinson (アレン・L・ロビンソン)• 1995年: Yamaya, Akira (、ヤマヤ アキラ): 『日本のフリーメイスン』(あさま童風社、1996年4月)の著者。 1996年: William D. Patterson (ウィリアム・D・パターソン)• 1997年: Iwahama, Kazutoshi (イワハマ カズトシ): 2006年11月11日にメイソンリーから追放された。 1998年: William M. Heath (ウィリアム・M・ヒース)• 1999年: Frederic R. Collins (フレデリック・R・コリンズ)• 2000年: Watanabe, Kazuhiro (渡辺一弘、ワタナベ カズヒロ)• 2001年: Inae, Eiichi (イナエ エイイチ)• 2002年: Philip A. Ambrose (): 2011年に朝日新聞による日本グランドロッジの取材に応じた。 2003年: Jack C. Miller (ジャック・C・ミラー)• 1963年日本グランド・ロッジ下の第1ロッジ「ファーイースト」に入会。 1925年生まれ、(現・経済学部)卒、外国船の乗組員を経て1964年入社、同社役員を務めた後に独立、シンガポールで三越の「レジャー・パーク」を買い取り社長を務める。 ジャーナリストのインタビューに応じた1995年当時スコティッシュ・ライト第32階級。 仏教徒。 2005年: Robert D. Target (ロバート・D・ターゲット)• 2006年: Ishii, Mitsuru (イシイ ミツル)• 2007年: Joedie J. Poole (ジョディ・J・ポール)• 2008年: Michael D. Setzer (マイケル・D・セッツァー)• 2009年: Robert H. Koole (ロバート・H・クール)• 2010年: Washikita, Akira (ワシキタ アキラ)• 2011年: Donald K. Smith (ドナルド・K・スミス)• 2012年: Mabuchi, Kazufumi (マブチ カズフミ)• 2013年: Shimokawa, Yoshiharu (下川善治、シモカワ ヨシハル)• 2014年: Victor O. Ortiz(ヴィクター・O・オーティス): の取材に応じた(「」参照)。 2015年: Marvin D. Abueg (マーヴィン・D・アブエグ)• 2016年: Norihiro Inomata (猪俣典弘、イノマタノリヒロ)• 2017年: Shinya Takeda (竹田眞也、タケダシンヤ)• 2018年: Atsushi Takahashi (高橋淳、タカハシアツシ) :Jeremy Entwisle , DGM (ジェレミーエントウィッスル) 第43代。 皇籍離脱後の1950年にメイソンリー入会。 (1829年生、1864年10月入会) , - 思想家、議員。 (1829年生、1864年11月入会) , - 思想家、貴族院議員。 西周とはの同士。 (1836年生) - 江戸時代末期の志士、土佐藩郷士。 (1850年生、1903年2月入会) , - 、 、第19代、第21代等を歴任。 1903年5月、マスターメイソン昇級(raised)。 はロンドン滞在中に林董からメイソンの精神を探求していた。 幣原はロンドンでメイソンリーに入会したかったが、その前にロンドンから異動することになった。 幣原は友愛精神を有する社会的平等の実現が第二次大戦後の日本においてマッカーサーにより支援されていることに感激し、日本人が自由を手にすることを期待していた。 (1857年生) - 初代総裁、第18代・第20代逓信大臣、第34代・第39代、第33代外務大臣、第7代。 (1875年生) - 社長、第6代、プロ野球球団とのオーナー。 (1877年生) - 第4代。 1955年のフリーメイソン第2・第3階級昇進は鳩山一郎と同時期であった。 (1882年生) - 第54代外務大臣、第二次世界大戦末期の駐大使、第2・3代参議院議長。 (1883年生、1951年3月29日入会) , - 第40代(1931年-1934年)、の処理。 初代(1956年)、第52・53・54代(1954年-1956年)。 公けに友愛を推進した。 彼が1953年に設立した は、1954年に「友愛の旗」と『友愛の歌』(作詞: 、作曲: )を作成した。 1955年に一郎がマスターメイソンに昇級した際は、当時の日本の新聞各紙で報じられ 、により国外にも報じられた。 彼の息子(友愛青年同志会3代目会長)をはじめとする子孫もまた友愛の推進で知られているが彼ら子孫がメイソンであることは、はっきりと分かっていない。 単に彼の孫の配偶者がメイソンの父親を持っていたということが分かっているだけである。 も、邦夫が発言した内容からはメイソンリーの会員とはわからない。 由紀夫・邦夫兄弟は1996年の結成メンバーになった。 (1886年生) - 議員、議員。 第二次世界大戦回避の活動等をした。 (1887年生) - 取締役、。 (1887年生) - 第28代、第47代衆議院議長。 (1887年生、1950年入会) - 、第43代内閣総理大臣。 名誉会長・第2代会長。 1947年の後にフリーメイソンリー入会。 兄弟愛の真の意味を学ぶことが入会の目的であった。 1957年にマスターメイソン昇級。 (1887年生) - 新日本産業社長。 (1894年生) - 詳細は「」を参照• (1895年生) - アメリカ生まれ、役員、(ICU)初代理事長、日本人初の(ロータリークラブの連合組織)会長。 (1897年生) - 作家、貴族院議員、参議院議員、初代副理事長・第2代理事長・第4代総長。 (1905年生) - アメリカ生まれの二世。 ジャーナリスト。 ボーイスカウト日本連盟理事・相談役。 GHQの通訳。 戦後にマスターメイソンに昇級(raised)した日本人の一人。 日本グランドロッジの設立にも中心人物として尽力した。 (1905年生) - 社長。 (1936年生) -。 (1945年生)2016年に京都御門ロッジの最高位に就任。 参考文献 [ ] メイソン自身によって書かれた文献 [ ]• 『』、1998年。 『入門 フリーメイスン全史 --- 偏見と真実』アム アソシエイツ、2006年11月。 横浜市 ファーイースト・ロッジ。。 , Inc. 一般著者による文献 [ ]• 『フリーメーソンの秘密 世界最大の結社の真実』三一書房、1983年8月。 岩上安身・旧公式サイト。。 『フリーメイスン もうひとつの近代史』〈講談社選書メチエ601〉、2015年。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2012年9月5日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年5月6日閲覧。 Millard Fillmore was not a freemason,... Grolier Incorporated. 2004年2月2日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年5月6日閲覧。 , pp. 214-215• 奥武則、法政大学『社会志林』、2012• MacLean, A. O Tentosama Lodge, 28th July, 1869 to 28th July, 1919 — A Short History of the Above Lodge Covering a Period of Fifty Years Since Its Inauguration Yokohama: privately printed, 1919. , pp. 211-212. , p. 214• , pp. 216-217. , pp. 217-218. , p. 218. , pp. 157-158. Joachim Berger 2010年12月3日. 2013年5月3日閲覧。 機関紙『友愛』. 一般財団法人 日本友愛協会 2004年9月10日. 2013年10月17日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年5月3日閲覧。 一般財団法人 日本友愛協会. 2013年5月3日閲覧。 Gardiner, Herbert G. , , Northern California Research Lodge (2006年12月26日取得)• 2013年9月8日閲覧。 Right Worshipful Brother Gerald W. Burnworth. 2013年8月25日閲覧。 大学院法学研究科・法学部 研究室「通信」. 2013年8月2日閲覧。 東北大学大学院法学研究科・法学部 戸澤英典研究室「RCK通信」. 2013年8月2日閲覧。 The Official web site of the Nobel Prize. 2013年10月7日閲覧。 Hans Hesse 2001. 256. フリーメイソンの起源. 2013年5月3日閲覧。 2005. 263. "山石太郎(田尾岩太郎)著では、架空の人物、佐伯富士郎という日本人が、(中略)これはもちろん、作り話に過ぎない。 つまりこれは一つの小説であって、実話ではない。 , p. 139• , pp. 140-141• ニュースの裏側. 2013年5月3日閲覧。 , pp. 86-89• 別冊宝島233『陰謀がいっぱい! 』(、1995年、)• Freemasonry in Japan. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 2013年5月3日閲覧。 , p. , p. 1955年3月26日. 2013年5月3日閲覧. "TOKYO, March 26 AP —Prime Minister Ichiro Hatoyama became a master mason today. Mayumi Itoh 2003. Palgrave Macmillan. 133. Weekly Report 2012年(平成24年)11月22日 木 曇り 第2351回(当年度第20回)移動例会(la CASA 江南店にて). 国際ロータリー第2760地区 江南ロータリークラブ 2012年11月22日. 2013年5月3日閲覧。 Masonic Lodge Gustav Stresemann. 2013年7月11日閲覧。 フリーメイソンリーの5つの基本理念: 自由、平等、友愛、寛容、人道... History. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 2013年5月3日閲覧。 Library and Museum Charitable Trust of the United Grand Lodge of England 2010年1月. 2016年3月23日時点の [ ]よりアーカイブ。 ロッジ ロケーション. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 2013年5月3日閲覧。 一般財団法人日本メイスン財団. 2013年5月3日閲覧。 神谷町エリア. 森トラスト. 2013年5月3日閲覧。 神谷町エリア. 森トラスト. 2013年5月3日閲覧。 一般財団法人日本メイスン財団. 2013年5月3日閲覧。 Anti-masonry Frequently Asked Questions Section 3, version 2. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。 2013年6月3日閲覧。 Golden Gate Lodge 245. 2013年8月5日閲覧。 京都メソニック・ロッジNo. 2007年5月13日時点の [ ]よりアーカイブ。 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 2013年5月3日閲覧。 日本グランド・ロッジ. 2006年4月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年5月20日閲覧。 facebook. 2013年5月3日閲覧。 国立市 スクエア・アンド・コンパス・ロッジ No. 3 2011年3月. 2013年5月3日閲覧。 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 2013年5月3日閲覧。 Most Worshipful Grand Lodge of Japan 2011年4月2日. facebook. 2013年5月3日閲覧。 2013年6月3日閲覧。 2013年10月16日閲覧。 2013年10月16日閲覧。 2013年10月16日閲覧。 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 2013年5月3日閲覧。 facebook. 2013年5月3日閲覧。 James L. Johnston. Freemasonry in Japan. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 2013年5月3日閲覧。 James L. Johnston. Freemasonry in Japan. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 2013年5月3日閲覧。 James L. Johnston. Freemasonry in Japan. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 2013年5月3日閲覧。 James L. Johnston. Freemasonry in Japan. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 2013年5月3日閲覧。 ワシズ ヨシオ. Freemasonry in Japan. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 2013年5月3日閲覧。 片桐三郎. Freemasonry in Japan. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 2013年5月3日閲覧。 Most Worshipful Grand Lodge of Japan 2011年4月27日. facebook. 2013年5月3日閲覧。 Most Worshipful Grand Lodge of Japan 2011-04-03日. facebook. 2013年5月3日閲覧。 The Grand Lodge of Japan. 2013年5月20日閲覧。 Paper 4a: General MacArthur and the Grand Lodge of Japan Pauline Chakmakjian, UK. 2018年7月4日閲覧。 東京メソニックセンター. 2009年6月7日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年3月30日閲覧。 History. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 2013年5月6日閲覧。 綾部恒雄『秘密結社』(講談社、2010年)193頁。 クラブ会報. 国際ロータリー第2650地区 丸岡ロータリークラブ 2010年3月3日. 2013年5月3日閲覧。 機関紙『友愛』. 一般財団法人 日本友愛協会 2010年9月10日. 2013年7月29日閲覧。 一般財団法人 日本友愛協会. 2013年7月29日閲覧。 身延町地域資料. 立図書館. 2013年5月3日閲覧。 Nohea O. Peck 編集 1966. Grand Lodge of Free and Accepted Masons of Japan. 100• 国際基督教大学学長 日比谷潤子 2012年4月. Friends of ICU. 国際基督教大学. 2013年5月3日閲覧。 , p. 82 外部リンク [ ]• (日本語)• on facebook (英語)• - 閉鎖。 (2009年5月21日時点の)•

次の