コロナ 突然 変異。 新型コロナウイルスの突然変異が判明 そして日本にも広がりつつある

新型コロナ感染で人々が突然倒れる原因!中国で蔓延するHIVとの関係性とは?|AchieveRog

コロナ 突然 変異

【第2波に備えよ 新型コロナを徹底検証】 7 前回述べたように、極めてまれではあるが、新型コロナウイルスは突然変異によって、より人に感染・増殖しやすいものに変化する可能性はある。 では、そのような変異ウイルスはすぐに人の集団に広がるのだろうか。 答えはノーである。 たとえ感染や増殖に有利な変異を獲得したウイルスだとしても、初めは一つから増殖していくため、それが感染者の中で多数を占めるようになれるか、また、多数を占めたとしても、別な人に感染できるのかは、偶然による作用が大きいと考えられる。 同時に、感染や増殖に有利ではない、むしろ不利になるような変異を獲得したウイルスも、偶然の作用で人の集団に広がっていく可能性も十分ある。 実は現在広がっている新型コロナウイルスの突然変異については、機能がほとんど変化しない、もしくは感染能や増殖能が低下しているものも多いだろう。 それでは現在はやっている新型コロナウイルスの中には、危険な突然変異を起こしたものはないのか。 少なくとも2つは注意が必要だと考える。 1つはコロナウイルスの表面にある突起状のスパイク(S)タンパク質の614番目のアスパラギン酸というアミノ酸が、グリシンという別の種類のアミノ酸へと変化する突然変異である。 これは現在ヨーロッパを中心に、日本を含めて世界各地で広がっていて、むしろ現在では主流となった変異ウイルスである。 614番目のアミノ酸変異がSタンパク質の安定に寄与し、ウイルスが感染しやすくなっているのではないかと報告された。 一方で、この変異ウイルスの病原性などは変化していないようだ。 もう1つは、ORF(オープンリーディングフレーム)3bタンパク質について、長さが伸長する変異についても、感染すると重症化する可能性が示唆された。 この変異は現在のところ、エクアドルの一部で確認されたのみである。 ただし、以上2つの突然変異の影響については、それぞれの研究論文が査読前で、また、生体内での影響などは未知であるため、変異の影響の詳細については今後更なる研究が待たれる。 一方、新型コロナウイルスのORF8タンパク質に生じた変異が、S型、L型と呼ばれ、病原性の違いに関与するのではないかと一時期、広く報じられた。 しかし、最近の研究結果では、この2つの変異については、感染者の病状や予後に顕著な差が見られないと報告され、機能変化の詳細については別途検証が必要であるものの、病原性への関与はほぼ否定されている。 新型コロナウイルスが今後も変異し続けることは間違いない。 しかし、新型コロナウイルスに突然変異が生じるのは自然なことであり、多くの変異は病原性などに関与しないので、慌てる必要は全くない。 (中川草・東海大学医学部分子生命科学講師)•

次の

コロナウイルスが突然変異で毒性高まって殺人ウイルスになって人...

コロナ 突然 変異

イギリスのケンブリッジ大学のピーター・フォースター博士を筆頭とする欧米の研究者グループが、2020年4月8日にアメリカの学術誌PNASに、新型コロナウイルス・ゲノムの系統発生学的ネットワーク分析というタイトルで論文を発表したんです。 世界各地から集めた新型コロナウイルス(SARS-Cov-2)の全ゲノム160個の系統ネットワーク解析して、コンピュータ・シミレーションを行ったところ、アミノ酸の変化によって区別される3つの中心的な突然変異体があることが分かったんです。 いずれもコウモリに宿るウイルスから発生して、「人」を宿主とし始めたものなんですが、最初のコロナウイルスはA型で、A型は突然変異してB型に、そしてB型がさらに突然変異してC型にとなっていくんです。 A型はどのようにして「人」に宿ったのかというと、コウモリから正体不明の動物(センザンコウと言われている)を介して、「人」に宿ったと考えられているんです。 GISAIDのページを開いたら、右下にある「 Reset Zoom」の文字が見えると思います。 すると世界地図が出て来ると思います。 世界地図が出てきたら、左上にある「 PLAY」と書かれた緑色のボタンをクリックしてみて下さい。 最初に中国の中央にある武漢を中心に紫色のものが浮かび上がり始めるのが分かると思います。 ここでの色分けは「国」を表しているので、中国武漢から派生したことが見て取れる。 紫色は新型コロナB型ウイルスの「肺炎」の系列です。 赤色はアメリカを中心に感染爆発を起こしていて、新型コロナA型ウイルス肺炎患者の系列です。 アメリカ東海岸はヨーロッパから来たC型系列、西海岸は中国から来たA型系列の傾向にあるのがわかるんです。 A型は武漢で感染拡大が起きていた時にはあまり見られないですが、もともとは武漢で発症したアメリカ人が、アメリカに運んできたものだから、ウイルス伝播の方向は武漢からアメリカに向かっている。 アメリカ東海岸のニューヨークが最も激しいのは、ヨーロッパ(緑色系列の国)から入り込んできた新型コロナC型ウイルス系列が多いです。 この新型コロナC型もこのマップを見れば分かるように、武漢からヨーロッパめがけて突然変異しながら感染を拡大して行った事が分かるんです。 おおよそですが3種類に分けられるんですが、オーストラリアやアフリカなどは、別の亜種があったりA型が逆流したりしているのが分かります。 ロシアでは早々に中国との国境を封鎖したため、中国からの直接の新型コロナ移動はなくて、むしろ日本やヨーロッパあるいはアメリカからの流入が見られるんです。 トランプ大統領がチャイナ・ウイルスと言ったり、中国報道官がウイルスはアメリカ軍が中国に運んできたものだと反撃したり、ウイルス起源に関する激しい米中でやりとりが展開されているんです。 特に中国の鍾南山院士が記者会見で、「たしかに新型コロナウイルス肺炎の最初の伝染拡大は武漢で起こったので新型コロナ肺炎は、武漢が発祥地だと言うことができるが、新型コロナウイルスの発生源がどこであるかに関しては、学術的探求が必要となる」と言ったことから、 中国は自分がコロナ肺炎を世界に拡散させたことを否定したことで、西側諸国から非難を受けていたんです。 現実的に言えば、武漢がコロナ「肺炎」の発祥地であることは確かなんです。 これは否めない事実なんです。 新型コロナウイルスの起源を究明するのは、まさに人類はどこから来たのかを究明するのに近いくらい困難なんです。 それゆえにピーターたちは、人類起源をたどるのと同じ種類の「系統図」を作成のためコンピュータでシミュレーションを行って論文をアメリカの権威あるPNASに掲載されたんです。 4月13日の 中国中央テレビ局CCTVは、大々的にインタビュー報道を展開している。 報道のタイトルには「 新型コロナウイルスの起源が武漢にあるという証拠はない」とある。 CCTVはひたすら「ウイルスの発生源は武漢ではない。 したがって新型コロナウイルス肺炎の責任も中国にはない」という方向に持って行こうとしているんです。 中国は、アメリカ人が最初にコウモリ起源の新型コロナA型ウイルスを持って来て、それを武漢で変異した新型コロナB型ウイルスとして感染拡大させたという解釈のみを大きく取り上げて、罪から逃れようとしてるんです。 ピーター論文にもっとデーターを蓄積していけば、そのアメリカ人も武漢にいなければ、新型コロナA型ウイルスに感染しなかったんです。

次の

【新型コロナウィルス】すでに複数の変異が起きている可能性 日本、欧州など国により違いがある理由は…!?|バボ|note

コロナ 突然 変異

終わりの見えない新型ウイルスパニックにより「自粛」も延長され、心身ともに疲弊する御仁も多いだろう。 はたして、いつウイルスは終息するのか。 実は、専門家からは、10年かかるとの意見も噴出している。 その恐るべき最悪のシナリオを検証しているのが、3月17日発売の「週刊アサヒ芸能」だ。 「計算式は北海道大大学院の西浦博教授(理論疫学)らの研究チームが作成。 外来受診患者数、入院患者数、重症患者数を割り出し、感染のピーク時に医療機関に殺到する患者数を想定。 このシナリオによれば、誰が誰にうつしたのかわからないパンデミックの一歩手前の『市中感染』が起きている北海道では1日あたりの外来受診者は約1万8000人、入院患者は約1万人、重症者は約300人にのぼると計算されています。 また『ウイルスをばらまいてやる』とPCR検査で陽性が出たにもかかわらずフィリピンパブに押しかけた迷惑男が出没した愛知県では1日あたりの外来受診者は約2万5000人、入院患者数は約1万2000人、重症者は約400人と大都市圏のほうがより多くの感染者がでると想定しています」(科学部記者) だが、この厚労省のシナリオでも「具体的な時間軸が明記されておらず、後からどうとでも改変できるシロモノ」(感染症専門医)との指摘もあるのだ。 一方、全国の感染症を監視し、大阪のライブハウスの感染集団(クラスター)を調査した国立感染症研究所では「自治体が挙げている数値よりも、実際の感染者数は数倍以上にのぼる」と言及しているほか、シナリオを作成した当の西浦教授自身がCNNの取材に対し「実際の感染者数は公式統計の10倍」とも「北海道内の感染者数は症状の出ていない若者の陽性患者を含めたら940人以上の感染者がいる」と発言している。 実態に即さない数字が飛び交う中で、さらにこの新型ウイルスには、感染者が増えると毒性が弱まるというウイルスの一般論が当てはまらないという専門家の指摘もあるという。 いったい「終息10年」の最悪シナリオはどのようなものなのか。 3月17日発売のアサヒ芸能3月26日号で徹底レポートしている。

次の