50 代 生き方 ブログ。 50代女性の生き方~まとめ~

50代独身女性は寂しい?独身女性の生き方や性格、老後など赤裸々に

50 代 生き方 ブログ

老後の生き方、一人暮らしの場合お金の使い方は早いうちに考える、気が付いたもん勝ちですね。 今までのように同じ生活水準でお金を使っていたら、後で苦労をしますよね。 私は今、61歳ですがもっと早くそれに気が付けばよかったんです。 せめて50代に入ってから老後のひとり暮らしのお金の使い方を考え、少しずつ準備をすれば良かったのですが、そこに気が付かなかった! 老後の生活のために準備するお金に気が付いたときが、お金の準備をするときです。 老後の生き方一人暮らしのお金の使い方とは? 広告 老後の生き方一人暮らしの場合は、一人でいる時はほとんど節約です。 2年ほど前までは、一人でふら~っと東京に行き洋服を買い、ランチにカフェにと一人時間を楽しんでましたが、そんなことをしている場合じゃないと気が付いたのです。 老後のひとり暮らしのお金の使い方は、友人との付き合いはとても大切なので、その時はけちらないで使います。 そのために、普段一人の時にうんと節約。 習い事をするにも普通の民間の教室ではなく、もう少し落ち着いてから1回500円お体操教室などに行くつもりです。 長年やっている音楽の趣味だけはやめないですが、これは生活必需品のように自分で思ってます。 月に1万5千円くらいかかってますが、これだけは続けて他のことでは節約をすれば良いと思ってます。 食費は一人だから、今までのように外食を控え簡単な自炊を増やす! それだけでも月に1~3万円は違います。 老後のために生活の仕方を変えていく 広告 老後の生き方で一人暮らしの場合、お金の使い方でだいぶ生活が変わってきます。 現役時代のようにはお金は使えないと、ある時気が付くのです。 私の50代は、社交ダンスに、音楽の趣味、スポーツクラブ、犬を飼ってサロネーゼを少し。 遺族年金が入ってくるし、サロネーゼで少し日銭も入ってくるし・・・ なんて軽く考えていました。 老後のひとり暮らしの生き方についてお金の心配はしなくてはいけないのに、何も考えないで来てしまいました。 これじゃまずい! と思ったのが、50代後半です。 ちょうど愛犬が亡くなった時くらい。 愛犬の月の費用が老犬だったため2万円は平均かかってました。 可愛い愛犬はいくらかかってもいいのです。 でも、スポーツクラブ、社交ダンスといくら毎月いくら無駄にしてたのだろう。 無駄ではないかもしれませんが、身の丈に合ったお金の使い方をしてなかったんですよね。 老後一人暮らしの生活をするには、今の貯金は少なすぎる! そう思ったのは遅すぎました。 老後のために準備するお金 広告 愛犬が亡くなったと同時に、お金の使い方を考えるようになった私。 まずは、スポーツクラブをやめよう! どっちにしても、スポーツクラブで半月板損傷と言う大けがをしてしまったので、やめる良いきっかけになったのです。 社交ダンスは仲良しだった友人が、癌になってしまって少し治療のために社交ダンスはお休みをすることに。 それから、その友人は社交ダンスをやる気力はまだ戻ってません。 私も、また社交ダンスを始めたら月に1万円弱位かかってしまうからあれからは行ってません。 これだけで、ずいぶんお金の出て行くのは少なくなりました。 生命保険も60歳で払い済みになるのが一つありましたので、年間15万円くらいかからなくなりました。 あ~、これでサロネーゼが軌道に乗らない今でも少し助かる! と言った今日この頃です。 老後2,000万円問題がありますが、家のリフォームもあるので全然足りません。 夢の5,000万円、貯まったらなぁ~。 まずはもやし、卵料理で食べものの節約ですね。 navimy.

次の

50代をどう生きる?美しくしなやかに生きている桐島かれんが大切にしていることは?

50 代 生き方 ブログ

母の日・父の日をまとめ、五葉松・長寿梅のセット。 「渋い趣味だねぇ。 育てられるかな。 冬はどうしよう」包みを解き 夫婦で会話が弾む。 「コロナで 母の日はパスしたから、一緒にしたよ。 もう 届いたんだね」息子。 そういえば 人生の中で最も忙しいであろう子らからの 母の日は 反応なし、言葉かけは欲しかったなとおもったが 日が経つうちに 忘れる。 昨日のプレゼントで、そうか 商戦にのった母・父の日は 一緒もありかと 感じた。 柔軟な考え・受け入れは 盆栽を売る側のチャンスでもあったはず。 昨日は 渋谷区の松濤美術館のイベントの ご案内をいただいた。 現在から9月22日までの会期中、真珠やアンティークの魅力を伝える展示や講演会やワークショップ・演奏会など、魅力ある催し。 ぜひ 行きたいイベントも今年は 上京そのものを見合わせ、その旨 お手紙にしたためる。 以前 わたしの作品をご覧になった方からの 久しぶりのご案内はうれしく、細々と 努力を続けるべしとの励ましにも おもえ、作業机に向かった。 6月28日の 日曜美術館で放映予定を、しっかり 覚えておこう。

次の

50代ブログ 自分らしく生き方を変える

50 代 生き方 ブログ

仕事の人間関係相談ホットラインの【中澤健次(なかざわけんじ)】です。 今の仕事・働き方に不満・不安を持ち、人間関係をどうしたら良いか分からないあなたが、 職場の悩みを解消して、本当にやりたいことを発見し、 それができるようになる方法をお伝えするワークショップを提供しています。 今回のブログは、 生きがいだった子育てが終わり、お子様が巣立った後、「もう一花咲かせたい」と思う40代・50代の方に向けて書いています。 このブログを読み終わるころ、あなたはきっとご自身の生き方を見直し、すっきりと前を向けるようになっているはずです。 えーっ?そんな簡単に変わるわけないじゃないの! そう思うでしょ? これまで、大変な思いをしてきたのだから、そんなの、無理!!! でも、そんな今のあなたを、しっかり感じてみてくださいね! 40代・50代主婦。 子供も巣立ち、これからの人生を考えるようになる時期。 子供が生まれて、子育てに夢中になって、その子供も小学校に行き、中学校に行き、入学しては喜び、卒業しては喜び・・・。 時には、あの子が生まれたときのアルバムそを見た。 つかまり立ちしたときのあの子の誇らしい笑顔、 言葉を覚えだしたときの、トンチンカンな言葉づかいに笑ったこと。 抱っこして、やわらかくて、温かったあの子の感触 ・・・。 数々の想い出。 いとおしいあの子。 あるいは、受験に合格しては共に喜びを分かち合い、または失敗しては一緒に悩み苦しんできた子供。 それはまるで自分のような存在、自分の分身。 子育てが生きがいであると思い続けてきたのかもしれません。 「この子のためなら、なんでもしてあげる!」 「この子が苦しんでいるなら、寄り添ってあげたい!」 「この子が、成長することが、わたしの生きがいなの!」 これを、無償の愛、親心と言って何が悪いことがありましょう? あなたは、あなたは充分に尽くしてきた。 あなたの人生は、満たされていた! けれども、生きがいだった子育てが終了し、子供も学校を卒業して、自立していく姿をみるにつけ、 子育後のこれからの自分の生きがいはなんだろうと、立ち止まることがあるかもしれません。 「もう、わたしの人生、終わりなの???」 まるでぽっかりと穴が空いたような気分。 そして子育て後、第2の人生を待っているもの。 それは両親の介護かもしれません。 でも、子育てほど生きがいを感じるものはもうないかも・・・? そんな思いに駆られることもあるでしょう。 子育て中に、夢中だったあなたは、もういない? 「そんなぁ!これから、わたしどうしたらいいの???」 もう一度、夢中になれることが欲しい! あなたの切なる願い!! そんなときだからこそ、自分を問い直すことが大切。 これからの人生を今まで以上に充実させ、生きがいを持って生きていくためにも、時間をとって自分自身を見つめ直すことが大事になります。 具体的には、子育てを夢中になってやってきて、この子の成長こそが、わたしの生きがいだ、と感じたこと。 でも、子どもが自立すると、これからのわたしはどう生きていけばいいの?と。 今回の記事では、子育て後、どんな生きがいをみつけることができるのか、自立して輝きたい40代・50代の主婦の生き方を、一緒に考えていきたいと思います。 1.子育て終了後に自分を問い直す、とは? そもそも、生きがいとはなんでしょうか? 生きる甲斐、生きる値打ち・価値。 女の人生85年の時代、40代・50代であれば、まだ半分かそれを過ぎたばかり。 これで引退するには、早すぎませんか? まだまだ、やりたいことにチャレンジしても良いのではないでしょうか。 いやいや、そんな「やりたいこと」って言われても、そんなことワカンナイ! でも、これからのあなたの残された時間。 もし、あなたが45才で、100才まで生きるなら、後55年。 85才でもあと、40年。 今のあなたは、人生の真ん中にいるということじゃないですか! いままで、あなたは、子供のため、家族のために、時間もお金もつかい、自分の心血も注いできた。 でも、これからのあなたの人生は、他者のためではない。 なぜなら、自分の人生を決めるのは、あなたしかないもの 今度は、自分のためにそれらを使っても良いのではないでしょうか。 もちろん、夫や両親の世話なども大切なのですが。 ですから、子育て終了後には、自分がホントにやりたいことを見つける。 そして、それをやる決意こそが、大切な時かもしれません。 2.全人生のスパンで見直す それでは、子育て後の生きがいを、何に求めるかということ。 そのためにも、 いままでの人生を振り返ってみましょう。 自分が生まれてから学校に行くまで、学校に行ってから就職するまで、あるいは結婚するまで、結婚してから子供が生まれ、子供が成長する過程でのできごと。 その際には、アルバムを見るのも良いかもしれません。 写真はその当時にことを思い出すには良い材料です。 一つひとつの写真を見て、じっくりとそのときの感情を味わってみましょう。 あるいは、 生きがいを感じたことを全て書き出してみましょう。 例えば、感動したこと、うれし涙を流したこと、楽しかったこと・・・。 子育て中の思い出。 子供が生まれた時の感動。 あんな小さな子が自分の力でつかまり立ちしたときの誇らしい顔。 幼稚園・保育園の入園や学芸会、卒園。 あるいは、子育てをしているときの悩み。 この子はいつになったらオムツがはずれるの? 勉強をしてくれないけれど、この子の将来は大丈夫だろうか? そんなふうに、子育て中には、我が子のことがまるで自分のことであるように夢中になる。 子育てに喜び、子育てに悩む。 子育ては、自分の生きていることそのもの、生きがいであったことに気づくでしょう。 そうやって振り返ったときに気づくのは、生きがいを感じたときというのはすべて感情を伴った経験であることです。 人は過去の経験を思い出すときには、事実そのものを思い出すのではありません。 そうではなくて、まず感情を思い出し、それに紐づいた事実を一緒に浮かび上がらせているということなのかもしれません。 そこで、自分が生まれてから今日までの人生を感情の波で表してみましょう。 「感情曲線」というグラフです。 えっ?そんなこと言ったって急には思い出せないわよ! でも大丈夫!じっくりとご自分の内側から湧きおこる感情に向き合ってみましょう! (1)各年齢のごとの感情の起伏を曲線にして描く 全ての記憶は、浮かび出てくる感情とともに、よみがえります。 イヤだなぁと感じたこと、ワクワクして感動したこと。 ですから、あなたの過去はすべて感情がベースとなっています。 (2)人生を振り返って、ある感情を起こした出来事を記入する。 では、自分の過去を振り返って、よかったとか、悪かったとか、見つめ直す時には、その感情を深く味わってみることが大切です。 (3)味わってみましょう。 感情曲線ができたら、一つひとつの出来事を味わってみましょう。 そして、実際にあなたがどのように感じるか?を味わってみてくださいね! これを何度も繰り返すなかで、あなたの情熱を傾ける場が見つかります。 3.自立するために? 子育てが生きがい。 それは素晴らしいことでしたでしょう。 子供の成長を願い、子供の成長を喜び、やがて独立していく子供。 しかし、見方を変えれば、自分自身は子供がいることで一所懸命になれたということ。 子供に自分の人生を託していたということにもなります。 男性だって同じことで、会社に人生を託して生きています。 ですから、夫婦どちらにせよ、依存するものがあって、自分の人生を築いてきたのでしょう。 ところが、子供にせよ、会社にせよ、依存している限り、いつかはそれを卒業する時が来るのは当たり前のことです。 「子供のため」「会社のため」と思ってきたのは、実はそれに依存していたということです。 依存してきたものを卒業するとき。 そこで明らかになるものは、子供のため、会社のために、時間とお金を使ってきたということ。 自分のためではなくて。 ですから、 これからの人生は、自分のために時間を使う、お金を使っても良いかもしれません。 生きがいをもって生きるために、自分の可能性にチャレンジする。 ワクワクすることをやってみる。 趣味、ボランティア、仕事、遊び、旅行、スポーツ・・・ しかし、一方で老後のために金銭的な不安がつきまとうことも。 ただ、現実には、「やりたいこと」が見つからないまま、あきらめる人が多いのも事実。 その原因は、ふたつあります。 ひとつ目は、頭で「あれがいいかな?これがいいかな?」と考えてばかりで、行動に移せないこと。 先延ばししているうちに、前に進むことができなくなってしまう。 ふたつ目は、ネガティブな思考と感情に負けてしまうこと。 例えば「どうせわたしにはダメだろう」「世の中、そんなに甘くない」というこころのささやき。 誰のこころのなかにも、障害物が潜んでいるんですね。 ですから、 自分のやりたいことを見つける、自立するという道には困難が伴います。 ご自分を深く理解して、行動をして、身体で感じる体験をするには、それなりのノウハウを身につける必要があるでしょう! そして、人の役に立って喜ばれ、なおかつ収入を得ることができる。 そんな人生をつかんでみませんか? About 中澤健次 仕事の人間関係相談ホットラインの中澤健次と申します。 私は人間関係相談コーチとして、円滑な人間関係を創るお手伝いをしています。 職場の悩みを、上司や同僚に相談しても曖昧にされてしまう。 相談相手さえみつからない方をたくさん見てきました。 なので、自然に人間関係が築かれ、快適さの先にある豊かな人生を大切にしたい、いつもそんな風に思っています。 でも、聞き上手、話し上手になれとか、相手に合わせろとか、そんな難しいお話はできません。 私のメソッドはシンプルそのもの。 飲み会なんかで、友人等に教えていたのですが、皆元気になって円滑な人間関係を築くようになるんです。 そんな話をある知人にしたら、「それ、もっとたくさんの人に教えてあげたらいいのに。 社会貢献にもなるよ」と言われました。 で、試しに勉強会を開催したんです。 そうしたら・・・ 「これはすごい!」 「これなら変わるって、納得」 そんなことばかり言われるようになりました汗 私には難しいことはわかりません。 ですが、相談者さんは次々と安らぎを得ています。

次の