ヤフー カード。 Yahoo! JAPANゴールドカードは2020年中に出るか!?スペックを大予想!

ヤフーカードの年会費・ポイント還元率、特徴

ヤフー カード

申し込んだヤフーカードが自宅に届いたのですがPCでPayPayとの連携を求められました。 PayPayと連携しないと未連携残高8000円が失効してしまうらしいのですが、スマホをもっていなくて今後持つ予定もないので未連携残高8000円を使うことができません。 つまりPayPayと連携しても連携しなくても未連携残高8000円は事実上失効することになります。 ヤフーカードは無料で作れて年会費も無料なのですが私のようなスマホを持たない人にとってはヤフーカードを作ることは未連携残高8000円を捨てろといってるようなものです。 ソフトバンクが大赤字なのはわかりますがどうしてIT企業はこんな詐欺みたいなビジネスしかできないんですか?カードが届いたあとにPayPayとの連携を求めるって順序がおかしくないですか?できれば解約したいです。 解約すれば未連携残高8000円は使えるようになりますか? 「スマホを持っていないのでPayPayは使えません。 」 「8000円の特典行使にPayPayが必要とは事前に聞いていません。 」 「話が違います。 どうすればいいでしょう。 」 と聞いて、何も対応してくれなかったら、カードは解約ですね。 そもそもヤフーは、ヤフーカードをPayPayと併用するメリットを平然と削ぎ落してきました。 (ヤフーカードからのチャージ、ヤフーカードを紐付けたカード払いでカードポイント付与なし。 ヤフーカードを含めカード払いはPayPayのキャンペーン適用対象外) PayPayはカードポイントとの二重取りを封鎖した唯一のコード決済サービスです。 メリットを削ぎ落しておいて、カードの特典が欲しければPayPayを使えとは、一貫性を欠いています。 PayPayの謎の人気にあぐらをかいた殿様商売としか言いようがありません。 未連携残高の8,000円は、カードの入会特典ではないでしょうか。 それ以外にもあるとすれば、Yahoo! ショッピングなどでたまったのかもしれません。 Yahoo! ショッピングなどでの特典変更については、事前に十分通知されていました。 カード入会特典についても、入会時の注釈をたどっていくと、SMS受信ができるスマホが必要なことがわかります。 それ以外は残るかもしれませんが、連携しなければ使えないのは同じです。 世の中、スマホを持っていることが当たり前になりつつなっています。 スマホを持てない、持たない人がいることはわかっていても、その少数の人に対してまで対応を広げるのには、設備も人もたくさんお金をかけなければいけません。 お金をかけるかどうかは、それで企業が儲かるかどうかでの判断になります。

次の

ヤフーカードの年会費・ポイント還元率、特徴

ヤフー カード

しかし2018年2月28日15時00分以降は、ヤフーカードの JCBだけでなく…VISAやマスターカードでもnanaco(ナナコ)のチャージできるようになり、かつポイントも付くようになりましたので nanacoチャージについてはヤフーカードのどのブランドを選んでも違いはありません。 詳しくはをご覧下さい。 ヤフーカードをJCBブランドで作った場合のデメリットは、海外での支払いで使えないケースが多いことです。 JCBは日本発のクレジットカードの国際ブランド。 日本国内では、先ほどご紹介したようにヤフーカードのJCBだけがnanacoチャージでき、しかもポイントがもらえた時代があったなど…他の国際ブランドのVISAやマスターカードよりもお得なケースもあります。 しかし日本発のブランドゆえに、海外では加盟店も少なく、あまり普及していません。 つまり海外でJCBブランドのヤフーカードで支払いしようと店員に渡しても「残念ですが…このクレジットカードは当店ではご利用いただけません」と断られるケースもあることです。 ヤフーカードでVISAブランドやマスターカードを選択した場合は、こういったケースにはまずお目にかからないです。 なぜならクレジットカードが使えることとVISAブランドやマスターカードが使えることは、ほぼイコールだからです。 なお海外旅行で日本人がよく行くメジャーな観光地、例えばハワイやグアム、台湾などではヤフーカード(JCBブランド)でも普通に買い物できる!使えるお店多いので安心して下さい。 むしろJCBブランドのほうがVISAやマスターカードより手厚いサービスを提供している観光地だってあります。 ようは日本人のあまり行かない穴場の海外の観光地に行く場合には、ヤフーカード(JCBブランド)が使えないケースがあることを知っておいてほしいです。 ちなみに日本国でヤフーカードを使う場合は正直、VISA、マスターカード、JCBどの国際ブランドを選んでもほぼ変わらない。 たまに100件に1~2件くらい「当店はJCBは使えません」と断られるくらいです。 それに対しVISAやマスターカードのブランドでヤフーカードを作った場合には、海外での事情が全く違います。 ヤフーカードのブランドでVISAを選択した場合の最大のメリットは、国内・海外問わずヤフーカード(VISA)で支払いができるという点です! 国際ブランドとしてのVISAは、世界シェアNo. VISAは自らを『世界通貨』と豪語しているが実際、その通りで海外のマイナーな観光地に行こうがクレジットカードが使えるお店なら、ほぼ間違いなくVISAブランドのヤフーカードが使えます。 もちろん日本でもクレジットカードが使えるお店なら、ほぼ間違いなくヤフーカード(VISAブランド)が使える。 日本国内でもVISAブランドがシェアNo. 1だからです。 そしてマスターカードは、VISAに次ぐ世界シェアNo. 2の国際ブランド。 やはり同じように海外旅行に行ってもクレジットカードが使えるお店であればヤフーカード(マスターカード)で支払いできることが多いです。 じゃあ、どうせ作るなら世界シェアNo. 1のVISAブランドのヤフーカードにしようかな。 お得か?と言われると話がちょっと違います。 海外ショッピングで一番お得なのはVISAブランド…ではなくマスターカードのヤフーカードのことが多いです。 少し説明しますね。 ヤフーカードをマスターカードのブランドで作る最大の長所は、海外でショッピングした際の換算レートがVISAより安いことが多いことです! 換算レートは、カード会社の決める海外ショッピングの 海外事務手数料と、国際ブランドが決める 基準レートの掛け算で決まります。 式は以下の通りです。 63% 1. 63% マスターカードもVISAも同じ 1. 63%ですので 海外事務手数料では優劣はありません。 では次に国際ブランドごとに決まる 基準レートを見てみましょう。 ですので代表例として基軸通貨であるアメリカのドルと円、世界通貨のユーロと円、2019年1月1日時点で比較してみます。 2019年1月1日時点 国際ブランドの基準レート マスターカード VISA ドル$ 110円45銭 110円47銭 ユーロE 126円41銭 126円43銭 今度はマスターカードとVISAで差が出ました。 でも、海外旅行に行った時を思い出してみて下さい。 海外旅行って移動するにしろ、食事するにしろ、買い物するにしろ何かにつけてお金が出ていきますよね。 そして日本に帰ってきてクレジットカード会社からの明細を見たら、思っていた以上に高額になった経験…今までありませんでしたか? この基準レートのたった数銭の違いが…長い目で見ると大きな差になります。 ~ヤフーショッピングの詳細&審査~ 1. yahoo. visa. mastercard.

次の

PayPay(ペイペイ)にはヤフーカード!メリットデメリット要点を解説|コテツくんのわかる解説 Y!mobile

ヤフー カード

ヤフーカードの特徴と3つメリット ヤフーカードの特徴は、何といっても 「ポイント高還元率」であること。 通常のショッピングでも1%と高還元率ですが、Yahoo! ショッピングやLOHACOをよく利用する方はより効率的にポイントを貯めることができます。 ヤフーカードのメリット1:PayPayへの直接チャージに対応 ヤフーカードは、スマホのQRコード・バーコードで決済をする「PayPay(ペイペイ)」の クレジットチャージに唯一対応しているクレジットカードです。 PayPayはソフトバンク株式会社とヤフー株式会社が手がけているサービスで、 「PayPay残高」に 直接チャージできるクレジットカードは ヤフーカードのみとなっています。 ショッピングやLOHACOの利用でポイント3倍 ヤフーカードをYahoo! ショッピングおよびLOHACOで利用すると、 100円につき3ポイント(3%)を獲得できます。 これは期間限定のキャンペーンではなく 「毎日ポイント3倍」が適用されるので、これらのサービスをよく利用する方にはかなりおすすめです。 <ヤフーカードを利用した場合のポイント特典> カード会員特典 付与ポイント クレジットポイント (通常ポイント) 100円につき1ポイント Yahoo! ショッピング・LOHACO利用ポイント (期間固定Tポイント) 100円につき1ポイント ストアポイント・LOHACOポイント (通常ポイント) 商品単価100円につき1ポイント 合計 3ポイント ヤフーカードのメリット3:Tポイント提携店舗ではTポイントと合わせてポイントがダブルで貯まる ヤフーカードはクレジットカードだけでなくTカードとしても利用でき、1枚で2役をこなしてくれる優れものです。 そのため、全国のTポイント提携先では 「ヤフーカードを提示」と「ヤフーカードで支払い」の二重でTポイントを貯めることができます。 また、貯まったTポイントは現金や提携先ポイントに交換することができます。 <Tポイントのおもな提携先> nanacoチャージでTポイントが貯まる ヤフーカードは電子マネーnanacoへのチャージができます。 ただし、オートチャージ機能は利用できません。 ヤフーカードと比較されることの多い楽天カードについては、JCB以外のカードではnanacoへのチャージができません。 これまでヤフーカードによるnanacoへのチャージでTポイントが獲得できましたが、 2020年2月1日に当該ポイント付与が廃止される点に注意が必要です。 ヤフーカードのデメリット ヤフーカードのデメリットといえるのは、貯めたポイントに 期限が設けられていたり、利用できる店舗が限られていたりするケースがある点。 この有効期限と利用先が限定されているTポイントを 「期間固定Tポイント」といいます。 Yahoo! ショッピングやLOHACO利用時に貯まる3%のポイントは 「通常ポイント2%+期間固定Tポイント1%」という内訳になっており、必ず期間固定Tポイントが含まれています。 つまり、貯まったポイント全てを自由に利用できるというわけではないのです。 ヤフーカードの種類、国際ブランドの選び方 2020年1月現在、ヤフーカードの種類は1つのみで、VISA・Mastercard・JCBの国際ブランドが選べるだけのシンプルな選択肢となっています。 どの国際ブランドを選ぶか迷っている方は、以下の表を参考に自分に最適なブランドを選択してください。 JAPAN JCBカード」や「Yahoo! JAPANカードSuica」といった種類がありましたが、現在は新規申し込みが終了しており申し込むことはできません。 ヤフーカードは通常で1%、Yahoo! ショッピング・LOHACOの利用で3%、さらにソフトバンク・ワイモバイルユーザーの場合は最大5%のポイントが貯まります。 国際ブランドは「VISA」「Mastercard」「JCB」の 3種類から選択できます。 基本的な機能はどのブランドも同じで、動産・総合保険、盗難保険を無料で付帯しています。 さらに 月額490円のプラチナ補償を追加すれば、買い物や旅行、インターネット、日常生活におけるトラブルといった 全18種類のシーンにおいて補償を受けることも可能です。 ヤフーカードと似た特徴をもつクレジットカードとの比較 ヤフーカードと同様、ポイント還元率が1%以上と高いのが 「楽天カード」「JCB CARD W」「リクルートカード」の3種類です。 これらのカードはどれも系列サービスを利用することでさらに還元率がアップする仕組みになっており、ヤフーカードとよく似たクレジットカードといえます。 そのため、基本的には「自分がどこのサービスをよく使うのか」が選択の基準となるでしょう。 補償の充実性や付帯している電子マネーなど、それぞれのクレジットカードには細かな部分で違いがあります。 以下の表でご確認ください。 年会費 無料 無料 無料 ポイント還元率 1. 0%~ 1. 2% 1. しかもリクルートカードでは、国内でも国外でも補償が適用に。 こうして見ると、 旅行好きな方にとってはヤフーカードの補償内容だと不安が残るといえそうです。 「 JCB CARD W」は 全体でバランスのいいカードといえるでしょう。 JCB CARD W <申し込み手順>• Yahoo! JAPAN IDを持っていない場合は、Yahoo! JAPAN IDを取得(無料)する• 申し込みフォームで国際ブランドやデザインを選び、その他の必要情報を入力する• そのため、主婦(主夫)や学生(大学生など)でも安定した収入があれば申し込みが可能です。 ただし、条件を満たしていても審査によってはカードが発行されない場合もあります。 なお、法人名義もしくは屋号付き銀行口座の登録はできないので覚えておきましょう。 ヤフーカードの基本情報 ここでは、ヤフーカードの基本的な情報について11の視点からわかりやすく解説していきます。 年会費 ヤフーカードの年会費は永年無料となっており、これはどの国際ブランドを選択した場合も同じです。 原則1人につき1枚しか発行することができませんが、家族名義の「家族カード」であればこちらも年会費無料で発行することができます。 ポイント還元率 ヤフーカードのポイント還元率は、通常時で1%(100円につき1ポイント)になります。 その他Yahoo! ショッピングやLOHACOの利用で3%、ファミリーマートでの利用で1. 5%、nanacoへのチャージで0. 5%が還元されます。 利用店舗 ポイント還元率 一般加盟店 国内加盟店 1% 海外加盟店 1% ETCカード 1% ネットショッピング 楽天市場 1% Yahoo! ショッピング 3% Amazon 1% LOHACO 3% コンビニ セブン-イレブン 1% ローソン 1% ファミリーマート 1. 5% 電子マネー nanaco 0. 5% さらに、ソフトバンクおよびワイモバイルユーザーであれば、Yahoo! ショッピングやLOHACOの利用で最大5%のポイントが還元される仕組みになっています。 ソフトバンクやワイモバイルユーザーには断然おトクなクレジットカードといえるでしょう。 国内・海外旅行保険 年会費無料のヤフーカードには、動産・総合保険、盗難保険が無料で付帯されています。 ヤフーカードで購入したものはどこで買ったものでも最大100万円(Yahoo! ショッピングの場合は200万円)まで補償。 さらに、万が一不正利用されてしまった場合は連絡から60日前までさかのぼって損害額をカバーしてくれます。 「これだけではちょっと不安…」という方は、月額490円で「プラチナ補償」を追加することができます。 ヤフーカードに全18種類の補償をつけることが可能なので、検討してみましょう。 補償内容については、以下の表をご覧ください。 <18種類のプラチナ補償> 補償項目 補償内容 買い物関連 修理 保証書あり:修理額の100% 保証書なし:修理額の50% 破損 購入金額の90% 宅配郵送事故 購入金額の90% 盗難 購入金額の60% 返品 購入金額の50% 日常関連 携帯電話水濡れ・全損 実費として支払った金額 交通トラブル 入院1日につき3000円 電子デバイス災害 購入価格または修理費用 車上荒らし 購入価格または修理費用 自転車事故賠償責任 損害状況に応じた補償金 お悔やみ帰省 帰省にかかった交通費 旅行関連 旅行・イベントキャンセル キャンセル料 海外旅行中のけが・病気 治療費 海外旅行持ち物損害 購入金額の50% 海外旅行での思わぬ出費 予定外にかかった費用 インターネット関連 なりすまし賠償責任 損害賠償請求額 ネット売買トラブル 弁護士費用 個人情報漏洩過失責任 損害賠償請求額 支払い方法(一括・分割・ボーナス払い・リボ) ヤフーカードでは、以下の支払い方法が選択可能です。 <支払い方法>• 1回払い• 2回払い• ボーナス払い(夏:6・7・8月27日/冬:12・1月27日)• 分割払い(3~48回)• リボ払い(実質年利18%) 分割払いについては選択する回数によって実質年利が変わってきます。 年利を考慮したうえで支払い回数を決めるようにしましょう。 <分割払いの実質年利(%)> 3回 5回 6回 10回 12回 15回 18回 20回 24回 30回 36回 48回 年利 12. 90 13. 49 13. 85 14. 57 14. 73 14. 87 14. 93 14. 95 14. 95 14. 90 14. 81 14. 60 締め日・引き落とし日 ヤフーカードでは毎月月末締め、翌月27日払いとなっており、27日が土・日・祝日の場合は翌営業日に引き落としされます。 <請求金額の確定から支払いまでの流れ>• 毎月12日:請求金額の仮確定• 毎月20または15日:請求金額の確定• 毎月末日:締め日• 翌月27日:支払い日 キャッシング利用 ヤフーカードにはキャッシング機能がついているため、急にまとまったお金が必要になったときや給料日前で先立つものが足りない場合など、用途に合わせて現金を引き出すことが可能です。 その際は、国内であれば提携先の銀行もしくはコンビニのCD・ATMで、海外であればVISA、Mastercard、JCB、PLUS、CirrusマークのついたATMで利用できます。 ただし、海外でのキャッシングの返済方式はリボ払いのみ。 実質年率は18%とやや高めに設定されているので注意が必要です。 また、返済期間は以下のとおりです。 <キャッシングサービスの回数と返済期間> 回数 返済期間 1回払い 60日以内 リボ払い 原則5年以内、60回以内 限度額 ヤフーカードの限度額は50万~100万円で設定されるのが一般的で、利用者の収入や借り入れの有無、資産状況などによって利用限度額が決められます。 そのため、人によっては100万円以上に設定される場合もあり、審査後でなければ明確な限度額はわかりません。 また、キャッシングサービスに関しては50万円が限度となっています。 いずれも会員専用サイト「Yahoo! カード」の「ご利用可能枠の紹介」にて確認が可能です。 ETCカード利用 ヤフーカードのETCカードは、年会費500円がかかります。 申し込みできるのは本会員のみとなっており、家族カードでは申し込みできません。 また、1枚のヤフーカードにつき5枚まで申し込みできますが、その場合は1枚ごとに年会費がかかるのでご注意ください。 ヤフーカードの申込時、もしくはYahoo! カードの「カード会員サービスメニュー」から申し込みが可能です。 家族カード ヤフーカードの家族カードは年会費無料で発行できます。 なお、対象となるのは、カード会員本人と生計を共にする同居家族(配偶者・親・子ども)で、18歳以上(高校生不可)に限られます。 また、カード会員本人が学生・未成年(配偶者なし)の場合、家族カードは発行できません。 クレジットカード利用で付与されるTポイントは本会員カードに集約されます。 一方で、Tカードとして利用した場合、獲得したTポイントは家族カードに付与されるため、家族でもTポイントを貯めることが可能です。 Apple Pay対応有無 ヤフーカードはApple Payに対応しています。 QUICPayが使えるお店であれば、Apple Pay経由でヤフーカードによる決済を行うことができ、Tポイントを貯めることができます。 デザイン ヤフーカードでは、黒と赤の2色のデザインが用意されています。 また、本会員カードだけでなく、家族カードでも色を選択できます。 ヤフーカードの利用方法 ここまでヤフーカードの詳細についてご紹介してきましたが、ここからは実際の使い方やトラブルにあった際の対処方法などについて見ていきましょう。 会員専用サイトとログイン方法 ヤフーカードの会員専用サイトは「Yahoo! カード」です。 クレジットカードが手元に届いたら、まず初回登録とTポイントの利用手続き、さらに引き落とし口座の登録を行いましょう。 <初回登録の流れ>• Yahoo! カードにログインする• カード会員サービスメニューの「会員の方はこちら」をクリックする• 初回登録画面が表示されるので、ヤフーカードに記載されている「クレジットカード番号下4ケタ」「有効期限」を入力する• 「登録して次へ」をクリックし、続けてTポイントの利用手続きを行う ここまでの登録が完了すると、Yahoo! ウォレットの支払い方法にヤフーカードが自動的に登録され、Yahoo! ショッピングやヤフオク! はもちろん、Yahoo! ウォレット対応サービスにおいて手軽に支払いができるようになります。 問い合わせ方法 ヤフーカードの問い合わせは、電話による音声ガイダンスでの対応が基本です。 しかし、会員サイトから申し込み・変更できないサービスや、公式サイトや音声ガイダンスでは解決できなかったことは、直接オペレーターに問い合わせすることも可能です。 問い合わせの際はヤフーカードの番号および暗証番号が必要になります。 手元にヤフーカードを用意しておくとスムーズです。 口座変更 ヤフーカードの支払口座を変更したい場合は、カード会員サービスメニューの「お支払口座の照会・変更」という項目から手続きが可能です。 その場合、支払い月の10日の21:29までに手続きが完了すれば当月から、10日の21:30以降に手続きが完了すれば翌月から変更後の口座より引き落としが開始されます。 また、金融機関によってはWebでの登録・変更に対応していないところもありますので、その場合は預金口座振替依頼書(郵送)での手続きが必要です。 利用明細の確認方法 ヤフーカードの利用明細は、カード会員サービスメニューから確認することが可能です。 トップページにある「明細を確認する」をクリックすると、当月確定分または翌月以降の未確定分明細が表示され、利用金額はもちろん、利用日や利用店名、商品名などをチェックできます。 Web上では直近15ヶ月分の利用明細を確認できます。 それ以上長く保存したい場合は、利用明細を印刷して手元で保管するようにしましょう。 紛失・盗難・不正利用時の対応 万が一ヤフーカードを紛失したり、盗難にあったりしたら、まず「カードを利用できない状態」にしなければなりません。 すぐに以下の専用窓口へ連絡するようにしましょう。 身に覚えのないカード請求があった場合は以下について利用明細を確認し、それでも心当たりがない場合は「ワイジェイカード コンタクトセンター」へ問い合わせましょう。 ヤフーカードには盗難保険が無料で付帯されています。 万が一不正利用が確実になったとしても、連絡日から60日前までさかのぼって損害額が補償してもらえるので安心です。 解約方法 ヤフーカードを解約する際は、電話での手続きが必要になります。 なお、カードを解約するとETCカードや家族カードも同時に利用できなくなるので、差し支えないことを確認したうえで解約するようにしましょう。 また、ヤフーカードに記載されているTカード番号に貯められたTポイントもそのままにするとすべて失効してしまいます。 解約前に「Tカードポイント移動手続き」を忘れずに行ってください。 まとめ.

次の