立花孝志 頭おかしい。 また立花孝志が奇行?メンタリストDaiGo様に土下座謝罪

N国・立花孝志が語る 国会を振り回す党首の知られざる半生

立花孝志 頭おかしい

N国党 立花孝志代表のプロフィールと経歴! N国・立花孝志が語る 国会を振り回す党首の知られざる半生 FRIDAYデジタル — 国会議員YouTuber立花孝志 NHKから国民を守る党【党首】 tachibanat N国党 立花孝志代表のプロフィールはこちら! まずは、立花孝志代表のプロフィールですが、• 1967年8月15日生まれ(現在51歳)• 身長178センチ• 血液型A型• 大阪府泉大津市出身• 所属:株式会社渡邉エージェンシー• 家族:既婚 娘 ということなんです。 「ぶっ壊したくなる」 ほどのNHKへの反発精神を生んだ、 これまでの経歴も気になりますよね。 主な経歴は下記の通りです。 1986年 19歳でNHK和歌山放送局の庶務部に入局• 1991年 NHK大阪放送局の経理部に移動。 放送センター業務も経験。 1998年 NHK本部報道局に移動。 編成局(経理)などを経験。 退職後、6年ほどはパチンコで生計を立てる• 2013年 45歳で「NHKから国民を守る党」を設立し代表に就任• 2015年 千葉県船橋市議会議員 初当選• 2017年 東京都葛飾区議会議員に立候補 当選• 2018年 芸能事務所「渡辺エージェンシー」と専属契約• 2019年 参議院議員に比例区から立候補 当選。 国政政党 党首に就任。 いかがでしょうか? NHKに長く深く関係してきた方であることは間違いないですよね。 でも、内部告発するだけでなく、 自らも、 「不正経理で懲戒処分」 というトラブルも起こしているんですね。 詳細事情は不明ですが、 これが直接的な原因で依願退職になっているようなので、この辺りの事情が、 「NHKへの長年の恨み」 に繋がっていったのかもしれませんね。 しかし、実際には、上の経歴からも分かるように、立花孝志代表は、 入局当時から、「放送管理」という分野で「庶務・経理」業務を担当していた訳なので、 「20年間、経理畑一筋!」 と感じてしまうようなこの表現は、 経歴を「盛っている」と感じる方もいるようなんですね。 その他にも、NHK関係者が見ると、 「これは違うしょ」 と感じるような経歴があるようで、その辺りに、 n国をアピールしたい、立花孝志代表の思惑が見えてくるとの事なんです。 まぁ、このような経歴や実績は、ある程度は脚色される事は誰もが分かっていますが、もし、 あまりに異なる面が増えてくると、支持が減ってしまいますよね。 立花孝志代表の経歴 政治系ユーチューバーとしても活躍! つい先程、代表の立花孝志と渡辺喜美さんが、参議院で会派『みんなの党』を設立する事を表明しました。 会派と政党・政治団体は別物です。 同名の政治団体とは直接関連はありません。 「N国が飲み込まれた」という話は、事実ではないので無視して下さい。 — 宮城そういち|習志野市議会議員 narashino2019 実は、 立花孝志代表は、ユーチューバーとしても固定ファンを持っているんですね。 なんと、 登録者数は20万人以上なんです! すごい数ですよね。 主に NHKや議員の不祥事をテーマとした告発動画を投稿しているので、少なくても、 20万人以上の方が、やはりこの問題や、それを斬っていく立花孝志代表に共感している という事を表しています。 このように見ると、今回、 立花孝志代表が予想に反して当選したことも納得できるかもしれません。 ただ、立花孝志代表は、このチャンネルでも扱った事もありましたが、 幾つかの告発や発言で罰金を受けたこともあるんです。 例えば、 森友学園の関係者が死亡した事件に関して取材した際には、ある方の関与を告発し、結果的にその方から 名誉棄損で訴えられ、30万円の支払いを命じられたんです。 また、2017年には、ある女性に NHKへの裁判を起こさせるサポートをしていましたが、結果的に、それが NHKへの業務妨害と判断され、 弁護士費用54万円の支払いを命じられたこともありました。 話題性のため、という事もあるかと思いますが、それだけでなく、やはり、立花孝志代表が以前から、 特に権力に対しての正義感というか、反抗心が強い方であることが分かりますね。 確かに、 政党党首としては、色々な意味で、 「ヤバい人」 であると言えそうですね(笑) N国党 立花孝志代表 学歴は高卒だった! の 特集で 代表と のやり取りはとても大事。 どんどんやって欲しい。 まだまだ古谷経衡の考えの人が多数なので、議論すればするほど は理解されていくと思う。 — 堀こうどう NHKに受信料を支払いたくない富山県民 horikodo 立花孝志代表 学歴は意外にも高卒!? このようにNHKの職歴をベースに、政党代表として大注目されているn国の立花孝志代表ですが、実は学歴は、 「高卒」 なんですね。 NHKへの入局が19歳の時ですので、これは事実ですね。 wikipedia. 2019年現在、信太高校の 偏差値は39なので、まぁ、普通というか、そこまでハードルが高くない高校のようですね。 ただ、立花孝志代表は、 高卒でNHKに採用された訳なので、 成績はもちろん、素行面でも問題なかったことも分かりますね。 まとめ まとめてみますと、• n国 立花孝志代表のプロフィールや経歴がすごかった!• n国 立花孝志代表はNHKでの20年近い勤務経験がNHKをぶっ壊す力になっている!• n国 立花孝志代表はユーチューバーとしても20万人以上に支援されている!• n国 立花孝志代表の学歴は高卒だった! という感じですね。 いかがだったでしょうか? 多少、破天荒な言動が注目されるn国の立花孝志代表。 ただ、 高卒で、庶民と同じ苦しい職場経験も積んできた正義感が強い方であることも事実です。 NHKスクランブル化というワンイシューだけでなく、その他の面に関しても、共闘者と共に国民のためになってくれることを願いましょう!.

次の

N国民党とは頭おかしい?支持率や立花氏のプロフィールや統合失調症の真相も調査

立花孝志 頭おかしい

~NHKをぶっ壊す!~ 「NHKから国民を守る党」(N国党)代表の 立花孝志(51)がこの度の参議院選挙比例区で初当選しました。 NHKで放送されたN国党の政見放送を観ましたが、立花氏はNHKの番組内であるにも関わらず、ひたすら 「NHKをぶっ壊す」を繰り返し、 受信料支払いを免れるためにNHK放送にスクランブルをかけようと訴えていました。 スクランブル放送かけなくてもB-CASカードでNHKを受信できないようにすればいいんじゃないかと思いました。 しかし調べてみると、 B-CAS社の筆頭株主がNHKで社長は元NHK関係者ということで、B-CASカードでの規制はできないようにしているようです。 NHKは政府とタッグを組んでB-CASカードを導入し、NHK受信料を国民が免れないようなシステムにしていたということなのでしょう。 そんなことを考えればN国党がいう「NHKをぶっ壊せ」には賛同するしかありません。 今回の選挙ではNHKの受信料義務に反対している国民が多くいることが明らかになったのですから、N国党が選挙に当選したことを政府は鑑みて放送法を改正する必要性を検討してみてはどうでしょうか? ~NHK受信料に納得がいかない国民は多い!~ 私も公務員として働いていた頃に単身赴任をしていました。 ワンルームのアパートで暮らし、毎夜8時、9時に帰宅。 風呂に入り晩酌して寝る。 テレビは点けますが、映っているものを見るといった具合でした。 ある夜10時頃、晩酌しているとNHKの集金人が訪ねてきました。 私は単身赴任でテレビを見る時間などないし、実家では受信料を払っているから勘弁してくれと頼みました。 単身赴任世帯にはわずかに割引があるそうで、集金人はそのことを訴えてきました。 私も公務員でしたからけんかするわけにもいきませんでしたが、集金人は 「このアパートは衛星放送も入ってますね。 衛星方法分はいいですから、地上波分は支払って下さい」と言ってきたので仕方なく支払うことにした経緯があります。 テレビを設置していれば受信料を支払う義務があったことを知っていましたから 渋々3年間支払い続けました。 その後、娘も大学に進学しアパートでの一人暮らし、夜に娘から泣き声で電話がかかり、 今男の人が訪ねてきたのでチェーン錠をかけたままドアを開けたら若い男の人が足を突っ込んできた。 NHKの集金人だった。 「NHKは見ません」と言ったが駄目だったとのこと。 女性1人暮らしの部屋でドアを開けた途端足をはさんできてドアを閉めさせないというのは暴力的です。 これがNHKのやることかと憤ったのを覚えています。 「なぜ、ほとんど見ることもないNHKの受信料を払わなければならないの」と、こんな思いをされている国民は多いでしょう。 立花氏とN国党は「NHKをぶっ潰す」の一点で国会議員となり政党要件を備えた政党になったのです。 ~異常な判決!~ 2019年3月12日最高裁は、ワンセグ携帯を所持しているだけでNHK受信料が発生し契約義務があるという判決を出しました。 この報道を見たときには驚きました。 放送法は 「NHKの放送を受信することのできる受信設備を設置した者」に支払い義務があるとしているのに、 ワンセグ携帯も設置に当たるとしたのです。 類推解釈も甚だしい判決でした。 そして、昨日報道された記事です。 ホテルの客室に設置されたテレビの受信料を支払ってないとして、NHKがビジネスホテルチェーン大手「東横イン」とグループ会社に支払いを求めた訴訟で、最高裁は第2小法廷(菅野博之裁判長)は東横イン側の上告を退ける決定をした。 東横イン側に計約19億3500万円の支払いを命じた2審判決が確定した。 決定は24日付。 4裁判官全員一致の結論。 受信料訴訟で認められた支払額では過去最高 何と19億円です。 東横イングループの全国230か所以上あるホテルに設置されたテレビ3万4000台分の受信料だそうです。 部屋に設置された1台毎に受信料を支払わなければならないということなのでしょう。 滅茶苦茶ですね。 ホテルの部屋は常に客が投宿しているとは限らないし、投宿客がテレビを見るかどうかも分からないのに全てに受信料が発生するっていうことですか?となると 宿泊料が安い東横インも料金を上げなければならない訳で全て客に跳ね返ってくるということです。 ~NHKは金持ち、職員は高給取り!~ 「NHKはなぜ金持ちなのか?」(双葉社)にはこの様に書かれているそうです。 その象徴的な数字が、2012年の受信料収入。 収入減少といいながら、その金額は6387億円。 そして事業支出は6408億円。 民放に比べて桁違いの金が動いていることが分かる。 当然、製作費も高額で大河ドラマ1本(44分)で6000万円!さらに4000億円以上の金融資産まで保有しているという。 またNHKでは渋谷にある放送センターの建て替えを予定しているが、それにつぎ込まれる予算は3400億円というから驚きだ。 もちろんこれら予算の多くは国民から徴収した受信料が原資である。 これだけではなく、 NHK職員の平均給与は12年度で1185万円というのです。 更に住宅や転勤、保険など民間では考えられない手当もつくそうで、それを含めると平気年収は1780万円まで跳ね上がるというのです。 こんなこと知ったら受信料なんて払いたくないですね。 ~立花孝志がNHKを壊そうとしているのは本気!~ N国党代表の立花孝志氏は、高校卒業後にNHKに入社し、2005年に週刊文春でNHKの不正経理を告発したのに、その年に 自身が不正経理で懲戒処分を受けて依願退職したそうです。 やっぱり変な奴ですね。 これでNHKに対する恨みが募ったのでしょうか? 2013年にはN国党を立ち上げ、全国各地に移り住んでは地方選挙に出馬するも落選続き、しかし 2015年千葉県船橋市議会議員選挙で当選しますが、翌年には市議を辞めて東京都知事選に立候補するも落選。 その後、Twitterで「NHKと裁判をやる人」を募って何件も裁判をしたそうですが全て負けたようで、 NHKから裁判に使った弁護士費用の請求を受け裁判で敗訴しました。 しかし立花氏は支払ってないそうです。 まあ挙げればきりがないようですが、まともじゃない生き方ですね。 でもこの経歴から考えれば 立花氏はNHKを恨んでおり、NHKを潰すことがライフワークのようです。 ~スクランブル化をやるべき!~ NHKのスクランブル化とは、テレビなどの受信機にNHK放送にスクランブルをかけて見れないようにして、見たい人だけが料金を払ってスクランブルを解除してもらおうということだと理解しています。 これは視聴者にとって単純に良い考えだと思います。 しかし、 政府はNHKを国営放送と勘違いしているようです。 これに関して石田総務大臣は、 NHKには災害報道や政見放送など公共放送の社会的使命を果たすことが求められる中で、その財源は広く国民・視聴者に公平に負担してもらう受信料で支える制度となっている。 NHKの放送をスクランブル化するということは技術的な話ではなく、NHKの基本的な性格を根本的に変えてNHKと民間放送という現在の二元体制を崩しかねないものだ。 などと発言しています。 総務大臣はバカです。 災害報道は国が国民の生命、身体財産を守るために行うものですから、国の国民に対する義務なのです。 そのために国民からお金を徴収するということは間違っています。 また 災害放送や政見放送はそれほどお金がかかるものではありませんし、民放でもできるものです。 「国民・視聴者に公平に負担」などと言っていますが、 受信料は50%しか徴収で来てないようですし、単身赴任や大学生のひとり暮らしなどほとんどNHKを見ることもない人から受信料を徴収することが公平だとは思えませんね。 また「NHKと民放放送の二元体制を崩しかねないものだ」とはどういう意味なのでしょうか? N国党はそれを崩そうと頑張っており、それを支持する人が多数いたということでしょう。 この総務大臣の発言は国民を納得させられるものではないと思います。 私が幼い頃、上杉謙信と武田信玄の戦いをドラマ化した「天と地」という白黒放送の大河ドラマを夢中で見ていました。 視聴率もとても高かったのです。 当時は娯楽もなく、テレビ放送も他に見るものが無かったのです。 だから国民は大河ドラマを見ていたわけで、今の時代に大河ドラマなど必要はないのです。 N国党代表立花氏は、スクランブル化されたら「国会議員を辞める」とか「憲法改正に賛成する」などと言っていますが、古臭い憲法と一緒に放送法も変えるべき時が来たのではないでしょうか?.

次の

N国党はやっぱり頭がおかしいの?マツコデラックス被害者の会の経緯とは?|TRIP8J★BLOG

立花孝志 頭おかしい

概説 [ ] に政治団体設立届を提出しに受理され発足。 代表者は党首の。 所在地はN国党の元本部。 立花はの了承を得ていると語っている一方、堀江は自身ので「特定の政党や候補者とは関係ありません」と投稿。 5月31日には党首の立花が「本人に許可されてはないけど、拒否されてもない」と前言を撤回し、言い換えている。 結党目的や政策に堀江の著書『東京改造計画』 を挙げているが、党首である立花自身は「(本は)読んでいない」としている。 党史 [ ] 結党と都知事選挙出馬 [ ] 2020年5月25日、設立届を提出し選挙管理委員会事務局に受理され発足。 さらに、立花はについて「都知事選にホリエモン新党から出馬することを決めた」と、自身の出馬を宣言した。 同年5月26日東京都庁記者クラブで記者会見を行い 立花自身はホリエモン新党の公認候補として出馬するが当選する気はないとした。 しかし、堀江貴文は無所属で東京都知事選に出馬すると語っている。 党を立ち上げた理由について立花は「堀江さんは私に長選挙に候補者を1人出したいということを以前から口にしており、柏井茂達に区長選挙に出馬しないかと話していた。 堀江さんが選に出馬する可能性が極めて高いという状況の中でそれに対する合法的な宣伝活動しようという意味合いではないか」と語り「ホリエモン新党を立ち上げて政策は堀江さんの東京改造計画37項をそのまま公約にする」と語っている。 党名に付いて立花は『ホリエモン』が商標登録済みであることは「知らなかった」と答え、関係者に電話する一幕があった。 会見終了後、堀江はツイッターで「命令も指示してません。 自主的に立候補されたのだと思います。 合意もなにもしてません笑」と否定。 さらに「ええと、俺は特にメリットないですね笑。 俺何も知らんので絡まれても困る」と投稿した。 同年6月7日投開票の長選挙に党公認候補として柏井茂達が立候補したが候補者5人中最下位で落選した。 同年7月5日投開票のに立花はから出馬すると表明した。 さらに、堀江が出馬しない場合は秘書である斉藤健一郎が本党から立候補する。 6月17日に都庁で行われた記者会見で堀江の秘書マネージャーである斉藤健一郎の出馬表明と政策を正式に発表した。 さらに立花は将来的にN国とホリエモン新党との合体案を公表した。 その後、告示日の6月18日に立花、斉藤、ミュージシャンの服部修の3人がホリエモン新党公認(推薦)で立候補を届け出た。 選挙ポスターには立候補者の写真を使用するのが一般的であるが、立候補者である斎藤と服部の写真の代わりにホリエモン新党とは無関係の堀江貴文の写真を立候補者である立花孝志の両隣に並べるという前代未聞の行為を行った。 このあたかも堀江貴文がホリエモン新党から出馬したかのように思わせる行為に対し、斎藤と服部の選挙ポスターに立候補していない堀江の写真が使われていることにツイッターでは疑問の声が聞かれた。 東京都選挙管理委員会事務局の担当者は取材に対して「公職選挙法では内容について規定がなく、問題がない」さらに「本人の許可を取っているかどうかはわからない」と回答した。 6月7日にホリエモン新党のロゴマークデザインを募集すると発表した。 その応募の中から10個のデザインに絞りアンケート投票で票が多かったものを採用すると公表した。 同月21日にロゴのデザインが決定したとツイッターで報告した。 6月25日、とは都知事選挙に立候補している立花の応援弁士をする為に大阪から上京し財務省、法務省、国会議事堂、自民党本部前と秋葉原で演説した。 同年6月28日投開票の議会議員補欠選挙(定数1、候補者数2)に党公認候補として渡辺晋宏が立候補したが落選した。 同年6月26日、同年7月5日投開票の議員補欠選挙選挙区(定数1、候補者数6)に小林隆弘 、選挙区(定数1、候補者数5)に新藤加菜 がそれぞれ党公認候補として立候補した。 新藤加菜の選挙ポスターは不適切だと言う声が住民から聞かれた。 この事を受け立花はNHK撃退シールを張り不適切な部分を隠すなどの修正を7月1日にすると公表し 、後に修正された。 都知事選に立候補した3人は共に落選した。 都議会議員補欠選挙に立候補していた小林、新藤も落選した。 7月14日に立花はの感染防止対策についてツイッターで、が同月13日に投稿した内容を引用し「これがホリエモン新党がやりたいコロナ対策です」と紹介しネット上では賛否の声が聞かれた。 役職 [ ] 歴代党首一覧 [ ] 代 党首 在任期間 1 2020年(令和2年)5月25日 - (現職) 党役員 [ ] 代表 就任年月 2020年5月 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ツイート. より 2020年5月25日閲覧。 ツイート. より 2020年5月25日閲覧。 デイリースポーツ. 2020年5月25日. 2020年5月25日閲覧。 スポーツ報知. 2020年5月25日. 2020年5月25日閲覧。 日刊スポーツ. 2020年5月25日. 2020年5月25日閲覧。 ツイート. より 2020年5月25日閲覧。 スポーツ報知 2020年5月31日. 2020年5月31日閲覧。 『東京改造計画』 NewsPicks Book 2020年5月30日• ハフポスト 2020年5月26日. 2020年5月27日閲覧。 日刊スポーツ. 2020年5月25日. 2020年5月25日閲覧。 YouTube. 2020年5月27日閲覧。 東スポWed. 2020年3月26日. 2020年5月26日閲覧。 ハフポスト. 2020年5月26日. 2020年5月26日閲覧。 デイリースポーツ. 2020年3月26日. 2020年5月26日閲覧。 東スポWed. 2020年3月26日. 2020年5月26日閲覧。 デイリースポーツ. 2020年3月26日. 2020年5月26日閲覧。 ツイート. より 2020年5月26日閲覧。 ツイート. より 2020年5月26日閲覧。 2020年6月7日 港区選挙管理委員会事務局• 政治山• 日刊スポーツ. 2020年6月12日. 2020年6月18日閲覧。 時事通信. 2020年6月12日. 2020年6月18日閲覧。 東スポWeb. 2020年6月16日. 2020年6月18日閲覧。 スポーツ報知. 2020年6月17日. 2020年6月18日閲覧。 日刊スポーツ. 2020年6月17日. 2020年6月18日閲覧。 東スポweb. 2020年6月18日. 2020年6月20日閲覧。 J-CASTニュース. 2020年6月19日. 2020年6月24日閲覧。 YouTube 2020年6月7日. 2020年6月18日閲覧。 YouTube 2020年6月16日. 2020年6月18日閲覧。 立花孝志 [ tachibanat] 2020年6月21日. ツイート. より 2020年6月21日閲覧。 東スポWeb. 2020年6月25日. 2020年6月26日閲覧。 東スポWeb. 2020年6月26日. 2020年6月26日閲覧。 東スポWeb. 2020年6月25日. 2020年6月27日閲覧。 YouTube 2020年6月25日. 2020年6月26日閲覧。 YouTube 2020年6月25日. 2020年6月26日閲覧。 YouTube 2020年6月25日. 2020年6月26日閲覧。 YouTube 2020年6月25日. 2020年6月26日閲覧。 YouTube 2020年6月25日. 2020年6月26日閲覧。 YouTube 2020年6月25日. 2020年6月26日閲覧。 2020年6月28日 野田市選挙管理委員会事務局• 政治山• 政治山• 政治山• 週刊女性PRIME. 2020年7月1日. 2020年7月3日閲覧。 東スポWed. 2020年7月1日. 2020年7月3日閲覧。 BLOGOS. 2020年7月3日. 2020年7月3日閲覧。 東京都選挙管理委員会 2020年7月5日. 2020年7月7日閲覧。 東京都選挙管理委員会 2020年7月5日. 2020年7月7日閲覧。 リアルライブ. 2020年7月15日. 2020年7月16日閲覧。 関連項目 [ ]• - 党首• - 愛称「ホリエモン」。 当政党には無関係 外部リンク [ ].

次の