インターハイ カヌー 2019。 インターハイ 「輝け君の汗と涙 北信越総体 2021」全国高校総体の開催地

第72回全国高等学校陸上競技対校選手権大会:日本陸上競技連盟公式サイト

インターハイ カヌー 2019

2019年インターハイ競技の開催地(都道府県別) 次に、南部九州各県の競技別の開催地を確認しておきましょう。 競技会場は後ほど紹介しますので、開催地毎の競技をまとめておきます。 鹿児島県• 総合開会式• 体操(体操競技、新体操)• バスケットボール• フェンシング• カヌー 熊本県• 水泳(競泳)• ハンドボール• バドミントン• ボート• レスリング• アーチェリー 宮崎県• バレーボール• ソフトテニス• ソフトボール• テニス• ボクシング• ホッケー• 少林寺拳法 沖縄県• 陸上競技• 水泳(水球、飛び込み)• サッカー• 自転車(トラック、ロード)• ウエイトリフティング• 空手道• なぎなた 和歌山県• ヨット と、開催地各県で行われる競技はこれらのように予定されているようです。 2019年インターハイ競技の開催地(会場別) 最後にインターハイの各競技の会場を確認しておきましょう。 開催の早い順に、競技毎の開催日程と開催地(会場)をまとめておきます。 このブログでは、インターハイ2019の各競技、ベスト8以上を速報でお知らせしています。 競技日:2019年7月25~28日• 開催地:都城市、小林市(宮崎県) (男子)• 競技日:2019年7月31日~8月3日• 開催地:都城市、えびの市(宮崎県) ソフトテニス (男子)• 競技日:2019年7月26~28日• 開催地:宮崎市(宮崎県) (女子)• 競技日:2019年7月30日~8月1日• 開催地:宮崎市(宮崎県) 相撲• 競技日:2019年7月26~28日• 開催地:那覇市(沖縄県) サッカー (男子)• 競技日:2019年7月26日~8月1日• 開催地:金武町、南城市、中城村など(沖縄県) (女子)• 競技日: 2019年7月28日~8月1日• 開催地:金武町、恩納村、北谷町など(沖縄県) フェンシング• 競技日:2019年7月27日~30日• 開催地:霧島市(鹿児島県) ホッケー• 競技日:2019年7月27日~31日• 開催地:宮崎市(宮崎県) ソフトボール (女子)• 競技日:2019年7月28~31日• 開催地:日向市(宮崎県) (男子)• 競技日:2019年8月6~9日• 開催地:日向市(宮崎県) バスケットボール• 競技日:2019年7月28日~8月2日• 開催地:薩摩川内市、いちき串木野市、鹿児島市(鹿児島) レスリング• 競技日:2019年7月29日~8月1日• 開催地:玉名市(熊本県) ボクシング• 競技日:2019年7月29日~8月3日• 開催地:宮崎市(宮崎県) 自転車• 競技日:2019年7月30日~8月2日• 開催地:名護市、北中城村(沖縄県) ウエイトリフティング• 競技日:2019年7月31日~8月3日• 開催地:糸満市(沖縄県) 体操 (体操競技)• 競技日:2019年7月31日~8月2日• 開催地:鹿児島市(鹿児島県) (新体操)• 競技日:2019年8月6~7日• 開催地:鹿児島市(鹿児島県) バドミントン• 競技日:2019年8月1日~5日• 開催地:八代市、芦北町(熊本県) 少林寺拳法• 競技日:2019年8月2~4日• 開催地:宮崎市(宮崎県) 登山• 競技日:2019年8月2~5日• 開催地:高千穂町(宮崎県) テニス• 競技日:2019年8月2~8日• 開催地:宮崎市(宮崎県) カヌー• 競技日:2019年8月3~6日• 開催地:伊佐市(鹿児島県) 剣道• 競技日:2019年8月4~6日• 開催地:熊本市(熊本県) 陸上• 競技日:2019年8月4~8日• 開催地:沖縄市(沖縄県) ハンドボール• 競技日:2019年8月4~9日• 開催地:山鹿市、菊池市、玉名市など(熊本県) 弓道• 競技日:2019年8月7~10日• 開催地:都城市(宮崎県) アーチェリー• 競技日:2019年8月8~10日• 開催地:八代市(熊本県) 空手道• 競技日:2019年8月9~11日• 開催地:名護市(沖縄県) 柔道• 競技日:2019年8月9~13日• 開催地:鹿児島市(鹿児島県) なぎなた• 競技日:2019年8月10~12日• 開催地:那覇市(沖縄県) ヨット• 競技日:2019年8月13~16日• 開催地:和歌山市(和歌山県) 卓球• 競技日:2019年8月16~20日• 開催地:鹿児島市(鹿児島県) ボート• 競技日:2019年8月17~20日• 開催地:菊池市(熊本県) 水泳 (競泳)• 競技日:2019年8月17日~20日• 開催地:熊本市(熊本県) (飛込・水球)• 競技日:2019年8月17~20日• 開催地:那覇市(沖縄県) 以上、30の競技種目が上記の日程、開催地、会場で開催されることとなっています。 さらに詳しくお知りになりたい場合はこちらをご参照ください。 2019年の5月頃から各都道府県での予選大会を経て、7月後半からの全国大会となりますよね。 冒頭でも書きましたが、2019年のインターハイは令和元年のインターハイとなります。 記念の大会となるでしょうから、参加選手も応援する私どもも楽しみのことと思います。 インターハイの開催を楽しみに待つことにしましょう。 また、インターハイ開催地のグルメ情報(私見ですが 笑 )も紹介していますのでご参照ください。 よかったら関連記事のもご確認ください。 最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の

全国高等学校総合体育大会

インターハイ カヌー 2019

令和3年度 全国高校総体・インターハイは北信越は、福井県が幹事県となり、開会式と閉会式を行い、長野県、石川県、富山県、新潟県の5県で開催され、サッカー競技は、福井県で行われる 総合開会式は7月24日に福井県の県営体育館で行われる 福井県 幹事県 総合開会式、閉会式 陸上競技、ハンドボール、サッカー、ソフトボール、ボート、レスリング、登山、自転車 トラック・ロード 、ボクシング、ウエイトリフティング、フェンシング、アーチェリー、カヌー 13 競技 長野県 水泳 競泳、飛込、水球 、テニス、柔道、少林寺拳法 4競技 石川県 バレーボール、ソフトテニス、なぎなた、剣道 4競技 富山県 卓球、バドミントン、ホッケー、空手道 4競技 新潟県 4競技 体操 体操競技 :上越市 体操 新体操 :新潟市 バスケットボール:男子・長岡市、女子・新潟市 相撲:糸魚川市 弓道:上越市 ヨット ヨット競技は和歌山県にて固定開催 大会愛称 輝け君の汗と涙 北信越総体 2021 スローガン 走れ 北信越の大地を とべ 北信越の大空へ シンボルマーク 総合ポスター この1週間での人気記事• 令和3年度 全国高校総体・インターハイは北信越は、福井県が幹事県となり、開会式と閉会式を行い、長野県、石川県、... 88件のビュー• 2020年3月14日から開幕する、群馬県高円宮杯U-18サッカーリーグ2020 1部リーグから3部リーグまでの... 27件のビュー• 1970年から始まった、全国中学校体育大会・全国中学校サッカー大会の歴代の優勝校から3位までの学校を一覧にしま... 19件のビュー• 15件のビュー• 2020年3月に開幕する高円宮杯U-18リーグ2020 群馬県大会の試合結果。 大会期日:2020年3月~12... 12件のビュー• 令和元年度 前橋市中学校総合体育大会 サッカー大会 2019が2019年7月6日に開幕! 今大会の試合結果速報... 11件のビュー• 2019年7月28日に、群馬県中学校総体 サッカー大会 2019 令和元年度群馬県大会が県内各地区予選から勝ち... 10件のビュー• 本日2020年4月10日、群馬県高等学校体育連盟の公式サイトに、第55回群馬県高校総体の中止が公表されました。... 9件のビュー• 新型コロナウイルス感染拡大で2020年の夏に行われる、全国高等学校体育連盟(全国高体連)は4月26日にweb会... 9件のビュー• CS放送で第94回全国高校サッカー 地区大会 決勝のTV放送が決定 12月30日に駒沢陸上競技場... 9件のビュー web site link Getting ready!

次の

カヌー部

インターハイ カヌー 2019

歴史・概略 [ ] それまでの高校選手権大会は時期が異なり、(38年)、全国高体連が開催競技種目別全国統轄団体に高校選手権大会を統合してこの大会が誕生した。 当初はこの大会の他に全国大会を行うことは認められていなかったが、(45年)からを別時期・競技別に開催することが認められている。 サッカーは冬に開催されていた選手権をこちらへ統合することも検討されたが、そのまま開催は続き、結局は度の大会から高体連としては選抜大会扱いながら主催に加わり選手権として存続されている。 そのほか、柔道・バレー・女子サッカー・バスケも後に同じ扱いがされるようになっている。 初年度より各都道府県の持ち回り開催を原則としていたが、(16年)以降は原則地域開催に移行し、単独開催の場合であっても一部競技を近隣の県で実施するようになった(山岳競技や水泳の一部など。 施設が十分に整っていない地域に配慮するため。 大会の前半期間はを中心にした各種競技を開催し、大会の後半はが行われる。 また、は、毎年12月に京都で行われ、は、にかけて、ので行われる。 冬季大会は年度ごとの開催のため翌年1月から2月にかけて・・が行われる。 「インターハイ」という通称については、大学間のスポーツ大会である「インターカレッジ」(intercollegiate)を真似て「inter+high school」として作られた和製英語である。 8月に開催される全国高等学校総合体育大会は、各都道府県から最低1校(1人)以上出場できる競技と、各ブロックから数校(数人)出場できる競技に大別できる。 後者の場合、年度頭から開催される支部予選、都府県大会、ブロック予選(北海道における全道大会はブロック予選扱いとなる)を順次規定以上の成績で勝ち抜かなければならない。 このため、北海道を除く都府県内から一校(一人)も代表が出ないというケースが起こりうる。 長きに渡って、がこの大会に協賛していたが、2015年(平成27年)よりが特別協賛に就いている。 また、2013年からはが共催として加わる。 ただし駅伝とラグビーは主催のため読売新聞社は関与していない。 、の拡大により史上初めての中止が決定された。 大会一覧 [ ] 都道府県持ち回り開催 [ ] 開催年 開催地 愛称 備考 (昭和38年). 「全国高等学校総合体育大会」に改称。 (昭和39年). (昭和40年). (昭和41年). (昭和42年). (昭和43年). (昭和44年). (昭和45年). (昭和46年). (昭和47年). (昭和48年). (昭和49年). (昭和50年). 陸上競技で全天候 オールウエザー 競技場が使用された(前年までは、一部フィールドのみ全天候)。 (昭和51年). (昭和52年). (昭和53年). (昭和54年). (昭和55年) 55総体(ゴーゴー総体). (昭和56年) 神奈川総体. (昭和57年) 鹿児島総体. (昭和58年) 愛知総体. (昭和59年) 秋田総体. (昭和60年) 石川総体. (昭和61年) 山口総体. (昭和62年). (昭和63年) 春にはこのリハーサル大会としてが開催された。 (平成元年). (平成2年). (平成3年). (平成4年). (平成5年) アーチェリーが競技種目に加わり、27競技となる。 (平成6年). (平成7年). (平成8年). (平成9年) なぎなたが競技種目に加わり、28競技となる。 (平成10年). (平成11年). (平成12年). (平成13年) 大会史上初、総合開会式で炬火が点火された。 陸上競技で、競歩種目が正式種目に (平成14年). (平成15年) 水泳・飛び込みのみで開催。 2004年以降の開催 [ ] 「主会場」には実質単独開催における会場県を含む。 開催年 開催地域ブロック 主会場 愛称 備考 (平成16年) この大会から地域ブロック単位での開催に。 主会場は島根県だったが、ブロックの全県で何らかの競技が行われた。 (平成17年)• 大会史上初、屋内()で総合開会式。 また、史上初、による大会賛歌の演奏。 殆どの種目は千葉県内で行われたが、だけは競技施設の関係でで開いた。 (平成18年)• で総合開会式が行われた。 大阪府が主会場だったが、ブロック全府県で何らかの競技が行われた。 (平成19年)• 3年ぶりの屋外開催となるで総合開会式。 財政難の時代を反映し「簡素な中にも感銘のある大会」の方針で既存施設の活用に努めた。 カヌーが加わり29競技で実施。 サッカーの一部会場のみ福岡県で開催。 天気変化の影響をまともに受け、今後の大会運営に大きな課題を残した。 (平成20年)• で総合開会式。 だけは競技施設の関係でで開催。 (平成21年) 近畿地方• 主会場が奈良県であること以外は3年前の大会と同じ。 出場校の選手が、に感染し、出場辞退や途中棄権する事態が相次いだ。 (平成22年) 沖縄・九州地方南部 県内には高山が無い為登山競技のみで実施。 全都道府県での開催が一巡した。 (平成23年) (平成24年)• 女子サッカー競技を実施。 (平成25年) 北部九州• にて総合開会式開催 (平成26年)• 少林寺拳法が加わり30競技で実施。 (平成27年) 近畿地方• 主会場が和歌山県であること以外は6年前および3年前の大会と同じ。 ヨットは今大会より和歌山固定開催。 ののみので開催。 (平成28年) 中国地方 (平成29年) 南東北 (平成30年) 東海地方 (令和元年) 南部九州 (令和2年) 群馬県• により夏季大会開催中止。 (令和3年) 北信越 福井県 総合開会式 [ ] 大会歌として・増田文雄、・小松清の『高体連の歌』が総合開会式で歌われ、併せて賜杯・優勝杯の返還、、公開演技やが行われたりする。 総合開会式には原則として夫妻が出席する。 2018年度までは夫妻、1988年以前は・夫妻が御臨場されていた。 式典の進行は大会により若干の違いがあるものの、開催される地元の高校生から選抜された数名の高校生で構成されている。 例えば、2009近畿まほろば総体、美ら島沖縄総体2010では、一年間に渡る専門研修を受けた高校生が進行を務めた。 また、開会式の進行だけではなく、大会の様々な広報活動に参加し、大会のアピール等をする役割もある。 開催競技 [ ] 単独大会 [ ]• 併用大会 [ ]• 不参加競技 [ ] すべての競技が高体連に参加しているわけではなく、さらに高体連参加競技であっても、インターハイに加わっていないものも存在する。 これらはそれぞれインターハイとは別の独立した大会としてほとんどがインターハイと同時期に開催されている。 高体連自体に参加していない競技大会は下記の通り。 但し、、、の少なくともいずれかに加盟・準加盟している、あるいは独自の高校連盟を持つ競技のみ挙げる。 (同上)• (全国高等学校トランポリン連盟)• (日本高等学校ゴルフ連盟)• 全国高校生大会• (但し青森県高体連が後援に加わっている)• 全日本高等学校選手権大会(全日本高等学校パワーリフティング連盟)• 全国高等学校選手権大会• 全国高等学校日本拳法選手権大会(全国高等学校日本拳法連盟)• 全国高校生優勝大会 高体連に加盟しているもののインターハイには参加していない競技の大会は以下の通り。 全日本高等学校馬術競技大会• 次に挙げる大会は競技自体はインターハイに参加しているものの、インターハイ種目に含まれていない。 紫灘旗全国高校遠的弓道大会• 全日本女子中学・高校生アイスホッケー大会 高校総体とは別枠で行われている選手権大会 [ ] 以下に挙げる競技は高校総体の競技に加わっているが、全国高校選手権は別の大会として開かれている。 高体連の種別としては選抜大会に含まれている。 2012年度まで高体連管轄外の大会となっている。 1979年より開催。 インターハイは全国高等学校柔道大会であり、選手権ではない。 バレーボールの高校選手権は当初インターハイに含まれていたが、2010年度よりの後継たる大会に移管された。 バスケットボールの高校選手権は当初インターハイに含まれていたが、2017年度よりの後継たる大会に移管された。 中継放送 [ ] 大会の模様はが独占放映権を保持しているが、枠外であるが期間中に行われるため、全てが放送されるわけではない。 開会式のみで放送。 従来生中継だったものが、2010年総体は開会式当日深夜に録画放送された。 その後はにチャンネルを移して、まずおよそ1週間から10日ほど、主だった競技の決勝を夕方の15-16時台を中心に放送する。 2017年からはBS1でも中継、午前中にも放送枠を設けた。 2018年は高校野球開催期間中でもBS1で15-17時台を中心に放送する。 毎年必ず放送されるのは陸上競技のみであり、そのほかは注目されるいくつかの種目を選んでの放送となる。 この場合の放送スタイルとしては、開催地地元(複数の都道府県が共催する場合は主に陸上競技など主要競技が集中して行われる都道府県)の放送局をメインとし、男性アナウンサーと女性契約キャスター(まれに女性も局アナを起用することもある)1-2名程度が進行。 まず、その日放送する競技の概要や開催地に関する情報を提供し、そのあと競技開催場からの中継に移る。 最後に再び放送局に戻り、その日行われた競技の結果速報と次の放送予定を伝え、終わることになっている(このフォーマットはの中継もこれを踏襲している)。 後半の水泳競技(競泳)は毎年日程が8月17日から20日までにほぼ固定されており、初日以外または全日放送される。 前半と異なり番組そのものが会場となるプールからの中継となる。 (水泳以外の競技の大半は前半で終わって、後半は水泳の大会だけ開催することが一般とされているためである) ただし2012年はとの大会日程が重複されており、スポーツ中継のスタッフがそれら関連番組へシフトされているため、前半戦の生中継は行わず、水泳競技直前にダイジェスト放映された。 またと高校野球の関係 などで水泳競技はダイジェスト放送となった。 なお、など、 近年 [ ]の大会では新たな試みとして、インターネットによる競技映像の配信が行われ、NHKの中継を補うものとなっている。 また、関連のテレビニュースでは、上記配信のために撮影されていた映像が使われた。 より一部の競技はで放送される場合もある。 中継タイトルは「」(南部九州大会はサッカー・バスケットボール・バドミントンを中継する他、注目競技のハイライト番組も放送)。 さらに、より大会スポンサーであるのサポートにより()運営の「インハイ. TV」と題したインターネット動画配信サイトを創設し、期間中の全競技生中継を実現させた。 よりにて「夢をつかめ! 未来の主役たち」と題した特集番組を大会終了後(8月末頃)に放送。 マスコットキャラクター [ ]• ウイニンくん - 2014年大会より採用 問題点 [ ] 夏に行われることから倒れる選手が発生することが多いが、以前は熱射病と呼ばれ、対策も重要視されていなかった。 前述した通り、佐賀総体の時はの影響や熱射病と区別されたの負傷者が多数出て、大会運営に大きな問題を残した。 近年 [ ]に於いて佐賀総体以外でも熱中症の負傷者が多数確認できるため、選手や観客、主催者も服装や水分補給など医学的な一層の対策が早急に望まれる。 近年 [ ]の大会中、熱中症による救護所利用者人数を次に示す。 (カッコ内は病院搬送者数)• 茨城大会 102人(28人)• 長崎大会 82人(18人)• 島根大会 62人(8人)• 千葉大会 80人(16人)• 大阪大会 63人(11人)• 佐賀大会 181人(34人) また一部競技では入場無料のため入場を待機する徹夜組が近隣の迷惑となっていることから、2015年の水泳競技大会から一般観覧者の入場順抽選の実施を導入。 さらに2018年新体操でも導入された。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の