フィギュア スケート グランプリ シリーズ 2019。 フィギュアスケートグランプリシリーズ2019

ISUグランプリファイナル

フィギュア スケート グランプリ シリーズ 2019

カテゴリー• 5,869• 2,953• 562• 102• 110• 130• 110• 228• 1,462• 2,683• 619• 248• 332• 184• 127• 1,042• 157• 153• 3,123• 1,424• 1,350• 136• 122• 1,084• 258• 169• 607• 293• 175• 139• 100• 107• 177• 235• 1,690• 550• 852• 122• 166• 777• 579• 185• 138• 274• 228• 250• 360• 741• 225• 358• 158• 254• 245• 806• 440• 226• 128• 144• 3,522• 1,183• 138• 932• 1,796• 132• 160• 1,184• 314• 228• 328• 219• 107• 187• 1,552• 301• 296• 879• 3 月間アーカイブ 月間アーカイブ.

次の

フィギュアスケートグランプリシリーズ世界一決定戦2019|テレビ朝日

フィギュア スケート グランプリ シリーズ 2019

大会 [ ]• (アメリカ大会)• (カナダ大会)• (中国大会) - 2003-2004シーズンから。 (フランス大会) - 2003-2004シーズンまでの名称はラリック杯、2015-2016シーズンまでの名称はエリック・ボンパール杯、2016-2017シーズンの名称はフランス杯• (ロシア大会) - ロステレコム杯という名称は2009-2010シーズンから• (日本大会)• (持ち回り) かつて開催された大会• (ドイツ大会) - 2002-2003シーズンまで。 旧ネイションズ・カップ、旧スパルカッセンカップ 概要 [ ] 歴史 [ ] 1995-1996シーズン、各国で行われていた国際競技会から、ドイツ、カナダ、アメリカ、フランス、日本で行われていた5つがシリーズ化され、「ISUチャンピオンシリーズ」が始まった。 同時に、緒戦の上位入賞者が出場する競技会として「ISUチャンピオンシリーズファイナル」が創設された。 1996-1997シーズンからはロシアの大会もシリーズに組み込まれた。 1998-1999シーズンから ISUグランプリシリーズと改称。 2003-2004シーズンからは、ドイツの大会に替わり中国の大会がシリーズに組み込まれ、現在に至る。 ISUグランプリシリーズ出場資格 [ ] 出場資格要件はシーズンごとに発表されているが、の改定がなされた2007-2008シーズン以降はほぼ変わっていない。 前シーズンのの上位者、やシーズンベストスコアの上位選手などが出場資格を獲得する。 各選手は最大で2大会まで出場することができる。 2014-2015年シーズンの出場資格要件は以下の通り• シード選手• の1位から6位までの選手をシード選手とする。 シード選手には、くじ引きによって2大会が割り当てられる。 過去10年間ので上位6位に入った選手が復帰する場合、一度だけ2枠の出場枠を得ることができる。 また、出場のためのミニマムスコアを満たす必要は無い。 もしシード選手または復帰する選手が、割り当てられたどちらかの大会を欠場する場合、それが医療上の理由であったとしても、他の大会への新たな割り当てはない。 ここまでで欠員があった場合、2014-2015年シーズンのベストスコアが2013年世界選手権の上位6名と同等かそれ以上の選手が優先的にシード選手になる。 招待選手• もしそれらの選手で引退者が出た場合、2014年世界選手権の13位以下、11位以下の選手が順に選出される。 また、出場のためのミニマムスコアを満たす必要は無い。 2012年または2013年の世界選手権で7位から12位に入った選手が、2012-2014年シーズンを怪我で欠場、もしくは競技会に参加しなかった場合、直近のシーズンのベストスコアでリストにのることができる。 また、出場のためのミニマムスコアを満たす必要は無い。 ここまでの記述にあてはまらない選手で、で上位24位または2013-2014年シーズンのベストスコアでミニマムスコアを満たした上位24名の選手は、1つの大会が保証される。 ベストスコアのリストは、シーズンごとに、以下の大会のものから編集される。 およびファイナル• ISUグランプリシリーズおよびファイナル• ISUチャンピオンシップス(、、、)• または• その他、ISU国際スケート連盟によってそれぞれの年にISUがそれと認めた大会• のメダリストとISUジュニアグランプリファイナルの金メダリストは、出場のためのミニマムスコアを満たしており、2014-2015年シーズンからシニアに参加する意向があれば、選考対象に含まれる。 大会開催国の選手は最大で3名、その国の大会に参加できる。 この3名とは、ここまでの記述に当てはまる選手から選出される。 もし開催国がその3名分の権利の行使をしないならば、その空き枠は、2のa. からe. に該当する選手から満たされねばならない。 開催国の選手を出場させる場合、まず2014-2015年シーズンのベストスコアの上位75名の中から選ばなければならない。 開催国の選手は出場のためのミニマムスコアを満たしている必要は無いが、満たしていることを推奨している。 2のa. に該当するのすべてのスケーターが1つの大会に選出されてもなお空き枠がある場合、開催国は2014-2015年シーズンのベストスコアの上位75名から選手を選出して空き枠を埋めることができる。 シード選手と復帰する選手とここまでの招待選手の他に、それぞれの開催国のISUメンバーは、ISUフィギュアスケートイベントコーディネーショングループによって設定された選出手続きにより、追加選手を選出することができる。 しかしながら、一つの大会の最大エントリー人数は以下の通りである。 男女シングル 8人~12人(13人以上でも7人以下でもいけない)• ペア 6組~8組• アイスダンス 6組~10組• 招待選手は2つより多くの大会に参加することはできない。 これらの大会はのポイントと賞金が与えられる。 もし、シード選手では無い選手が選出された大会に出場しない場合、他の大会に選出されることはない。 もし、シード選手では無い選手が医療上の理由で選出された大会に出場しない場合、他の大会に選出されることはない。 2014-2015年シーズンのグランプリシリーズの出場に必要なミニマムスコアは• 男子シングル 169. 女子シングル 130. ペア 134. アイスダンス 105. 2014-2015年シーズンのグランプリシリーズの出場に必要な最低技術点は• 男子シングル SP:31. 68 FS:59. 女子シングル SP:25. 68 FS:40. ペア SP:26. 20 FS:43. アイスダンス SD:20. 25 FD:31. 23 ISUグランプリファイナル出場資格 [ ] アメリカ、カナダ、中国、フランス、ロシア、日本で開催されるグランプリシリーズ6大会のそれぞれ男女シングルは1位~8位、ペア、アイスダンスは1位~6位までの選手にポイントが付与され、その獲得合計ポイントの上位6名、6組がと呼ばれる大会に出場することができる。 ポイントが同点の場合は、出場した2大会における最高順位が高い選手を優先する(1位と4位だった選手と2位と3位だった選手は同じ24ポイントだが1位を獲得している前者を優先する)。 獲得順位も同じである場合は、2大会の合計ポイントが多い選手を優先する。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• 2018-2019シーズンは休止、「グランプリオブフィギュアスケートヘルシンキ2018」(フィンランド大会)が代替開催される。 外部リンク [ ].

次の

2019

フィギュア スケート グランプリ シリーズ 2019

2018-2019年シーズンのフィギュアスケート、グランプリシリーズの日程と開催地・出場選手をお伝えします。 グランプリシリーズは国際スケート連盟開催のシリーズ戦で、日本開催のNHK杯などがあります。 こちらの記事では、シニアとジュニアのGPシリーズから、上位者のみが進出できるグランプリファイナルまで網羅しています。 グランプリシリーズ2018-2019の日程と出場選手 2018年度のグランプリシリーズも例年通り、シニアは全6戦、ジュニアは全7戦からなります。 ジュニア ジュニアのグランプリシリーズの日程と開催地は下の通りです。 ジュニアの出場選手につきましては、シニアのように事前に確定される訳ではありませんので割愛させていただきます。 第1戦 スロバキア大会 8月22日から25日にかけて、スロバキアのブラチスラヴァにて開催されます。 第2戦 オーストラリア大会 8月29日から9月1日にかけてオーストラリアのリンズにて開催されます。 第3戦 リトアニア大会 9月5日から8日にかけてリトアニアのカウナスにて開催されます。 第5戦 チェコ大会 9月26日から29日にかけてチェコのオストラヴァにて開催されます。 第6戦 スロベニア大会 10月3日から10月6日にかけてスロベニアのリュブリャナにて開催されます。 第7戦 アルメニア大会 10月10日から13日にかけてアルメニアのエレバンにて開催されます。 シニア シニアのグランプリシリーズの開催地と日程は下の通りです。 出場選手は、例年6月ごろに国際スケート連盟からアサインと呼ばれるエントリー表が発表されますので、その際に更新します。 第1戦 アメリカ大会2018 10月19日から21日アメリカのエバレットにて開催されます。 日本人選手:宮原知子選手、坂本花織選手、本田真凜選手 主な出場選手:ネイサン・チェン選手、ポリーナ・ツルスカヤ選手 第2戦 カナダ大会(スケートカナダ)2018 10月26日から28日にかけてカナダのラヴァルにて開催されます。 日本人選手:宇野昌磨選手、友野一希選手、樋口新葉選手、松田悠良選手、山下真瑚選手 主な出場選手:キーガン・メッシング選手、ジェイソン・ブラウン選手、エフゲニア・メドベージェワ選手 第3戦 フィンランド(ヘルシンキ)大会2018 中国大会 中国開催ではなくなり、11月2日から4日にかけてフィンランドのヘルシンキにて開催されます。 日本人選手:羽生結弦選手、田中刑事選手、本郷理華選手、白岩優奈選手 主な出場選手:ボーヤン・ジン選手、ミハイル・コリヤダ選手、アリーナ・ザギトワ選手 第4戦 日本大会(NHK杯)2018 11月9日から11日にかけて日本の広島で開催されます。 9月上旬にTBD枠が明らかになりました。 日本人選手:宇野昌磨選手、佐藤洸彬選手、山本草太選手、宮原知子選手、三原舞依選手、紀平梨花選手 主な出場選手:アレクサンダー・クラスノジョン選手、マリア・ソツコワ選手 第5戦 ロシア大会2018(ロステレコム杯) 11月16日から18日にかけてロシアのモスクワにて開催されます。 日本人選手:田中刑事選手、三原舞依選手、紀平梨花選手 主な出場選手:ジェイソン・ブラウン選手、ネイサン・チェン選手、エフゲニア・メドベージェワ選手 シニアの一部の大会については開催国のみの決定で、開催都市については未定です。 分かり次第更新します。 グランプリファイナル2018の日程と出場選手 12月6日から9日にかけてカナダのバンクーバーにて、シニアとジュニアのグランプリファイナルが開催されます。 出場者はグランプリシリーズの通算ポイントによって、それぞれ上位6人が決定しました。

次の