ささげにすをかけさしすせそ。 中学生のための演劇〜練習内容+指導・練習方法〜

北原白秋の五十音『あめんぼあかいなあいうえお』のリズムが気持ちいい|ビバ!ミア・びぃた

ささげにすをかけさしすせそ

とい つぎのぶんしょうを、せんをひいたことばにくふうをして、こえを出してよみなさい。 やがて、ゆくてに ぽっつりあかりがひとつみえはじめました。 こぎつねはおしえられたとおり、 トントンととをたたきました。 ほしが すっかりきえました。 ひがしのそらがしろくもえ、 ユラリユラリとゆれはじめました。 おかあさんが、 トントントンとだいこんをきっている。 五十音を正しい口の形で、発音、発声ができること。 読み方の工夫に気づけること。 認定条件 100点満点のうち、80点以上を取ること。 受検料 ¥3,300• 9 級 に合格すると、 フレージングビギナー とい しっかり口をあけて、/のところで切って、声を出して読みなさい。 あめんぼあかいなあいうえお/うきもにこえびもおよいでる• かきのきくりのきかきくけこ/きつつきこつこつかれけやき• ささげにすをかけさしすせそ/そのうおあさせでさしました• たちましょらっぱでたちつてと/とてとてたったととびたった• 文をどこで区切るかを意識できること。 アクセントで言葉の意味が違ってしまうことに気づけること。 認定条件 100点満点のうち、80点以上を取ること。 受検料 ¥3,300• 8 級 に合格すると、 読解ビギナー 問 次の文を、下線を引いたことばにくふうをして、声を出して読みなさい。 にわかに ぱっと明 あか るくなって、目が ちくっとしました。 まるで、 顔じゅう口 くち のようにして、 にたにたにたにたわらってさけびました。 マッチを しゅっとすって、わざと顔をしかめて、青いけむりを ふうとはきました。 草のなかに、 あっちにもこっちにも、黄金 きん いろの丸いものが、 ぴかぴかひかっているのでした。 空が青くすみわたり、どんぐりは ぴかぴかしてじつにきれいでした。 話の中心をつかめること。 様子を表す言葉に気づき、抑揚や間の取り方を工夫できること。 認定条件 100点満点のうち、80点以上を取ること。 受検料 ¥3,300• 7 級 に合格すると、 ジュニア朗読ビギナー 問 次は、たかしさんとひとみさんの会話です。 ひとみさんはどんな顔つきで、どんな言い方をしたのでしょう。 」 たかし「ありがとう。 助かったよ。 」 たかし「ごめんなさい。 これからは気をつけるね。 声に含まれる感情に気づけること。 声の高さや間の取り方で、文の意味が変わってしまうことに気づけること。 認定条件 100点満点のうち、80点以上を取ること。 受検料 ¥3,300• 6 級 に合格すると、 ジュニア朗読エキスパート 問 次の文しょうを、下線を引いたことばにくふうをして、声を出して読みなさい。 ある日の事でございます。 御釈迦様 おしゃかさま は極楽の蓮池 はすいけ のふちを、独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。 池の中に咲いている蓮 はす の花は、みんな 玉のようにまっ白で、そのまん中にある金色 きんいろ の蕊 ずい からは、 何とも云えない好 よ い匂 におい が、絶間 たえま なくあたりへ溢 あふ れて居ります。 極楽は丁度朝なのでございましょう。 やがて御釈迦様はその池のふちに御佇 おたたず みになって、水の面 おもて を蔽 おお っている蓮の葉の間から、ふと下の容子 ようす を御覧になりました。 この極楽の蓮池の下は、丁度地獄 じごく の底に当って居りますから、水晶 すいしよう のような水を透き徹して、三途 さんず の河や針の山の景色が、 丁度覗 のぞ き眼鏡 めがね を見るように、はっきりと見えるのでございます。 かつぜつ良く読めること。 言葉の意味を正しく理かいし読めること。 声の強弱高低、読む速さと間の取り方の工夫をして読めること。 認定条件 100点満点のうち、80点以上を取ること。 受検料 ¥3,300• 秋が来たからか、 飽 あ きがきたからか、あのアパートには 空 あ きがある。 買 か った 亀 かめ を、 かめに入れて飼 か う。 鳥が木を枯 か らすので、 木になる実が 気になる。 共通語アクセントの違いに気づけること。 文章内容を理解し、工夫をして、心情や情景を伝える読みができること。 声の強弱や高低を使いこなし読めること。 認定条件 100点満点のうち、80点以上を取ること。 受検料 ¥3,300.

次の

発語の体操

ささげにすをかけさしすせそ

とい つぎのぶんしょうを、せんをひいたことばにくふうをして、こえを出してよみなさい。 やがて、ゆくてに ぽっつりあかりがひとつみえはじめました。 こぎつねはおしえられたとおり、 トントンととをたたきました。 ほしが すっかりきえました。 ひがしのそらがしろくもえ、 ユラリユラリとゆれはじめました。 おかあさんが、 トントントンとだいこんをきっている。 五十音を正しい口の形で、発音、発声ができること。 読み方の工夫に気づけること。 認定条件 100点満点のうち、80点以上を取ること。 受検料 ¥3,300• 9 級 に合格すると、 フレージングビギナー とい しっかり口をあけて、/のところで切って、声を出して読みなさい。 あめんぼあかいなあいうえお/うきもにこえびもおよいでる• かきのきくりのきかきくけこ/きつつきこつこつかれけやき• ささげにすをかけさしすせそ/そのうおあさせでさしました• たちましょらっぱでたちつてと/とてとてたったととびたった• 文をどこで区切るかを意識できること。 アクセントで言葉の意味が違ってしまうことに気づけること。 認定条件 100点満点のうち、80点以上を取ること。 受検料 ¥3,300• 8 級 に合格すると、 読解ビギナー 問 次の文を、下線を引いたことばにくふうをして、声を出して読みなさい。 にわかに ぱっと明 あか るくなって、目が ちくっとしました。 まるで、 顔じゅう口 くち のようにして、 にたにたにたにたわらってさけびました。 マッチを しゅっとすって、わざと顔をしかめて、青いけむりを ふうとはきました。 草のなかに、 あっちにもこっちにも、黄金 きん いろの丸いものが、 ぴかぴかひかっているのでした。 空が青くすみわたり、どんぐりは ぴかぴかしてじつにきれいでした。 話の中心をつかめること。 様子を表す言葉に気づき、抑揚や間の取り方を工夫できること。 認定条件 100点満点のうち、80点以上を取ること。 受検料 ¥3,300• 7 級 に合格すると、 ジュニア朗読ビギナー 問 次は、たかしさんとひとみさんの会話です。 ひとみさんはどんな顔つきで、どんな言い方をしたのでしょう。 」 たかし「ありがとう。 助かったよ。 」 たかし「ごめんなさい。 これからは気をつけるね。 声に含まれる感情に気づけること。 声の高さや間の取り方で、文の意味が変わってしまうことに気づけること。 認定条件 100点満点のうち、80点以上を取ること。 受検料 ¥3,300• 6 級 に合格すると、 ジュニア朗読エキスパート 問 次の文しょうを、下線を引いたことばにくふうをして、声を出して読みなさい。 ある日の事でございます。 御釈迦様 おしゃかさま は極楽の蓮池 はすいけ のふちを、独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。 池の中に咲いている蓮 はす の花は、みんな 玉のようにまっ白で、そのまん中にある金色 きんいろ の蕊 ずい からは、 何とも云えない好 よ い匂 におい が、絶間 たえま なくあたりへ溢 あふ れて居ります。 極楽は丁度朝なのでございましょう。 やがて御釈迦様はその池のふちに御佇 おたたず みになって、水の面 おもて を蔽 おお っている蓮の葉の間から、ふと下の容子 ようす を御覧になりました。 この極楽の蓮池の下は、丁度地獄 じごく の底に当って居りますから、水晶 すいしよう のような水を透き徹して、三途 さんず の河や針の山の景色が、 丁度覗 のぞ き眼鏡 めがね を見るように、はっきりと見えるのでございます。 かつぜつ良く読めること。 言葉の意味を正しく理かいし読めること。 声の強弱高低、読む速さと間の取り方の工夫をして読めること。 認定条件 100点満点のうち、80点以上を取ること。 受検料 ¥3,300• 秋が来たからか、 飽 あ きがきたからか、あのアパートには 空 あ きがある。 買 か った 亀 かめ を、 かめに入れて飼 か う。 鳥が木を枯 か らすので、 木になる実が 気になる。 共通語アクセントの違いに気づけること。 文章内容を理解し、工夫をして、心情や情景を伝える読みができること。 声の強弱や高低を使いこなし読めること。 認定条件 100点満点のうち、80点以上を取ること。 受検料 ¥3,300.

次の

「使いこなせるようになりたい」とは一体どういうことか?

ささげにすをかけさしすせそ

歌詞 あめんぼ あかいな あいうえお (水馬 赤いな あいうえお) うきもに こえびも およいでる (浮藻に 小蝦も 泳いでる) かきのき くりのき かきくけこ (柿の木 栗の木 かきくけこ) きつつき こつこつ かれけやき (啄木鳥 こつこつ 枯れ欅) ささげに すをかけ さしすせそ (大角豆に 酢をかけ さしすせそ) そのうお あさせで さしました (その魚 浅瀬で 刺しました) たちましょ らっぱで たちつてと (立ちましょ 喇叭で たちつてと) とてとて たったと とびたった (トテトテ タッタと 飛び立った) なめくじ のろのろ なにぬねの (蛞蝓 のろのろ なにぬねの) なんどに ぬめって なにねばる (納戸に ぬめって なにねばる) はとぽっぽ ほろほろ はひふへほ (鳩ポッポ ほろほろ はひふへほ) ひなたの おへやにゃ ふえをふく (日向の お部屋にゃ 笛を吹く) まいまい ねじまき まみむめも (蝸牛 ネジ巻 まみむめも) うめのみ おちても みもしまい (梅の実 落ちても 見もしまい) やきぐり ゆでぐり やいゆえよ (焼栗 ゆで栗 やいゆえよ) やまだに ひのつく よいのいえ (山田に 灯のつく よいの家) らいちょうは さむかろ らりるれろ (雷鳥は 寒かろ らりるれろ) れんげが さいたら るりのとり (蓮花が 咲いたら 瑠璃の鳥) わいわい わっしょい わいうえを (わいわい わっしょい わゐうゑを) うえきや いどがえ おまつりだ (植木屋 井戸換へ お祭りだ) マザーグースのようなナンセンス要素も 『あめんぼの歌』では、「あいうえお」から始まる日本語の50音が順番にバランスよく流れるように用いられている。 正式な詩のタイトルは、その名もズバリ『五十音』。 主な歌詞の意味については後述する。 なお、この詩の主目的としては、50音を順番にテンポよく用いることや、単語の音のつながり、または詩としての言葉選びの面白さなどが優先されているので、論理的に納得のいく説明をしにくい箇所もあるかもしれない。 そういったナンセンスな歌詞が用いられることは、をはじめとして、世界中の民謡・童謡によく見られること。 若い頃に早稲田大学英文科に在学し英語を深く学び、後にマザーグースの翻訳『まざあ・ぐうす』を出版したらしく、この『あめんぼの歌』は、どこかマザーグース的なエッセンスも感じられる遊び心あふれる作品となっている。 あめんぼは赤くない? 『あめんぼの歌』を象徴する冒頭の歌詞、「あめんぼ あかいな あいうえお」を見ると、「赤いアメンボなんで本当にいるの?」との疑問がわくかもしれない。 確かに、セアカアメンボやコセアカアメンボなどの名前のついた種も存在しており、赤色とは全く無関係ではないが、実際のアメンボは、赤に近かったとしても暗い赤色というか褐色といった感じで、少なくとも「赤いな」と感心したり強調するような赤さではない。 これはもちろん、五十音をテーマとした詩の作品として「あ行」に関連した語呂の良さを優先したものだろう。 もちろん「あめんぼ」以外にも、「あさやけ」や「あめふり」など、「あ」に関連した4文字の単語はたくさんあるが、童謡的なコミカルさ・親しみやすさを出すために小動物や昆虫を使いたかったのかもしれない。 「ささげに酢をかけ」意味は? ササゲ(大角豆)とは、マメ科ササゲ属の一年草の豆の部分(下写真)。 見た目は小豆に似ている。 赤飯には小豆を入れることが多いが、小豆は煮ると皮が破れやすく、豆の腹が割れる様が武士の切腹を連想させるという理由で、江戸(関東)では小豆の代わりにササゲが用いられていた。 現代でも赤飯用のササゲが市販されている。 『あめんぼの歌』の歌詞では「ささげに すをかけ さしすせそ」と歌われているが、これは「さ行」のリズムで詩を編むための語呂合わせであり、本当にササゲに酢をかけて食べるわけではないと思われる。 ただ、酢大豆の応用でレシピが作れるかも。 ご興味がある方は自己責任で挑戦してみると何か新しい発見があるかもしれない。 夏の季語 蓮花が咲いたら瑠璃の鳥 「れんげが さいたら るりのとり (蓮花が咲いたら瑠璃の鳥)」については、レンゲ(ハス)が咲くのは夏、そして夏鳥のオオルリ(瑠璃の鳥/瑠璃鳥)の組み合わせで、「ら行」で夏の季語がうまく表現されている。 写真はオオルリのオス(出典:Wikipedia)。 オオルリはスズメ目ヒタキ科オオルリ属に分類される鳥類の一種で、 日本へは夏鳥として渡来する。 井戸替え 「うえきや いどがえ おまつりだ (植木屋 井戸換へ お祭りだ)」の井戸換へ(井戸替え)とは、井戸水をすべて汲み出して、井戸の中を掃除をする夏の行事。 「井戸さらえ」や「さらし井」などともいう。 「植木屋」については、単なる「わいうえを」の「うえ」を語呂合わせしたもので、井戸替えとの直接の関連性はないと思われる。 関連ページ 発声練習や滑舌トレーニングに活用される歌舞伎の口上 『からたちの花』、『この道』、『ゆりかごのうた』など、詩人・童謡作家の北原 白秋による有名な童謡・歌曲まとめ。 イオンの社名とも関連? 子供の長生きを願った長い名前.

次の