和佐高志。 様々な業界で活躍するP&G出身の著名人

ヒットの陰にこの人あり。新CMO和佐高志が「檸檬堂」の全国展開を決めた理由。: The Coca

和佐高志

日本コカ・コーラは10月28日から、レモンサワー「檸檬堂」4商品を全国で発売、29日からは 俳優の阿部寛さんを起用したTV-CM「全国開店」篇 15秒 を全国で放映開始する。 「檸檬堂」は昨年5月28日に同社初のアルコール飲料として九州限定発売したもので、日本各地の酒場で提供されるおいしいレモンサワーのこだわりに学び、焼酎を美味しく飲む方法として知られる「前割り焼酎」にヒントを得て、丸ごとすりおろしたレモン果汁とお酒をあらかじめ馴染ませた「前割りレモン」を使用。 中でも「定番レモン」は、「九州のレモン缶チューハイ市場でナンバーワンになるところまで支持が広がっている」 日本コカ・コーラ 和佐高志チーフ・マーケティング・オフィサー という。 全国展開でも、このような新たな価値を持った商品を投入することにより、好調な市場がさらに活気づけばと考えている」と語った。 また、「元々、九州での先行発売から1年ほどで全国発売する予定があり、限定販売を通じてしっかりと様々な準備をし、機は熟したと判断したのがこの時期だった」とも。 最近のレモンサワー人気をさらに後押しするか、注目される。 酒類飲料日報 酒類に関する全ての情報が分かる日刊の専門紙 2006年9月に酒販免許が実質自由化されたことはご存知でしょうか。 お酒を購入する場所は「酒屋」からスーパーやコンビニに変わりました。 いま、売場だけでなくメーカーや卸売業者など酒類業界にも変革の波が一気におしよせています。 ビールメーカーはオープンプライスを導入したり、同業他社にM&Aを仕掛けたりと「横並び」と言われた業界構造が音を立てて崩れています。 末端小売6兆円という巨大な飲酒市場をめぐってビジネスに勝ち抜くためには日々の新鮮な情報が欠かせません。 情報力が企業の業績に直結する時代に、酒類業界のスタンダード紙である酒類飲料日報の購読を是非お奨めいたします。 創刊: 昭和42年(1967年)8月 発行: 週5日刊(土・日曜、祭日休み) 体裁: A4判 7~11ページ 主な読者: 官庁、団体、酒類メーカー、インポーター、商社、卸、小売、機器・資材関係など 発送: 東京、大阪の主要部は直配(当日朝配達)、その他地域は第3種郵便による配送 *希望によりFAX配信も行います(実費加算) 購読料: 3ヵ月=本体価格21,000円+税 6ヵ月=本体価格41,000円+税 1年=本体価格79,300円+税.

次の

和佐 高志氏 ( 日本コカ・コーラ株式会社)インタビュー【ISSコンサルティング】

和佐高志

日本コカ・コーラは31日、旗艦商品の炭酸飲料「コカ・コーラ」のペットボトル(PET)容器に350ミリリットルと700ミリリットルを新たに追加すると発表した。 来年1月に、東京都を中心に1都3県のスーパーマーケット、ドラッグストアとディスカウントストアでの販売を始める。 2人以下の少人数世帯の増加に伴う飲用スタイルの変化に対応し、新規需要の掘り起こしを図る。 新容器サイズでの希望小売価格(税別)は350ミリリットルが120円、700ミリリットルで195円。 家庭内消費のための購買が主体となるスーパーやドラッグストアといったチャンネルに限定した上で、都内と埼玉、千葉、神奈川の計8500店で市場ニーズを把握するための試験販売を行う。 これらの店舗では、従来品の500ミリリットルから2つの新容器に置き換える方針で、結果を踏まえ、販売地域や他の清涼飲料への展開を検討する。 和佐高志チーフ・マーケティング・オフィサーは、人口減と高齢化、世帯人数減少はあるが「(PET容器では)小型サイズは販売増が続いており、清涼飲料市場は成長を続ける。 キンキンに冷え、炭酸強めの方が炭酸飲料はおいしく感じる。 容器を変えることで飲用習慣の変化に対応し、新たな需要を掘り起こしたい」と強調。 新容器2種の導入で、販売金額ベースで3割増を見込む。 コカ・コーラのPET容器は現在6サイズで展開。 売り上げでの主力サイズも500ミリリットルで、次いで1・5リットルが続く。 同社は、スーパーなどでの購買者はコンビニエンスストアのようにその場で飲む「即時消費」よりも、持ち帰って家庭内で飲む「将来消費」の方が多いと分析。 このため、500ミリリットルは1人では飲みきれず、2人世帯で分け合うには少ないと判断し、新容器投入を決めたという。

次の

コカ・コーラBJHD、上期は減収減益 被災や値上げ実施の影響により飲料事業販売数量は4%減

和佐高志

「コカ・コーラ」の小容量PETに新サイズ350mlと700mlを投入〈少人数世帯の増加に対応、コンビニや自販機は500ml中心を継続〉 コカ・コーラシステムは、炭酸飲料の「コカ・コーラ」において、1都3県 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県 のスーパーマーケットやドラッグストア、ディスカウントストアのいわゆる手売りの販売チャネル 約8500店 で、350mlPETと700mlPETを2020年1月13日から先行発売する。 これまで小型サイズは500mlPETが中心だったが、少人数世帯の増加を受けて今後は新容器サイズを中心に展開する。 世帯構成人数の少ない東京エリアからスタートし、今後は他のエリアにも広げていく考えだ。 10月31日に都内で行われた発表会で、日本コカ・コーラ社チーフ・マーケティング・オフィサーの和佐高志氏は、「炭酸飲料は、キンキンに冷えた状態で炭酸の刺激と味わいをお楽しみいただくため、1本あたりの容量が重要です。 ただ、これまでは販売チャネルごとに小型サイズの買い方や飲まれ方は異なっているのに、購入サイズはどの場所も500mlPETが中心でした。 お客様のニーズに、より最適な炭酸飲料の容器サイズがあるのではないかと考え、新容器サイズを展開します」と話した。 5LPETを中心に展開する。 なお、700mlサイズは、同社にとって日本で初めての導入となる。 背景には、少人数世帯が増加し、家での炭酸飲料の飲用習慣が変わってきていることがあるという。 日本の世帯の構成人数は1〜2人世帯の増加により減少しており、1989年は2. 99人、2004年に2. 75人、2016年に2. 47人となった。 さらに、同社の調査によれば、炭酸飲料の1回あたりの飲用量は、家の中では家の外と比較して2割少ないという。 日本の平均世帯人員の推移 コカ・コーラ ボトラーズジャパン社東京営業本部長の佐藤一仁氏は、「お客様の購買行動を起点に、社会環境の変化に対応した新しい取り組みです。 東京周辺のエリアは、単身者が多く徒歩や自転車での買い物が多いことが特徴で、事前の疑似体験調査では新たな容器サイズにニーズがあることがわかりました。 店頭では、新たな容器サイズが登場したことをわかりやすくお伝えし、新容器サイズのトライアル購買を強力に後押ししたいと考えています」と語った。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の